2461019 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

屋根材

2020年09月01日
XML
カテゴリ:屋根材




現在、雨漏れリフォームを行っている愛知県大治町の輸入住宅。

昨日、屋根の防水工事が完了しましたが、同時に台風の風に対する
対策も実施しました。

通常の瓦材は、防災瓦と比べて風で飛ばされるリスクが大きいと
言えます。

それは、瓦を固定する釘が瓦の重なっている部分だけにしかないからです。

まあ、防水の観点からすれば、瓦が覆い被さって見えなくなった部分に
釘がある方がいいですからね。

でも、それだと釘が瓦の上端にあるだけですから、見えている部分が
何も固定がされていないので、下からの風で煽られてしまいます。

そこで、瓦材の防風強度を上げる為に、瓦にドリルで小さな穴を明けて
そこにパッキン付きのビスを取り付けます。

勿論、全部の瓦にそういった施工をするといいのですが、今回は風で
煽られやすい軒先の一列にそういったビスを入れました。

ただ、よく見るとビスが瓦一列全部ではなく、1つ置きに入れられています。

それは、瓦同士が重なり合っている為、1つ置きに留めておけば、
ビスのない瓦も隣の瓦で固定されてしまうという理由からです。

ビスのパッキン材は、瓦が煽られた際に固いビスが瓦を傷つけたり、
割れを促進したりしないようにするのと、ビス穴から雨水が侵入しにくい
ようにする為です。

また、隠れている部分には防水コーキングを入れて、万一にも備えています。

今回は、元々屋根の雨漏れを修理するのが目的でしたが、それに加えて
台風・突風対策をやっておけば、更に安心感が増しますよね。

(因みに、この工事はサービスで見積には入っていません。金額が
安けりゃ施工にも影響しますし、こうした気遣いも出来ませんよね?)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年09月01日 16時19分09秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年08月12日
カテゴリ:屋根材




先日、瓦屋根の雨漏れについて記事を書かせて頂きましたが、その原因
と思しきトップライトの周囲の防水処理を確認すべく、瓦を外してみました。

トップライトは、ベルックス(Velux)製のしっかりしたものですから、
天窓本体に異常はありませんでした。

問題は、天窓周囲の鈑金作業。トップライトと屋根瓦との間には当然
隙間が生じます。

その隙間から天窓本体へ雨水が侵入しないようにすることと、その雨水が
瓦の下に入ってしまわないように天窓の周囲を鈑金材で固めて、鈑金の上
を流れる雨水を瓦の上に自然に排出するといった雨仕舞が必要となります。

天窓の横には黒いウレタン材が鈑金の家に張り付けてあって、これが天窓
と屋根瓦との間に出来た隙間から入った雨を外側(横方向)へ出さない
ようにする堤防の役割を果たさなければなりません。

ただ、瓦を留める為に横に走っている瓦桟が、ウレタン材の一部を壊して
しまっているようです。

これでは堤防の役目を果たせず、外(横)へと雨が出て行ってしまいます。

それを更に防ぐ為の防波堤が、鈑金材の端にある立上りです。

ただ、これも瓦桟によって押し潰されているようで、大量の水が流れて
くる状況となるとそこを越えてしまうと思います。

ただ、それを越えなかった雨水が下へと流れて、瓦の上へと放出される
手前で鈑金の立上りが終了していて、そこには瓦の裏へと水が入ってしまう
水の道が出来ていました。

これでは、せっかくの立上りが何の役目も果たしていませんし、瓦で
隠れている場所で起こった出来事ですから、お客様も全く気付かない
ということになりますね。

家づくりは目に見える部分も大切ですが、見えない下地処理を如何に
丁寧に施工するかが一番大事だということがお分かりでしょうか。

こうしたことは、如何に有名な建築家でも、大手の住宅メーカーで
あっても問題を防ぐことは出来ません。実際に施工する職人の技術や
知識が如何程かが、勝負の分かれ目となるのです。

<関連記事>: 瓦屋根の雨漏れ (2020年8月10日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年08月12日 14時21分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月10日
カテゴリ:屋根材




アンダーセンのサッシの修理・交換をご依頼頂いた輸入住宅で、現在
屋根やベランダからの雨漏れについても工事を開始しております。

今日、長い梅雨で遅れていた屋根工事をスタートしたのですが、
問題がありそうな付近の屋根瓦を外した様子がこちらです。

アスファルト・ルーフィングと呼ばれる屋根用の防水紙の上を雨が
放射線状に伝ったことが、ルーフィングの汚れや瓦桟の損傷から
見て取れます。

また、横に走っている瓦桟(桟木)が腐っていますが、雨による
腐りの他に菌類(キノコ)による腐敗も大きいようです。

発泡ウレタンの断熱材のような薄い黄色をしたフカフカした菌類
ですが、雨が流れるのを桟木で留まらないようにする通水用の隙間をも、
菌類が繁殖して埋めてしまった為に桟木の上で雨が溜まってしまう
状況を作り出した感じです。

勿論、そこに溜まった水が、桟木を留めている又釘(ホチキス)の穴から
ルーフィングの下に入り込み、野地板を腐らせたり室内に雨漏れを
発生させたりしていました。

この雨漏れの原因は、写真一番上のトップライトの右側に施工された
鈑金防水の施工不良だと考えられます。

トップライトの鈑金の上の雨は、瓦の上へと導かれないといけない
のですが、瓦の下へ落ちるような施工をしてしまったらしいのです。

多少のことであればいいのでしょうが、形状が南面の大屋根だった為に
大量の雨や湿気・高温で瓦の下は酷いことになってしまいました。

一つの施工ミスが、様々な不具合をもたらす見本のような現場です。

建築会社の人間が全てプロだと勘違いしていると、酷い目に
遭わされるかも知れませんね。

見積金額や見た目に踊らされることなく、どんな仕事をしてきたのか、
どんな情報発信をしているのか、そういったことが施工業者を決める
決め手と言えるのではないでしょうか。

因みに、最近は木製の桟木ではなく、腐らない樹脂製のものもある
ようですが、10年もしないうちに油分が抜けてボロボロになるらしい
ですから、油断は禁物です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年08月10日 16時34分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月19日
カテゴリ:屋根材




短い通り雨が降った直後に15年以上経った輸入住宅の屋根の
写真を撮りました。

カラーベスト・コロニアルと呼ばれる薄いコンクリートの板で
出来たスレート瓦(本物のスレートではありません)。

こうした国産の材料は、表面に塗装を施すことで雨や太陽から
屋根材を保護しています。

ただ、環境条件の厳しい屋根という場所では、塗装はあまり長く
持ちません。

昔は塗り替え時期を15年なんて言っていましたが、地球温暖化で
紫外線が強くなった昨今では10年くらいしか持たないのです。

さて、写真の屋根材に話を戻してみましょう。全体的に屋根が
乾き始めていますが、屋根材が重なってみえる部分だけは
雨水が染みた感じになっています。

私が思うに、屋根材の塗装自体は既にその役割を果たしていない
ような気がします。

通常であれば、防水塗装によって雨は表面に浮いた状態になり、
流れ落ちる感じであるはずですが、塗装が機能していないと
コンクリートが雨水の一部を吸ってしまいます。

染み込んだ水が屋根材の下(防水シートの上)まで到達したり、
水が傾斜に沿って徐々に屋根材から出てきたリしている感じが
します。

屋根の表面に張ってある屋根材が劣化したとしても、すぐに
雨漏れすることはありません。それは、防水シートが本来の屋根
であるからです。

でも、防水シートをカバーしている屋根材の劣化が進み、台風の
強い雨風や補修の際に人が載ったりすると、屋根材が割れたり
脱落したりする危険が生じますから、このままではいけません。

それは、カバーがなくなれば、防水シート自体が劣化を起こし
雨漏れの原因ともなるからです。

もし皆さんのおうちの屋根も同じような状態になっているようなら、
表面の汚れを落とし、シーラーと上塗りの防水塗装を早めに実施
したいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年09月19日 14時02分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月12日
カテゴリ:屋根材




先日、とある商業施設へ行ってきました。その建物には下屋が
あって、手の届きそうな場所に屋根が来ていました。

ふと見ていると、私たちもよく使う屋根材のアスファルトシングル
が張っているではありませんか。

そこで撮った写真が、こちら。

破風(はふ、ケラバとも言う)と呼ばれる屋根の端は、ガルバリウム
鋼板の鈑金材で納められています。

破風の部分は、屋根材の横面が露出しますから、雨が屋根材の下に
入り込むリスクが生じます。

特に重ね張りをするアスファルトシングルやカラーベストのような
薄い屋根材では、重なり部分に隙間が生じます。

そういう弱点をカバーする為に、こうした鈑金材で処理するという
のは、極々普通のことではありますが、そうでない施工も見られます。
(北米では、ここにシングル材を下張りするケースもあります)

次に、鼻隠しと呼ばれる軒先部分ですが、こちらは通常のアスファルト
シングルが1枚張られているだけでした。

一番下に見える鈑金材の上に、2枚薄い屋根材が張られているように
見えますが、実はベースとなる薄い材料の上に化粧のものが接着した
状態で1枚の屋根材という構成のものですから、屋根材は2枚では
なく、1枚なんです。

アスファルトシングルの軒先の施工は、通常捨て貼り用のシングル材
(スターター)を下地材として取り付けてから、通常のシングル材を
重ね張りしなければなりません。

こうすることで、強風による雨の吹き上げ(雨漏り)等から屋根を
守ることが可能となります。

ただ、以前から申し上げているように、通常屋根材と言われて
いる表面材は、防水を司る本来の屋根材ではありません。

その下に敷かれている下地材のアスファルトルーフィングが
屋根材としての防水機能を果たしていますから、これを如何に
太陽光や風雨からカバーしていくかが、アスファルトシングルの
役目となっているのです。

<関連記事>: 絶対ダメじゃないけど、・・・ (2018年8月24日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年09月12日 15時44分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月06日
カテゴリ:屋根材




台風21号が去り、関西、北陸、北海道の各地に大きな爪痕を残した
と思ったら、今度はその北海道で震度7の地震が起きました。

私たちのお客様も屋根材が飛ばされたり、掃出しサッシのレール
から水が溢れてきたりと、大変な状況だったとの連絡を頂きました。

写真は、先回の台風20号の風で剥がれたアスファルトシングルの
屋根材です。

ご覧のように、留めていた釘の頭から、屋根材がスポッと抜けて
しまったような状態で、屋根用防水コーキングがしっかり利いて
いたせいか、下側の屋根材に張ってあった飾り部分が上の屋根材に
くっついています。

テープを剥がすように風が一気に屋根材を吹き飛ばしたと言っても
いいかも知れませんね。

さて、こうした屋根材が家から吹き飛ばされて、隣の家のアルミの
雨戸を凹ませたり、車のボディーを傷つけたりした場合、その責任は
どこにあると思いますか。

実は、台風の風に責任があるので、屋根が剥がれたおうちの人には
責任が及びません。つまり、飛んできて当たった側の人が自分で
直すというのが、正しい民法なのです。

ただ、こういう場合、自分の処の屋根だと分かっていますから、
お隣などから文句を言われたりすると、道義的には自分たちの
責任を感じて、修理代を持つなんてことはよくあるようです。

こういう場合に備えて、今では火災保険の特約で近隣への被害を
賠償するといったことも出来るようです。

保険屋さん曰く、こうした特約は田舎の人は絶対付けて欲しいという
要望が多く、都会の人は責任外なんだからと付けないで加入する
方が多いそうです。

仲のいい近隣とのトラブルを避けたい地方の人の気持ちと、
隣の顔も知らないというドライな都会の人とでは、考え方も
大きく違うということでしょう。

そうそう、ちょっと前に新潟で大火がありましたが、これも
他の家屋への類焼については責任を問われませんでしたが、
道義的には相当なプレッシャーがあったでしょうから、
そこに住み続けることは難しいと思われます。

さて、自宅の屋根の補修については、10年前なら20万円以下
では保険金が下りないという火災保険契約が多いようですが、
6~7年前からは免責も数万円からという保険内容になって
いるようですから、一度見直しをしてみるのもいいでしょう。

(尚、廃材等の処分費は保険適用外ですから、補修の見積が
全額下りる訳ではないので、要注意です)

あと、火災保険は屋根の補修ばかりか、塀や門扉、フェンスや
カーポートの屋根などの補修も保険金で賄えるものが多く
なってきているようです。

台風だけでなく、火災や地震、津波や洪水、火山の噴火など
日本列島では災害が起きない場所はない状況になってきました。

保険の加入も必要ですが、家を補修メンテナンスしてくれる
経験のある建築屋を確保しておくことも、長く家を維持する
秘訣かも知れません。

勿論、こうした災害から命を守ることが最優先ですが・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年09月06日 20時30分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月27日
カテゴリ:屋根材




こちらは、私共で建てたお客様から頂いた屋根の写真です。

アスファルトシングルという輸入の軽い屋根材ですが、横一直線の
ライン状に引きちぎられたように外れています。

どうやら、今回の台風20号の際の突風で剥がれてしまったようです。

こちらのおうちは少し高台にあって、この屋根に面する東側には
建物は建っていない状況でした。

つまり、南東方向から吹く台風の強風が、直撃するような立地
となっているのです。

この輸入住宅が建って既に8年近く経ちますが、突風被害は
立地環境や台風の強さによって左右されます。

瞬間最大風速が天気予報でも発表されますが、場所によっては
それ以上の風が吹く場所もありますから、どこでこのような
被害が発生するかは予想出来ないというのが本音です。

台風や竜巻が直撃したような地方であれば、屋根への被害は
更に広く大きなものとなるでしょうが、どうぞ皆さんもお気を
付け下さい。

ただ、こうした風による災害は、家の火災保険の補償範囲で
あることが普通です。

地域の役所で罹災(りさい)証明をもらって、早めに保険会社に
連絡をしておくこともお忘れなく。

そうすれば、ある程度のメンテナンス費用を負担してもらえる
かも知れませんよ。

尚、アスファルトシングルが剥がれても、下地のアスファルト・
ルーフィングと呼ばれる防水シートが機能していれば、屋根から
雨漏りすることはありませんからご安心を。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年08月27日 15時09分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月07日
カテゴリ:屋根材



こちらは、長久手市の輸入住宅で取り換えたアルミの雨樋の写真です。

以前、長さ19mの一本物の軒樋という記事を書きましたが、その樋
を取り付けた状況写真です。

19mも向こうだと、樋の奥の方は写らないんですね。

でも、この耐久性の高いアルミの雨樋は、長さだけが自慢ではありません。

軒樋に雨染みが付いて、汚れてみっともない状況を防いでくれる
「雨染み防水材」を追加しているんです。

軒樋の上端にL字の金物を取り付けているだけなんですが、これが
あるだけで雨だれの汚れが樋の表面に付かなくなるのです。




こうした気遣いがされたアルミの雨樋は、なかなか見掛けないと
思いますから、是非ご近所の雨樋とも見比べてみて下さい。

そうそう私共の雨樋は、樋の内側も念入りに焼付け塗装されて
いますから、更に耐久性が上がっていることも付け加えておきます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年05月07日 13時51分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月25日
カテゴリ:屋根材




昨夜は、名古屋でも強烈な雨風でした。昨日の午前中までにリフォーム
現場の雨樋工事を完了出来て、まさにGood Timingでした。

さて、この現場で先日ベルックス(Velux)の天窓メンテナンスを行って、
気密パッキンや防水処理のやり直しをしましたが、鈑金処理された天窓
カバーの塗装はメーカーが実施する点検メンテナンスの対象外。

そこで、屋根のスレート瓦を塗り替える際に、ペンキ屋さんにお願いして
トップライトの鈑金カバーをきれいに塗装してもらいました。

写真左が塗装済み、右が塗装する前の状態です。

恐らくこの天窓は、新築以来一度も塗装の塗り替えをやっていなかった
ように思います。

新築から一度は屋根の塗り替えをやっているはずなのに、その時の
塗装業者は何も天窓に触らなかったようです。

まあ、耐久性のあるガルバリウム鋼板で作られていますから、然程
鈑金が劣化してはいませんでしたが、せっかく屋根を塗り替えるなら、
トップライトのメンテナンスくらい一緒にやってあげてもいいのでは
ないかと考えるのは、私だけでしょうか?

何れにしても、天窓下に敷いてある水切り材も傷んでいましたから、
防水処理を施して防水塗装も一緒にやっておきました。

気が付いたことは出来るだけやってあげる。それこそ施工者の気持ちや
気遣いだと思います。因みに、手間を省く為に屋根材を塗る塗料で
鈑金も一緒に塗るなんてことはいけませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年04月25日 09時18分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月19日
カテゴリ:屋根材




先日、屋根材の塗装が剥げていると記事で紹介したコンクリート製
スレート瓦です。

その屋根の北側に下がっている軒先の部分を撮影してみました。

一番端の鈑金材と塗装が剥げているのが分かりますが、その奥の
スレート瓦が薄く緑がかっているのが見えますでしょうか。

そう、これは短い苔が薄っすら生えている状態です。地上からは
こんな処は見えませんから、貴重な写真かも知れません。

スレート瓦には表面に細かなデコボコがある為、塗装が剥げてくると
デコボコした部分に水が溜まり、中身のコンクリートに水が染みます。

冬場太陽光が直接当たらない北側の屋根で、しかも雨水が下に落ちて
くる一番先の軒の部分となると、こうしたことが起こるのです。

剥がれかけた古い塗膜と共に、苔や藻の類もしっかり洗浄して
取り除いた上で、下塗りのシーラー塗装や上塗りの防水塗装を
することが重要です。

こうした写真を見ると、10年毎の屋根の塗り直しが如何に大切か
ということが分かりますね。

勿論、塗り替えの必要がない天然スレート(粘板岩)の屋根材や
輸入のアスファルトシングル葺きであれば、メンテナンスの頻度は
比較的少なくなると思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年04月19日 11時08分09秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.