30779085 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

レベル999のマニアな講義

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

レベル999

レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


21年07月期


21年10月期


22年01月期


22年04月期


22年07月期


22年10月期


23年01月期


23年04月期


23年07月期


23年10月期


24年01月期


24年04月期


NHKドラマなど


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


NHKドラマ2022年


NHKドラマ2023年


NHKドラマ2024年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021~


映画感想


お気に入りブログ

ショコラ New! はまゆう315さん

ノス岡田ムスの大予言 New! 虎党団塊ジュニアさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

今日はライブハウス… 俵のねずみさん

【虎に翼】第3週(4/1… ショコラ425さん

規則と武器と盾>『… ひじゅにさん

制作中です シュージローさん

世界三大超能力者か… 鹿児島UFOさん

無題 やめたい人さん
文具屋おっちゃんの… 田舎の文具屋さんさん
2014年01月02日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

第一部「関ケ原で家康は暗殺された…!?」
第二部「豊臣家の運命は!?秀忠の陰謀vs影武者の正体!」

内容
慶長五年、関ヶ原において徳川家康(西田敏行)率いる東軍と、
石田三成(及川光博)率いる西軍の戦いがはじまった。
秀忠(山本耕史)率いる軍が到着していないこともあり、
戦いの形勢は、西軍有利の状態だった。

それでも勝ちを取りに行かんと光成の軍師・島左近(高橋英樹)は、
甲斐の六郎(高橋光臣)に家康暗殺を命じるのだった。
密命を受け、家康本陣に接近した六郎は、家康が2人いることに困惑する。
そこには、影武者・世良田二郎三郎(西田敏行=二役)の姿もあったからだった
が。。。その2人の様子を確認していた六郎は、
左近より聞かされていた本物のクセに気づき。。。。。暗殺を果たす。

家康本陣は、一度は混乱したものの
小姓頭の門奈助左衛門(石倉三郎)と本多忠勝(柴俊夫)の機転により、
戸惑う二郎三郎を家康に仕立てあげ、窮地を乗り切ろうとするのだった。

一方、家康討ち死にの話は、西軍に広がりはじめていた。
勝ちを確信する左近。

そんななか、忠勝に覚悟を求められた二郎三郎は、ついに覚悟を決め、
日和見を決め込む小早川秀秋(柄本時生)の陣に、鉄砲を撃ち込めと命じる。
「大殿ならば、必ずや、そうなされた。忠勝。鉄砲を食らわせ!」
その後の、東軍の圧力で、小早川は西軍裏切り。形勢は逆転。
東軍が、一気に勝利する。
しかし同時に、二郎三郎の苦労が始まる。

戦の五日後、大津城に逗留していた二郎三郎のもとを、
家康が寵愛していた側室・お梶(観月ありさ)が訪ねてくる。
なんとか、誤魔化そうとした二郎三郎だったが、お梶に気づかれてしまい、
家康の討ち死にを伝えるしかなかった。
直後、秀忠が、その場に到着。同じように伝えたところ、不敵な笑みを浮かべる。

その後、秀忠を中心に、家臣達は
影武者の二郎三郎に家康を演じさせることを決める。
二郎三郎、お梶も、覚悟を決め。。。。


同じ頃、六郎は、左近とともに京にいた。。。。

敬称略



原作は、珍しく未読ではない。


ドラマ化も、マンガ化もされているので、

特に、何も言うことは無いが。


個人的には、“やっと”という印象が強いかな。


たとえ、傑作であっても

この手の作品は、やはり、好みがあるモノ。

ドラマとはいえ、受け入れられない人も多いモノですからね。

でも、

“だからこそ”楽しいとも言えるのだが。


現状では、この枠でしか放送しないだろうと思っていたので、

“やっと”という印象になります。




全般的に楽しかった今作であるが、

1つだけ気になったのは、

第2部の描き方を考えると、第1部の描き方が、少し中途半端だったこと。


第2部は、二郎三郎vs秀忠

であり、今作のオモシロ味だと言えるのだが。

それを描く準備が、第1部で描き切れていなかったことなのだ。

本来は、2人のキャラをもっと描くべきなのだが、

あまりに状況説明などが多すぎて、描き切れていないのである。

そのため、第2部の物語が面白いのに、

なぜか“?”という妙な印象も少しあったのだ。

ナレの補足などがあっても良かったカモね。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2014年01月02日 23時16分41秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.