387134 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

   I have a dream

2018.07.26
XML
テーマ:楽天写真館
カテゴリ:関西
こんにちは、ほうとうです。
 22日(日)、奈良県下北山村の大峰山脈・釈迦ヶ岳(標高1800m)に登ってきました。
 前鬼からのピストンとし、連日の猛暑から、朝早くから登ることにしました。
 前鬼集落手前のゲート前の広い路肩に駐車し、林道を登って行くと、山伏姿の一団とすれ
違いました。前日山に登り、前鬼の宿坊「小仲坊」に宿泊して下山するのでしょうか。
 夏休みに入ったせいでしょうか、男の子も含まれていました。彼らにとって思い出深い
経験になったのではないでしょうか。


     朝の前鬼・小仲坊

 ここから山道に入り、石垣の住居跡を過ぎ、沢沿いに登って行きます。苔生した岩がゴロゴロ
し、大木の間から強い朝日が差し込みます。



 二つ岩を過ぎると、しばらく傾斜が緩やかで、樹々の間から北側の十六羅漢と呼ばれる巨岩群
が望めます。



 奥駈道の稜線に出ると、太古の辻で、ここから笹の下草の道を北に進みます。大日岳を西に
巻き、一旦深仙ノ宿に下ってまた登り返します。

 西から太尾登山口からの道を合わせ、一登りで釈迦像が立つ山頂です。
 すぐ北に仏生ヶ岳、七面山、八経ヶ岳とその右後ろに山上ヶ岳、


七面山の左後ろには、金剛・葛城山も望めます。
 しかし、大台ケ原・日出ヶ岳山頂には雲が掛かっていました。 

 日差しを浴びると暑いので、木陰で休憩をこまめに取り、水分補給をしました。



 スポーツドリンクなど飲み物を3リットル近く持って行きましたが、下山したときには空に
なりました。大峰山脈は夏は水場が涸れることが多いので、多めに水を持参しなければなりません。

 ゲートの所から、川に下る細い道があって、水遊びをしている人も多かったようです。
 これは涼しいでしょうが、山から降りてきてそこまでの体力は残っていません。


 車で少し下って、名瀑100選の不動七重滝を眺めて帰宅しました。






Last updated  2018.07.28 15:40:19
コメント(0) | コメントを書く

PR

Recent Posts

Profile


ほうとう、りゅうび

Category

Favorite Blog

ザ・ムッシュ『ザ・… New! kobe-ozzyさん

逃亡中!スキッパー… misarogさん

連日満員 やっちゃか雑技団さん

【第15回 世界バレエ… Nimrod1215さん

夏だぜ!岸部シロー… 楊ぱちさん

Free Space

Bookmarks
ジャザサイズ
毎日のすてき
 SAKKOさん



Archives


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.