23221929 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021


映画感想


お気に入りブログ

ドラマw  川のほと… New! はまゆう315さん

【おちょやん】第20… New! ショコラ425さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

綾の光時通信 白峰… New! 鹿児島UFOさん

大山の打点は勝つん… New! 虎党団塊ジュニアさん

『ガメラ3邪神〈イリ… クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

最近ハマっているもの 俵のねずみさん

ブログ、お休みします ひじゅにさん

制作中です シュージローさん

2020年01月02日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
2019年秋、宮本亜希子(綾瀬はるか)は大阪のコンサルタントが会社にいた。
ある日、ボス(橋本さとし)に“ゴルディック”のコンサルタントを命じられる。
亜希子は、山本勘九郎(武田鉄矢)社長に、不採算事業の縮小を提案。
だが、山本は受け入れず。拒否する。
それどころか、亜希子のクビを要求。ボスは庇ったのだが、亜希子はクビに。
まさかのことに、納得いかない亜希子だが。。。。

一方、娘みゆき(上白石萌歌)は、大学生。周りの人に幸せを振りまいていた。
その、みゆきのいる東京に帰ってきた亜希子は、下山和子(麻生祐未)に挨拶し、
みゆきの部屋へ向かったところ、素っ裸の麦田章(佐藤健)が、赤ん坊を!?
戸惑う亜季子。そこにみゆきが帰ってくる。
「誰の子なの?」という亜希子に、みゆきは「分からない」と。
麦田の店の前に捨てられていたという。
みゆきの子供かと混乱していた亜希子も、その説明に納得する。

亜希子は、クビになったと、みゆきに伝えることが出来ないまま。
仕事をするフリをしながら、赤ん坊の世話をすることに。
が、同時に、いろいろなコトを考え始める亜希子。

そのころ田口(浅利陽介)からアドバイスされた麦田は。。。

そんななか、亜希子は、みゆきから誘われる。
待っていたのは笠原(浅野和之)だった。
みゆきは、亜希子のことを気付いていたよう。口利きをしてくれるという笠原に、
亜希子は。。。。ある考えを打ち明ける。

敬称略


脚本は、森下佳子さん

演出は、平川雄一朗さん




1年半ほど前に放送されたドラマの“SP”


先ず初めに。。。アバン。。。長いわ(笑)

途中、“タイトル出たっけ?”と思わせなかったところが、

今作の凄さだと言えるでしょうけどね。


そこはともかく。

若干、展開が遅いのは、気になったが。

まあ。。。“連ドラ”からの“SP”だし。

それなりに、シチュエーションや、キャラの説明が必要だから、

仕方ないでしょうね。

とはいえ。

タイミング良く、登場人物で魅せてくれているので、

飽きが来ないのが、良いところ。


それでも、かなり引き延ばしている感じだったけどね。

2時間だから、仕方ないかな。

でもね。

“だったら”って、思うんだけど。

2夜連続で、それぞれ1時間で、合計2時間にしたほうが、

それぞれの1時間で、制作サイドで目的を作らなければならなくなり。

オモシロ味が生まれたかもしれません。

先日、某局で放送された《探偵が早すぎる》のように。


基本的に、オモシロ味のあるヒューマンドラマなんだから、

シッカリとやらないと、モッタイナイです

いやいや。。。こういうタイミングなんだから。

1時間で4夜連続でも良かったくらい。

総集編的なものも、混ぜて。。。





義母と娘の間のフェルマータ 麦田編(2020/01/02)

内容
店の前で見つけた赤ん坊に、麦田(佐藤健)は疑問を抱いていた。
もしかしたら。。。自分の子!?
携帯を確認して、心当たりを探っていたところ、
“ソーダちゃん”という名前を見つける。
全く身に覚えが無い名前だったが、連絡を入れ、会うことに。
ソーダちゃん(中村静香)と会った麦田だが。。。

敬称略


脚本は、森下佳子さん

演出は、平川雄一朗さん



一応、本編《2020年謹賀新年スペシャル》の

ミッシングリンク。。。的な短編ですね。9分だし。






最終更新日  2020年01月04日 00時44分39秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.