【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

フリーページ

2007年06月14日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ITバブル崩壊の時の頃。

00年1月、米国10年債は、6.79%の高利率を付けていた。誰もが簡単にIT株で儲かっていたので、収益が低すぎるとみんな思っていた。

03年6月、利率は急低下し、3.13%と半分以下に落ち込んだ。

00年2月、IT株を全く買っていなかったバークシャーハザウェイ株(BRKB)は1745ドルに落ち込んだ。98年2600ドル台から3割以上も下げていた。

現在、2倍以上に上昇している。

00年2月、フィリップモリス株(現:アルトリア株)(MO)は、17.5ドルの安値を付けていた。キャッシュマシーンと異名をとるこの株。タバコ訴訟が不透明だったがPERは、たった5倍だった。

現在、70ドル。PER12倍。4倍に上昇した。

00年、5000ポイントの高値を付けたナスダックは、7年経っても2600ポイント。半分くらいしか回復していない。NYダウは新高値だというのに。

オラクルは、46ドルの高値から現在20ドル。
シスコは、82ドルから26ドル。
と、7年経っても惨憺たる株価だ。

ここから言えることは、

1、バブってしまった株価は何年経っても元に戻らない。

2、IT株という収益性が高かった株が崩壊すると劇的に物色対象が変化し、ほぼ正反対の対象に移る。

3、かつて収益性が高かった株には急落しても人々はそこに滞留する。

4、しかし、皮肉にも資金がシフトした物色対象の足取りは堅調となる。

急激な円高とか中国&ベトナム株バブル崩壊などきっかけ次第で大なり小なり物色が変わることは間違いないと思う。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007年06月15日 00時54分52秒
コメント(2) | コメントを書く


PR

プロフィール

kitakujin

kitakujin

お気に入りブログ

2021~24PF概況361位… New! みきまるファンドさん

メモ2 New! 4畳半2間さん

鍋の焦げをとる方法 slowlysheepさん

2024年1月の運用結果 snoozer8888さん

映画を見ながら昼夜… アルコール先生さん

コメント新着

 kitakujin@ Re[1]:2023年のパフォーマンス(12/30) WarCowさんへ ベトナムとフィリピン株は…
 WarCow@ Re:2023年のパフォーマンス(12/30) 年末ブログめぐりしてますw ここ数年H株…
 walkman2007@ Re:2019年のパフォーマンス(01/01) はじめまして。 億単位の運用ですか…?!…
 やまさん12y3@ Re:3丁目の夕日(04/13) はじめまして。 やまさんといいます。 200…
 kitakujin@ Re[1]:今年の目標(01/03) medinvestorさん,こんにちは。 3%後半…

© Rakuten Group, Inc.