1286703 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

大学教員からのMessage

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


むむむぽん

Category

Calendar

Recent Posts

Archives

Freepage List

Headline News

Comments

むむむぽん@ Re[1]:花見(04/05) のんのさんへ 1年を振り返ってまた新しい…
むむむぽん@ Re:塩竃神社(04/12) ごぶさたでした。元気ですか? 分祀された…
のんの@ Re:花見(04/05) 今年の開花は早かったよね。 こんな時でも…
のんの@ Re:塩竃神社(04/12) こんばんは。 すっかりご無沙汰していまし…
むむむぽん@ Re[1]:凧あげ(01/02) のんのさんへ 今年もよろしく(^O^)/ 凧…
2021.01.26
XML
カテゴリ:社会問題
コロナをきっかけにしてこれからの研究の方向性をどう定めるか考えることがあります。
では,これまでの研究はどうだったのかというと,研究分野全体の傾向として,実証主義を柱にしていることが挙げられます。
そして,国の無策に対して,地域格差や分断がどう立ち現れてきたか,そのなかでも自助や共助で乗り越えてきた地域の事例をつぶさに見てきたにすぎないのではないかという気がしてきました。
実態を明らかにすることは,解決策を提示していくうえで必要不可欠な作業であることは明らかです。
ただ,具体的提言がないままに,ファクトファイディングに終始してきたのもまた事実です。
かといって抽象的な理論構築をしたところで目の前の課題を解決できるとも思えません。
アウトリーチも意識しながら,どうやってこの局面を打開するのかを真剣に考えるべきです。
そのために国際比較もしつつ,公助が果たすべき役割を訴えることが必要だと感じます。
また,提言は言いっぱなしではなく,自ら実践的に関与し,検証を行うといったアクティビストの姿勢も求められると思います。

このような状況で物理的接触を伴う行動がかなり制限されますが,関係者を巻き込むプラットフォームとして,一研究者ができることはまだまだあるように思います。






Last updated  2021.01.26 00:00:12
コメント(0) | コメントを書く
[社会問題] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.