3374856 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 殿上人日記

全7件 (7件中 1-7件目)

1

全て | カテゴリ未分類 | 馬籠より | 中津川より | 恵那より | 木曽より | 美濃の旅 | 飛騨の旅 | 名古屋より | 愛知、三重の旅 | 滋賀、奈良の旅 | 京都の旅 | 大阪、兵庫、岡山の旅 | 長野、山梨の旅 | 静岡の旅 | 神奈川の旅 | 東京の旅 | 温泉 | 韓国旅行 | ヨーロッパ、ハワイ旅行 | 旅のいろいろ | 歴史、伝統 | 行事、地域 | 四季の移ろい | 夕焼け | 花、植物 | 自然 | ペット、動物 | グルメ | 喫茶 | 菓子 | 食べ物いろいろ | 行楽、遊び | 中日ドラゴンズ | スポーツ | 芸術、文化 | テレビ、映画、音楽 | ニュース、時事 | ヒューマン | 懸賞 | ブログ、リンクス、ネット | パソコン、電化品、車 | 買い物、主婦業 | 子ども | 家族 | 日々の暮らし

温泉

2010年08月04日
XML
カテゴリ:温泉

      伊香保7

  伊可保可是 布久日布加奴日 安里登伊倍杼
  安我古非能未思 等伎奈可里家利(巻14-3422)

   伊香保風 吹く日吹かぬ日 ありといえど
   吾が恋のみし 時無かりけり

 
 伊香保10

  伊香保から吹いてくる風は、吹いている日も
  あれば、吹かない日もあります。でもね私が
  あなたを想っているのは四六時中なのですよ

  万葉集に収録をされた、東国の名もなき民衆が
  うたう東歌(あずまうた)に「伊香保(いかほ)」の
  名が詠まれたのは9つあるそうだが、古代に
  おいての伊香保とは、榛名山(はるなさん)の
  見えるような地域が対象であったようだ


      伊香保3

  「伊香保」の地名は、万葉集の記録から始まり
  その由来は、「いかめしい峰(ほ)」であるとか
  上州名物の「イカヅチ(雷)と燃える火(ホ)」
  アイヌ語の「イカホップ(たぎる湯)」だとか諸説
  がある


 伊香保2

  榛名山の中腹に位置をしている「伊香保温泉」は
  垂仁(すいにん)天皇の時代に開かれたというのと
  天平時代の名僧「行基」によって発見されたという
  説があり、南北朝時代の書物に伊香保温泉の事が
  書かれているそうである


 伊香保4

  戦国末期の天正4(1578)年に、「長篠の合戦」の後
  武田方が傷を負った武士らの治療の為に、それまでは
  源泉(湯元)付近に浴舎があったのを、源泉より温泉を
  導き、石段を造って中央に湯樋を通して引湯し、左右に
  整然と区画された土地を屋敷にして、温泉宿を経営した


      伊香保9

  ところどころに、湯樋でお湯が流れるのが見えるように
  のぞき窓を設けて、のぞき窓から左右の旅館に分湯を
  する為の仕掛けの「こ満口(こまぐち)」は16ヶ所で
  寛永16(1639)年に井伊兵部少輔により作られた
  制度であるそうだ


 伊香保12
  
  そんな歴史あふれる石段の温泉は明治以降に、数多くの
  文化人らにも愛された。まずは金色夜叉と並んだベスト
  セラーでもある、徳冨蘆花(とくとみろか)の小説「不如帰
  (ほととぎす)」の舞台にもなっている
  
  徳冨蘆花は、新婚5年目の記念旅行に伊香保温泉を訪れ
  晩年に伊香保で静養して、この地で永遠の眠りについた
 

      伊香保1

  羅馬時代の野外劇場の如く、斜めに刻み附け
  られた桟敷形の伊香保の街、屋根の上に屋根、
  部屋の上に部屋、すべてが温泉宿である、そして
  榛の若葉の光が柔かい緑で街全體を濡らしている。
  街を縦に貫く本道は雑多の店に縁どられて長い
  長い石の階段を作り、伊香保神社の前にまで
  Hの字を無数に積み上げて殊更に建築家と
  繪師とを喜ばせる

       与謝野晶子 伊香保の街より(大正4年)


 伊香保8

  群馬出身の萩原朔太郎をはじめ、田山花袋、島崎藤村
  芥川龍之介、斎藤茂吉、若山牧水、夏目漱石などなど
  数多くの文人がここに訪れているが、特に有名なのが
  画家で詩人の「竹久夢二(たけひさゆめじ)」であろう

  ファンの少女が伊香保温泉で夢二と会った(人違い)と
  夢二に手紙を送ったそうで、その8年後の大正8年に
  実際に伊香保に訪れて大層気に入り、榛名湖の畔に
  住居兼アトリエを建てた程である


     伊香保5

  ベルツ博士は「日本公泉論」で伊香保温泉について
  記述し、婦人科にかかわる病気や胃病などへの効用や
  治療のための入浴法、温泉街の環境や衛生についても
  アドバイスを残してくれ、保養地として政府や経済界の
  要人を迎えるようになった

  物聞山の中腹にあった伊香保御用邸には、終戦で閉じ
  られるまでは、避暑で伊香保を訪れる皇族も多かった


 伊香保6

  伊香保温泉が全国に誇れるのが、今では全国の
  温泉地で見られる「温泉まんじゅう」だ。伊香保を
  走っていた電車は「江ノ電」の払い下げだったそうで
  関係者が江ノ島に出かける事が多く、「片瀬饅頭」を
  土産で買ってきたのが、きっかけだとも言われるが
  明治43(1910)年に、伊香保名物にと「湯の花
  まんじゅう」が売り出されたのが、温泉まんじゅうの
  先駆けであるとか。今も何軒も饅頭屋があった


 伊香保11

  石段を流れ下り各旅館に分けられている「黄金の湯」は
  硫酸塩泉、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・
  塩化物温泉(中性低張性温泉)という泉質で、毎分四千L
  その効能は、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺
  関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾
  冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず
  やけど・動脈硬化症・慢性皮膚病であるとか・・・

  そんな「黄金の湯」を手軽に楽しめる立寄り湯(有料)の
  「石段の湯」に入ってみた♪


 伊香保14

  この歴史あふれる「黄金の湯」の他に、戦後の旅館数の
  増加に対して源泉が不足していた事により、比較的新しい
  無色透明な「白銀(しろがね)の湯」も出来たそうであり
  メタけい酸含有泉であるとか


      伊香保13

  伊香保温泉から榛名山にむかう道に、高根展望台があり
  真下には伊香保温泉を望む事が出来た。こうして今回の
  1泊2日の旦那とのドライブ旅では、群馬の万座温泉に
  草津温泉、伊香保温泉を揃い踏みで楽しんだ
  

 榛名山2

  山を登りきると高原の中の道で、ここを制限速度の
  50キロで走行をすると「静かな湖畔」のメロディーが
  約20秒流れる「榛名湖メロディライン」があった

  それにしても見るからに変な形の山ばかりだ。というのも
  巨人である「ダイダラボッチ」が、近江の地面を掘った
  土を、モッコや藤つるなどを使って運んで「富士山」を
  作ったそうで、近江で掘られた地面が今の「琵琶湖」に
  なったそうで、この土を運びの途中で土塊が落ちた
  事で様々な山が出来たそうだ


 榛名山1

  他の「ダイダラボッチ」は、「秋葉山(静岡)」を富士山
  よりも高くしようと思って、ある晩に鍬で土を掘って
  山の上に土を運んだのだが、夜が明けて富士山よりも
  低いので怒りにまかせて、最後に積み上げた部分を
  右足で蹴り上げた

  秋葉山に土を積み上げる為、掘った穴が「浜名湖」に
  なり、蹴り上げた土が大崎へまで達して湖のでっぱりに 
  なったとか


 榛名山4

  「ダイダラボッチ」は結構、気が短いようで自分の思い
  通りにいかないと、カッとなって山の土をぶちまけた
  そうであり、榛名山や、八ヶ岳、妙義山などの山頂が
  ヘンテコな形をしているのも、山頂の土をぶちまけた
  からだとか


 榛名山6

  榛名山と、赤城山、妙義山の三つの山を総称して
  「上毛三山(じょうもうさんざん)」といって、毎年の
  1月1日に行われる「全日本実業団対抗駅伝大会
  (ニューイヤー駅伝)」は、上毛三山のそれぞれを
  見ながら走る全長100キロのコースとなっている


 榛名山5

  榛名山にはカルデラ湖の「榛名湖」と、中央火口丘の
  「榛名富士(標高1390メートル)」や、最高峰である
  標高1449メートルの掃部ヶ岳、天目山、相馬山、二ッ岳
  烏帽子岳、鬢櫛山などが囲み、更に外側には、水沢山
  鷹ノ巣山、三ッ峰山、杏が岳、古賀良山、五万石など
  側火山があって、複雑な山容をしている


 榛名山3

  「愛らしいお手紙うれしくうれしく拝見しました
  イカホとやらでお逢ひになったのは私でありません
  それが私であったろうならと心惜しく思はれます
  お逢いする日があったら その日を楽しみませう
  さらば春の花の世をすごさせたまへ」

               竹久夢二から少女への手紙


 伊香保15

           平成22年7月23日に伊香保で撮影






最終更新日  2010年08月04日 10時07分00秒
コメント(54) | コメントを書く
2010年08月02日
カテゴリ:温泉

      草津の夜7

  以前は家族旅行(ドライブ)でのお泊まりは風光明美な
  一軒宿タイプの温泉旅館であったのが、最近は外湯巡り
  なども楽しみたいと、温泉街で街歩きが楽しくなった


 草津の夜8

  昼間とは雰囲気が一変した夜の湯畑をそぞろ歩く。前回
  紹介し忘れたが湯畑とその周辺の「遊歩といこいの場」は
  岡本太郎が全体デザインを監修したそうである。あの瓦も
  壁に埋め込まれたもので、足元にも瓦で模様が出来ていた
  

      草津の夜11

  草津温泉は高温で強酸性なので、手や足を数分でも
  浸すだけでも温浴効果があるそうで、湯畑のお湯を
  ひいた足湯の「湯けむり亭」は、江戸時代にここの
  場所にあった外湯の「松乃湯」を再現したという


 草津の夜6
 

      草津の夜9

  草津良いとこ~♪と外まで聞こえていた、湯もみの
  実演を行う湯畑の脇に立つ「熱の湯」からは、夜には
  落語がマイクで外まで聞こえていた


 草津の夜10

  そして昼間の日記で紹介をした、幾つもある草津の
  外湯の中でも一番有名な、源氏ゆかりの「白旗の湯」
  く~~良いお風呂! ところが男湯の方は先客がおり
  30分も右往左往しながら熱くて入れず、旦那と他の
  青年と三人共、お湯を何度も体にかけたりしながらも
  成すすべなくスネしか入れず。  

      草津の夜12

  熱くて全く入れなかった野沢温泉に比べて、すねだけ
  入れるだけましか。水道の蛇口は無論、湯もみ板の
  ようなものも無かったみたいだ

  またもや旦那、外湯嫌いに?


      草津の夜14

  721年に行基が創建したと伝えられる薬師堂が、後に
  草津を治めていた湯本氏によって、白根明神の別当寺と
  して再建をされたと言う光泉寺は、日本温泉三大薬師だ
  そうである


 草津の夜16

  もう旅館の風呂でいいと言いだす旦那を、なだめすかし
  向かうは「地蔵の湯」。その源泉もライトアップされて
  幻想的であった


 草津の夜18

  最近になって、建て替えられたばかりの「地蔵の湯」は
  とても綺麗な施設で、誰もいないので女湯の湯船を撮影を
  させていただいた。お~、濁っていて温度も熱めだが
  これまた良い風呂だ


 草津の夜19

  耳を澄ませば、男湯の方は先客の温泉ツウのお父さんがいて
  旦那と話もはずんで、どうやら今度は入浴できたみたいだし 
  話好きなお父さんらしく、熱いだろうに長湯でなかなか出て
  こないから足湯でも入っていよう

  何でもおじさんによると、お年寄りや子供など色んな人が
  利用をするから旅館の風呂はなるいらしく、外湯とかは源泉
  そのままが楽しめるらしい


 草津の夜15

  足湯では若い子たちが楽しそうに入っていたけど、温泉にも
  慣れていないのだろう。「底をまぜると、白いコケみたいな
  もんが浮いてくる~」って、湯の花初体験か。宿泊の感想で
  若い女の子が「白いカビみたいのが」とか、「底がぬるっと
  してる」とかあったり。湯の花もカビやコケ扱いじゃ悲しい


      草津の夜13
  
  そんな訳で午後2時過ぎにはチェックインをして、草津
  温泉を満喫させてもらってる温泉に戻る事にした。予算の
  関係で(価格&格式が)高級旅館ではなく、団体むきの
  大衆旅館に宿泊だ


      草津の夜4

  旅館の玄関に入って、ラビット旦那が目ざとく見つけた
  看板のドラゴンズは中日には関係が無くて、名鉄観光の
  ドラゴンズパックのもので、名古屋からの団体さんが
  いるらしい
  

 草津の夜1

  お~。お茶菓子にお饅頭の他にも柿のお菓子屋や、梅干し
  漬物までもとは、なかなかの心遣いだ。 湯畑源泉を使い
  女湯の方は熱い風呂、普通の風呂、ぬるい風呂、露天風呂
  とあるので高齢者や、子供にはいいかもね
  

 草津の夜2

  1万円ぽっきりの期間限定・平日のみのプランは、入手が
  困難な「最上級のA5級上州牛」のしゃぶしゃぶ付きで
  へたに気取った料理よりもいいのかも 
   
  
 草津の夜3

  朝のバイキングは群馬県の名物のこんにゃくとかもあって
  お粥もチョイス出来るのは嬉しい。ついついあれやこれやと
  食べ過ぎてしまった


      草津の夜5

  次の朝。そんな楽しい草津温泉も後にして万座、草津と
  きたら、あそこしかないと次の温泉へGO! やっぱり
  群馬は温泉天国。ありがとう草津、またいつか!  
 

 八ッ場ダム2

  さして交通量も多そうでも無い、こんな山奥にわざわざ
  新しい立派な道を作って、真新しい立派な橋はなぜに?と
  不思議に思ってたら

  ↓見上げるような上空の橋。これはテレビでも中継されて
  随分と有名になった「あの橋」ではないのか? 繋がって
  いたんだ~


 八ッ場ダム4

  草津温泉や白根山の強酸性の水も流れ込む(石灰液を投入し
  中和させているとか)吾妻川の中流に、建設をされるという
  「八ッ場(やんば)ダム」。長年にわたってのダム問題で
  右往左往させられ、さびれる一方の川原湯温泉は川向こうで
  あったので、見る事はなかった


 八ッ場ダム3

  ダム本体の工事費用よりも、周辺道路の整備の方がず~っと
  お金がかかっているのか。なるほどね~。それにしても
  八ッ場ダムをネット検索をすると、あれやこれやと争点が
  出てくるものだ


 八ッ場ダム1

  岐阜県の徳山ダムや長良川河口堰なんかも、完成をしても
  まだ新聞をにぎわせているし。うちの方では見かけない
  ような山もあり地層的にはどうなだろう。まるでアメリカの
  西部みたいだし


      草津の夜17

          平成22年7月23&24日に群馬県で撮影






最終更新日  2010年08月02日 14時46分19秒
コメント(64) | コメントを書く
2010年07月28日
カテゴリ:温泉

 志賀草津ルート19

  前回は「草津白根山」を紹介をさせていただいたが
  第二回目は国道292号線(志賀草津高原ルート)の
  クーラーを使わず、車の窓を全開しての爽快ドライブを
  撮影順に並べてみたので、ネットで「仮想ドライブ」を
  楽しんでいただけたらと思う


      志賀草津ルート1

  信州中野から何度となくカーブを曲がり、ぐんぐん
  高度を上げてくると、道の脇にかわいらしい湖(池?)
  などが時折、緑の中に顔をのぞかせる。これは
  名前もかわいらしい「三角池(みすまいけ)」


 志賀草津ルート2

  「平床大噴泉」は、ほたる温泉の源泉だそうで、勢い
  よく吹き出す水蒸気音もすごい。やっぱ、地球は生きて
  いるのだな・・・ここの温泉、一度は利用してみたい
  次こそは!


 志賀草津ルート4

 とんがった山は、志賀高原のシンボルとも言える
  「笠ヶ岳(笠岳)」で、標高は2075メートル


      志賀草津ルート7

 志賀草津ルート5

  ところどころ、風光明美なところにはレストハウスや
  ミニ駐車場があるので、ドライバーも車を停めて
  気軽に景色も楽しむ事ができるのは有難い


      志賀草津ルート8

  国道最高地点2172メートルの「渋峠」から見下ろすと
  真下に広がっている箱庭のような「芳ヶ平(よしがだいら)」の
  標高は1850メートルだそうで、その奥には草津温泉
 
 
 志賀草津ルート6

  古くから、信州から米や酒、菜種油などを草津へ運び
  草津からは、硫黄や薪炭(しんたん)などの生活物資を
  信州へ運んでいたが、鉄道の開通で衰退をしていった


      志賀草津ルート11

 志賀草津ルート9

  しかし戦後になって、志賀高原などのレジャー開発が
  進み新しい道路の改修・舗装が完了し、日本道路公団の
  有料道路だったが、現在は国道として無料で利用できる


 志賀草津ルート12

  この小高い山は前の時は登れたけど、高山植物の搾取
  防止の為に立ち入り禁止のテープがはられて、防止を
  伝えるパトロールカーも行ったり来たりしていた

  今回の旅では、走行中の車窓から通りがかりに瞬時に
  見ただけだが、駐車場で石を抱えた高齢者夫婦?


      志賀草津ルート10

  白根山の登山道では、こんな会話が聞こえてきた
  父「あれ、お母さんは?」
  娘「押し花にしたいからって、花を摘んでたよ」

  ここは上信越高原国立公園内、草や石とかって持ち
  出す事は違法では? 前回の駒草だって登山道から
  手が届かない、立ち入り禁止テープの遥か先だし


 志賀草津ルート13

  標高1800メートルに位置する「万座(まんざ)温泉」は
  飛騨の濁河温泉と並んで、通年・自家用車で辿り着ける
  日本最高所の温泉だ。ここは以前に万座プリンスホテルに
  家族で泊まった事があり、白濁したお湯は圧巻だったし 


 志賀草津ルート14

  今回は、ネットの割引券をプリントアウトをした黄色い
  温泉の万座高原ホテルに行くつもりだった(次には行き
  たい)のが、途中のレストハウスで見つけた入浴料金の
  千円が、半額五百円になるというのにつられ「万座温泉
  日進館」に鞍替えだ
 

 万座

  写真はパンフレットから。ホームページによれば、糖尿病
  胃腸病、神経痛、膠原病、リュウマチ、心臓病、ぜんそく
  自律神経失調症、関節炎、腰痛、アトピー性皮膚炎
  婦人病、貧血、便秘に効果があるらしい


 志賀草津ルート15

  やっぱ万座のお湯は最高だ。内湯はお年寄りでいっぱい
  だったけど、少し離れた露天風呂はたった一人になって
  貸切状態だったのは嬉しい♪

  万座温泉は、硫黄成分の含有量が日本一、湧出量は
  毎分3750リットルという酸性硫黄泉(硫化水素泉)だ


 志賀草津ルート16

  前回で紹介をした草津白根山のパノラマも望み、車は東へ


 志賀草津ルート17

  いよいよ眼下に、今回の目的地の草津温泉もはっきりと
  見えてきた。普通の旅館のチェックインタイムは午後
  3時か4時からだけど、ここは温泉を楽しんで貰う為か
  午後1時か2時なので、旅館に車を置いて遊び歩きたい


      志賀草津ルート18

  ワイルドな風景を楽しみながらの下り道カーブ


 志賀草津ルート20

  草津白根山から東側に、降ってから数ヶ月から数年の
  比較的に新しい地下水に、火山ガスが混じりって
  生じているといわれる名湯、草津温泉


 志賀草津ルート21

  志賀草津高原ルートの道路脇にも、幾つも駐停車禁止
  との表示がされる有毒ガスが充満をした荒涼とした風景
  この近くに、殺生河原もあるのだろうか


 志賀草津ルート22

  私は地獄より、極楽が好きなので草津温泉に先を急いだ


      志賀草津ルート3

        平成22年7月23日に志賀草津ルートで撮影








最終更新日  2010年07月28日 13時25分21秒
コメント(67) | コメントを書く
2007年11月27日
カテゴリ:温泉

 秋から冬へ1
            木曽は秋の終わりを告げていた


 もともとがドライブ好きな旦那が
 温泉にはまったのは、数年前に
 家族旅行で出かけた万座や、草津
 温泉のかけ流し体験であった

 その後、懸賞でANA5万円利用
 券が当たって、子供も大きくなったし
 舅姑に任せての九州温泉の旅。別府に
 湯布院、黒川などなど温泉天国で
 大満喫の旦那だった

 秋から冬へ2
            国道19号から、ほんの一瞬、白銀の御嶽山


 そんな訳で旅行は勿論、普段でも
 温泉に出かけるのが好きな旦那が
 一番のお気に入りなのが、乳白色の
 にごり湯だ。硫黄臭があれば尚更
 良い♪

 以前、騒ぎになった白骨温泉や
 お隣の乗鞍温泉は、車でも行ける
 距離なのだが、トレッキングや
 スキーに無縁な我が家では未だ
 出かける事がなかった


 秋から冬へ3
            木曽駒ケ岳もまた、薄化粧をしていた


 日本列島が冷え込んで、初雪も
 記録した直後の先週末、穏やかな
 秋の日差しがもどってくるとは
 いうもの、果たして山間の温泉に
 向かうのに、冬用タイヤに換える
 べきなのか、旦那迷う

 例年なら、12月上旬には我が家も
 履き換えているのだが、今換えると
 もう春までというのも、早すぎる
 ような気もする

 秋から冬へ4


 とにかく、道路に雪があったり
 凍結をしていようものなら、即
 引き返すという覚悟で、薮原から
 乗鞍方面に向かった。どんどん
 高度があがり、見晴らしも良い 

 つ~か、ひょえ~。道路の脇まで
 雪が残ってる。昼時でもあり道路は
 走れそうだが・・・・
  
 秋から冬へ

      秋から冬へ6
            木曽川の源流あたり


 峠を越えると、雪もなくなり
 ほっとひと安心。もうこのすぐ
 向こうは憧れの上高地

 秋から冬へ7


 そして、いよいよ目の前に
 乗鞍岳が見えてきた。迫力だなぁ~

 秋から冬へ8


 無事に、旦那のお目当ての乳白色で
 硫黄臭のある湯けむり館に到着だ
 この温泉は、武田信玄によって開拓を
 された大樋銀山から、自然湧出した
 という、信玄ゆかりの温泉だそうだ

 秋から冬へ9


 中の温泉は、無論、紹介をできないので
 パンフレットの写真から・・・すんごく
 まったりできました~。空が青い!

 秋から冬へ11

      秋から冬へ12


 温泉も名残り惜しいが、そろそろ
 娘のアパートに向かうかと、車を
 走らせていると、上高地、乗鞍への
 玄関口「新島々」と松本をつなぐ
 松本電鉄上高地線の電車が真横を
 走っていた

 ドラマ「白線流し」でよく、ここの
 路線が使われていたが、この車両は
 アルピコのかっこいいものだった

 秋から冬へ13


 さ、明日はよい天気らしい。娘も
 引き連れての日帰りドライブ旅行は
 果たして、どこへ向かうのか?

 秋から冬へ14


     平成19年11月23日、信州で撮影


    歴史に興味のない方、懸賞に興味のある方
    お暇な方は、夢穂の日常的ブログである
    「毎日が日曜日。」も、よろしく~♪

    本日更新
    「 お疲れ旦那はへろへろで、スイーツ三昧」 








最終更新日  2007年11月29日 08時19分16秒
コメント(97) | コメントを書く
2006年07月17日
カテゴリ:温泉

 木曽の濁流1
               南木曽あたりの木曽川

   梅雨も終わりに近づいたのか、梅雨前線は
   大暴れをし、日本各地で豪雨をもたらし
   特に日本海沿岸の地方は、被害も出ている

   こちらも激しい雨も降るのだが、雨の日だろうが
   休みの日には、どこかに出かけたい旦那が
   「温泉が行きたい! 行くなら濁り湯だ~」と
   お昼ごはんを食べてから言い出した


 木曽の濁流4

   前にも紹介をした、国道19号沿いにありながら
   妙に秘湯気分を味わえる、桟(かけはし)温泉に
   出かけることにした

   6月に紹介をしたばかりの、桃介橋のある南木曽の
   木曽川は、あふれんばかりの濁流と化していた
   自治体の方が、川の水位を心配そうに見守っていた
   こんなに激しく波立った木曽川は、私もはじめてだ


 木曽の濁流3

   木曽川に沿うように、切り立った山にへばりつく
   ように設置をされた国道19号に、山の沢から
   激しく流れ出した水が噴出し、車線規制がされて
   交互に、一車線を走行をしているくらいだった


      桟温泉1
                     桟温泉

   3連休最終日と、雨の為か観光客もぱったり
   見かけず、国道もスイスイ。温泉も貸切だった
   他のお客もいないので、お写真をパチリ!

      桟温泉2

   春先に来た時には、2つのうち1つにしかお湯を
   はっていなかったのだが、今回は2つとも!
   どれどれ・・・と、足を入れたら、冷たい!!


 桟温泉3

   源泉そのままの温度の冷泉と、沸かしたものを
   楽しめる趣向だ。まずは体を暖めて、次には
   そろそろと冷泉に・・・・。慣れたら心地よい
   夏場には良い温泉・・・いや冷泉の楽しみ方だ

      桟温泉5

   源泉を飲むことも出来るのだが、鉄の味だけど
   炭酸入りのお水みたいに、しゅわ~~と楽しめる


 桟温泉チケット

   ここのチケットを5枚集めると、サービスが
   受けられるの、こうゆうのは主婦は好きです


 木曽の桟

   高校野球地方大会も各地で始まり、吹奏部の
   息子は第一試合の応援のために、朝6時前に
   旦那の車で出かけましたが、雨天順延。8時
   過ぎにはお早いお帰りだ

   昨夜はF1中継を見てたので、早起きはツライ
   温泉帰りの助手席でこっくり、こっくりと・・・


 桟温泉4

   明日は私が6時前に、息子を学校へ送りますが
   また雨天順延になったら、あさっても?

       明日、天気になぁ~~れ!!









最終更新日  2006年11月01日 13時22分14秒
コメント(83) | コメントを書く
2006年04月03日
カテゴリ:温泉

 山水

   息子の部活が日曜日は休みだったので、天気が
   良ければ、家族みんなで木曽から伊那谷に抜ける
   新しいルートの権兵衛トンネルを使って、伊那市で
   ローカルB級グルメのローメンを食べに行こうと
   楽しみにしていたが、朝から雷は鳴り、激しい雨

   子供らは、家でゴロゴロしたいという話になって
   それでも、遊び好きの夢穂の亭主は、やっぱり
   行楽・・・というかドライブが好きだったのだ


 桟温泉1
         信州の温泉ガイドと、桟温泉のパンフ

   土砂降りが降ろうが、温泉に行きたいという亭主

   私の家から、一番近場の中津川温泉で車で5分
   車で30分圏内に幾つもあり、1~2時間も走れば
   かなりの温泉に浸かることが出来るので、月に1度は
   亭主の車で、あちこちと日帰り温泉を楽しんでいる

   うちのあたりは、ぬるぬるした透明の湯が多いが
   私も亭主も、にごり湯が好きなので、少し足を伸ばし
   御岳のあたりの茶色いにごり湯に出かけた

       桟温泉2

   この温泉は、国道19号の木曽の桟(かけはし)の
   近くにあり、交通の便が良い。激しい雨の中を
   観光客や、地元の人も温泉を楽しみにきていた

   偶然、女湯は一人きりで楽しめた。大きな湯船に
   懇々とそそぐ温泉の香りも、独り占めだ

       木曽の桟

   碓氷峠、太田の渡しと並び、中山道の難所であった
   木曽の桟は、今も国道19号に名残が残る

   松尾芭蕉のうた 桟や、いのちをからむ、蔦かつら


          二本木の湯

   1ケ月前には、残雪の残る道を、木曽福島から
   少しばかり御岳のほうに入った、二本木の湯

   帰りには、大桑の道の駅で、山葡萄とバニラの
   ミックスのソフトクリームでほてった体を冷やした
   さぁ、次は、どこの温泉に出かけようか?

       山葡萄ミックス

          平成18年4月2日 撮影
   






最終更新日  2006年10月31日 16時11分09秒
コメント(37) | コメントを書く
2005年10月25日
カテゴリ:温泉
 
 有馬温泉
       太閤秀吉や、北政所も湯治を楽しんだ名湯


 遠き昔、大已貴命(おおなむちのみこと)と、少彦名命
 (すくなひこなのみこと)の二神が、三羽の傷ついた
 カラスが水浴をして、その傷が治ったのを見て、有馬の
 湯を発見されたといいます

 7月に京都、神戸、姫路に遊びに行ったとき、この天下の
 名湯である、有馬温泉に泊まりました

 天神源泉
       神社の境内にも源泉(天神泉源) 

 日本書紀によれば、舒明3年(631年)の秋、舒明天皇が
 湯治をされたとあり、古くから名湯として愛されてきました

 小野小町、千利休、近松門左衛門、福沢諭吉、伊藤博文
 蒋介石、モナコ王妃(グレース・ケリー)などなど、数え
 切れない著名人が、この温泉につかったそうです

    金泉の足の湯
       日帰り温泉施設「金の湯」の前にある足湯(金泉)

    金の湯の飲泉場
       日帰り温泉施設「金の湯」の前にある飲泉場(銀泉)

 有馬温泉には幾つもの源泉がありますが、茶色い
 にごり湯で有名な含鉄ナトリウム、塩化物強塩高温泉の
 「金泉」と、透明のナトリウム塩化物高温泉の「銀泉」
 そして、単純二酸化炭素低温泉の3つに分けられます

 業技術総合研究所深部地質環境研究センターによれば
 有馬温泉のお湯は、はるか遠く、南の海溝「南海トラフ」へ
 もぐりこんでいるフィリピン海プレートから、有馬の地下で
 分離をされた水が上昇し、有馬温泉の金泉となって、噴出を
 している、地球規模の壮大なものらしいですって

 有馬の町並み
       歴史を感じる有馬の町並み

    妬泉源(現在)

 妬(うわなり)泉源というものがあります。美しく化粧を
 した女性が、そばに立つと、お湯が嫉妬をして、吹き出した
 ことから「妬湯」と、名付けられたそうです。この湯が
 枯れてしまった為、すぐ近くに新しく妬泉源が出来ました

 カクテル

 ぶらぶらと有馬の街を楽しんでから、手軽に、お得な
 カクテルを飲んで、夕暮れのひとときを楽しんだ


        有馬温泉公式ホームページ

    http://www.arima-onsen.com/index.html






最終更新日  2006年11月01日 21時58分11秒
コメント(22) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.