7882591 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

動物たちの未来のために

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

老犬デイサービス

2021年03月03日
XML
テーマ:老犬と暮す(194)
カテゴリ:老犬デイサービス
​​18才の老犬「クッキー」は
深い事情があり、約7年前に
大好きだったお母さんと
離れて暮らすことになりました。

離れ離れになった7年間
お母さんは週に数回
クッキーのお世話に通っていたそうです。

年々老いていくクッキー…
本当ならば室内で過ごすことがベストですが、
飼い主さんが病を患っていたため
ご自身が生きることを
優先するしかありませんでした。

クッキーのお母さんもまた
仕事を掛け持ちしながら
ご自身の生活でいっぱいいっぱいでした。
そんな日々を送りながらも
クッキーのことを片時も忘れることなく
週に数回クッキーのお世話に
足を運んでいました。

ですが…

年々老化が進行するクッキーは、
お庭での生活にも限界がありました。
みかねたご近所の方が
クッキーを気にかけて下さり、
毛布を敷いてくれたり、
お水を交換してくれたり、
おやつをあげたり、
クッキーは多くの人から
助けられながら生きてきました。

クッキーの飼い主さんも
クッキーのお母さんも
何度もご自身を責め続けてきたと話します。

そんなとき、
「いのちのはうす保護家」の老犬ホスピスを知り、
うちにご相談がありましたが…
当時の私には、お預かりする気力がありませんでした。

それは…
私の愛おしい娘​​「モモ」​が亡くなって
まだ7日しか経ってなかったから…
まだ、私の時間は止まったままだったから…。



「まだ早すぎる!まだモモだけを想っていたい!」
お預かりの話があったときの
正直な気持ちでした。

モモをその他大勢の1匹として
旅立たせてしまった後悔
モモに淋しい葬儀しかしてあげれなかった罪悪感…

せめて、モモの45日までは
モモだけを想い続けたいという
モモに捧げる最期の償いでもありました。

私に確認せずに預かりを引き受けた副代表に
怒りさえ覚えました。
その位、あのときの私は自分の立場すら
忘れていたのでしょうね。



保護家に来たクッキーと対面したとき
我に返りました。

私は、モモの母親でもあるけど、
それ以上に大切な使命があるんだよな~って…。



副代表…ごめんね!

​​

クッキーは重度の認知症でした。
斜頸も入っていましたが
老犬あるあるなので別に…
そう思っていましたが、
手足の毛の擦れ方に違和感がありました。
発作を起こす老犬と同じ状態の皮膚だったんです。

発作は静かに始まり、
静かに終わります。
長時間一緒にいないとなかなか気付けません。

発作が起きてないか
注意しながらクッキーを観察してたとき…



やはり、発作が起こりました。
昨日今日の発作ではなく、
断続的に起きてたものだと思いました。

日に日に発作の回数は
あっという間に増えていき
立ち上がる力もなくなり…
老犬ホスピスから看取り部屋に移動しました。



クッキーのお母さんは、
毎日のようにクッキーの面会に来ました。

何度も何度も
クッキーと思い出話をしていました。

何度も何度も
笑顔で体を撫でていました。

そして…
クッキーに謝り続けていました。

何度も何度も…



発作の間隔が徐々に短くなってきました。

たぶん…クッキーは今日か明日
最期を迎えるだろうと思い、
クッキーのお母さんに連絡したところ
夜遅い時間にもかかわらず
直ぐに飛んできてくれました。

クッキーのために…
​​
2人きりの時間が必要だろうと
私は別室で待機していました。

部屋から聞こえてくる
クッキーのお母さんの
鼻をすする音…
すすり泣く声…

おそらく2人にとって
今夜が最後の時だろう…
そう思うと、何もしてあげれない自分に
苛立ちすら感じてました。
(理由は後半に書きます)

クッキーのお母さんに
どう声かけて良いのか分からないまま
淡々と今の状態をお伝えしました。

「苦しそうに見えるけど意識はないですよ。
クッキーは苦しんでいないですよ。
でも…お母さんが側にいることは
クッキーにはちゃんと伝わってると思います」​​



翌日…
みんなが見守る中
クッキーは静かに息を引き取りました。



私も過去、クッキーのお母さんと同じ立場にいました。

私は、老犬ホスピスという夢のために
愛おしい娘「モモ」を自宅に置いて出ました。
毎日自宅に夕飯を届けに行くたびに
モモに謝っていました。

日中はずっとひとりぼっちで庭にいたモモ…
見るに見かねて出した結論は
「モモは私と一緒の方が幸せなのでは?」
私の一方的な感情を押し付けたのしれませんが
モモを保護家に連れてきました。

そう決断するまでの約一年間、
私とモモは離れて暮らしてました。
一年でも辛かったし、
一年でも罪悪感を抱えてたのに、
クッキーのお母さんは7年間も
私と同じ思いをしてたんじゃないか…
そう思うと他人事ではなかったんです。



クッキーのお母さんの本心を
誰よりも理解していた私なのに
クッキーのお母さんの辛さや悲しみを
支え切れるほどの器量が
私にはなかったのではないか…
申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

クッキーはお母さんのお家に帰っていきました。
やっと…一緒に居れるんだね…
このお写真を戴いたときに
私も救われた気持ちになりました。

​​​コロの飼い主さんもそうでしたが、
クッキーのお母さんがうちを知ったのも
飼い主さんの代わりに
お世話に携わっていた人達が
保護家の存在を伝えてくれたから、
コロもクッキーもここにたどり着けました。

私は、飼い主さんと対等な関係性でいたいので
対等性のためにお心遣い(ご寄付)は
必ずお願いしていますが、
預かり料金?入居費?等を
請求することはありませんでした。
事業ではなくボランティア活動の一環なので、
公にせずに口コミだけで続けてきました。

でも、公にするべきなのかもしれませんね…
私の見えないところでは
コロやクッキーの飼い主さんのように
苦しんでる方がたくさんいるのでは…?と、
視野を広げて考えるべき時期に
きたのかもしれません…。

私の体が動くうちに
早急に変革していかなければ…

動物たちの未来のために。






ご支援ご協力を
どうかよろしくお願い致します

▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601
  動物たちの未来のために代表山下 由美

▼郵便貯金 17310-434961
  口座名義:イノチノハウスホゴヤ

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家

090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)

▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ







最終更新日  2021年03月03日 17時07分15秒


2021年02月28日
カテゴリ:老犬デイサービス
飼い主さんが亡くなり
お預かりしてた老犬コロは
認知症で寝たきりの状態でした。

​​​​​​​​

それなのになぜか、
「本当に認知症なのだろうか…?」
と思えるくらい
気高さを強く感じる老犬でした。



コロは私に言いました。
「お前なんぞの手は借りん!!」
プライドの高さなのでしょうか…?
私を毛嫌いしているのでしょうか…?

這いずり回ろうが
おしっこで汚れようが
「介護」を受け入れたくない…
そんなコロがいました。
それならば…と、
必要以上にコロを介護することは
ありませんでした。



でも、絶対的な自信はありました。
いずれ、コロは私を求めるだろう…と。

だからこそ、何の罪悪感もなく
コロと距離を置けたのかもしれません。



コロの要望を感じ取りながら
淡々と応えるだけの日々が数ヶ月続いた結果、
コロは私を認めるようになりました。
​いいえ…むしろ全て読み取れと言わんばかりに​
「なんでわからんのだ!」
無理難題が次から次へと…

そんなこなんで
コロの介護はほんとーーーーに
大変でした。

当時の介護日記を読み返すと
あらためて自分も大変だったんだな~と
まるで他人事のように見えてしまう
(字が下手なのはごめんなさい)



だけど…
なんでだろう?

辛さよりも幸せな気持ちの方が
勝っていたのですから不思議でした。



この文章を振り返って読むと
おそらく、コロの幸せが
私の幸せでもあったのでしょうね。

自分がそうしたいからそうしてただけであり、
「優しさ」ではなく「自己満」なんだな~って。



10月に「いのちのはうす保護家」が
放送された「坂上忍どうぶつ王国」…
実は…放送後も撮影は続いていたんです。

10月放送分は猫の看取りでしたが、
第二弾は犬の看取りなんです。
コロの介護と看取りがメインで
もし、コロが危ないときは
取材クルーが飛んでくる予定になっていましたが…



東京から宮崎に?
間に合わないだろう?
無理だろう?
普通にそう思っていましたが…



コロは違いました。

11月2日の朝…
コロは最期が近いことを伝えてきたような…
そんな気がしました。

直ぐに東京のディレクターに連絡しました。
おそらくコロが今日か明日には逝くだろうと…。

コロのお姉さんHさんにも連絡入れました。
Hさんは、私達に丸投げではありませんでした。
時間を見つけてはコロの介護に来てた
責任感の強いお姉さんでした。
​​​​​​​
取材クルーも夕方宮崎に到着し、
分単位のコロの夜鳴きで
ほとんど一睡もできない状態で
夜間介護の時間が流れていきました。
コロのお姉さんは
床に座ったままで分単位の仮眠…

​​​​​​​​

コロがなぜ鳴くのか、
コロがどこを撫でて欲しいのか、
撫でる手の力加減とか、
私は、コロの全てを知り尽くしていました。
一年近くコロの介護をしてきたから。



でも…

自分の中でいつも何かが欠けていました。

満たされてないのはなんでだろう…?



コロに寄り添うコロのお姉さんの背中を見て
やっと答えにたどり着きました。



私は…
私の心が求めてたものは
「本物の絆」だったんだ…ってことに。

確かに私は1年近くコロの介護はしてた。
だけど、何百時間何千時間と介護してきても
どんなにコロを知りつくしてても
どんなに自称介護スペシャリストだとしても
絆の深さ、強い信頼関係、本当の家族…
到底敵うわけないんです!

コロの最期の時間が刻々と近づくにつれ
私はサポート側に回りました。

シリンジでお水を飲ませるときは
正面じゃなく横から音を確認しながら…とか、
夜鳴きを止めるときには体のこの部分を
このくらいの力加減で撫でる…とか、
私がコロから教えてもらったこと全てを
コロのお姉さんに引き継ぐつもりで…。



みんながヘロヘロになりながらの
介護&撮影中にもかかわらず
「コロの幸せが自分の幸せ」
まさに私は幸福感絶頂にいました。

コロ…お姉さんが側にいて良かったね…って。



18時ちょっとすぎた頃でしょうか…
コロの夜鳴きが強まってきたので
コロを抱っこしてドッグランに出しました。



土の上を立たせたり、寝かせたり、
抱っこしたまま走ったり…
いつもはそれで落ち着くはずのコロが
この日は何をやっても鳴きやみません。

ふと、思い出しました
コロは猟犬だったってことを…。
コロは嗅覚をつかって
ウサギを見つけるタイプの猟犬でした。

土ではなく落ち葉?
落ち葉の上を歩きたいの?



半信半疑で落ち葉の上を立たせたとき
コロの呼吸が荒くなりました。

電灯もない真っ暗なドッグランで
コロの表情なんて見えなかったけど
コロの体から伝わってきたのは
「満たされた感情」でした。


コロは…
お姉さんとの時間、
大好きだった落ち葉の上、
最期に望んでいたもの全てを手に入れました。

満足したかのように
悔いを何ひとつ残さずに
最期を迎えました。



良かったね…コロ!
あんたの幸せは私の幸せやわ…

最期にお姉さんから介護されて
ほんとうによかったね…コロ!



たくさん抱っこしてもらえて
ほんとうに良かったね…コロ!



コロは「いのちのはうす保護家」を卒業…
お姉さんのお家に一時帰宅しました。

49日が過ぎ…
コロは自分のお家に戻りました。



コロがまだ現役だった頃、
大好きだったこの場所から、
お父さんの元に旅立ちました。



コロのお父さんは…
コロを想いながら、
コロを心配しながら、
先に逝くことがどれほど心残りだったか…

コロを知れば知るほど、
コロと時間を重ねていくたびに
お父さんの大切なパートナーであるコロに
ふさわしい人間でありたいと
ずっとそう思い続けてきました。

コロのお父さん…
コロをお返ししますね



コロは今でも​YouTubeの中で生き続けます。
介護に苦しんでいる飼い主さんたちの気持ちを
理解してあげて欲しい…と、
介護のサポートをしてあげて欲しい…と、
コロが協力してくれました。
​​​​​​​

​コロのお父さんへ…

コロは偉業を成し遂げて

お父さんの元に行きましたよ!

たくさん褒めてあげてください…

さすがオレの相棒だ!…と。


追伸・・・
「坂上忍のどうぶつ王国」の後編でもある
コロの介護と看取り編の放送は
まだ未定だと思います。
放送予定日は、
「坂上忍のどうぶつ王国」HPから
お問い合わせしてみてくださいm(__)m







最終更新日  2021年02月28日 17時41分00秒
2020年02月11日
カテゴリ:老犬デイサービス
​​​​​これまで多くの老犬を介護してきました。

看取ってきました。

だけど、いつも感じます。



私たちがどんなに愛しても、

寄り添い続けても、

飼主さんには敵わないんだな…って。

それがどんな飼い主であっても…です。



老犬ホームではなく、

老犬デイサービスにこだわったのも

老犬たちの気持ちを

尊重しての決断でした。

「飼主さんと一緒に介護をする」

でも…このスタンスでは

もう、間に合わないようです…。



「老犬デイサービス」開始して二年。

ふと気付くと、

デイサービスを利用してる老犬はゼロ。

いただくお電話の99%が

「長期預かり」か「終身引取り」

結果・・・

老犬デイサービス

いつの間にか、

​老犬ホーム​化してました。



ただ、システムは変わりません。

利用料金は無料ですが、

1日1,000円~のお心添えは

お願いしてます。

お互いが対等な関係性であるためと、

他人に丸投げではなく、

飼い主としての責任を全うして頂くために。



私、山下由美は、

新しいことをどんどん取入れても

結局いつも「事業」に繋げようとしない。

でも、良い人でも優しい人でもないのです!

なぜかいつも、イバラの道を選択してしまう…

それだけなんです。



自分で選んだ道だというのに、

そんなバカな自分が情けなくて、

1人メソメソ涙する事もあります(笑)

でも・・・

『人は宝!人は財産なんだよ!』

副代表の言葉にハッとしました。

お預かりした老犬みんなが、

「ご縁」を繋いでくれてたんです!



飼主さんの娘さんが

お世話に入ってくれたり、



飼主さんのお知り合いの方も、

ボランティアで入ってくれたり…

ボランティアの一環である

老犬ホームだからこそ、

飼い主さんたちも一緒に参加できる環境が

この場所にはあるんだと…

そう気付かされたんです。



過去、長期預かりした老犬の飼主さんとも

ご縁が続いてるどころか、

私たちが困ってると助けてくれるんです!

2年前、イバラの道を選択した自分を

どこまでバカなんだよ!…責めたけど、

​「人は宝!」​

私たちは、お金じゃ買えないモノ、

尊い財産をいただく事ができました。

あの時の判断は間違ってなかったんだと

今やっと、自分を褒めてあげれました(^^;



気がついたら「老犬ホーム」になってた今…

飼い主さんも老犬も、

罪悪感や淋しさを抱えないために

どうすれば良いのか?

私たちに何ができるのか?

課題が山ほどあることにも

気付かされました。

「老犬デイサービス」ほぼ廃止です。

老犬デイサービス以上のことを

やらなきゃいけない時期に入ったようです。

さぁ!これからどう動くべきか…。



~補足~
長期預かりや終身預かりご相談の
全てをお受けしてるわけではありません。








レスキューした子達、​​
今、レスキューを待ってる子達を、
​私たちと共に、
守っていただけないでしょうか…。​​​

​▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601​
  ​動物たちの未来のために代表山下 由美​
​▼郵便貯金 17310-434961​
 ​ 口座名義:イノチノハウスホゴヤ​

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家
090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)
▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 

​​​​​






最終更新日  2020年02月11日 01時26分29秒
2020年02月10日
カテゴリ:老犬デイサービス
​​​​​​​423人の支援者さんのお力添えで

2018年「老犬デイサービス」が

ようやく実現しました。



飼主さんが仕事に行っている間や、
飼主さんが眠るための時間、
飼主さんが息抜きできる時間を
サポートしていくのが目的でしたが…

徐々に流れが変わっていきました。

「デイサービスの枠を超えるべきでは?」
そう考えさせられるような出来事が
老犬デイサービスを開始したと同時に
次から次へとまい込んできたのです。



​■ ゴ ル 

この仔は「ゴル」。

飼主さんが緊急入院となり、
いのちのはうす保護家で預かることに…。



その際、検査を受けたところ
ゴルに癌が見つかりました。

手遅れの状態…末期だったんです。



飼主さん退院後、
ゴルはお家に帰っていきましたが、
飼主さんから届いたゴルの写真は
末期ガンだと思えないくらい、
笑顔でイキイキとしてたんです!



ゴルが求めているものは、

安全な場所じゃありません。

医療を受けれることじゃありません。

手をかけてもらうことじゃありません。



どんな状況であっても、
飼主さんが側にいてくれる…

それが、ゴルの幸せ。

それが、ゴルの生きがいなんです。

ゴルは、飼主さんが全てなんです。



ゴルをお預かりした2ヶ月間、
お二人のお役に立てれたことが、
私の幸せでもあります。



​■ あ い と り ゅ う 

この仔は「あい」と「りゅう」

旦那さんが病気で緊急入院、
奥様は、散歩中に転んだ際に
顔を大ケガして入院…。

お家に残されたあいとりゅう…



親戚皆さんで会議した結果、
「安楽死」の選択肢も出ましたが、
東京在住の息子さんが諦めずに探し続け、
ここに辿り着くことができました。

飼主さんは、大病だったにもかからわず、
退院した翌日、軽トラをご自分で運転し
あいとりゅうのお迎えに飛んできました。



「あいとりゅうに会いたい!」
強い思いがあったからこそ、
病気を乗り越えられたのでは?

…そう感じました。


あのとき、安楽死されなくて本当に良かった…

飼主さんの強い思いと、
命を繋げようと動いてくれた息子さん。

お二人とあいとりゅうの力に
少しでもお役に立てたこと…
私たちも、幸せな体験をさせて頂きました。



​■ モ チ 

この仔は「モチ」

夜中急に鳴きだす…との事でした。
飼主さんは、0歳と2歳のお母さんでした。

モチが吠えることで、
0歳と2歳の子供さんが目を覚まし、
子供たちも夜泣きが始まるとのこと…。



精神的に追い詰められてる感があり、
うちで預かることとなりましたが…

モチの寿命は、すぐそこまで来ていました。

そろそろお迎えの時間だと感じ、
飼主さんに連絡しました。

「最期をご自宅で看取りますか?」…と。

その翌朝…
​​​​​​​

飼主さんが到着する数時間前、
モチは静かに旅立ちました…。

モチは、自分の最期を飼主さんに
見られたくなかったのでしょう…。

いいえ!

飼主さんが大好きだから、
飼主さんに罪悪感を背負わせないよう、

モチの優しさだったのでしょう…。



モチは…

大好きな飼主さんと一緒に、

お家に帰っていきました。


​​■ お 預 か り 

老犬介護で苦しんでる飼主さん、
飼主さんに伝える手段がなく困ってる老犬、
お互いをサポートできればと
副代表が中心で、ご相談をお受けしていますが、

電話、mail、動画でも原因不明の場合、
原因と対策が分かるまで、
その仔をお預かりしてます。

私の説明はとてもヘタクソなので、
あいだに副代表を挟みながらの
飼主さんに報告する流れです。

これは、
お預かりしてた老犬の夜鳴きの原因と
対策案を副代表に報告したものです。
↓ ↓ ↓



お返ししたその後、
飼主さん→副代表へのLINE。

​​飼主さんのお言葉は、
私の自信につなげて頂きました。

本当にうれしかったです!

私の方が「ありがとうございます」でした。

それは、自分の経験や実績が、
誰かの役に立ててることに、
私自身、喜びを感じているから。

​もっとお役に立ちたい!​
だけど…

​※​後編に続きます​​​





レスキューした子達、​​
今、レスキューを待ってる子達を、
​私たちと共に、
守っていただけないでしょうか…。​​​

​▼宮崎銀行 加納支店 普通口座104601​
  ​動物たちの未来のために代表山下 由美​
​▼郵便貯金 17310-434961​
 ​ 口座名義:イノチノハウスホゴヤ​

▼〒880-1222
宮崎県東諸県郡大字国富町八代北俣2581
いのちのはうす保護家
090-4484-5165(9:30~22:00 担当フジイ)
▼「いのちのはうす保護家」HP
▼「ハンデのある猫達の保護猫カフェ HOGOYA」HP
▼「いのちのはうす保護家」公式ブログ
▼「いのちのはうす保護家」Facebook
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Facebook
▼山下由美代表Facebook
▼犬猫介護アドバイザー
  &犬猫看取りコミュニケーターInstagram
▼保護猫カフェ「HOGOYA」Instagram
お問合せ先は、
HP内の「お問合せフォーム」からお願いします。 


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 







最終更新日  2020年02月10日 19時06分51秒
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.