000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

邦画-2006年

2011年07月21日
XML
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:邦画-2006年
★★+

鑑賞No:02101
製作:2006年
監督:笹部香
出演:ケンドーコバヤシ/井上聡/友近/小杉竜一

大阪の街。会話がかみ合わないカップル、動物園のデートでもめるカップル、パトロール中に携帯電話で話をする警官、ホステスを口説き落とそうとする妻子もちの男・・・・。さまざまな男と女のやりとりが・・・・。

あらすじさえ書きづらい、わけの分からない映画。というか、これは映画なのだろうか?映画としては最悪。ストーリーもなければ演技もされていない。自然体でごくありふれた日常を描いていると言うのかもしれないが、大したことが起こらないという点では日常的だが、観ていて不自然さが目立つ日常さで、何か入り込めない。お笑いタレントばかりの出演で、映画というよりはバラエティ番組かとも思ったが、さほど面白くもない内容だし、ここのエピソードもつながりはないし、メッセージ性もない。ともかく、何が言いたいのか、何を表現したいのか、さっぱり分からないとしか言いようのない作品。何気に暇つぶしに観るしかない映画。






最終更新日  2011年07月21日 16時30分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年10月21日
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:邦画-2006年
★★★

鑑賞No:01947
製作:2006年
監督:呉美保
出演:森田直幸/友近/ユースケ・サンタマリア

関西の田舎町に住む酒井家は、どこにでもありそうな平凡な4人家族。しかし、実は母の照美は再婚で、長男の次雄は前夫の連れ子だったため、次雄の妹の光とは父親違いの兄妹という関係だった。そんなある日、照美と喧嘩した父・正和が突然家を出ると言い出して・・・・。

ほのぼの系あるいはコメディ系の映画かと思って観たが、意外とシビアな内容の映画。ただほのぼの感もコメディ感もあるのだが、シビアな内容も含め、どれも中途半端な感じは否めず、感情移入もあまりできなかった。最近の傾向である、お笑い芸人の映画出演もこの映画でも目立つが、その効果は薄く、その点でも残念。主演の友近やユースケ・サンタマリアは自然体の演技で好感は持てるが、インパクトはあまり感じられない作品となっている。






最終更新日  2010年10月21日 20時20分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月04日
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:邦画-2006年
★+

鑑賞No:01956
製作:2006年
監督:冨永昌敬
出演:オダギリジョー/香椎由宇/高田純次/麻生祐未

自称・天才レントゲン技師の飛島芳一は、ある日、第二農響会の香川から動物国宝のオオサンショウウオのレントゲン写真を撮ってほしいとの依頼を受ける。それは経済的に逼迫したキンジロー財団を乗っ取るための香川の企みのためだった。依頼を受けた飛島はオオサンショウウオのキンジローを盗み出そうとするが、すでに財団の四女あづきによって盗まれた後だった・・・・。

このわけの分からないタイトルになぜか惹かれ、期待して観たが、タイトル通りわけの分からない映画だった。DVDで観たが、途中何度か挫折しそうになってしまった。主演のオダギリジョーと香椎由宇のコンビはまずまずよかったけど、やはり脚本が悪いのか、邦画でありながら邦画の良さを排除して、たとえば分かりにくいフランス映画などの悪い部分だけを真似たような感じ。
オオサンショウウオのキンジローもいかにも作り物っぽく、興醒め。







最終更新日  2010年09月05日 07時31分15秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年08月29日
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:邦画-2006年
★★★

鑑賞No:01824
製作:2006年
監督:グ・スーヨン
出演:松田龍平/山田優/ARATA/田村高廣

日本中が空前の焼肉ブームの中、斬新かつ前人未踏の焼肉料理で人気テレビ番組「焼肉バトルロワイヤル」のキングに君臨する男がいた。その名は、巨大焼肉チェーン店「虎王」の御曹司、トラオ。その「虎王」が唯一業績不振なのが北九州だった。そこには焼肉の達人が営む「プルコギ食堂」があり、達人の一番弟子・タツジが切り盛りしていた・・・・。

映画そのものは大した内容ではなく、随所にバカバカしいシーンもあり、真面目に観る映画ではない。基本は赤肉VS白肉の焼肉対決で、昔、TVでやっていた「料理の達人」のような内容。やはりこの手の映画を観ると、どうしても焼肉が食べたくなってしまうが、さほど良質ではない素材の肉を、達人が焼くと究極の焼肉になるのがよく分からなかった(焼くタイミングだけでそこまで味が変わる?)。ただ、達人役を演じた田村高廣の演技はまさに際立っており、この映画が遺作となったのは非常に残念。個人的には赤肉が好きだが、達人の焼いた白肉も食べてみたい衝動に駆られる映画。






最終更新日  2009年08月29日 06時05分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年07月08日
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:邦画-2006年
★★★

鑑賞No:01780
製作:2006年
監督:渡辺謙作
出演:江口洋介/原田知世/瑛太/岩松了

舞坂町に住んで1年になる北原修路は、ある日、町の広報誌で舞坂町が隣の森見町と戦争することを知る。しかし、開戦当日を迎えても町の様子は変わらない。ただ広報誌には戦死者の数だけ掲載され、その数は日ごとに増えていくのだった。そんなある日、対森見町戦争推進室の香西と名乗る女性から電話があり、特別偵察業務を引き受けてもらうよう要請があり・・・・。

原作もストーリーも知らずに観たため、何かが原因で隣町同士で対立する話かと思っていたら、本当に隣町同士で戦争するという、ある意味重い内容の作品。それでも初めは戦争とはいえ、「ごっこ」的なものかと楽観視していたが、本当に戦死者が出ているということで尋常ではない作品の様相を呈してくる。しかし、町の風景はのどかで平凡なもの。さらに実際の戦闘シーンは出てこないため、戦時中という実感はない。主人公の北原も、戦時下における特別任務を受けているが、戦争中という実感が持てないまま日々過ごすことになる。
要は、世界のどこかで戦争が行われているにもかかわらず、同じ地球上にいながら日本はそれを実感しないまま日々過ごしているということを皮肉ったものなのか?地球という規模を町レベルに落として、戦争とは何かを日本人に問いかけたような映画だが、何か伝わりにくいような気がした。伝えたいメッセージはわからないでもないが、テーマが大きすぎたのが原因だろうか・・・?






最終更新日  2009年07月08日 04時31分19秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年09月05日
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:邦画-2006年
★★★

鑑賞No:01548
製作:2006年
監督:朝原雄三
出演:西田敏行/三國連太郎/石田ゆり子/大泉洋

ハマちゃんのいる営業3課に、結婚退職していた元社長秘書の弓子が契約社員として配属される。才色兼備の弓子の復帰に社内は沸き立つが、彼女には人には言えない悩みを抱えていた。弓子の暗い表情に心配したハマちゃんは彼女を釣りに誘うが、釣りの後、ハマちゃんに思いがけない告白をする・・・・。

最近感じるのは、スーさんとハマちゃんの絡みが少なくなったこと。「釣りバカ」の醍醐味はスーさんとハマちゃんの、社長と社員、つりの師匠と
弟子という時と場所によって逆転する立場でのやり取りに一番の面白さを感じているのだが・・・。ストーリー的にはすでにマンネリ化しており、その点においてはあまり期待していないが、毎回変わる出演者のキャラとワンパターンだがなぜかほのぼのとさせる雰囲気を味わいたいというのが多いのではないだろうか?
今回は大泉洋という個性的なゲストで一つのスパイスにはなっていたが。
マンネリ化はやむを得ないとしても原点は忘れないで欲しい。






最終更新日  2008年09月05日 05時04分00秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年07月25日
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:邦画-2006年
★★★★

鑑賞No:01586
製作:2006年
監督:佐藤祐市
出演:加藤ローサ/藤井美菜/高橋真唯/星井七瀬

北海道常呂町の高校に通う和子は毎日、親友の史江とおしゃべりに興じるぐらいしか楽しみのない、刺激のない日々を送っていた。ある日、長野冬季オリンピックのカーリング競技に出場した町の英雄、加藤真人が凱旋試合のため常呂町に戻っていることを知り応援に行く。そこで偶然真人に声をかけられた和子は、真人の何気ない一言からカーリングチームを発足することに・・・。

ソルトレークオリンピックにカーリング女子日本代表チームとして挑んだ「シムソンズ」の実話に基づく青春ストーリー。
カーリングという地味なスポーツについてはまったく無知といってもいいぐらいだったが、この映画を観てチョッピリ、カーリングのルールなどが分かった。氷上のチェスといわれているらしいが、頭脳だけではなく、緻密で正確な投球と臨機応変な判断力を必要とする掃き手とのチームワークが必要な、なかなか奥の深い競技である。
まったくの素人(4人中3人)がそのカーリングに挑むわけだが、ストーリーは技術面での向上過程ではなく、人間関係や次々と起こる様々な障害を乗り越えていくあたりが中心で、チームワークの大切さを伝えているよう。
主役の4人は皆、素人っぽくて初々しい反面、作品としての完成度を落としている気がしないでもないが、同じ自然体の演技でも本当に地元のコーチらしい演技をしていた大泉洋はハマリ役だった。
ラストは爽やかな感動を呼ぶ良品。






最終更新日  2008年07月25日 06時44分16秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年07月11日
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:邦画-2006年
★★+

鑑賞No:01578
製作:2006年
監督:矢崎仁司
出演:池脇千鶴/中越典子/中村優子/岩瀬塔子

人気漫画家・魚喃キリコの同名コミックの映画化。
大失恋を経験したフリーターの里子は、今はデリヘル店で電話番をしていた。大失恋を経験してもなお、恋がしたいという里子は、店のNo.1の秋代と親しくなっていく。秋代はデリヘルで稼いだお金で高層マンションを買うつもりだった。一方、イラストレーターの塔子は、男に愛されることばかり考えているルームメイトのちひろに嫌気が差していた・・・。

女性にはウケル映画なのだろうか?
男である私にはこの映画の良さはさっぱり分からなかった。
唯一、男性向きなのはR-15指定になった所以である、ベッドシーンやヌードシーンの多いことぐらい?
主人公は里子、秋代、塔子、ちひろの4人になるのだろうが、ストーリーは里子と秋代、塔子とちひろの2組に完全に分かれ、この2組の接点がなかった。ここがそもそも分からない。
4人の女性の、それぞれ違った生き様はそれなりに面白いし、女性の強さというものを垣間見ることもできた。たぶん、都会で女性一人が生きていくというのはこんなことだろうし、男性には分からない辛さがあるんだな、といった印象は感じられた。
でも、結局何だったのか? 特にすごい展開もなく、驚くような結末もなく、何となく話が進み、何となく終わっちゃったという感じで、消化不良感はかなり残った。
あと部分的に音声が小さくなって聞き取りにくく、分かりにくさをさらに助長していた。






最終更新日  2008年07月11日 04時56分08秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年03月06日
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:邦画-2006年
★★★+

鑑賞No:01500
製作:2006年
監督:森田芳光
出演:佐々木蔵之介/塚地武雅/常盤貴子/沢尻エリカ

明信と徹信の間宮兄弟はマンションで2人暮らしをしていたが、子供の頃と変わらない仲のよさ。2人とも彼女もいないことから、食事もビデオ鑑賞も一緒。
そんなある日、彼らは行きつけのレンタルビデオ屋の店員・直美と、徹信の務める小学校の教師・依子先生を誘ってカレーパーティを開くことにし、声をかけるが・・・。

これも最近流行のまったり・ほのぼの系映画といえるのではないか。
特に特別な事件も起こらず、ほのぼの感のある間宮兄弟のイメージとあったゆったり感でも物語は進行する。
オタク系兄弟の自宅に、レンタルビデオの客と店員という関係だけであんな可愛い女性がやってくるという相当無理な設定があるものの、それは映画ということで無理矢理納得して観た。その後の展開やラストは予想通りで意外性はまったくなかったが、もてない2人の精一杯の努力は微笑ましかった。
意外性のないドラマの中で一番意外だったのが、間宮兄弟の母親役で出演していた中島みゆき。映画に出演していることも驚きだったが、彼らの母親役をするような年になったということも改めて驚いた。(1952年生まれの56歳だから決して不思議ではないが・・・)
いわゆる悪い奴が出てこないので、やや短調ではあったが、それでも約2時間飽きさせずに観させたのはさすが。
(悪い奴・・・・あえて言うなら、弟が被害に遭ったぼったくりバーがありましたね。)






最終更新日  2008年03月06日 04時51分59秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年03月01日
テーマ:映画鑑賞(668)
カテゴリ:邦画-2006年
★★+

鑑賞No:01494
製作:2006年
監督:想田和弘
出演:山内和彦/山内さゆり

2005年10月に行われた川崎市宮前区議員補欠選挙に立候補した山内和彦氏に密着したドキュメンタリー。
東京で切手コイン商を営む山内和彦は、ひょんなことから川崎市宮前区議員補欠選挙に立候補することに。しかしまったく政治の素人であり、選挙区も縁もゆかりもない土地。そんな地盤もないところで激しい選挙戦に入るが・・・・。

何も知らず、選挙を題材にしたドラマかと思って観始めたが、実際にあった選挙のドキュメンタリーだった。
自民党公認候補として出馬しているだけあって、応援には石原伸晃や川口順子、橋本聖子、萩原健司など著名な政治家が多数やってきて、挙句の果てには当時の首相である小泉首相までも応援に駆けつけてくる。
本編は特にナレーションもなく、実際の選挙運動を淡々と映している。本人はまったくしがらみのない候補者で改革を進めるといっているが、実際の選挙の内情をこのように目の当たりに見せられると、立候補した時点ですでにさまざまなしがらみが発生しており、自分一人の考えや思想なんか到底貫き通すことなど難しいことがよく判る。
決して面白いわけではなく、映画というより報道特集のような作品。






最終更新日  2008年03月01日 08時45分53秒
コメント(0) | コメントを書く

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

JUNO/ジュノ New! おいら♪♪さん

あまり芳しくない話… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.