30728622 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

レベル999のマニアな講義

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

レベル999

レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


21年07月期


21年10月期


22年01月期


22年04月期


22年07月期


22年10月期


23年01月期


23年04月期


23年07月期


23年10月期


24年01月期


24年04月期


NHKドラマなど


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


NHKドラマ2022年


NHKドラマ2023年


NHKドラマ2024年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021~


映画感想


お気に入りブログ

ゲゲゲの女房 第31話 New! はまゆう315さん

音楽など聞きたいと… New! 俵のねずみさん

赤星「サトテルは外… New! 虎党団塊ジュニアさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

地獄への切符>『虎… ひじゅにさん

【虎に翼】第2週(4/8… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

世界三大超能力者か… 鹿児島UFOさん

無題 やめたい人さん
文具屋おっちゃんの… 田舎の文具屋さんさん
2023年11月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
昏睡状態から覚めた吾良(田中哲司)は、徐々に回復を見せ始める。
一方で、ゆりあ(菅野美穂)は優弥(木戸大聖)との関係が順調で。。。。

そんななか夫の妹・志生里(宮澤エマ)がゆりあに、信じられない提案をする。
そうすれば、優弥、稟久(鈴鹿央士)、みちる(松岡茉優)家族も
全て上手くいくという。だが稟久には伝えていないらしく、
ゆりあが話をしたところ。。。。

そして優弥とのデート中に、ゆりあは優弥の父・博(宮藤官九郎)に会うことに。

敬称略



脚本、橋部敦子さん

演出、星野和成さん


気のせいか、前々回あたりまで、奇妙なホームドラマであり。

前回あたりから、主人公の状況が変わり始めたが、ギリギリホームドラマ。

だが今回は、描いているコトが主人公ばかりになってしまい。

ほぼ奇妙な不倫ドラマになってしまっているね。

ま。。もともと、設定も展開も、そんな感じなのだけど(笑)

ここまでになると、

シェアハウスの一部しか“らしさ”が無くなり。

個人的には、“食傷気味ドラマ”に成り果てている。

これなら、正直。。。。もう良いかな。。。。って感じだ。

そもそも、そういう系統のドラマが珍しければ、良いんだけど。

最近は、何か評判が良さそうなモノがあれば、皆でそっち向くからね。

今作だって、それらと変わらない。

設定を徹底的に利用しないのならば、

ちょっと設定が違う程度でしかなく、それ以上でも以下でも無いです。

かろうじて、ラストで。。。。ですが。かろうじて、である。









お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023年11月23日 21時54分37秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.