3591600 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Diane de Poitiers に挑む

PR

Profile


Belgische_Pralines

Rakuten Card

Rakuten Ranking

全64件 (64件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

トルコ

April 2, 2008
XML
カテゴリ:トルコ


トルコ最後の食事はシーフードレストラン。

ずっと気になりつつも、tryできなかったアイラン。

ヨーグルトのドリンクで「牛乳、飲もっ」のCMの様な大きいカップに出てくる。

カルピスよりもトロッとして見えてなんだかとてもおいしそうだった。

トルコ イスタンブール シーフードレストラン


不思議なことにチャイを注文すると、レストランの外からおじさんがトレイをさげてやってくる。

グランドバザールの中でもチャイを配達している人たちがいた。

私たちはレストランで$4くらいは払っているが、実際にはもっと安い物なのだろう。


外に出るとこれがまさしく日本人の思い描くトルコ人だ!という風情のおじさんが立っている。

やっと最終日にドンドルマアイスのおじさんに会えた!!

ご一行様で彼を囲む。

ワゴンには2つバケツ大の穴があって、そこにアイスが入っている。

トルコ イスタンブール ドンドルマアイス おじさん

おじさんが棒をそこに差込み、クルクルとこねてから、持ち上げる。 

トルコ イスタンブール シーフードレストラン アイス

極上の笑顔。

それからピザのパフォーマンスのようにどんどん振り回して伸ばしていく。

トルコ イスタンブール のびるアイス 挑戦

おじさんは、せっかく伸ばしたアイスをまた穴の中に入れた。

私を手招きしてアイスに刺さっている棒を握らせる。

にっこりと「Try」

アイスは実はとても硬くて冷蔵庫に入れた水飴くらいがちんがちん。

持ち上げるどころか棒をまわすこともできないし、引っこ抜くこともできない。

臼の中の御餅なんか全然メじゃないくらい硬い。

おじさん、よくこんなの振り回せるなー。


どこか懐かしく、昔食べたような味。

本当にモチモチしている。

ガイドさんも運転手さんもみんなでアイスを食べながらバスまで歩く。

なんか、おいしい!

おいしいと言えば、ゴディバはトルコのウルケル(ネスレみたいな大きい食品会社)に買収された。

まぐろもトルコからやってくる。

知らず、知らずのうちにトルコは私たちの生活に入ってきている。

   
Pepsiをclick!   ペット 犬 dog ダックス チワワ テリア シーズー 豆柴人気blogrankingに参加しています







Last updated  October 25, 2010 10:51:25 AM
コメント(4) | コメントを書く
March 31, 2008
カテゴリ:トルコ

さて、気を取り直してボスポラス海峡クルーズ。

私たちを待っていたのはこの船。
トルコ イスタンブール ボスポラス海峡 クルーズ

コロンヤの匂いが立ち込める。

レストラン等でもおしぼりにしみこませて出てきたりした。

長距離バスでも出るという。

船内ではちょっとした小物が売られている。

携帯ストラップや、ネックレス、手書きのお皿たち。(キュタフヤ陶器)、チャイ。

トルコ イスタンブール ボスポラス海峡 クルーズ

ドルマバフチェ宮殿が見えてきた。

この宮殿はアルメニア人の設計による。

歴代スルタンは世界各国出身の母を持ち、イェニチェリ制度でキリスト教徒の中から優秀な者たちだけをイスラムに改宗させ、君主直属の軍隊を組織した。

純血主義、民族浄化主義などは全く存在しない、懐の深い歴史を持つ。

トルコ イスタンブール ボスポラス海峡 クルージング 砦

昔の城跡。

   
七面鳥---->Turkey---->トルコ !?

不思議に思ったことはありませんか?

七面鳥はアメリカ大陸が原産。

英国からの移民は合衆国で初めて七面鳥を見た時、それがホロホロ鳥だと勘違いした。

ホロホロ鳥はトルコ経由で欧州に輸入されていた為、"Turkey"の愛称で呼ばれていた。

だからアメリカでは七面鳥をTurkeyと言う。

ジャミィが見えてきた。

やっぱりこの景色と尖塔はとてもよく似合う。

トルコ イスタンブール 金角湾 黒海 地中海 ロシア ウクライナ

波は殆どなく船に乗ってることを忘れそうだ。

やっぱり、今、イスタンブールにいるのだと思わせてくれるのは・・

トルコ イスタンブール ボスポラス海峡 クルーズ モスク

美しいこの景色。


Pepsiをclick!   ペット 犬 dog ダックス チワワ テリア シーズー 豆柴 人気ブログランキングに参加しています。

 







Last updated  October 25, 2010 04:42:10 PM
コメント(6) | コメントを書く
March 30, 2008
カテゴリ:トルコ

グランドバザール。何故かこれだけで惹かれる。
エキゾチックであり、ちょっと怪しげであり。

トルコ イスタンブール グランバザール チャイ モスク ジャミイ

自由時間は30分。

とりあえず、残りのトルコリラを使いきろうと思う。

(日本円、US$、Euro、ツアーで寄るところはたいてい使える)

5000円以上7000円以下と言ったところか。

グランドバザール ストール パシュミナ シルク スカーフ

何買う?パシュミナはホテルで買っちゃったし。

綺麗な陶器? なんかトルコっぽいもの。

ランプ!!

トルコ イスタンブール グランドバザール ランプ シェード      

正面の門からすぐのお店で1つ$60と言われる。

「高い!」

「いくらで買いますか?」(日本語)

$60ってことは今までの経験からして半額になるってこともありでしょ?

「$30」

少年は思いっきり顔をしかめて、

「あなたはケチです!!」(日本語)

なに!!!!! なんで、トルコで、日本語で、こんな少年にケチと言われるのだ。

冗談じゃない。

立ち去ろうとすると背後から「$40! $35」と声が聞こえたが無視した。

絶対買わない!

グランドバザール イスタンブール トルコ タペストリー ポスター

迷わないようにmain streetからはずれないように歩く。

なかなか気に入った物が見つからないものだ。

15分が経過した時わりとセンスのいいランプばかりのお店にあたった。

ここで買わないと時間はないだろう。

小さすぎるとおもちゃのようだし、大きすぎるとごつくて可愛くない。

尖ったのもあれば、丸いのもある。

スーパーマリオのおじさんが中に電球を入れて見せてくれる。

明かりが入ると全然違う感じになる物だ。ほぅ。


「これいくらですか?」

「1つだと$60。2つ買えば$50」(英語)

「じゃ、同じ物を2つ」

「これは2つないよ」

「それじゃ、これにします。2つで$50でしょ?」


「それと2つなら$80」

「トルコリラしか持ってないの。これが全部なの。」

紙幣も硬貨も手に乗せて見せる。

「ドルか日本円はないの?」

「スーツケースに入れたからないの」(嘘ばっかり)

母が「ドルもユーロも持ってるでしょ?私円もあるけど」と言う。

「ここにあるお金だけで買うから。スーツケースに入れたって言っちゃった」

おじさんは納得していない様子だったけれど、憮然としてokした。

「ちょっと待って。私と母はここでトイレに行きたいの。一人2トルコリラでしょ? だから4リラくれる?」おじさんの手から4リラを探す。

母が背後から「いいかげんにしなさい、やめなさい」と言っている。

「でもここでまたトイレでドルかユーロ出したら、またリラでおつりが来るでしょう」

おじさんは一人1リラのトイレがあるから2リラ返すと言ってくれた。

なんだよって顔だが安いトイレはここを行って、すぐの所にあるからと教えてくれた。

 

トルコ イスタンブール グランドバザール キュフタヤ 皿 時計

グランドバザールの人たちは無愛想で値段交渉にはなかなか応じない。

日本人はせいぜいここに10-30分しかいられないのを彼らは知っている。

たいていの日本人は言い値でサッと買い物してバスに戻るのだろう。

main streetにあるお店の賃貸料は300万/月。

何をか言わんや。

トルコ イスタンブール 最終日 グランドバザール 観光客

おじさんの教えてくれたトイレに近づくと、視界に地面に何か妙な動きをする物体が入ってきた。

ん?

むっ、むかで-----------! !

生まれて初めてむかでを見た。すごく長い。

50-60cmくらい。

てっきり運動会のむかで競争のようにカクカクと動く物だと思っていた。

それは・・・・

腸の繊毛運動のような、流れるような、液体のような動きだった。

トイレでこんなのに会ったら卒倒する!

結局おじさんからもぎり取った2リラはそのまま持ち帰りとなった。

トルコ イスタンブール グランドバザール 宝石店

                   

 



Pepsiをclick!   ペット 犬 dog ダックス チワワ テリア シーズー 豆柴






Last updated  May 6, 2008 02:21:42 PM
コメント(4) | コメントを書く
March 29, 2008
カテゴリ:トルコ

さて、今晩もハマムに行くぞ!   


なんなく受付を通り、更衣室に入ると頭にタオル、体にはバスタオルの白人女性がいた。
ハマムでは全裸になる必要はないので全身エステでも受けたのか。


      
「ハーイ、可愛い水着ね。」
「ありがとう」
と、ハマムに向かう。


内部はサウナ、ミストサウナ、バー、リラックスルーム、エステルーム、更衣室、ハマムといくつかの部屋があり、部屋から部屋に移れるのだが非常にわかりづらい。
Signも出てないし、全てが同じ豪華なドアでさっぱりわからない。

     

ドアを開けるとさっきの女性がバスタオル一枚の姿で髪を乾かしていた。
「May I help you?」
「わかります、大丈夫です」
とまた歩き出した・・・


またドアを開ける。


ぁぁぁぁぁぁー、今度は全裸だ!!!!!


     
どうしよう。
なるべく見ないように横を通り過ぎようとしたら、
「ハマムに行きたいのね?」
「そうなの。迷っちゃって」
「それはね、ここを出てまず左側のドアを開けて、それから・・・」


あなたは全然気にしていないようですが、全裸なんですよー。
私は悪くてあなたの瞳だけを注視してそれでも全て目に入ってるんですよー。

     

私がもじもじしていると、英語がわからないと思ったらしく、何度も何度も丁寧にリピートしてくれる。


あなた、きっと私より若くて、サイズは180 160 160くらいですね?
真っ白でもくもく雲みたいだー。
胸一つが私の顔より大きい。すごいなー。
 

 

Pepsi

Pepsiをclick!Pepsiをclick!


★ブログランキングに参戦中↑子犬をclickして頂けると頑張れます









Last updated  October 29, 2010 10:57:42 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 28, 2008
カテゴリ:トルコ

Haci Bekirを出て、ホテルに向かう。

隣のVakkoは不揃いの合板が無造作に貼り付けられていて、いくら改装中でもこれはなかろうという佇まい。

トプカプ宮殿のタイルやモチーフをそのままスカーフ柄にした物が見られた筈なのに。

     

キリムの店に入った。
今までの都市のお店とは違い、人でごった返している。世界中の観光客がイスティクラル通りに集まるのだ。

姪たちにポシェットを買おう。

いろんな模様があって、それぞれ柄のどの部分があたってるかによって随分印象が変わる。 

                       
散々、あーでもない、こーでもないと迷って2つを選んだ。

「これください!」

年配の女性に言うと、ひとつ$15だと言う。

あちこちの都市でみんなが買ってたのはそんなにしてない筈だ。

2つ買うから安くして欲しいと言ったら10個じゃないと値引きしないと言う。

10個って・・・    

    

その女性(50代か60代)が他の客と話している間に、ニコニコと立っているお兄さんに「これください、いくらですか?」

「$15」

「2つ買うので1つ$10にしてください」

「いいよ」

いいの!?


$20を彼に渡す。私はポシェット2つを袋に入れてもらって受け取った。

「バイバーイ!」

お兄さんは・・・女性に何か聞かれて答えた後、物凄い剣幕で怒られていた。

女性は呆れたような憤慨したような目で私を見ている。

お金、払いましたから。

大都会とはこんなものなのかもしれない。

country sideでの人々はもっと優しい顔つきをしていたし、値切ったとしてもお金を払う時にはニコニコ顔になって、安全ピンにトルコ石もどきやナザールボンジュウのついたお土産をつけてくれる。

それはあまりに小さくて大人の私が頂いても、どうするんだって代物だけれど、「ぶどうがついたのをあげるよ、縁起がいいからね」「君は可愛いから2個あげる(実のところはさっぱり可愛くない)などと言われるとやっぱり和むものだ。

街に住む人々はアザーンで起きる。

アザーンが聞こえないところにお住まいの方々は雄鶏で起きる。

この雄鶏は一羽11万円もして、朝のお祈りの時間5時に鳴く保証はない。

2-3日して鳴かないとわかれば、食べる。

そして次の雄鶏を買う。 

     


店から出ると・・・・イスティクラル通りでデモ行進が始まってしまった。

真剣な顔で何かを叫びながら一方向に向かう集団というのは、かなり怖い。

タクシーはいなくなってる。歩くしかないか・・

それからホテルまでの10分はデモ行進と一緒だ。

ずっとびくびくしている私に母は平然と言った。

「私たち政治と関係ないでしょ?だから何もされない」

   

 

 



Pepsiをclick!   ペット 犬 dog ダックス チワワ テリア シーズー 豆柴






Last updated  May 6, 2008 01:55:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 27, 2008
カテゴリ:トルコ

トルコの人々はみんな勝手なところから、勝手なタイミングで2-3車線の道路を渡る。
横断歩道はあまりなくて、パラパラと人が勝手に。


車が来ていても気にしない。
車も人が来ても気にしない。
轢かれたら自己責任。

タクシーに乗るにはあちら側に渡らなければならない。
じーっとタイミングを伺うが怖くて全然渡れない。
小さな子供連れのお母さんと一緒に渡ろう。

ぁぁぁぁぁぁぁー、轢かれるかと思った。
小さな子供を連れていても止まってくれないんだー。

   

タクシーに乗る。
「イスティクラル通りに行きたいの」
「イスティクラル通りのどこ?」
そりゃ、そうだ・・・困ったな。


「Vakkoに行きたいの」
(Vakkoはトルコの一流ブランド。スカーフ一枚1万円くらい)
「Vakko?知らない。」
えっ!?
「Haci Bekirに行きたいの。」
(Haci Bekirは1777年から続くロクムの老舗。スルタン御用達だった)
「じゃ、ロータリーで降ろす」
ロータリー??!

メーター制のタクシーは猛スピードで進んでいく。
バックミラーにナザールボンジュウが揺れている。

   

ロータリーに着いた。
ここから見えるどの通りがイスティクラルどおりなの?
トルコの銀座って・・・銀座みたいな通りはない。
吉祥寺からビルを取り払ったような・・
台湾の士林夜市のような・・・
銀座はどこ・・・・

   

通りかかった女性に聞く。
「イスティクラル通りはどこですか?」
「こっちよ」
一緒に通りの入り口まで来てくれた。
「ありがとう」

さて・・と・・・これ、銀座ですか?
本当なのか・・
路面電車の線路があるので大きい通りなんだ。
頭の中????だらけのまま進む。

   

お巡りさんが3人立っていた。
「Vakkoどこですか?」
「Vakko?知らないな。おまえ、知ってる?知らないって」
発音が悪くて通じないのか・・
男性だから知らないのか・・

私たちのやりとりを横で聞いていた若者二人が混ざってきた。
「Vakko? ファッションの?今、閉めてるよ」
え゛っ!?

「Haci Bekirに行きたいの」
「ロクムの?」
「そう」
「こっちだよ」
案内しようとしているのかどんどん歩いていく。
誘拐・・・されないよね・・・
お巡りさんの目の前だし・・・

「ここがVakko。閉めてるでしょ?ここがHaci Bekir」
「ありがとう」
彼はにこやかに去って行った。

   

Haci Bekirに入る。
ショーケースいっぱいにおいしそうなロクムが並ぶ。
奥にはパンのコーナーもあり、テーブルで食べられるようだ。
ショーケースの中はとても、綺麗で惹かれるが日本まで持って帰るのはきつそうだ。
お土産用の全種類入りのロクムとトルコの綿菓子ピシュマニエを買う。

一箱800-1500円くらい。
たくさんいろんな物を買いたいが、結構重い。
空港で重量オーバーになるかもしれないので諦めた。

Haciとはメッカへの巡礼を終えた人を指す。
白い帽子をかぶっている方々はメッカに行ったことがある人。

Bekir家は代々はスルタンの菓子職人チーフとなる。
息子の時代にヨーロッパで開かれる数々のコンテストで賞をとる。
孫の時代にはエジプト、アメリカをかわきりに世界各国に輸出する。

19世紀にイギリス人旅行者が「トルコ人の楽しみ」Turkish Delightと言ったところから、ロクムの別名となる。

パッケージはルーブル美術館にあるBekirを描いた絵。(コピーはトプカプ宮殿にある)

眉毛のつながったお兄さんから買ったロクムをキットカットとするなら、Bekirのロクムはノイハウス

  




Pepsiをclick!   ペット 犬 dog ダックス チワワ テリア シーズー 豆柴








Last updated  May 6, 2008 01:40:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 26, 2008
カテゴリ:トルコ

そこは思ったよりもずっと大きくて近代的なショッピングセンターだった。

シンガポールのそれとそっくりなのだが、ひとつの違いは地下鉄から上がってくるときに厳重なセキュリティチェックを受ける。

ロンドンのHarrodsみたいに。

トルコ イスタンブール ショッピングセンター

さて、まずは食料品売り場に行きたいなー。

なかなかスーパーが見つからない。

確か、カトさんは1階にあるって言ってた。

しかし、そもそも自分が何階にいるのかわかんなくなっている。

トルコの女性にスーパーマーケットはどこか聞いた。

とても親切にこの下をまっすぐ行って左側とエスカレーターに一緒に乗って言ってくれた。

おば様がたはぞろぞろと私のあとに続く。

「あっ、ここね!」

それが食料品じゃなくて電化製品のスーパーだ。

     
今度はセキュリティの人に聞く。

「上にあがって左側」 本当なの?

      
ちょっとぉ、やっとドライブインで買ったこれ


$4だったのに、ここでは$2なんですけどー。

ドライブインで私がこれを持って並んでいる時にご一行様が「それは何、それは何」と大騒ぎして、そのお店のドンドルマアイスの素を買占めた。

おば様たちは「ショックだわー」と言い合っている。

私、勧めてませんからー。

トルコ イスタンブール ショッピングセンター 実演販売

これがなんなのかわからなかった。

おじさんがパプリカだらけのひき肉のような物をこねていた。

そこでは焼いていない。

トルコ イスタンブール ショッピングセンター パン

こちらはパン屋さん。

     

珍しい物が結構あるけれど、持って帰国できそうな物はなかなかない。

トルコ イスタンブール ショッピングセンター カフェ

上の方の階には比較的安い飲食店が並ぶ。

わかっていた。母は満足していない。

外は暗くなって来たがまだ6時過ぎ。

トルコの銀座、イスティクラル通りに行かねばならない。


自力で。。。。

 



Pepsiをclick!   ペット 犬 dog ダックス チワワ テリア シーズー 豆柴







Last updated  May 6, 2008 01:30:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 25, 2008
カテゴリ:トルコ

まず、ブースで乗車券を買う。

      

その乗車券は・・・正確に言えばコインみたいなもので、そもそもトルコの硬貨に慣れていない日本人にとってはお金なのか地下鉄のコインなのか区別はつかない。

トルコ イスタンブール 地下鉄 改札

    

どこぞの国のように、乗車券を買わないで改札をジャンプして通り抜けるなんて人はいない。

     
トルコ イスタンブール 地下鉄 動く歩道

動く歩道になっている。


     

トルコ イスタンブール 地下鉄 エスカレーター


その後エスカレーター。

思ったより深いところまで行きそう。

トルコ イスタンブール テュネル プラットホーム

ホームの人たち。

何故か女性はいない。
電車が来た!

トルコ イスタンブール 地下鉄 テュクム 車両

結構普通な感じ。

トルコ イスタンブール テュネル 地下鉄 座席

中は硬い椅子。配置がおもしろい。

日本は布製の椅子だけど、外国では殆どこれなのは・・・

汚したり、破ったりするのか・・・

     
 

 

 



Pepsiをclick!   ペット 犬 dog ダックス チワワ テリア シーズー 豆柴






Last updated  May 6, 2008 01:22:05 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 24, 2008
カテゴリ:トルコ

ドルマバフチェとは「埋めたてられた庭」を意味する。

帝位の間その昔男性しか入れなかった。

ヴィクトリア女王から寄贈され世界最大級の巨大なシャンデリア。

バカラ製。750個の電球。4.5t

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 ヴィクトリア女王 シャンデリア

オペラ座の怪人のシャンデリアより重厚だ。

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 帝位の間

この巨大シャンデリアの周りはこんな風な造り。

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 ケマル パシャ

一つ一つのパーツが緻密でエレガントでどこか可愛い。


こんな風にレースの模様入りのシャンデリアもある。

   

こんな風なシャンパングラスがいくつもついているような感じ。

一つでも綺麗なのに、数え切れないくらいこんなのがついてるんだから。

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 ヘレケ 絨毯

壁にはアラビア文字のカリグラフィー。かっこいい。

このシャンデリアも優美だった。

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 

奥にあるスタンドのガラスもピンク。

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 宝物

なんて美しいグラスだろう。

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 コレクション

陶磁器のコレクションも可愛い。

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 歴史

もっと、もっと綺麗な物をたくさん見た。

宮殿内はフラッシュ禁止なので黒っぽい写真ばかりになってしまって、紹介できるのはこの程度。残念。

     
宮殿から出ると、欧米人のご夫婦に一緒に写真を撮ってもらいたいと頼まれた。

イマドキ、たくさんの日本人が欧米にいるだろうに、そんなに珍しいのか。

それも、何故、トルコ日本人と写真に写りたいのか、私には謎である。

それでもnoと言えない日本人はにこやかに「チーズ」と言ったのだった。

      

 


 



Pepsiをclick!   ペット 犬 dog ダックス チワワ テリア シーズー 豆柴

 







Last updated  May 6, 2008 01:04:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 23, 2008
カテゴリ:トルコ

1890年 明治天皇を表敬訪問し帰途についたオスマン帝国のエルトゥールル号が熊野灘で暴風雨に遭い串本町の大島沖合で座礁・遭難する。

       
断崖を登り命からがら助けを求めにたどり着いた乗組員。
漁業の島、のどかな大島ではおそらくその時代殆ど外国人を見ることはなかったのではないか。

       

燈台守はすぐ村長の元に走り、そこから夜の嵐の中の救出劇が始まる。

命がけで69名の乗組員を救出、239の遺体をひきあげた。

混乱の中言葉が通じない。

彼らはどこから来たのか?

万国旗ブックを差し出すと「トルコ」の旗を指した。

       


そもそも台風で出漁できていない。

自分たちの食料すらままならぬ状態であった。

島民は非常用の鶏、卵、さつま芋を惜しみなく提供した。

今とは違う。おそらく、貧窮の中での生活だった筈だ。 
トルコの小学生は教科書でこれを習う。

新任のトルコ駐日大使は首相官邸の次に串本町を訪問する。

イラン、イラク戦争の時テヘランに取り残された日本人に飛行機を出してくれたのはトルコだと言うことをどれだけの日本人が知っているのか。

自衛隊もJALも行けなかった、行かなかったのに、安全の保障もないのに、助けてくれたのはトルコだ。(この時のトルコ航空機は被弾していた!)

山田寅次郎と言う人物をご存知だろうか。

沼田藩家老の次男として生まれ、母方の茶道宗家山田家に養子に入る。

なかなか宗家を継がず、エルトゥールル号の遭難事件に衝撃を受け、義捐金をつのった。

外務大臣青木周蔵(ペルー大使館占拠事件の青木大使の曾祖父)に君が持っていきなさいと勧められ、皇帝アブデュルハミト2世に拝謁する。(この時献上した山田家先祖伝来の甲冑等はトプカプ宮殿に展示されている)

帰国せず、陸軍士官、海軍士官学校で日本語と日本の精神について教鞭をとるこことなる。(40年ものあいだ、家元は空席だった。跡取りとして養子に入ったのに)

その中の教え子の一人にアタチュルクがいた。

後に大統領就任後、寅次郎はアタチュルクと再会する。

1938年ここドルマバフチェ宮殿でアタチュルクは生涯を終えた。

豪華ではあるが、ベルサイユのようなきらびやかさはない。

イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 アタチュルク 山田寅次郎

階段の装飾にクリスタルが使われている。

この宮殿で印象的なのは数々のバカラのシャンデリアとこうした装飾。

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 エルトゥールル号

 

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 陸軍士官

365の部屋と22のサロン

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 ボスフォラス海峡

窓から臨むボスフォラス海峡。

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 

大理石の手洗い台

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 ゴールド 黄金

黄金のティーセット

 

トルコ イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 バカラ シャンデリア

ひとつひとつのシャンデリアがそれぞれ素敵なデザインでとても凝っている。ベネチアスタイルとも、チェコスタイルとも違う。全体的にはチューリップを連想させる。

 

 

 

 



Pepsiをclick!   ペット 犬 dog ダックス チワワ テリア シーズー 豆柴






Last updated  May 6, 2008 12:56:21 PM
コメント(0) | コメントを書く

全64件 (64件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

Favorite Blog

宝塚の出待ち、とい… New! ヴェルデ0205さん

横浜高島屋で鎌倉ベ… New! 家族で眼鏡さん

パリ*ラデュレ♪~ラ… New! バームクーヘンさん

MOANA SURFRIDER の … るいま12Kさん

悪魔のおはぎり Blue*Hawaii**さん

Calendar

Category

Recent Posts

Archives

Free Space





エジプト旅行記

エジプト行き 準備その1 

エジプト行き 準備その2 エジプトはアフリカだった。

エジプト行き 準備その3 膝隠すだけじゃだめなのかー!  

エジプト行き 準備その4 胸の見えない服なんて

エジプト行き 準備その5 お腹対策はいかに  

エジプト 出発直前 スケジュール変更 !

エジプト航空 アルコール提供なし




ピラミッド地区

カイロ国際空港→ラムセスヒルトン

カイロ ラムセスヒルトンの夜

カイロ ラムセスヒルトンの化粧室で。

無事に帰国する為の私と母の掟

Japanese cakeってなんだ?

ダハシュール ロバに生まれるならスペインがいい

ダハシュール アンディ.ガルシアと屈折ピラミッド

ダハシュール 赤のピラミッド 体力温存

ラクダも食べるの!?

ラムセス2世はハンサムだったかもしれない

エジプトvsトルコ 絨毯売り

サッカラ 階段ピラミッド 奥さんは何人?

エジプトの兵役コネ使用の場合

クフ王のピラミッドと10月6日

ピラミッド内部 四つん這いのあなたは何人?

ピラミッドとラクダ三昧

エジプト セクハラ大国微妙なセン

エジプト スフィンクスと写真を写すには。

スフィンクスが見ていたのはケンタッキーだった。

1:30a.mはモーニングコールなのか。

ヒルトンショッピングセンター

エジプト 銀行はこんな感じ。

ラムセスヒルトンのお弁当見たい?



ルクソール周辺

メムノンの巨像とスパイと私

王家の谷 勝手に私を撮るなー!

ラムセス6世の墓 鳴子と毎日出産する女神

王家の谷ラムセス1世の墓っ、ターバン忘れた。

ツタンカーメンは何もしなかった王です。

王家の谷 ツタンカーメンはこんな顔

ハトシェプスト女王葬祭殿 46度になった。

女王は歯肉炎で亡くなったらしい。

ルクソール ラクダはコーラをおいしそうに飲んだ。


お昼は魚のフライです


ルクソール ムバラク大統領が来る

カルナック神殿 牡羊は太陽の聖獣らしい。

カルナック神殿 ナイル殺人事件はここで

カルナック神殿 スカラベと願い事

これがバクシーシ!

ルクソール神殿 モハメッド.アリがオベリスクをあげちゃった。

ルクソール アンクのピアスを買う

笑わないで、ルクソールの晩ごはん。

ルクソールで。迷子??

ビラミットパワーの話

メルキュール ルクソールの朝ごはん。



ルクソール→アスワン

スペシャルコンボイとは。

タバコと「日本人はトイレが近い」

エドフ ホルス神殿 鳴子とられそうになる。

ほんとに御馳走食べてたの?

ヒエログリフで遊ぼう

コムオンボ ワイロさん、ターバンを巻く。

シーザーはヨダレを垂らして喜んだ。


アスワン

アガサクリスティのアスワンとヌビア料理

アスワン 切りかけのオベリスク

口紅をとられそうになる。

私の妻はあなたのlipで綺麗になる。

アスワンダム→イシス神殿

イシス神殿 美?にご利益あり?

「砂漠の秘密」生々しいとはあなたのこと!

アンパンマンとラクダを探す。

ハンサムだからって、いいかげんにしなさい!

質問24時間OKって、私は寝ます。

イシスアイランドの朝 あなたたちは御出勤か?

質問しませんて。で、スーツケースは?

ナイル ファルーカに酔う



アブシンベル神殿

→アブシンベル トイレは占拠された

やっぱり計算は狂ったらしい

うぁー、アブシンベル神殿だ!

闇の神には光は当たらない

アンクの鍵は罠だった

カイロ

パピルス買わずにごめんなさい

こ、これ、ちゅ、中華?

焼きそば目当てで来たね!

そのピタ.パンどこ行くんですかー!


アレキサンドリア

名前が残ったのは奇跡

ワイロさんち、あんな感じ?

アレキサンドリア国立博物館

アラブ人の感覚と昼食

世界七不思議

エジプトでは行き先が駅名

特急列車の車内販売

カイロ2

ニーハオと言われると気になる

やっぱりカモになる

ケーシーアナゴ事件

Try 水煙草

ディナークルーズ

告げ口と朝食

オベリスクと取替えた物

どっちが綺麗?

告げ口の答え

コプト教会

初シナゴーグ

カイロ考古学博物館

男の子が倒れた!

ミイラ、行く?

さよならー!




ロシア

旧ソ連の国籍は複雑 

ゾルゲはわかってる男だ 

懐中電灯?

カミソリXでしょ   

アエロフロート体験 

世界最低空港

→サンクトペテルブルグ 

エカテリーナ宮殿

プリバルチスカヤ      

 メキシコ人に囲まれる    

 それは半裸です

イクラはロシア語       

ピョートル大帝が妻に     

 琥珀の間の謎

ロシアの名前     

エカテリーナ2世お気入り     

 エカテリーナ宮殿

ロールキャベツ         

ロシアビールバルティカ        

聖イサク大聖堂

マリインスキー劇場       

 ロシア式風邪の治し方          

 伝統工芸品

キエフ風カツレツ      

 メキシコ人再び   

エルミタージュ冬の宮殿 

エルミタージュ 冬の宮殿    

Grand floor   

紋章の間

ゲオルギーの間    

黄金の客間      

 くじゃくのからくり時計

ダヴィンチvsラファエロ     

 絵画コレクション     

 エカテリーナの愛人

ロシア風餃子ペリメニ          

 キャビアを買う          

 だんなは?

血の上の救世主教会    

 ストロガノフ邸         

 ラスプーチン暗殺

ペテルゴフ ピョートル大帝 夏の宮殿

ピョートル大帝夏の宮殿      

 ピョートル大帝の噴水     

 →モスクワ

モスクワ

車は歩道を走る    

 イズマイロボ          

聖ワシリー聖堂

赤の広場      

グム百貨店とモスクワ大学  

トレチャコフ美術館

待望の壺焼        

ボリショイサーカス      

レタスからなめくじ ! 

プーチンが好きなのか   

武器庫博物館     

エカテリーナ2世のウエスト

クレムリン王冠      

オルロフのダイヤモンド  

 大聖堂広場

怒Free Time       

アルバート通り     

セルギエフ.パサード

  

 

ドイツ 

ベルリンに立つ 

ベルリンの壁  

ブランデンブルク門 

ベルリン大聖堂

ごめんですまないで   

ペルガモン博物館    

昼ご飯忘れる

マイセン磁器工房 

スーツケースが転がっていく  

保険金詐欺

ドレスデン 旧市街  

聖母教会 世界一のパズル  

ツヴィンガー宮殿

アルテマイスターとシュトーレン  

チェコ

チェコ 国境      

 プラハの夕食      

 チェコの温泉 

アンドレアジャイアント?    

 プラハ城   

 ここ、どこですのん?          

カレル橋   

 ガーネットを買う     

  天文時計と国営レストラン

オーストリア

ウィーンに向かう  

マイクが壊れて    

エリザベートの狂気

Great マリアテレジア  

マイヤーリンクの真実 

フランツヨーゼフの憂鬱

グロリエッテが見えない   

シェーンブルン宮殿 クリスマス市

ベルヴェデーレ宮殿      

ザッハトルテとウィンナーシュニッツェル

スロバキア

ビロード離婚 スロバキア ブラチスラバ城

ハンガリー

ブダペストの夜景  

インターコンチネンタルの朝食   

意地悪ガイド

ブダペスト王宮とヴァチカン   

マチャーシュー聖堂    

漁夫の砦 

ウニクムとハンガリー料理    

トカイ(貴腐)ワイン    

中央市場    

聖イシュトバーン教会とオペラ座 

エリザベートの愛したcafe Gerbeaud  

インターコンチネンタルのパン   

帰国の日

 


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.