30806728 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

レベル999のマニアな講義

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

レベル999

レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


21年07月期


21年10月期


22年01月期


22年04月期


22年07月期


22年10月期


23年01月期


23年04月期


23年07月期


23年10月期


24年01月期


24年04月期


NHKドラマなど


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


NHKドラマ2022年


NHKドラマ2023年


NHKドラマ2024年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021~


映画感想


お気に入りブログ

ベイス☆ボール最高! New! 虎党団塊ジュニアさん

くるり 誰が私と恋を… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

笑いのツボ 俵のねずみさん

【虎に翼】第4週(4/2… ショコラ425さん

弱音>『虎に翼​​』… ひじゅにさん

制作中です シュージローさん

世界三大超能力者か… 鹿児島UFOさん

無題 やめたい人さん
文具屋おっちゃんの… 田舎の文具屋さんさん
2019年04月28日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
2019年。京都に警視庁特命捜査対策室第6係の矢代朋(波瑠)
鳴海理沙(鈴木京香)草加慎司(遠藤憲一)はいた。
早速、京都府警を訪ね、国木田哲夫(谷原章介)のもとへ。
京都市内で発生した殺人事件で、“文字”が残されていたのだ。

5年前、東京都内でIT関連企業連続殺人事件が発生。
“ミヤマ開発”の美山孝雄と“フタバソフト”の海老沼寛也が殺され、
それぞれ、“虫”“口”の“品字様”“蟲”“品”が残されていたのだ。
しかし、事件の手がかりや関連性が見つからず、未解決となっていた。

その事情を伝えたところ、国木田から“男”の赤いインクの品字様が、
現場に残されていたと知り、矢代と鳴海は大喜びする。
当然、古賀(沢村一樹)からは“コジツケ”だと注意され、
早く帰ってくる様命じられるしまう。
それでも、帰るまでの時間までに、国木田に連れられ、
喫茶店経営者・武村勇介(河相我聞)が殺された現場へ。
トラブルは無かったという。

その後、国木田が武村を調べ直したところ、
東京の“Wテクノス”という会社にいたコトが分かってくる。
そのうえ、社長の涌井徹(中村俊介)と武村が会っていたと判明。
財津(高田純次)に東京へ呼び出された国木田とともに、
矢代は、“Wテクノス”を訪ねるが。
社長秘書の米須雅人(武田真治)から門前払いを。。。。

そして、第4の事件が発生する。文字は“七”。

敬称略



脚本は、大森美香さん

演出は、田村直己さん



1年ほど前に放送された番組の続編SPである。

まあ、“木曜ミステリー”が、1年なので。

同種の作品は、タイミングを見計らって、

先日の《遺留捜査》《捜査一課長》とともに、SPで作られていくのだろう。


話自体は、“文字”を使った事件で、

正直。。。“連ドラ”のときに、期待していた物語ですね(笑)

こういうのだよ。こういうの。文字だけでなく、文書も分析しているし。

たとえ、ベタな事件でも、“らしさ”が生まれる。


それだけで、満足と言って良いでしょう。

気になることもあるんだけど。。。。ま。。。いいでしょう。


にしても。

気になったのは、“科捜研”を連呼してきたこと。

あの~~~~~~~だったら、出演してもらえば良かったでしょうに。

日野所長は、文字分析の専門家で、やっても良かったんじゃ?

それを言い出すと。

今回は、古賀を登場させずに、古賀に似た京都府警の“時矢”を出せば?

ま。。。事情も分かりますけどね。

大岩捜査一課長、小山田管理官は、“連ドラ”のときにも登場したので良いが。

京都なんだし。。。。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2019年04月28日 23時01分30秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.