000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2015.10.20
XML
カテゴリ:過払請求

 担当司法書士が本人と、過払い金の強制執行をした銀行に取立てに行き帰ってきた。

本日までの利息と、強制執行の費用を含んだ全額が回収できたようだ。
 
相手はカレッヂという学生を主の顧客としている金融業者である

過払い請求で多くの中小業者は破綻状態であるが、

このカレッヂは堅実に営業を続けている。

 

 しかし、過払い請求に対する対応は独特の厳しさがある。

 まず、履歴を開示して貰うには、直接この業者宛てに出向かなければならない、

そして担当者立会いのもとで差し出された帳簿をもとに履歴を書き写さなければならない。

本人請求の場合はこの段階で怯んでしまう、

また数多くこなす大手事務所は、受任を敬遠しがちになってしまう。

そして訴訟提起すると、うんざりする程の分厚い準備書面と資料が送られてくる。

しかし、めげずに訴訟を追行して判決を取ると、返還日までの利息を含んだ満額が返還される。

当事務所は今まですべて、第一審の判決後、満額が返還されている。

しかし、本件は控訴されてしまった。

控訴されても、第一審の判決には仮執行の宣言がつくので強制執行はできる。

第一審が終結した際の担当者の言葉

取引銀行が書かれた用紙を差し出し

「強制執行をするならこの銀行にしてください、」

「他の銀行は事情があるので止めてください」

とわざわざ、銀行を指定してきた。



「空っぽということはありませんね?」と聞くと、

「そんな失礼なことをしません」との答え。

その言葉を信じて強制執行をすると、言葉通り満額が回収できた。

意外に紳士的な業者である。

                  マイサイト 過払い請求・債務整理 相談所







Last updated  2015.10.20 10:51:40
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.