3024461 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月

カレンダー

お気に入りブログ

4分間のマリーゴール… MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2011年10月02日
XML
テーマ:アニメ!!(3767)
カテゴリ:アニメ
『青の祓魔師』が終わりましたので、その感想です。
これで前期終了アニメは最後で、ひとくぎりってとこです。

最終回はさすがは日5ってところを見せ付けてくれた、見ててワクワクする作画でした。

土6、日5の中でも、上位の作画だったと思います。


最終回のあらすじは公式HPから。

巨大なゲヘナゲートと化した魔神は、次元の裂け目を広げて物質界を飲み込もうとする。
燐と雪男は合流したシュラ、エンジェルらとともにゲートに立ち向かうが、圧倒的な強さを前に苦戦を続ける。
一方で学園の祓魔師たちも、無数の悪魔に追い詰められつつあった。
そんな中、勝呂が起死回生の策を発案! 果たしてその成果は…。
そして燐と雪男は最後の気力を振り絞ってゲートに立ち向かう。
愛する仲間と世界を守るために!!



いきなり『ファウスト』が出てきて、何かと思ったわ。
こう言うのをちょこっと借りるって言うのは余り好きではない。
それで作品の格が上がるってもんでもあるまい・・・。

最終回は見ごたえがありました。

燐と雪男が兄弟らしいところを見せてくれたのが嬉しい。
アーサー・オーギュスト・エンジェルがカッコ良いところをやっと見せてくれたのが嬉しい。

何より嬉しかったのは、祓魔塾生たちに役割をちゃんと振り、活躍させてくれたことです。

サブキャラってやたらいっぱい出てくるのに、ろくな活躍できないパターンが本当に多いんですけど、『青の祓魔師』は違いました。
ゲヘナゲートは燐や雪男たちにまかせ、自分達の出来ることをする。
その上で、ゲートを閉じるためにも役立っている。
祓魔塾生たちの活躍があったからこそ、燐や雪男たちも成し遂げられたという流れが、見てて気持ちが良かったです。

ただオリジナルストーリーに対しては思うところがあります。

何より燐と雪男の母親・ユリをおバカ女にしてしまったのは(ノ ̄◇ ̄)ノ~┻━┻ものですよ!!

人と悪魔が一緒に住める世の中?。
アニメにありがちな似非ヒューマニズムってヤツですか?。

父親のサタンってば、自分の子供、愛する(で良いんだよね?)ユリの子供の体どころか魂まで乗っ取り、殺そうとしたんですよ?。
そんな男の子供を産んだってことですよ。
そんな男と一緒に住む世の中を、人間の世界に求めたってことですよ。

しかも全てが終わった後、サタンを責めるでもなく、「早すぎた」だと?。
とんだバカ母です。


次は、サタンを魅力的に描けなかったことです。

私はこの手のものは、ラスボスは絶対に魅力的な方が良いと思うのですよ。
個人的には粗野よりも知性派の方が好みだけど、粗野なら粗野でも良い。
それならそれなりの魅力を出せてなかったと思う。

ただのチンピラ。
それがとてつもない力をもってましたとさ、って感じ?。


もう1つ、“悪魔”に対するこの作品のスタンスがしっかりしてないこと。
キリスト教的悪魔じゃなきゃダメだとか、そう言うことを言ってるのではないのですよ。

Cパートの燐のセリフ。
あれってば、悪魔に対するものじゃなくて、霊に対するものだよね・・・と思っちゃった。
(余談ですが、「あら、『デュラララ!!』のセルティが登場?スマイル」とか思っちゃった)

異形のものを扱う時は、それがどう言う存在なのかがしっかりしてないと、たいていの場合、話が長期化してくるとブレが出てくる。
だからアニメのユリみたいなキャラを出してしまうのですよ。


・・・と辛口の感想も書きましたが、前期終了アニメの中では、私にとっては上位の面白さのアニメでした。
作画が良いアニメってやっぱり面白いよねって、しみじみ思いますわ。

初回からガンガン引っ張って、毎回楽しみにさせる力があったと思います。

キャラの描き方も良かったと思う。
各キャラ、しっかりと性格付けして、物語を作ってあったと思う。
それが最終回の活躍に繋がったのでしょう。

原作のコミックがアニメ開始後に売上がすごく伸びたそうですが、それも頷けると言うものです。

“週刊少年”ジャンプの方も、今の世の中、ただアニメ化するだけじゃダメなんだよってことを、『青の祓魔師』でお勉強して欲しいですわ。


スタッフの皆様、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

映画も頑張ってください。




TB用URLはhttp://madamon.blog54.fc2.com/tb.php/588-e72860deです。







最終更新日  2011年10月02日 21時02分24秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.