1267819 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Pastime Paradise

当へっぽこブログの別館です♪
ふらりと御朱印集め
主に岡山県内の寺社でいただいた御朱印をのんびり紹介しています。
Pastime Paradise Annex ―昭和の懐かし邦題アルバム館―
70~80年代の邦題付洋楽アルバムについて綴っております(久しく放置中)。
どちらも宜しくお願い致します。
2018.12.19
XML
カテゴリ:80's 洋楽
91年に45歳で他界したクイーン(Queen)のヴォーカリスト、フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)の伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)」が大ヒット中だ。特にラストのライヴエイド​のシーンが圧巻だという。これは是非とも観ておかねば…と、遅ればせながら鑑賞してきた。
 クイーンの大ファンというわけでもなかったが、中学生時代に貸しレコード屋さんで初めて借りたレコードはクイーンの「世界に捧ぐ(News of The World)」だったし、80年代に発売されたアルバム「ザ・ワークス(The Works)や「カインド・オブ・マジック(A Kind of Magic)」は小遣いを貯めて買った。ライヴエイドは勿論リアルタイムで視聴し、04年に4枚組DVDが発売された時にはすぐさま購入した。
 映画は正直、何でこんなにヒットしているんだろう?と思うほど普通の伝記映画だったが、フレディ役を演じているラミ・マレック(Rami Malek)が実に素晴らしく、ライヴエイドのシーンでは33年前に見たフレディそのものだった。クイーンメンバー4人ともよく似た役者さんを揃えており、特にギターのブライアン・メイ(Brian May)役のグウィリム・リー(Gwilym Lee)は、ブライアン本人かと見紛うほどそっくり! “ブレイク・フリー(I Want to Break Free)” の女装PVが大好きだったので、撮影シーンがチラリと出てきて嬉しかった♪
 改めて思う。ホント、我ながらいい時代に生まれ育ったなあ。80年代に青春を過ごせて本当に幸せハート(手書き) だけど負けず劣らず70年代も魅力的な時代だったと思う。80年代は何でもありの面白さがあったけど、70年代は色々と新たなものが生まれて、ドキドキワクワクの日々を送れたのではなかろうか。

 80年代、「音楽専科」に連載されていたシマあつこさん(当時は志摩あつこさん)のロッキン・コミック「8ビート・ギャグ​」が大好きだったが、今年3月にまさかの8ビートギャグの新刊、「麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ」が出たと知り、すぐさま購入した。今回は70年代のアーティストがメインである。
 あとがきでシマさんが『私の中でのロックは70年代から始まりました。ちょうどラジオを聴き始めた時「ビートルズが解散しました」と流れていた時代です。多感な思春期に触れたロックは、心の奥に眠っていた何かを揺さぶるようにどストレートに響きました』と書かれてらっしゃるが、全く同感だ。
 表紙はクイーンの2ndアルバム「クイーンII(Queen II)」のジャケットイラストではあるが、クイーンのメンバーはフレディのみ。あとの3人はレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のロバート・プラント(Robert Plant)、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)、リッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore)。8ビートギャグといえば、やっぱりジャパン(Japan)のデヴィッド・シルビアン(David Sylvian)とリッチーだよね(^^)
 帯には青池保子さんによる嬉しいコメントが♪ 青池さんの「​イブの息子たち​」の中にも70年代アーティストがちらほら登場しており、学生時代から「8ビートギャク」も「イブの息子たち」も愛読している私にとって、お二人の対談はまさに夢のよう…。
 第1部は「麗しき70年代ロック・スター伝説」ということで、登場するのはビートルズ(The Beatles)、クイーン、ベイ・シティ・ローラーズ(Bay City Rollers)、ディープ・パープル(Deep Purple)、ボウイ、レッド・ツェッペリン、ピンク・フロイド(Pink Floyd)、EL&Pの面々。
 第2部「選り抜き新8ビートギャグ」には、懐かしのアーティストたち…でびやミック(Mick Karn)といったジャパンメンバーやリッチー、ボウイ、マイケル・シェンカー(Michael Schenker)やボーイ・ジョージ(Boy George)、ワム!(Wham!)の二人やマイケル・モンロー(Michael Monroe)などお馴染みの顔ぶれが勢揃い(^^)

 「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットで、ひょっとすると70年代・80年代のロック・ブームがまたしても来るかも!?






Last updated  2018.12.19 05:17:24
コメント(0) | コメントを書く

PR

Calendar

Free Space

Recent Posts

Category

Comments

楊ぱち@ でびと教授とボウイ 赤すいか黄すいかさん、おこんばんは。 今…
赤すいか黄すいか@ Re:ボウイ目的なら断然「8ビート・ギャグ」!(02/08) 楊ぱちさんへ 夜分遅くに失礼いたします …
楊ぱち@ ボウイ目的なら断然「8ビート・ギャグ」! 赤すいか黄すいかさん、こんにちは。 お返…
赤すいか黄すいか@ ありがとうございます 楊ぱちさんへ 楊ぱちさん、ご丁寧にご返…
楊ぱち@ ボウイのセリフは二言ですが…(^^; 赤すいか黄すいかさん、こんばんは。 コメ…
赤すいか黄すいか@ はじめまして★ はじめまして★青池保子さんのことを調べて…

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.