5954316 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


萩2696

Category

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2010.06.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

 総量規制も間近に迫り、支払に窮しての相談、依頼が増えてきた。

さて、債務が残った場合、履行可能な弁済計画に基づき、各業者と和解を成立させることが

重要である。

  ところで債務者は、違法の高い金利を払い続けたことが原因で、支払不能に陥った場合

が少なくない。

 ところが、お構いなし、「一括で払え!」「延滞利息、将来利息を付けなければ和解しな

い!」と債務者の窮状、心情を逆なでするような無茶な主張をする業者がいる。

 

 アイフルもそうだ。そのくせ「過払い請求」は、非常識な主張を繰り返して大幅な減額を要

求してくる。

このアイフルの横暴が各裁判所で目に付くようになった。

「仕方ないですから、終結して判決にします」こんな裁判官が多い中、

不合理を一切許さず、果敢に立ち向かう、素晴らしい裁判官もいるようです。

 本日、同志(司法書士)から「ブログで紹介していただけたら?」とメールを頂きましたので

謹んでご紹介させていただきます。

 

「以下原文です」

 平成22年5月某日**簡易裁判所○○号法廷


 当事者双方着席し,双方ともに和解希望と裁判官に伝える。

期日前にアイフルと電話で交渉したが,将来利息カットに応じなかった。

法廷では違うのか?

 裁判官 「それでは,司法委員の先生と別室で和解のお話を」
 
-別室にて
 
   私   「被告としましては,現在債務整理の最中ですが,毎月1万円なら原告へお支 

        払い可能です。被告としてはこれが精一杯なんです。

        アイフルさん,お願いできませんか?」
 司法委員 「被告としては,毎月1万円の弁済が可能ということですね?

        原告はどうですか?OKですか?」

 アイフル  「ダメです。将来利息を付けるか一括払いでないと和解できません。

         延滞してますから利率は26.28%ですが,20%で結構です。」

  私     「では,なぜここ(和解室)に来たんですか!一括払いなんて不可能です!」

 司法委員  「アイフルさん,特におかしな和解案ではないと思いますが。

         和解するつもりはないんですか?」

 アイフル   「そういうことになります。」


 
-和解交渉決裂し,法廷に戻る。
 
 裁判官  「どうでしょう?和解できましたか?」

  私    「いえ,原告が応じてくれませんでした。」

 裁判官  「えっ?アイフルさん,なぜ和解できないのですか?

        毎月1万円の支払いで約4年払いだったら,充分じゃないですか。」

 アイフル 「いえ,当社としては,将来利息20%付けての分割か,

        一括払いしか和解できません。」

 
 裁判官  「なぜです?和解案としては充分だと思いますよ。

        10年払いとか言ってるわけではないでしょう。」

 アイフル 「いや・・・実は,今まで被告代理人から過払い金返還請求で

        かなりの件数提訴されていまして,そのほとんどが判決なんです。

         ですから,先ほどの条件でしか和解できません。」


  これを聞いて,裁判官の顔色が変わった。
 
 裁判官  「それはおかしいでしょう!被告代理人はそれぞれの代理人としてやっている

         わけで,代理人としては当然のことですよ!

         今までの過払い金での恨みをここで晴らすということですか?

          そんなことは許されませんよ!

          それは会社の対応として,非常に問題だと思います。

          アイフルさんは,過払い金を請求される時は元金の半額とか支払い期日を

          半年後とか分割でとかいつも言っているじゃないですか。

          にもかかわらず,請求する側に立つと将来利息を付けろとか、

          今すぐ全額一括で払えとか言うのですか?おかしいじゃないですか!」

 アイフル   「・・・。」

 裁判官    「ここまで私が言っても,和解しないのですか?」

 アイフル   「・・・。申し訳ございません。将来利息カットで和解でする権限が私にはな

           いもので・・・。」
 
 ここで,さらに裁判官の口調が変わった。
 
 裁判官  「何のための代理人許可申請ですか!

        そんなことだったら,今後代理人は許可しませんよ!

        次回から権限を持った人を出廷させなさい!和解するの!?しないの!?」

 アイフル  「すみません・・・。裁判所の判断を仰ぎたいと思います。」

 裁判官   「それは判決希望ということですか?」

 アイフル  「・・・はい。」

 裁判官  「判決は出しません!出すなら決定を出します。」

 アイフル 「・・・分かりました。」

 裁判官  「いいんですか?和解に代わる決定ですよ?」

 アイフル 「裁判官がそうおっしゃるのであれば・・・。」


 結果,当初の提案通り,毎月1万円の4*回払いで和解できました。
 
裁判官が,私の言いたいことを全て代弁してくれました。感動で胸が熱くなり,

何度も裁判官に頭を下げました。

 すぐに被告本人に報告したところ,とても安心しておられました。

依頼者のために今後も負けるわけにはいかない。そう気持ちを新たにすると同時に,

このようなアイフルの態度に怒りを覚えました。

 これからもこのようなことが続くのでしょうか?

 

                                         マイサイト過払い請求・債務整理の手引き                                    







Last updated  2010.06.08 06:35:50
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.