000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I have a dream

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

大阪フィル

2020.09.20
XML
カテゴリ:大阪フィル
こんにちは、ほうとうです。
 昨19日(土)、フェスティバルホールで行われた、「大阪クラシック2020」の
第18公演に行ってきました。(2月1日以来の久し振りのコンサートですスマイル) 






 新型コロナ対策として、今年はオフィスビルやホテルのロビー、カフェでの無料公演は行われ
ませんでしたが、大阪市中央公会堂やフェスティバルホールでの有料公演は対策を講じた上で
開催されました。(もちろん、この公演専用の大阪コロナ追跡システムのQRコードも配布され
ました。)無料動画配信(ユーチューブ)も行われ、多くの視聴者が利用し、例年通りの聴衆数
が確保できたようです。


 両隣は発売されていないので、客席は半分以下です。

 なので、ホールの響き方(反響)がこれまでと違います。客席が埋まっていると、ある程度
観客の衣類に音が吸収されますが、半分以下だとやや響き過ぎます。

 曲目は、ベートーヴェンの交響曲第8番ヘ長調とチャイコフスキーの序曲「1812年」。
(アンコールは、エルガーのエニグマ(謎)変奏曲より「ニムロッド」と外山雄三の管弦楽
のためのラプソディーより「八木節」。何だか大阪城西の丸庭園で行われていた大阪クラシック
の前身「星空コンサート」みたいですね。)

 「1812年」が選ばれたのは、コロナ禍を大砲で吹き飛ばしたいという思いからだそう
です。やっぱり。でも最後のチューブラーベルは少しうるさかった。

 今年はベートーヴェンイヤー(生誕250年)で、彼の作品を取り上げやすいことで、
コンサートが開催しやすくて良かった。ブルックナー、マーラーやR.シュトラウス、ストラ
ヴィンスキーだと、多くの団員を舞台に載せなければならないので(でも「第九」は合唱団が
必要なので、ピリオド様式で人数を少なくした演奏でないと上演できないだろうなあ。)、
多くを曲目変更しなければならなくなって、公演ができなくなっていたでしょう。

 何はともあれ、指揮者や観客の息づかい(管楽器以外の奏者はマスク着用)、演奏者の
熱意が肌で感じられるライブは「いいねグッド」と再確認したのでした。






Last updated  2020.09.20 09:10:07
コメント(0) | コメントを書く


2019.07.27
カテゴリ:大阪フィル
こんにちは、ほうとうです。
 昨26日(金)、神戸国際会館こくさいホールで行われた大フィルの神戸特別演奏会に
行って来ました。



 曲目は、スメタナの連作交響詩「わが祖国」より「モルダウ」、シルクレットのトロンボーン
協奏曲(独奏:中川英二郎)(アンコールは、ガーシュウィンのサマータイム)とドヴォルザーク
の交響曲第8番ト長調。(アンコールにハイドンの「水上の音楽」より終曲。)
 指揮は大友直人。

 今回の主な目的は、ズバリ協奏曲です。当然初めて聴きます。作曲者のシルクレットは、
ニューヨークで録音・放送業界の指揮者・作編曲家として活動した人で、クラリネットの名手でも
あったそうです。この曲は、ジャズ・トロンボーンの名手T.ドーシーのために書かれたものです。

 ソリストの中川さんは、NHKの朝ドラ「瞳」のテーマ音楽の演奏でお馴染みですが、クラシック
を主としない活動スタイルの中川さんにこの曲はうってつけです。第1楽章こそクラシックの構成
ですが、第2、第3楽章はジャズの音楽です。柔らかくて甘い中川さんの演奏を楽しむことができ
ました。

 交響曲は、ドヴォルザーク特有のリズムをきっちり演奏することを中心に考えていたようで、
楽しむことができました。が、スメタナの方は、何をポイントにして演奏するのか全く聴こえて
来ず、残念でした。出だしの1曲目はウオームアップではなく、出だしから気合充分で演奏して
欲しいです。(決して添え物として扱う曲ではないと思うのです。)






Last updated  2019.07.27 08:29:38
コメント(0) | コメントを書く
2018.03.23
カテゴリ:大阪フィル
こんばんは、ほうとうです。
 昨22日(木)、将棋の藤井六段と糸谷八段が戦っている最中の関西将棋会館の前を通り
過ぎて、ザ・シンフォニーホールに行って来ました。(無理矢理くっ付けた?笑)
 聴いたのは、同ホール35周年特別コンサートである、大植英次指揮大フィルによる
ベートーヴェンの交響曲第3番変ホ長調「英雄」とR.シュトラウスのアルプス交響曲。
 特別コンサートと言うだけあって、盛り沢山で聴き応えあり、お得なプログラムです。
 


 「英雄」は、近年の研究やピリオド演奏を参考として、第2楽章を除いてかなり快速なテンポ
で、逆に第2楽章の葬送行進曲はゆっくりめでした。この交響曲をもってロマン派音楽の幕開け
を大きく宣言したととも感じられる、良い内容の演奏でした。


      正面階段踊り場の絵「臥龍の松」

 アルペンシンフォニーは、トランペット等に超ハイトーンが何度も出てくるのですが、何とか
頑張って当てていました。
 R.シュトラウスの大管弦楽曲は、譜面が極めて複雑・緻密なので、しっかり練習しておかない
と、もやもやしてしまうのですが、もう少し練習が欲しいと感じた所がありました。
 上手くなれば、より上が望まれます。R.シュトラウスの曲では、ウィーン、ハプスブルク家
を思わせる典雅な響きが望まれるのですが、大フィルにもそれが出せるようになって欲しいなあ。
(でも、それに変身してしまうと大フィルではなくなるような・・・。)

余談。 コンサートが終わって間もなく将棋会館では藤井対糸谷戦は、藤井君の勝ちで終わった
とのことでした。(普通なら終電が気になる時間に勝敗が決まる。)スゴい若手が上を目指して
爆進中ですね。






Last updated  2018.03.23 22:53:28
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.17
カテゴリ:大阪フィル
こんばんは、ほうとうです。
 昨16日(金)、大フィルの第515回定期に行って来ました。
 指揮は、イタリア出身で東京フィル首席客演指揮者のA.バッティストーニで、曲目は、
O.レスピーギの交響詩「ローマの噴水」、「ローマの祭」、「ローマの松」というローマ
三部作。(誰ですか?ローマの休日は?とか言っているのは?あれは1953年のA.ヘプバーン
が主演したアメリカ映画ですよ。笑。でも第2次世界大戦を挟んで同世紀の作品ですね。)

 さて冗談はさておき、バッティストーニを聴いてみたくて、また、大フィルがどちらかと
言うと苦手とするであろう、レスピーギ作品をいかに演奏するか、聴いてみたくて行った
のです。



 コンマスは崔文洙さんで、その方がうまく行きそうで、正解だったと感じました。
 バッティストーニは、演出を得意としているようで、バンダ(金管の別働隊)の配置
(高さを変えた左右のバルコニー席)や舞台袖のチューブラーベルの鳴らし方が良かった
と思いました。
 曲順も、「松」を最後に持ってきたのは、大フィルの個性に合っていて、うまく
盛り上がり良かったと思いました。






Last updated  2018.02.17 19:54:08
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.21
カテゴリ:大阪フィル
おはようございます。ほうとうです。
 19日(木)、フェスティバルホールで行われた大フィルの第512回定期に
行って来ました。
 指揮はチェコのラドミル・エリシュカさん。同国のドヴォルザーク協会会長を
務めるなど、国内での活動が多かったのですが、年を取ってから外国へ客演し始め、
知られるようになった人で、日本では札幌交響楽団を多く振っています。

 曲目は、言わずもがなドヴォルザークの伝説曲第1~4曲、テ・デウム(ソプラノ
:木下美穂子、バリトン:青山貴、大阪フィルハーモニー合唱団)、交響曲第6番
ニ長調。



 伝説曲は、初めて聴きました。間奏曲的な小品を集めたものです。
 テ・デウムは、キリスト教の日曜や祝日の朝課の最後に歌われる聖歌なの
ですが、ドヴォルザークの手にかかると、リズム感が強く、チェコの舞曲を
イメージさせます。ノイマン=チェコ・フィルのCDで聴き、良い曲だと知り
ましたが、生で聴くのは初めてです。
 
 エリシュカさんは、今回の来日が最後とのこと。お国物の演奏でもあるので、
聴いておきたかったのです。その指揮ぶりからはお歳(86歳)を感じさせ
ませんが、日本までの長旅はやはりしんどいのでしょうし、本国でやって
おきたい仕事もあるのでしょう。

 さて、大フィルの方は良い演奏で、最近余りコンサートに行ってなかったの
ですが、ちょっと見直しました。指揮者や曲目等をチェックしてもう少し行かんと
あかんかなぁ。






Last updated  2017.10.21 09:59:31
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.27
カテゴリ:大阪フィル
とでも、題名が付けられそうなプログラム構成の大阪フィル第507回定期に行って
来ました。
 こんばんは、ほうとうです。
 その曲名とは、ベートーヴェンの交響曲第7番イ長調とオルフの世俗カンタータ
「カルミナ・ブラーナ」。



 指揮は大植さん。ソプラノ:森 麻季、テノール:藤木 大地(カウンターテナー)、
バリトン:与那城 敬、大阪フィルハーモニー合唱団、大阪すみよし少年少女合唱団。

 ベートーヴェンは、リズムや音程がキッチリキメきれない所が幾つもあって、鮮やかさ
が足りませんでした。
 一方、オルフは、良くまとまっていて、聴き応えあり、春の高揚を感じられました。ソロ
歌手の各パートはこんなにも難しかったのかと驚きました。流石に森さん、与那城さんは
当然のように歌いこなしていました。

 一晩の演奏会をキッチリ演奏出来れば、大フィルのコンサートにもっと通うのになあ。






Last updated  2017.04.27 00:21:02
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.09
カテゴリ:大阪フィル
新手のPPAPではありません。
 こんばんは、ほうとうです。
 昨8日、フェスティバルホールで行われた大阪フィルの第504回定期に行って
来ました。
 曲目は、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番ト長調とショスタコーヴィチの
交響曲第10番ホ短調。
 指揮はチェコ出身のヤクブ・フルシャでピアノ独奏は西宮出身の河村尚子。
(何と二人は同い年でした。)
 フルシャは都響との共演で、日本では知られてきていますが、同い年の指揮者
ドゥダメルと比べると、少し遅れを取った感がありますが、今回聴いてみて、
そんなに差は無いと思いました。上手くオケをまとめていると感じました。むしろ
これから年を取るに連れて、二人共、どんな味が出てくるのか楽しみです。
 河村さんは、風邪?にもかかわらず、頑張ってくれました。

 そうそう、冒頭のDSCHですが、ショスタコの第10交響曲の3・4楽章で
DーEsーCーH(分かり易く言うとレーミ♭ードーシ)の音型が何度も出てきます。
これ、作曲者ドミトリ・ショスタコーヴィッチのモノグラムなんですね。ただ、
単に自己主張の強い人、というだけでなく、実際の音からは、強い不安を抱えて
いたと感じるのです。

 PPAPとこのブログのタイトル、どちらも「I have a」で始まって
いるのですが、何の影響もありませんでしたね(笑)。






Last updated  2016.12.10 23:17:12
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.18
カテゴリ:大阪フィル
おはようございます。ほうとうです。
 昨17日(土)、フェスティバルホールで行われた「大阪クラシック」の最終
第81公演、大フィル=大植さんによるマーラーの交響曲第1番ニ長調(「巨人」)
を聴いてきました(これは有料)。
 注:「巨人」を括弧書きにしたのは、この副題、1983年のハンブルク演奏時
  に付けられたもので、その後、この副題と各楽章の標題が外され、2番目に
  あった「花の章」が外され、交響詩から現在の4楽章の交響曲となった経緯が
  あるからです。

 大植さんがマーラーを演奏するのは珍しくないのですが、第1は比較的珍しい方
です。どんな演奏をするのか、興味がありました。
 
 本編の後、アンコールと言うよりは余興の、山本直純編の日本の歌メロディーより
七つの子、ふるさと、と外山雄三の管弦楽のためのラプソディーより終曲八木節が
ありました。これがあったからクラシックイベントと分かりそう・・・

 さて、本編ですが、指揮者もオケも気合十分で、リハもしっかりされていたようです。
大植さんは、テンポを急に落とすルバートを大胆にやっていましたが、オケも付いて
行っていました。でも、雑にはならず、第2楽章のレントラーや第3楽章の中間部が
美しかったのは感心しました。定期公演でもおかしくないし、レコーディングしても
良かったのでは、思うほど良い演奏でした。






Last updated  2016.09.19 08:21:28
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.26
カテゴリ:大阪フィル
こんばんは、ほうとうです。
 25日(木)、フェスティバルホールで行われた大阪フィル第501回定期に
行って来ました。
 指揮は大植さん、コンサートマスターは、首席客演の崔文洙さん。
 で、曲目は小倉朗の管弦楽のための舞踊組曲とブルックナーの交響曲第9番
ニ短調(ノヴァーク版)。
 大植=大フィルがブル9を演奏するのは、変わったことではありませんが、
小倉朗を取り上げたのは珍しい。夏に現代作品を演奏するのはありがちですが、
大フィルは関西出身の作曲家を取り上げることが多いのですが。
 プログラムを見ると、小倉朗は1916年生まれで、生誕100周年なんですね。
なるほど。舞踊組曲と言えば、バルトークがまず思い浮かびますが、小倉もバルトーク
の基本的な考え方を踏襲したようです。ですから、日本的な音楽(でも日本民謡からは
引用していない。)を西洋楽器のオーケストラに演奏させています。
 なかなか良い曲でしたが、大フィルが曲の魅力を十分に伝えられなかったように
感じました。もう少し練習ができていれば良かったかなあ。

 ブルックナーを得意とし、年に数回は演奏し、繊細な表現はどちらかと言うと苦手なのに
ブルックナー・オケとも呼ばれる大フィル(珍しい立ち位置?)が演奏するブルックナーは、
さすがと言うべきか、本質は捉えていました。が、少し演奏が雑になっていました。大植さん
が監督のときは、もっと細部までこだわって作っていたけどなぁ。ブルックナーは、調性の移動
的転調や、エコーの様な音楽、三連符と四分音符系の同時演奏とかあって、気は抜けないと
思うのですが・・・。過去の遺産に頼ってばかりでは、将来は危うい。






Last updated  2016.08.28 23:00:55
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.01
カテゴリ:大阪フィル
  • ホールロビーから湖水の眺めbl.jpg

 こんばんは、ほうとうです。

 昨30日、ラ・フォル・ジュルネびわ湖2016の、びわ湖ホール(大)で行われた大植英次

指揮大阪フィルによるR.シュトラウス「アルプス交響曲」を聴いてきました。

 今年は「自然と音楽」がテーマですから、この曲が演奏されても何の不思議もありません。

 ただ、演奏出来るとなると関西のオケでは限られてしまいますね。

 さて、1曲プロで料金も¥2000と格安なことから、演奏中に平気で雑音を出す客がいること

はやむを得ないでしょう。

 普段コンサートに来ない人を取り込むのも、この催しの狙いでもありますからね。

 大阪フィルもこうした人達を釘付けにする演奏をして欲しかった。

 慣れない(オペラ向きの)ホールで響かせるのに苦心していたこと(例えばコントラバスが

しっかり聞かせたいフレーズを演奏する時に楽器を揺らして視覚で補っていた。)は理解

できます。

 金管もハイトーンを比較的良く当てていましたし、全体的に整った演奏でした。しかし、

何か楽しくない。(この曲でそこまでやるのは難しいかなあ?)

 「私には音楽で表現出来ないものは無い。」と豪語したこの作曲者ですが、「演奏できない

曲は無い。」と豪語できるオケは日本では厳しいかなあ。 

  • 夕日の比叡山bl.jpg






Last updated  2016.05.01 19:54:30
コメント(0) | コメントを書く

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.