976574 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ごったニメーションblog

ごったニメーションblog

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

シンドリャー

シンドリャー

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

どたばた1,29861@ はじめまして 私も、林原さん、大好きです。ご懐妊おめ…
ウインド23@ 源静香 キャーのび太さんのエッチ
ヒヨコ戦艦@ 水やり過ぎは根腐れ  > Key坊 > やはり「子供向け映画」というのは、…

お気に入りブログ

watching GIANTS gam… ゆきぼう☆さん
~二次元と三次元の… かめのこ*さん
『熱血!!コロコロ伝… コロ伝編集部さん

バックナンバー

2024年02月
2024年01月
2023年12月
2023年11月
2023年10月
2023年09月
2023年08月
2023年07月
2023年06月
2023年05月
2005年04月17日
XML
さっそくOPからのび太ママが出てるよ・・・。

ガイアのパイロットが、ディオキアで会った少女、ステラと知り愕然とするシン。傷ついた彼女を前にいてもたってもいられなくなったシンは、勝手にステラを連れ、インパルスに乗り込み、ミネルバへ戻っていった。

ミネルバに帰投したシンは、大急ぎで医務室に向かう。「死ぬのは・・・ダメ・・。」そうつぶやくステラに、シンはあの時の言葉をかける。

シン「大丈夫、もう大丈夫だから・・・キミのことは、ちゃんと、俺がちゃんと守るって!俺は・・!!」

艦長の許可なしでは敵兵の治療はできないという医者に、シンは死んだらどうすると激昂する。それを聞いてしまったステラは、シンに襲い掛かり、そばにいた看護師の首を絞める。医務室には、機動兵を連れたタリア、そしてアスランも向かっていた。暴れるステラを必死で止めるシン。どうにか落ち着きを取り戻すのだった。

この行為に、当然のごとくタリアが許すはずもなく、軍規違反だと厳しく叱責。ステラとの出会いのいきさつを聞かれて、シンは話す。そこに、医務室から連絡が入る。
医務室に二人が向かうと、そこにはベッドに縛り付けられたステラの姿が・・・。怒るシンだったが、医師から衝撃的な事実を告げられる。彼女は連合軍のエクステンデッドだと。

すると、ステラが目覚める。声をかけるシン、だが・・・

ステラ「なんだ、お前は・・・」

そして、力づくでベッドから起きようとする。暴れるステラに、シンは寄り添い、再び声をかける。

シン「大丈夫だよ、ステラ。大丈夫だ!僕がいるから、落ち着いて!わかるだろ、僕だ!シンだ!」

必死で声をかけるシン。だが・・・・

ステラ「知らない・・・あんたなんか知らない!!」

ステラは記憶を失っていた。医師はふたたび鎮静剤を投与し、ステラを落ち着かせるのだった。(って、ステラ、白目になってるぞ。怖いぞ!)ショックを受けるシンだった。

(CM明けのアイキャッチ。これ、昨日放送の「新・ドラえもん」の演出やってた米たにヨシトモ氏が演出。脚本の大野木氏といい、のび太ママ、イザークといい、ドラと接点が多くなったなあ・・。)

そのころ、ネオは、ステラを損失、つまりMIAとするようにとの命を受けていた。それを聞いて、ネオは・・

ネオ「損失か・・・・ま、そういう言葉になるんだろうがね、軍では・・・。」

意味深な言葉を漏らすネオ。そして彼は、スティング、アウルの記憶からステラを消すように言うのだった・・・。

タルキウスに向かうべく発進したミネルバ。(バックは桑島法子さんの『深海の孤独』)
アスランは一人、キラ・カガリたちのことを考えていた。彼らの行動に納得のいかないまま・・・。一方、事の真相を知ってしまったルナマリア。そのデータが入っているディスクをどうすべきか悩む。

そして、医務室のステラ。シンが見舞いに来る。ステラは、ネオらの名をつぶやく。改めて、記憶を失っていることに、そしてガイアのパイロットだったことに、ショックと、そして悲しみを覚えるシン。手にはステラからもらった貝殻が・・・。シンはステラの頬に手を当てる。すると・・・

ステラ「シン?」
シン「ステラ・・・」
ステラ「会いに来た、シン・・・」
シン「ステラ!俺、わかる?」

そう聞いてうなずくステラ。記憶が戻ったのか・・・?


一方、ノビ・タマコ・・・じゃないマリュー・ラミアス艦長のAA。深海を一人見つめるキラ。ベッドで横たわり、指輪を見つめるカガリ。キラのもとに、ラクスが現れる。ピンクハロも連れて・・・(ってママじゃん・・・あまりにもギャップが・・・。

ハロ「ハロ!ハロ!残念っ!」って、おまえは波○陽○か!

アスランとの話しあいで、本当に自分たちのやるべきこと、そして何が正しいのかまだよくわからないというキラに、ラクスは自分がプラントに行って様子を見に行くと言いだす。狙われるかもしれないという危惧から、キラは反対する。だが、ラクスは・・・

ラクス「私ももう、大丈夫ですから。」

再びフリーダムに乗ったとき、ラクスにかけたキラの言葉をそっくりそのまま返すのだった。

ラクス「行くべきときなのです。行かせてくださいな、ね、キラ。」

そのころ、偽ラクスことミーアは、ライブツアーを終え、プラントに戻ろうとしていた・・・。


ディオキア基地。そこに1台のリムジンが止まる。降り立ったのは、関西弁のキングT@KED@扮したバルトフェルドと本物のラクス。ラクスは、偽者ラクスであるかのように演じる。(って田中理恵さん、物凄い難しい演技をよくこなしましたなあ~。)ニセキングT@KED@は、早く出発するようにとはやし立てる。

ラクスは、ザフト軍兵にサインを書いてあげ、それをどこかやばそうに見つめるバルトフェルド。そのころ、ピンクのリムジンが到着する。

竹田「何や誰も出迎えに来てへんのかいな?」
ミーア「んもう、あたしが来たっていうのに・・・」


辺りを怒りながら見渡すミーア。と、さっき本物ラクスからサインをもらったザフト軍兵が驚く。これに「?」のミーアたち。そのころ、バルトフェルドたちは・・・・シャトルのパイロットを殴り倒して、乗っ取り成功。

本物ラクスが現れ、あわてて司令部に駆け込むミーアたち。

竹田「あかんで、あれほんまもんや!」
ミーア「あ?」
竹田「あ、ちゃうちゃう、ぱちもんや!名を騙るニセもんやがな!!」

竹田P、これだけ目立って登場したプロデューサーは他にいただろうか・・・。『踊る』の亀山Pですら、アナウンス程度だったのに・・。

シャトルを止めるべく、MS隊を次々と発進させるザフト軍。ロックされてしまったシャトル。ピンチ・・・。

そこに現れたのはフリーダム。あっという間に見事に打ちのめす。
そして、シャトルのラクスに声をかける。

バルトフェルド「大胆な歌姫の発進には毎度驚かされるんだがな…。」

やはりラクスのことが心配なキラは、一緒に行くと言いだす。が、

ラクス「いいえ、それはいけません、キラ。あなたがAAにいてくださなければ、マリューさんやカガリさんはどうなります?」
キラ「でも・・・」
ラクス「わたくしなら大丈夫ですわ。必ず帰ってきます、あなたのもとへ。だから・・・」

バルトフェルド「ここまで来て、わがまま言うな。俺がちゃんと守る。お前の代わりに、命懸けでな。」

二人の言葉を信じて、キラはAAのところへ戻っていった。ラクスを待ち受けるものははたして・・・
そして、ステラとシンの運命はいかに・・・・

新EDがきょうから。
あ、ブー太郎・・・じゃないニコルがいる。ミゲルとハイネが並んでる。そしてクルーゼとネオ。あ、アイシャとバルトフェルド。ザフト側のカットと来て・・・・次はオーブ・地球軍側。あれ?シンとマユが、手をつないで・・・。あ、後ろにはマリューとムウ。っていうか地球軍服だし。前作3Gもいる。ステラの隣には・・・え?フレイ?

そして、シンが真ん中。ルナマリアが左で、右にステラの3ショット。意味深・・・。次はカガリ、アスラン、ミーアの3ショット。背を向け合っているカガリ(姫モード)とアスラン。これも気になる。
続いては、ムウが真ん中で、マリュー、ナタルといったAAメンバーたちのショット。キラ・ラクスの2ショットと続いて、インパルス・デストロイ・ディスティニーを背に、シン、アスラン、ルナ、レイが出てきて、締めは、スーパーフリーダム、ストライクルージュ、ムラサメを背に、ミリアリア、マリュー、カガリ、キラ、ラクスの5人が出てきて、終了。ってか、SEEDシリーズオールスターだなあ~。
なんか集大成って感じ。これを見て、もしかしてSEEDシリーズは、運命で終わるつもりではと思ったのはおれだけ?

次回はエターナル復活!?そして、苦しむステラにシンは・・・・。乞うご期待。


↓よかったら、投票お願いします↓

ホームページランキングネット

Blog People
ガンダムSEED DESTINYの記事を見る
筆者のお気に入りブログ

参加ポータルサイト
週刊ブログ王! Myblog japan





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2005年04月17日 14時03分59秒
コメント(0) | コメントを書く
[アニメレビュー・トピックス] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.