30803561 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

レベル999のマニアな講義

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

レベル999

レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


21年07月期


21年10月期


22年01月期


22年04月期


22年07月期


22年10月期


23年01月期


23年04月期


23年07月期


23年10月期


24年01月期


24年04月期


NHKドラマなど


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


NHKドラマ2022年


NHKドラマ2023年


NHKドラマ2024年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021~


映画感想


お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ファイナルデッドサ… New! はまゆう315さん

笑いのツボ 俵のねずみさん

【虎に翼】第4週(4/2… ショコラ425さん

阪神 25-2 中日 虎党団塊ジュニアさん

弱音>『虎に翼​​』… ひじゅにさん

制作中です シュージローさん

世界三大超能力者か… 鹿児島UFOさん

無題 やめたい人さん
文具屋おっちゃんの… 田舎の文具屋さんさん
2014年10月24日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
「毒舌女刑事が暴くアリバイの謎と女の秘密!!」

内容
女性犯罪者および女性被害者対策を目的に設置された警視庁捜査7課
課長の瀬川すみれ(大地真央)を筆頭に、
ひと癖もふた癖もある女刑事たちが所属し、通称“ヒガンバナ”と呼ばれていた。

ある日、
タレントで医師の江藤環(国生さゆり)の結婚式を中止しろと脅迫状が届く。
そして。。。。予告どおり、会場となったホテルで殺人事件が発生。
捜査一課の黒田吾郎(木本武宏)らが駆けつけると、
すでに“ヒガンバナ”がいた。

その後、捜査一課長、三上勉(杉本哲太)を中心にして捜査会議が行われる。
しかし三上らは、7課を無視。
直後、新藤勇蔵(佐野史郎)刑事部長を中心にした会議で、
すみれから、すでに7課が捜査をはじめていることが報告される。

そんななか、犯人が出頭し、事件は解決。。。したはずだった。
環が、毒殺されて発見されてしまう。
現場にやってきた、捜査一課。。。そしてヒガンバナ。
すると来宮渚(堀北真希)が、遺体を見て、突如涙する。

捜査は、捜査一課が。。。とヒガンバナの面々は、捜査をする気が無かったが。
すみれに叱咤され、
ようやく、渚、峰岸雪乃(檀れい)伊東凛(高梨臨)長見薫子(知英)
そして柳幸子(YOU)は、独自に捜査を開始する。
やがて、捜査線上に、環の知人、井上麻弓(いしのようこ)が浮上。

敬称略


脚本は、吉澤智子さん。


個性的な女性刑事ばかりが集まった捜査七課の活躍を描く!

そんな物語らしい。


主人公は、人の悪意を感じ取ることが出来る特殊能力を持つらしいですね。

サラッと言いきってしまっているのが、

今期の某局で放送中の刑事モノよりも、分かりやすくて良いです。

今年、某局で放送された刑事モノのスペシャルドラマより、特徴も有りますし。

特殊能力だけでなく、毒舌過ぎるのも良い感じ。

チームで、全体のバランスをとっていますね。

ちょっと無駄な部分も多いけど、紹介を兼ねていると考えれば、

こんなところでしょう。


それにしても、ネタ自体は、ベタなネタの1つだが。

設定を利用して、上手く魅せてきましたね。

上手く捻ったと言うこと。


不満があるとすれば、

主人公以外に、あまり魅せ場が無かったこと。

そこだけは、何とかして欲しいなぁ。

チームだって言うならば。



最終的に、ベタすぎる展開だけどね(笑)

っていうか、ラストの約20分。。。真犯人の独白の長いこと。。。




で。今作。同局の昨年の某作のように、

半年から1年くらいたってから、連ドラにします??

主人公以外の登場人物の魅せ方次第で、イケル。。。かもね







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2014年10月24日 22時59分54秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.