1054187 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ポンコツ山のタヌキの便り

PR

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


やまもも2968

カレンダー

バックナンバー

2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

サイド自由欄

設定されていません。

日記/記事の投稿

コメント新着

 鹿児島の還暦じじい@ Re:鹿児島弁の「おいどん」は一人称複数!?(12/24) おいどんの記事興味深く読ませていただき…
 やまもも@ Re:武部利夫先生と漢詩の中国音読み(06/05) mastanさん、ご質問に気がつかず、返事が…
 安渓遊地@ Re:武部利夫先生と漢詩の中国音読み(06/05) 私も、高校で武部先生に習いました。3年生…
 クマタツ1847@ Re:拙句十首から二首以上四首以内を選んで下さい(03/07) ご無沙汰しています。 やまももさん、俳…
 やまもも@ Re[1]:日記代わりの俳句作り 第三(12/28) クマタツさん、今年もよろしくお願いいた…
 クマタツ1847@ Re:日記代わりの俳句作り 第三(12/28)    やまももさん 俳句に不案内な私が…
 クマタツ1847@ Re[2]:日記代わりの作句(12/13) やまももさんへ やまももさは止むを得な…
 やまもも@ Re[1]:日記代わりの作句(12/13) クマタツさんへ お久しぶりです。栃若時代…
 クマタツ1847@ Re:日記代わりの作句(12/13)   やまももさま  クマタツです。 ご…
2019年05月11日
XML
青東風(あおこち)や千日前に文楽座
新緑にピンカートンも操られ

また今年のお正月にFB友だちの越智律子さんから下記のような文楽関連の俳句をいただいたことがあります。

息が合い阿古屋初春凛と立ち

文楽といえば、内川雅人くんがまだ9歳(小学3年生)の小学生だった頃 、母親が勤務する学校の先生たちの観劇会に一緒に参加して文楽の「蝶々夫人」を観たことがあります。

この文楽の演目はプッチーニのオペラ「蝶々夫人」を文楽化したもので、かしらが西洋人の顔をした赤毛のピンカートン人形が出て来るというものでした。そのことが当時の文楽が伝統に甘えて沈滞化していた状況を打ち破ろうとする大胆な試みとして大変話題になりました。雅人くんも新聞の演劇欄で映画批評等をよく読んでいたこともあり、その前評判をよく知っておりました(チョット変な子ども)。

雅人くんはこの文楽の観劇後にどのような印象を残したのでしょうか。西洋人の顔をした赤毛のピンカートンが出てくるのをずっと期待して待っていたこともあり、いまもその文楽人形が登場した舞台の様子が鮮明に記憶されています。しかし本来は西洋オペラの演目を、文楽人形が義太夫の節に合わせて操られ演じるという文楽化が成功していたかどうかについては当時の雅人くんには判断し難いものがありました。

ところで、観劇会に参加した先生たちが後で雅人くんの母親に「お宅のお子さんはずっとおとなしく観ていましたね」と感心されてましたが、雅人くんの唯一の取り柄(弱点でもありますね)はとにかく非常におとなしいことでした。






最終更新日  2019年05月12日 05時40分17秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.