23186700 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021


映画感想


お気に入りブログ

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

阪神が強いのは今だ… New! 虎党団塊ジュニアさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

花子とアン 第61話 New! はまゆう315さん

綾の光時通信 いま… New! 鹿児島UFOさん

今日こんなものが見… 俵のねずみさん

【おちょやん】第19… ショコラ425さん

るるぶ宇宙 クルマでEco!さん

ブログ、お休みします ひじゅにさん

制作中です シュージローさん

2020年06月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
その日も、京都府警捜査一課の時矢暦彦(沢村一樹)は、
同僚の佐相智佳(瀧本美織)と、元妻で弁護士の奥畑記子(財前直見)
叔父で生田目診療所所長の生田目守雄(武田鉄矢)とともに、
記憶取り戻そうと試行錯誤をしていた。だが失敗。
やはり、無理だと告げる生田目。

その後、時矢と智佳が書店で、いろいろな本を調べていると。
人だかりを見つける。
人気恋愛小説家の嵯峨思織(高岡早紀)のサイン会だった。
時矢は、思織が大学時代の恋人だと思い出し、ふたりは再会を懐かしむ。

そんななか、経済評論家の篠崎武宣(日向丈)が殺されて発見される。
臨場した時矢たちは、鑑識の背川葉奈(猫背椿)から説明を受ける。
スタンガンで気絶させられ、刺殺したようだと。
その被害者の口から妙な紙切れが見つかる。
“一件目の犯人は河上彦斎”と書かれてあった。
“幕末の四大人斬り”のひとり。。。。

後日、背川に呼び出される智佳。紙切れの筆跡が時矢のモノだという。

そして、事件後、姿を消していた時矢を、ようやく見つけた智佳。
その目の前に、新しい死体。そして“犯人は岡田以蔵”という紙切れ。
被害者は、坂出仲満(般若)というIT起業家。篠崎との繋がりは皆無。
しかし全く同じ手口。連続殺人と思われた。

記子によると、結婚する2年前、
今から10年前。時矢の親友で映画監督の山脇覚士(みのすけ)から、
シナリオの執筆を依頼され、書いたモノではと言うことだった。
しかし、山脇は、数年前から消息不明。

時矢は、あと2件続くと推理し。。。。
10年前の映画制作のプロデューサーで、
金を持ち逃げした砥部陽司(矢柴俊博)のもとを訪ねたところ。。。。

砥部の部屋にあった、資料から、めぼしい場所を回り始めた時矢と智佳。
しかし、東坊城孝麿(ダンディ坂野)の死体を発見してしまう。

再び、砥部について調べはじめたところ。
金を持ち逃げしたわけでは無く。詐欺により制作費を失ったと分かる。
そのうえ、詐欺の首謀者は、坂出。。。。
ようやく、事件の繋がりが見え始めた矢先。
時矢が、中務宏臣(近藤公園)監察官により、身柄を拘束されてしまう。
連続殺人事件の最重要容疑者として。

敬称略


脚本は、戸田山雅司さん

監督は、及川拓郎さん



《刑事ゼロ》のSP。。。なのだが。

正直、久々ですね。

今作が放送されていた枠“木曜ミステリー”で、

シッカリと“京都”を描いているエピソードって。

《科捜研》でさえ、関係ないモノが多くなっていましたからね(笑)

《捜査一課長》なんて、論外だし。

そういう意味では、

“木曜ミステリー”の正統派エピソードだと言えるかな。

1年ほど前の“SP”なんて。。。。。自粛。


細かい事を言えば。

これまた、正統派とは言え、

パターンの1つであり。

記憶喪失を絡めているかどうかだけ。。。。なんですけどね。

まあ、らしさはあるし。悪くなかったです。






最終更新日  2020年06月08日 00時04分46秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.