19451134 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

それぞれの断崖  … New! はまゆう315さん

パーソナルモビリテ… New! クルマでEco!さん

ネタバレ【なつぞら】最… New! ショコラ425さん

家政婦>『なつぞら… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「HELLO WOR… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

千葉県の台風災害へ… 鹿児島UFOさん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2007年11月17日
XML
内容
モラリア共和国とAEUによる合同軍事演習に介入した、
ソレスタルビーイング、そしてガンダム。
刹那の乗るエクシアの前に、
明らかに動きが違うMSが現れる。
思い出す、クルジス共和国の悪夢。
そして、刹那はコクピットハッチを開け、
相手を外に呼び出す。
やはり、アリー・アル・サーシェス
戸惑う刹那。
2人のあいだを閃光が走る!!
ロックオンにより、隔てられた2人。

ミッションは一瞬停止したが、
次のミッションへと進むガンダム。

介入から数時間後。モラリアは無条件降伏するのだった。

だが、刹那の行動は、
ガンダムマイスターたちに不協和音を残す。。。

そんなとき、ガンダムによる武力介入を停止するためのテロが発生する







スメラギ。。。犠牲者の数を把握してるんだな。
サスガですね。

いや、今回のテーマは、そこですね(^_^)b
今回は、一般市民も含めて、
ソレスタルビーイングの介入が『多くの犠牲者』を生む。


ガンダムが、正義の味方というわけでもなく
たとえ『大いなる目的』が存在していても、
結果として『多大なる犠牲』が発生する。

ティエリア『世界から見れば、我々も立派なテロリストだ』

結果、同時多発テロが発生した。
一種の報復。

『ある種の現実』を描いたということなのだろう。

そういう意味では、今回は、ガンダムによる犠牲者を明確にし、
スメラギにより、
ソレスタルビーイング内にも、
考えている人間が存在することを表現したことは

コレからの展開にとって、大きな意味を持つ。


まぁ、
沙慈が、助けてくれたのに。。。ってのは、ヤリスギだけどね。
一般市民役、まっしぐら!!(^_^;



もう一つ、今回良かったのは

AEU首脳が語っているように
『コレは断じて戦争ではない、一方的蹂躙ではないか』

この言葉を出したことだろう。
圧倒的な『力』の差。

コレもまた、コレからの展開に大きな意味を持つのだろう。

『力には力。』
そのための、意志と言える。




とまぁ、
いろいろと、細かいところではネタフリされているのだが、
結果的に、前回からあまり話が進んでいないし、
30分で詰めこむことが出来たと、思えるところがねぇ
。。。

かなり残念なところです。
戦闘シーンは、魅せてるんだけどね。

だって、クルジス共和国の悪夢、、、、何があったんだ??
先延ばしする必要あるのか???
かなり、疑問です。


これまでの感想

第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2007年11月17日 18時36分11秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.