37934425 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

h+and   ~ I want to throw away ~

PR

X

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

パン部

2021.04.14
XML
カテゴリ:パン部
この日の格好です。





( J )グログランリボン イージーワンピース (HARDY NOIR)
+ DEAN&DELUCA リネンエプロン + Design letters キッチンクロス

※ 2021 わたしの最新ワードローブ一覧の日記はこちらです →






「パンを焼ける人の気分」というのを、

今日は、ちょっと味わってみたいと思います ( ´▽`)










おいしいパン屋さんにパンを調達にいけないとき用に、

最近、これを冷凍庫に常備しています。









凍ったまま並べて、170℃のオーブンで18〜20分焼くだけ、なのです ( ´▽`) ♪





こんなまっ白が、

商品ページのようにこんがり焼けるのかな? と思いましたが・・・













焼けましたよっ ヽ(;▽;)ノ












ブレッツェルクロワッサン特有の、

はっきりとした裂け目のコントラストも・・・このとおり美しい!













あつ! あっつ!!









↓ クロワッサンにとっても合う!空き瓶も可愛い「DEAN&DELUCA」のジャム ( ´▽`)












先代のエプロンは、

これよりもちょっと丈が短く、覆う面積も小さかったため、

ロング丈のワンピースの「裾」に。

まさかの 「えーっ!? 裾!?!?」 に 

トマトソース等が飛んでしまっていることがありましたのですが・・・ ( ;∀;)











このエプロンは、なかなか頼もしいです。

2回目のリピートです。

ロングのスカートをはいてトマトソースを煮ることをする人向き、です。




 ****************************************





去年のちょうどいま頃に。


おとーさんは、ちょっと大きな手術をしたのです。



50歳を過ぎると。


同世代のそういうお話も、


あちらこちらから聞こえてきたりします。





おとーさんは、去年の春。


体内の、とある器官を「全摘出」する手術をしました。



コロナ禍で、

この辺りの感染も日を追うごと大きくなっていた頃で、

病院の建物に近づくことも恐ろしい、とさえ感じてしまうような頃で。



いろいろなことが、どうか無事に運びますように、と、


祈る気持ちでトイレ掃除をし、

祈る気持ちでたった一人きりで付き添った、

あのとても心細い時間を思い出します。


病室は何としてでも「個室」を確保したい時期でしたから、
小さく小さく加入していた医療保険が、
個室ベッドの差額代や入院手術費の補填に、
この時、とても役に立ちました。


「医療保険など無駄だ!無駄だーっ!」と


健康なとき、若いとき、

ずっと今までそう思っててごめん、

保険、本当にありがとう、と。 そう思った。


ああ、すずひ家の大きな出費といえば、

この件も、期せずして「4月」だったんだなあ。



あれから1年が経って。


おとーさんは今、とても元気になって。


ふっくらと可愛らしく肥えてきて (笑)

(病名がわからない頃、いっ時、半年で17kgくらい痩せてしまいました)


ようやく再開された講義に向かう息子を「行ってらっしゃい」と見送って。


わたしはこうして、久しぶりの一人の時間に、


大好きなパンを焼く。


今のわたしの心がどういう状態なのかは、


自分で自分の顔を見たら、すぐにわかりますね。


柔らかい表情と、深く安心できている目。


そういう顔の、
そういう目をしている自分を
鏡の中にふと見つけると、


ああ、うれしいなあ、ありがたいことだなあ、と。



去年の今頃とは、また違うわたしになれているんだなあ、と。



うれしいことも。 

一見そうは見えないようなことも。



無意味なことなど、人生には 何ひとつないのだなあ。



一つ一つ乗り越えてゆけば、大丈夫。


これからも、きっと。



きれいごとなどでなく。 絵空事でもなく。



本当に 


クロワッサン頬張りながら、ちょっと涙が出そうに。


そう思えてくるのです。







                                    おわり






今日もお読みくださって ありがとう。


↓ おとーさん、元気になったんだね!のポチッと・・・ありがとう ( ´▽`)

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

いつも応援していてくださるあなたのお気持ち、とてもうれしいです。 ありがとうね。




フォローをしてくださっている1149名ものみなさま・・

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

あなたとあなたの大切な人の今日が。

どうぞお健やかな、穏やかで平和な1日でありますように・・・ りんご



















最終更新日  2021.04.15 15:53:12


2021.01.07
カテゴリ:パン部
自分を大切にすること。

自分を大切にできないでいると、

人は、自分の本当の気持ちを見失うことがあります。


自分のことが とても「おろそか」になってしまう。











自分だけのための朝ごはんを、


心を込めて用意する。


ただそれだけで、

わたしの中にいる「本当のわたし」は喜ぶ。



ものすごく喜ぶのです。












お腹に入ればみんな一緒!

ひとりの時なんて、なんだっていい。

自分のために盛り付ける必要なんてない。

お皿に乗せるのもめんどくさい!

キッチンで立ったまま食べちゃおう。



大切な人に対しては絶対にしないような


とても失礼な考え方や、横着や、手抜きを、


「自分」に対しては平気でしちゃうようなところが 


わたしたちにはあります。











日頃、何気なく思ってしまうようなことですけれど、


実は、これは、自分を とても傷つけます。


こんな扱いは嫌だ!ということを、


「大切な自分」に、平気でさせちゃうのだから  (;_;)





もうそういうことは やめていこう!!



2021年! やめていこう!!





 **************************************



自分を大切にしていないと、


それはなぜが自分以外の人にも


それこそ初対面の人にさえもすぐにわかって(バレて)しまって、


露骨に大切にされなくなることがあります。



店員さんに軽くあしらわれたり、

食事をしたお店でぞんざいに扱われたり。

すれ違いざまにちょっと荷物が当たっただけなのに、
とても謝っているのに睨まれたり。

窓口での手続きが遅くて
大きなため息をこれ見よがしに吐かれたり。


「粗末に扱っていい人オーラ」

「大切にしなくていい人オーラ」



が 滲み出てしまう、というのかな?



目には見えないところにも


その「負のオーラ」は届いてしまうのでしょうか。


電話でちゃんと取ったはずの予約が 


なぜか勝手にキャンセルされていたようなこともありました。






ほんの少し取り分けておいたローストビーフ。「翌朝のわたしのため」にとっておいたのです。



 ***************************************




自分の心の声を聞き、自分にやさしくすることは、


だから 本当はなによりも大切なことなのに、


あとまわしにしてしまう癖がありました。


自分にやさしくすることが苦手だったのです。



そして「どうしてわたしを大切にしてくれないの!?」と怒っていました。



自分が自分を大切にしていないのだから、



それは、当たり前なのです。




 *************************************




そういうの、全部捨てて、手放して。


自分を大切にする「努力」をわたしはしたのです。


努力しないとできないくらい、
わたしは自分を粗末に扱うことや、
自分の本当の気持ちを無視することの方が得意だったのでした。



自分を大切にしていると、


周りから大切にされるようになります。



これは、本当です。




自分を粗末に扱っていると、


いつまでたっても 誰からも大切にされないのです。




 **************************************




そのまま食べちゃっても、同じなのかもしれない。

そのまま食べちゃえば、お皿も洗わなくていい。






けれど。





ローストビーフをはさむために 
パンに切れ込みを入れれば、
包丁を洗わなければならない。


ソースをわざわざ作れば
小さな器が汚れるし、スプーンも使う。


キャベツを千切りにしなくちゃ。


それでも、

「大切な人」にお出しするのなら、

わたしは何の苦もなく 

これらのことを「喜んで」するのでしょう。



こんなに嬉しい同じことを「自分」に。 


変だね、どうしてしてあげられないのかな?












自分の心がとっても喜ぶ 朝ごはん。


自分を「大切にもてなす」朝ごはん。



十分に満たされた心さえあれば、


一人分の後片付けなんて、あっという間なのです。


その日1日に起こることさえも変わるから不思議です。




自分をもてなす「朝ごはん」。


「お昼ごはん」だって 「おやつ」だっていい。



わたしだけこんな思いしちゃっていいのかしら。



そんな罪悪感なんてお空に きらーん きらきら と 投げ捨てて。










自分のためだけに 大好きなエプロンをして。


自分のためだけに 温かいお茶を淹れて。


自分を大切にもてなす習慣。


自分で自分にとびきりやさしくする習慣。



あなたさまも。  2021年。 




ぜひ すずひとご一緒に・・・いかがですか ( ´▽`) ?







                                    おわり






今日もお読みくださって ありがとう。





↓ 「わたしも自分を大切にする!」「自分にやさしくしてゆきたい!」
    あなたの決意のポチッとを・・・ ありがとう!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

大切なあなたの大切な決意が、

どうぞ、2021年、今この瞬間から・・・ 叶えられてゆきますように!!






読者登録をしてくださっている989名もの皆さま・・・いつもありがとう。

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村

この冬いちばんのような寒波がきているそうです。 風が冷たいです。

どうぞみなさま、暖かくしてお過ごしくださいね ( ´▽`)日本茶


















最終更新日  2021.01.07 16:13:18
2020.12.14
カテゴリ:パン部
去年の今頃は。

なにも制限のない冬、でしたね。











去年の12月のイルミネーションです。 

とってもきれいでした。


年末の街はとても賑やかで。

楽しそうなところには人が溢れかえっていて。

2020年・オリンピックイヤーの幕開けをみんなが待ち望んでいるような

そんな「華やかな12月」でした。






 ************************************



もうこの辺りから危機を察知し始め、
マスクやトイレロールやアルコール消毒を、
ふつうに流通しているうちに、
購入制限のかかる前に、
みんなが一斉に慌て出すその前に、
すかさず「そっと」「ちょっと多めに」購入し、
備蓄生活を開始していた賢者も実はいらっしゃったのだ、ということを・・・
後日談のようなブログで知ることもありました。

わたしは「マスク」だけは十分に備蓄していましたが、
2ヶ月後に巻き起こることに対する対策だったわけでも覚悟だったわけでもなく

たまたま、でした。

いつだったかのSARS やMARSのときに、
マスクが買えなくなることは「経験済み」で。

マスクの「多めの備蓄」は、
わたしにとって、ちょっとした習慣だったのです。

でもほんと、そのくらい。

わたしはその頃、こうして味噌おでん行ったりしてましたが、









マスクなんて、もちろんしなかったです。


たくさんの人が行き交う12月の街。


周りの人もみんな、そうでした。


街は、どこもかしこも楽しそうで、


そして「密」でした。



 ************************************



自由なときのほうが、本当によかったのかな。

近ごろふと思うのです。










制限が生まれたことで、

制限がなかったときにはわからなかった、
(自由があたりまえ過ぎて麻痺してしまっていた?)


自分の「本当の気持ち」や「本当に守りたい暮らし」と、


わたしは。


とても向き合うことのできた1年でした。



「自分にとっての本当に大切なもの」

「これからの人生にも側にあってほしいもの」

これから先の自分の人生の中に残したい「もの」や「行動」を。

否応なしに考えさせられる時間に 初めて恵まれたのです。


読者さんのみなさまも、

きっとそうだったのではないかな。






パンを買えることも、買ってきてもらえることも、あたりまえではなかったと知りました。



 *************************************



人には「会う」のがいちばんだと思っていました。

人と人との関係は脆い。
愛情でも、友情でも、
会わなければすぐに関係が薄れてしまったり
終わってしまうものなのだから、と。


もちろん会えることは幸せなことですけれど、

どんなに長い間会えなくても、

「その人を思うだけで心が温まる」という・・・


薄まるどころか。 

会えない時にも思い出し、心の支えになる。

そういう最強な関係や存在の大切さにも、

50歳目前にして わたしは改めて気づいたのです。







焼きたてのあつあつなんですよ。こうして冷ましているのです。うっとり愛でながら。




 ****************************************



その人を思うだけで、こころが温まる。

心が強くいられる。


これって「会う」「会わない」をも超越した、本当はものすごいこと。


制限のない時には、
多くの人の心の中で、
それはややもすれば見失われてしまいそうなほど
目立たない地味な感情で。

会えることの方が断然「派手」ですものね。


「制限」が、教えてくれたこと。

「制限」があったら、気づいたこと。




制限のない自由は。

ああ、時として、

人をひどく鈍感にさせるのかもしれない。







食パンのアレンジがとっても楽しい!2本あると・・・本当に豊かな気持ち ( ´▽`)



 *********************************



この冬は、もう「初めて」ではなくて

制限のある冬を、

わたしたちは、それぞれに知っています。


制限のある春も、制限のある夏も、秋も、
そして「冬」も去年は初めてのことでしたけれど。

制限のある「お正月」は初めてですけれど、

制限のある冬は、みんな、2度目だ。 

いちど「経験済み」だ。


去年にはなかった覚悟が、いまはある。


不安な気持ちを持ちながらも。

今年の冬のわたしたちの心はきっと。

去年よりもちょっとだけ、強くいられるんじゃないかな。



 ****************************************



特別な楽しいことができなくても今は仕方ない、と、思える気持ち。


これがね、さみしいというよりも、

思いの外「楽」だった。

何もしなくていいんだ!やったー!という本音(笑)


本当に大切な関係はとてもちょっぴりなのだよ、ということも知りました。

それって本当に素敵な気づきで、

だからこそ一生大切にしてゆきたい、と思えた。


あたりまえのことなんて何一つなかったのだ、ということも。

世界は「ありがたいこと」で溢れていたのだ、ということも。

誰もが自分の人生をひたむきに生きているのだ、ということも。


「制限」が、わたしに教えてくれた たくさんのこと。

自由ボケしていたわたしに 教えてくれたこと。







2020年は食器を1個も買いませんでした。 割らなかった、ということでもあります(笑)



 *************************************:



不便な面だけ、嫌な面だけ、
そこだけを見つめてしまうこともできるのでしょう。

「制限」を敵視し、「コロナ」を目の敵にし、

どうしてこうなったの!
どういうこと!? なんでなの!?
いつになったら終わるの!? と、

憤りの炎を燃やし続けることもできるのでしょう。


けれど、きっと。

そうすることにあまり意味はなく、

心を不必要に消耗させるだけなのだと思います。



制限された暮らしの中にも、幸せはある。

制限とは無関係なところに、本当の幸せがある。


うわ!あったのか!!


ということに、ようやく、やっと。 


まっすぐに気づかされた1年。





クロワッサンに何かを挟むのも大好き!クロワッサンがあつあつなうちにめっちゃ素早く食べる!




 ***************************************




会える人も、会えない人も。

この世にいる人も、今はもう天国にいる人も。

「その人を思うだけで心が温まる」。


そんな人が、どなたの心の中にも 


きっといてくれるでしょう ( ´▽`)?



反対に。

「その人を思うだけで心がへとへとに疲れてしまう」

そういう気づきや、

これまで無理をしていたことに対する正直な気持ち、

もうそういうことやめていこう、という気づきも・・・

どなたの中にも、きっとあったかもしれません。



「制限」が教えてくれたこと。

「制限」が気づかせてくれた、偉大なこと。




制限された時があるからこそ、



わたしの自由も。


あなたの自由も。


よりいっそう、輝くことができるのかもしれませんね。








                                   おわり







今日もお読みくださって ありがとう。



↓ 本当に寒くなったよ!もこもこニットの出番だね!のポチッと、ありがとう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

本当に大切なものや 本当にかけがえのないものは、
制限とは無関係のところにいつもあったんだ、ということも知りました。 

「何も失ってなどいなかった」「むしろ得た?」と気づいてしまった・・・「2度目の冬」です。





読者登録をしてくださっている958名もの皆さま・・・いつもありがとう。

h + and ~  I want to throw away  ~ - にほんブログ村


少しずつ 増えてくださっているんです。 うれしいよー。

今日も、書けたよー ( ´▽`)ノ りんご

















最終更新日  2021.01.08 16:13:56
2019.06.02
カテゴリ:パン部
日曜日ですね。

すごく難しいことのように感じていた頃もあるんですけれど、
「休日にお金を使わないこと」って、出かけなければ、ふつうに可能ですね。

だからメディアやマスコミは、休日には出かけろ!出かけろ!と あんなに煽るのですね。
家族揃って家にいられたんじゃ 困るのですね。

節約してるんじゃないけれど、用が無いので、出かけませーん  ψ(`∇´)ψ !




  **********************************



家にいた方が気分良く過ごせるって、嬉しいことです。

わたしは、もう6年とかそれ以上くらい「マクドナルド」へ行っていないのですが、
  (ご愛好者さまを否定しているのではありません。徒歩圏内に無いの。モスは行くよ・笑)
その昔 マックのメニューで一番好きだったのは「朝マック」でした。

マフィンのバンズに、
ハムとチーズと目玉焼きの挟まった、朝マックだけのメニュー「エッグマックマフィン」を
ホットコーヒーと一緒にいただくことが、とても好きだったのです。


今は、自分で作ります。  時々ですが、朝マックの気分、です。






本物と、そっくりでしょう ( ´▽`)?  







すずひ家マックの朝マックは 静かでいいですね ( ´▽`)

ショップのクルーの皆さんの元気な接客のお声も聞こえてこないですし、
あと、あの「ピロリ、ピロリ、ピロリ」という、あれは なんの音ですか?
フライヤーのタイマーの音? なのかな? ポテトの揚がった時のアラームの音かな?

常に聞こえてくるあの音が実はたいそう苦手で、
わたしはいつも「テイクアウト」でした。 お店は騒がしすぎて、長いこといられないのです。



テイクアウトですと、ちょっといつも冷めちゃって。アツアツは食べられなくて。

どうせ家で食べるんなら、もう家で作ったらいいじゃないか。 と思うようになりました。

幸い、食べたいのは「朝マック」だけ。レギュラーメニューには、すずひは興味がないのです。






アツアツだから美味しい!卵の焦げ目も、我が家ならでは。
大切にしまってあった、いただいた「H」のカップを・・・ようやく普段に使い始めました!








どっかの研究でね。(テキトーだな・笑)
「性格」と「ガン」の関係性の高さについて、とても注目され始めていると聞きました。

食べ物とか生活習慣とか遺伝とは また別の・・・「性格」「気性」と、「ガン」との関係。


怒りを溜め込んでいる人がガンになりやすいのでは、というイメージ。
その点に着目したとある研究チームが
生前の故人の暮らしや「性格」についての聞き取り調査をし、データに集計したら・・・

イメージなんかじゃなくって、本当にその傾向があるようだ、と。


怒ってばかりいる人、ということではなくて、
どちらかというと 発散できず、怒りをお腹に溜め込んでしまう人。

「怒り」や「不機嫌」や「不満・我慢」や「言いたくても言えないイライラ」や「長年の辛抱」や
「恨みつらみ」「抑圧」のような苦しい感情を、自分の中にずっとずっと溜め込むことが・・・

自分の細胞を攻撃するのだ、と。

体の中で「自分の健康な細胞を、自分の怒りで攻撃してる」っていう信じられないようなことが、あなたの、わたしの体内で・・・今 この瞬間にも起こっている、という可能性の示唆。

怒りを溜め込むことの 恐ろしさ。

だから、単に「怒りっぽい人」よりも。 
怒りを外に、顔に、言葉に出さない辛抱強い人の方が・・・ その傾向が強い、と。


我慢や辛抱って美徳みたいにされがちだけれど。
これまでの日本の人間社会って そればっかりで成り立ってきたみたいなところがあるけれど。


病気になっちゃうんだな (;_;)


嫌なことを「嫌です!」と言えない人って とても多い。 
定時で帰ることは、すずひは どなたさまにとっても素晴らしいことと思う。
もう、令和の時代は・・・ 恐れず言ったほうがいいように思う。 自分の健康のために。

それで嫌われたり、何かを一時的に失ったとしても、病気になるより いいです。

気持ちよく暮らすことって、体の健やかさや、自分の人生を「命」を守ることと、繋がってる。






睡眠も大切。夏の敷きパッドに替えました。コットン100%はびっくりするくらい気持ちいい!







どう暮らすか、どう生きるか。
そういう「心のもちかた」みたいなことに対し、こんなに関心が高まっている時代って 
これまであったかな。


心のもちかたの「個人差」が こんなに顕著に感じられる時代って これまであったかな。

穏やかな人と、そうでない人。

自分をいじめる癖のある人と、自分を大切にすることを心がけている人。

寿命、のためだけ、じゃなくて。 今日が、明日が 変わる、ってこと。



怒らずに。 朗らかに暮らせることって・・・ 理想的ですね。


とはいえ。 とはいえ、ですよ?


わたしは「怒り(いかり)ブログ」というのが実は好きなのです(笑)
その日勃発した火柱のような怒りや、常日頃から腹のなかで燻っていた焼け棒杭のような怒り。

そういう、気心の知れた友達に「ちょっと聞いて!」みたいにぶちまけたくなるような思いを 
頑張ってちゃんと文章にして、ブログに綴られている人が、好きなのです。

怒り なんだけれど、どこか建設的、というか。 (喋りじゃなくて、文章になってるから)

発散できていることの健やかさ、その人の「素直さ」みたいなものを、感じる。


感情を感じられないブログは、すごく立派な内容だとしても それを読んだ時、どこか寂しい。

書き手さんの顔が見えてこない。 

顔はもともと見えないんだけれど・・・言葉に表情を感じられない、っていう感じ。

ブログでまで感情に蓋をしてしまったら・・・どこで発散しているんだろ? って(;_;)
                      (ス・・・スポーツとかですか?(;_;)

わたし、こうしてここで、いつも長い長ーいブログを書かせていただいているでしょう?
これ、ここに「文」としてアウトプットしなかったら・・・
この連日 頭の中にあふれた大量の文章や言葉って、向かうところを失った時、一体どうなるんだろう、って 時々 恐ろしくなるんですよ(笑)

それこそ「健康な脳細胞」を 攻撃し始めちゃうのかもしれないわ!

わたし、このブログのおかげで 健康寿命が延びているのかもしれないわ!

なんか、なんか、ありがとう ヽ(;▽;)ノ

そんな「マック欲」の満たされた・・・ すずひ 1日2食の朝、でした。





                                     おわり






のんびり「家マック」していたために、更新の時間が遅れてしまいました(笑)

↓ ポチッとくださるお気持ちを、いつもありがとう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

6月ですね。2019年も、もう折り返し?! 早くて びっくりしちゃうよね ( ´▽`;)ノ















最終更新日  2019.06.02 14:09:19
2017.01.30
カテゴリ:パン部
よつ葉の「発酵バター」と、ブルーベリージャムと、バターナイフと皿を用意し・・・待機。





そして、静かに・・・・ 待つ。 あと少し、あともう ほんの少しなんだ!





 あと 3秒!    嗚呼 高まるーっ!!


オーブンでパンを温める行為は、トースターのそれよりもはるかに時間がかかるせいか、
特に朝の忙しい時間には、とかく嫌われがちのように思いますが、
わたしは 予熱の段階から、初めっからパンを放り込んでしまうことで、
オーブンがパンを焼き上げるのにかかる時間の 大幅な「時短」を図っています。

本来なら 予熱完了後にパンを入れ そっからまた5分とか焼くのが正しいのでしょうけれど、
わたしのウチにあるこの「無印良品」の赤外線センサーオーブンレンジ(旧型)の場合、
最初っから入れてしまえば・・・
予熱完了のピピピの時点で、既に、パンは、普通に美味しく焼けてます。





ああ、焼けた! さすがは「石窯パン」。 窯から出したてみたいにパチパチ音がしてる!

自分ひとりの時の朝ごはんには、こんな風な食べ方をしてしまうことが 時々あります。

シンプルな塩味のパンは、サンドイッチにしていただくことが一番好きですし、
お昼までのエネルギーをしっかり蓄えてほしい家族には 基本 そのようにして出しますが・・・

 ※ 来世ではサンドイッチ屋になりたいです、の 話 
    http://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201609300000/



         スクランブルエッグとベビーリーフ・薄切りポークのサンドイッチ



なんにも挟まず、こんな風に ただただ「パン」そのものの味わいを楽しむことは・・・
「ひとり朝食」における、わたしの密かな楽しみです。




お茶は添えます。 いやしく頬張り、のどに詰まらせて命を落とす可能性があります。


この「石窯パン」は、「スープストックトーキョー」の 石窯パンです。
「スープストックトーキョー」の、こちらのセットに組み合わせて選ぶことのできる・・・ 
冷凍状態で届く、とても美味しく、香りと歯ごたえの良い、シンプルな丸パン。






たいていはスープに添えて一緒にたいらげてしまうのですが、
時々こうしてパンだけ残しておいて・・・ 
後日の「ひとり」のお楽しみ用、として 冷凍庫のいちばん奥深くに隠して(笑)います。
                      ※ お父さんに見つかって奪われないように





何なのかわからないような怪しい添加物は一切入っておらず、安心な「石窯パン」。
冷凍で日持ちがし、自然解凍でもおいしくいただけることから、いざという時の非常食にも
役立つかな!? と いつも4つ購入していますが、
まだ、1年近くある賞味期限を尻目に、いざという時でもなんでもない この平和な朝に、
またひとつ食べちゃったわ。 非常時に、このパンは・・・ 残念ながら、 もう無いわ。





バリバリっと音を立てて、一口大にちぎる。香ばしいかおり。吹き出す蒸気にやけどしそう。
 ああ、幸せ。 ただ、ただ「パン」を食べる。 大好きな 発酵バターとジャムを添えて。

野菜やたんぱく質やミネラルは・・・
今日は1日のトータルで、昼とか夜の、どっかで摂取することといたしましょう。





 指・・・ めっちゃ粉だらけ (笑)





昨日(1/29)薄着のすずひ、風邪もひかない屈強(感受性・低?)な すずひを応援くださいました「344名」のみなさま、ありがとうございました。
↓「にほんブログ村・ミニマリスト」に参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村




↓ よつ葉乳業の「発酵バター」・・・・ 家族そろって 大好きです!


よつ葉 北海道産生乳100% パンにおいしい発酵バター【よつ葉乳業 お取り寄せ 朝食】【lucky】ラッキーシール対象【蔵】






最終更新日  2017.01.30 12:30:15
2017.01.21
カテゴリ:パン部
「スープストックトーキョー」が好きです。
もしも今 わたしが うら若き 前途有望な 女子大学生で・・・
いざ!これから就活に向かうぞ!という段階にあったなら、わたしは、ぜひ御社を目指したい!
御社で働きたい!東京の本社ビルにある、あのテストキッチンで、働きたい! 
「スープストックトーキョー」さんで、わたしは、働いてみたかった、です。

 ※「スープストックトーキョー」の、スープも会社も大好きなんです! の 話 ↓
      http://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201609260000/

お正月明けてすぐ、こちらのセットを注文しました。お出汁の味から、ホント逃れたくて(笑)






届きました (^^)ノ ♪



          (この箱には、すずひ は「わなわな」しませんよ・笑)


開けます! OPENです!





毎度おなじみの「石窯パン」3個と・・・





美味しそうな「カレー」を、3個! 

今回は「スープ」でなく・・・「カレー」。「カレー」に特化してみました!!
もともとカレーが好きですが、
お正月明けの今頃は、なんだかいつも以上に 舌が、脳が、「カレー」を欲します。


まず初めは、どれから行こう・・・と 迷うのも、楽しい! 今日は・・・コレだ!!



                     「無花果とチャツネのキーマカレー」


「無花果」 「チャツネ」 そして「キーマカレー」。
もう、なにこれ 好きな単語が3つも並んでるし!! たたみかけるし!!


注文するときも 届いたあとも 「スープストックトーキョー」は、楽しい。 
いつもつい好きな、同じものばかりを選んでしまうけれど、こんなに沢山のスープとカレー。
 この紙 わたし、ずっと見ていられるわ。 すずひ の目の、胃袋、の 保養 だわ。






さあ、いただきます!





パッケージの写真を真似て、カレー、左右に分けず、ど真ん中にかけてみました。
わたしの最近のお気に入り食材「スナックえんどう」を ひとつ 乗っけて。
なんておいしそうなの! ああ、もう 死んでもいい。





いやいや、なに言ってるの、死なない、死んじゃダメだ! 
生きる! 生かさせて!   わたしは生きて・・・これ 食べるんだ!!





昨日(1/20)のボーダー対決・其の壱。
初戦では「ボーダーコーデ」をお父さんに譲った 無地すずひ を応援くださいました
「387名」のみなさま、ありがとうございました。

↓「にほんブログ村・ミニマリスト」に参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村





↓ スープ(カレーも含む)とパン、それぞれ4種類えらべるセットもあります! 
  わたしなら、カレー3種と・・・あとは、やっぱり「オマール海老のビスク」かな!







↓ おもたせセット。この「保冷バッグ」欲しさに・・・いつも ついカートへいれそうに(笑)









最終更新日  2017.01.21 15:48:41
2017.01.15
カテゴリ:パン部
パンが好きで、好きで好きで、
1回の買い出しにおけるパンを購入する量、ストックは・・・ いつも超・マキシマムです。

ところが、配分や日々の消費量の見誤り、または お父さんの少々食べ過ぎ(大抵、これのせい)
などの理由により、
次回買い出し日を待たずしてパンが足らなくなってしまう(悲劇的な)ことが、時折あります。

そんな時は、和定食や おにぎり、お餅などを朝食にして乗り切るのですが、
週末の、ちょっと時間に余裕のある朝なら・・・ 簡単な「パンケーキ」を焼きます。


計量しやすく ぱぱぱっと気軽に作りやすい分量。 
ちょうどいいサイズのパンケーキを2枚焼くことの出来る、すずひ好みレシピの分量です。





まずは、たまご1個をボウルへ。そこへ牛乳を加え 130gにします。
            (たまご+牛乳の合計の重さが 130gになるように)




そこへ、きび砂糖(普通の砂糖でも大丈夫)を 25g 加えます。
スケールの数値は なにか材料を加えるたび「ゼロ」にリセット、を 繰り返し、
1つのボウルに次々と「計りながら」材料を投入してゆきます。 





薄力粉 100g と ベーキングパウダー 5g を加え よくまぜ合わせます。
さいごに 溶かしバター 10g を加え、ふたたび、よく混ぜます。


 

このような状態になれば、生地の準備は完了ー。 ここまで、3分もかかりません。

大きいホイッパー(泡だて器)は、昨年の「製菓道具全捨て」のときに手放しました。

 ※たくさん作ってきた「手作りケーキ」を卒業。製菓道具全捨てしました!の話 ↓
その1   http://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201611220000/

その2   http://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201610170000/


ですから今持っているホイッパーは、この ちっこいモノだけ。
ドレッシングを作ったり、こんなふうな簡単な生地を混ぜるだけなら、これで充分です。


焼きます(with シャウエッセン)。 
甘じょっぱいコラボは・・・ 食事としていただくパンケーキならでは、の 醍醐味。




くっつかないフライパンを使います。 計量しながら予熱を始めておくとよいです。
油やバターはひかず、温まったフライパンに生地を丸く流し込んだら、弱火~中火で。
片面それぞれ2分半づつくらい、焼き色を見ながら焼きます。




はい、できた!


おっと、いけない、 忘れちゃいけない  my シャウエッセン(笑)




焼きたてアツアツのパンケーキに、練ったクリームチーズと ブルーベリーのジャムを。
これまた ちょうど良い具合に 甘じょっぱくて・・・ 
メイプルシロップやはちみつをかけるよりも、わたしは(塩息子も)これが好きです。


一緒にいただくお飲み物。わたしは「ほうじ茶」。塩息子は「ミロ」(笑)
これぞ 自宅だからこそ叶う 身勝手な、個人の好み炸裂な 飲み物のセレクト。


温かいうちに・・・・ さあ、いただきます!




昨日(1/14)
またしても食器をひとつも減らせなかった この すずひを応援くださいました「349名」のみなさま、ありがとうございました。

↓「にほんブログ村・ミニマリスト」に参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村




↓ シンプルで使いやすいのは、やはり「TANITA」の デジタルクッキングスケール。 
  うれしい「送料無料」です。







最終更新日  2017.01.15 12:33:19
2016.12.01
カテゴリ:パン部
12月・師走ですね。 
結婚する前の職業が、僭越ながら「師」でした。「師走」の響きは だから今だに少々トラウマ。
日頃の雑務 + 在学生の期末試験 + 新入生の願書受付・土日の入試などで、超・多忙 。
21連勤は当たり前。思い出すだけで骨身にこたえる中年女性 すずひです。あの頃は若かった。





今年さいごのカレンダーをめくり、ああ、そういえば「トースター」を捨ててから
思えばもう1年半近くも経過したんだなあ、と 少々感慨深い心境に。

だって、わたしは、今朝も普通に サンドイッチとトースト食べました。
パンの朝食無しでは、トースト無しでは、わたしは生きられない。





トースト機能(オーブン機能)のあるレンジは、ここにこうして 一応 存在しておりますが、





これをパンを焼くことに使用することは、めったにありません。 
180度でゆっくり加熱しサクサクにしたい「クロワッサン」を焼くときくらい、です。


毎朝の、いつものパンのしたくをするときは・・・・ですから、こうです。





ガスコンロの、グリルです。
ベーコンやきのこも、アルミホイルに乗せて パンといっしょに調理。
このコンロ「ホワロ」を購入する際、オプションの「トースト用焼皿」みたいのを一緒に買おうかどうか迷いましたが・・・そんなのなくても、実際には全然へっちゃらでした。

トースターを気にしながらフライパンでベーコンときのこを焼く。そしてフライパンを洗う。
・・・という3つの手間が、グリルなら1度に済みます。(グリルは毎回は洗わなくてもいいくらい。ほとんど汚れません)



リンナイ ガスコンロ HOWARO ホワロ インターネット限定販売 56cm ガステーブル ガスレンジ【送料無料!】



加熱しているあいだに簡単な生野菜を用意しておけば・・・
ベーコンきのこのサンドイッチとトーストが、一気に 同時に 出来上がり!! 早い!!
グリルで焼いたベーコンは、焦げ目の香ばしさが違う。余分な脂も落ちて、良いことづくめ。




お弁当がサンドイッチでも大丈夫だよ!という家族がいないので(みんな米弁当派)、
サンドイッチ(食べるのも・作るのも)大好きなわたしは、ちょっとさみしい。

サンドイッチとスープのお弁当、否、「ランチボックス」なんて、最高だと思うのになー。



【送料込】スープストックトーキョー 選べる4つのパンとスープのセット【180g】


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スープ専用まほうびん(黒)
価格:2570円(税込、送料別) (2016/12/1時点)





今日から 数量限定発売のこの「スープ専用まほうびん」・・・・・とても悩んでいます。
余計なモノかなあ・・・ あれば絶対に喜んで使うけど、無くてもいままで生きてこられた。

 
しかしながらわたしは「スープストックトーキョー」を 常日頃から 深く深く 愛している!


  ※ わたしが「スープストックトーキョー」を愛する理由、の 日記 ↓

    http://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201609260000/


あああ、なんという悩ましいことよ。「数量限定」とか、お願いやめて、わたしを煽らないで。
お買い物って・・・ やはり 苦行だー。










昨日(11/30)すずひを応援くださいました「131名」のみなさま、ありがとうございました。
「にほんブログ村・ミニマリスト」に参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村









最終更新日  2016.12.02 12:28:22
2016.10.31
カテゴリ:パン部


恒例のパンの買い出し。
名古屋市中区千代田 にございます 「SURIPU」へ行ってまいりました。



入口のドアの脇にある木に、なにやら赤い実が。 ああ、なんという可愛らしいの。





わたしの「パン屋お通い専用バッグ」with お財布。

わたしの現在のバッグの所有数は 全部で「4」なのですが、その中の大切な、
唯一無二の1個が、この かごバッグ。
ほかの3個のバッグの消費税にも遠く及ばないほどの 超・超・プチプラバッグなのですが、
これが、パン屋のお通いにおいて、まことに便利。 はなはだ優秀。 手放せません。
 
 ※ 「バッグは4個」 かごバッグの日記 ↓
  http://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201608090001/


きのう、お昼頃到着すると、お店の前には長い長い行列ができていました。
人気の「食パン」が、ちょうど、たった今 窯から出たところ、だったのです。

焼きたてですから、カットやスライスなどもちろんできません。
持ち歩くことさえはばかられるような、あつあつ。取り扱い・要注意!のデリケートな状態。

購入するお客様の1人1人に、お店のスタッフさんは説明をします。
「焼きたてです。蒸気がすごいです。まだ、本当は、お持ち歩きには向かない状態です。
お持ち帰られしだい、すぐに袋から出し、平らなところで充分に冷ましてください!」


ビニール袋に入れられた焼きたての食パン。袋の口をどんなにおおきく開いても、あっという間に湯気と蒸気とで真っ白。それがたちまち水滴へと変わり、パンが、せっかくのふかふかの食パンが みるみるうちに、ひしゃげてゆく・・・。
ひとさまの食パンであっても、見ていて、ツラい。 胸をえぐられる思い。

しかし!そのような厳しい状況にあっても、わたし(と、わたしの食パン)は余裕です。
なぜならば、この「パン屋専用お通いかごバッグ」があるから!!





オーブン紙を敷いて、あつあつ食パンを直接このバッグに。蒸れも、型崩れの心配も、なし。
その様子を見ていた見ず知らずのお客さんから、すごい褒められました(笑)

失敗をしたのです。以前。 せっかく買ったあつあつの食パンを、台無しにしてしまった。

もう二度と、あんな深い悲しみを味わってなるものか。
以来、どんなパン屋さんに出かけるときも、わたしとこのかごバッグはいつも一緒。
いつでも「一心同体」なのです。




「にほんブログ村・ミニマリスト」に参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村






最終更新日  2016.10.31 15:07:14
2016.09.30
カテゴリ:パン部
rblog-20160928081721-00.jpg

最近のベーカリーやカフェなどで供される「サンドイッチ」は、おしゃれなものばかりです。
カンパーニュやバゲットやピタパンやベーグルなどのパンを使った「おしゃれサンドイッチ」。
もちろん大好物ですが、ふと、時折、こういう「昔ながらのサンドイッチ」を食べたくなります。

やわらかいサンドイッチスライスの食パンでつくる、ごくごくふつうの、サンドイッチ。
昔ながらの喫茶店のメニューにあるような、「たまごサンド」と「ハムサンド」。

わたし、この、昔ながらの喫茶店風の「たまごサンド」・・・
分厚くてふかふかの「たまご・塩・パン」の たまごサンド作るの、相当 自信あります!!

rblog-20160928081721-01.jpg

以前は、どうすれば このような分厚いたまごの状態に焼けるのかがよくわからなくて、
へんなスクランブルエッグや、かたい厚焼き玉子みたいになる失敗を、いつもしていました。

そんなある日、こんなことって、あるんですね・・。
息子のライフワークであるパフォーマンス競技の仲間で、1番の仲良しのお友達のお宅の家業が、
まさかの「超・昔ながらの喫茶店」なのだ、ということが発覚。
そしてその喫茶店のメニューに、この「分厚いたまごサンド」がある、ということも 同時に判明!

親の引率の要るTV取材のとき、控室で、その「昔ながらの喫茶店」のマスターであるところの
息子のお友達のお父さんと、めでたく遭遇。
わたしはじわじわとマスターに近づき、待ち時間の間、「たまごサンドの分厚いたまごの焼き方」について、その極意を伝授していただくことができたました。

1. まず、1回に2個のたまごを使うこと。(わたし、いつも1個でやろうとしてた)
2. よく撹拌し、塩を加え、熱したフライパンに多めのサラダ油をひくこと。
 
そして・・・
3. 薄焼きたまごを焼くときの要領で、たまご液をフライパンにしずかに流し込むこと。

え? ちがう、ちがう、わたし「厚焼き」を、「分厚いたまご」を焼きたいんです。
なのになんで「薄焼きたまご」の要領・・・?

4. その「薄焼きたまご」の表面側に火が通りきる前に、フライパンの中で、
 サンドイッチパンの大きさの「正方形」なるように、4方向から、きれいに「たたむ」。

       た、たたむ!?   たまごを、たたむの!?

そうか!それでか!! それで、分厚いながらも、ふんわりとやわらかい、
あの「昔ながらのサンドイッチの厚焼きたまご」になるのか!
「厚焼きたまご」なのではなくて、「たたんだ状態の薄焼きたまご」だったのですね!!!

マスターのお店で食べたときは、お忙しそうで、聞けなかったのです。
なんでたまごがこんな風になるんだろ。なんか、ちょっと「層」みたいになってるし・・・
もしや それ用の、たまごサンドのたまご専用の特別な四角いフライパンでもあるのかな・・・

と、まったく無意味な自問自答の時間。 そのとき すっと聞けばよいのにね(笑)

その後 幾度も挑戦し、練習と失敗をかさね、初めて「これは!!」というのができたとき、
その わたしの作った「たまごサンド」を、 マスターに、写メで送ってみました。

すると「わ!これ、もうお店に出せるよ!完璧だ!」と、お世辞であってもうれしい返信が。

ありがとう。ありがとうございます!マスター!! 我が「たまごサンド」の、師匠!!
来世で、ちょうどわたし、サンドイッチ屋をやる予定でおりますので、
  ※来世ですずひはサンドイッチ屋になりたいのだ、という話 ↓
  http://plaza.rakuten.co.jp/0212minimalist/diary/201609100000/

お墨付きをもらったこのレシピ&スキル・・・したり顔で しれっと出させていただく所存。(笑)



 ↓ 実はいちばん大切なことかもしれない「5.包丁は毎回かならず研ぐこと」。
   きれいな断面のために、包丁の切れ味は大切! わたしのウチの包丁は「GLOBAL」。


GLOBAL(グローバル) 三徳包丁 (G-57)刃渡り16cm オールステンレス (三徳)(三徳包丁)(ナイフ) (包丁)



GLOBAL 包丁 牛刀2点セット/グローバル【送料無料】








最終更新日  2016.09.30 14:55:28

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.