31244509 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

レベル999のマニアな講義

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

レベル999

レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


21年01月期


21年04月期


21年07月期


21年10月期


22年01月期


22年04月期


22年07月期


22年10月期


23年01月期


23年04月期


23年07月期


23年10月期


24年01月期


24年04月期


NHKドラマなど


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


NHKドラマ2021年


NHKドラマ2022年


NHKドラマ2023年


NHKドラマ2024


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


SPドラマなど2021~


映画感想


お気に入りブログ

ちょっといい姉妹 第… New! はまゆう315さん

今日は参ったよ💦 New! 俵のねずみさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

その1)【重要・拡散… 鹿児島UFOさん

家庭裁判所>『虎に… ひじゅにさん

藤本コーチに非難殺到 虎党団塊ジュニアさん

【虎に翼】第12週(6/… ショコラ425さん

【新宿警察】 ドミニク山田さん

2024年6月6日21時37… クルマでEco!さん

制作中ですみません シュージローさん

2024年05月28日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
直言(岡部たかし)の紹介で、マッチ作りの仕事を始めた寅子(伊藤沙莉)
と直明(三山凌輝)。はる(石田ゆり子)花江(森田望智)も繕いの仕事をして、
なんとか暮らしていた。優三(仲野太賀)の帰りを待ちながら。

ある日、弟・直明の気持ちを知った寅子は、持っていた書物を手渡す。
同時にかつて抱いていた自身の気持ちを思い出し、
雲野(塚地武雅)の事務所を訪ねる。だが。。。。

敬称略


作、吉田恵里香さん


丁寧に描いているから、不満はないが。

劇中の時間の流れが、かなり速いですね。

言葉は悪いが。

今週中に、いろいろなコトに始末をつけて、“次”へと。。。

そういうコトなんだろうね。

前回に続いて、今回も。

そのうえ、すでにフラグも立っているし。

絶望感を並べてしまっているが。

きっと、“だからこそ”。。。主人公は。。。

そういう流れにしているんだろう。

残念なところがあるのは、

状況が状況なので仕方ないけど。

今作が持っていた“らしさ”である明るさが見えないことか。

仕方ないとは言え。もう少し何かあっても良かったかな。

雲野の部分は、弱かったし。


最後に

気になることと言えば、ひとつだけ。

サブタイトル。

ま、今作の主人公は“度胸”で成り立っているので(笑)


戦後になって再登場していない登場人物が、まだまだいるので。

そのあたりから、動き出す。。。。だろうね。きっと。

週末には、日本国憲法かな。

TBは以下のミラーへお願いします
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-8701.html







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年05月28日 07時50分12秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.