525797 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I have a dream

全5件 (5件中 1-5件目)

1

五嶋みどり

2009.11.08
XML
カテゴリ:五嶋みどり

って、大相撲みたいなタイトル付けちゃいました。ほうとうです。

 今日は、マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団の演奏会を聴きに兵庫県立

芸術文化センターへ行ってきました。

 曲目は、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調(独奏:五嶋みどり)とワーグナー

のタンホイザー序曲(ドレスデン版)、神々の黄昏よりジークフリートのラインの旅、葬送

行進曲、ワルキューレよりワルキューレの騎行でした。予定ではワルキューレの前に、

ローエングリン第1幕への前奏曲があったのですが、昨日「指揮者の希望でキャンセル」

と発表されました。(アンコールの曲から顧みるに、何か満足できない事情があったの

でしょう。)アンコールは、みどりさんがバッハの無伴奏ソナタ第1番より第1楽章、

オケがグリーグのペール・ギュントよりソルヴェイグの歌とローエングリン第3幕への

前奏曲でした。

 

 出演者からすれば、このコンサートは「この秋の大一番」と言える公演でしょう。そして

実際、横綱相撲とでも言える演奏が繰り広げられたのです。

 ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は、「穏やかな秋の日差しの中、色づいた木々を

静かに眺めながら楽しむ。」と文章表現できそうな曲なのですが、みどりさんの演奏は

より自然体であって、更に「穏やかな秋の日」を感じさせるものとなりました。オケも

きっちりとこうした方向性を表現しており、非の打ち所が無かったと思います。

 後半のワーグナーですが、こちらもしっかりした演奏で満足でした。バス・トランペット、

ワグナー・チューバもちゃんと用意し、バス・チューバとコントラバス・チューバの使い分け

もしていました。日本のオケだと金管は必死こいてそれでも音を外したりするんですが、

このオケは簡単にキメちゃうんですね。(バイロイトに出た人も多くいるのでしょう。)でも、

1曲キャンセルがあったと言うことで、全勝優勝はならなかった、というところでしょうか。

 

 余談ですが、このコンサートでは咳をするお客さんが多かったように思いました。空気も

乾燥してきましたし、クラシックファンを自負される方は、咳止めののど飴などを用意して

おくのも、生の良い音楽をより楽しむコツではないでしょうか。







Last updated  2009.11.08 23:09:39
コメント(2) | コメントを書く


2007.09.10
カテゴリ:五嶋みどり


       「天才」の育て方

 五嶋みどり、五嶋龍という二人のヴァイオリニストを育て上げた、母 五嶋節さんの

子育て体験論です。

 この本の帯にある「アホンダラ神童!くそったれ天才!」という刺激的な言葉

(あのみどりさんや龍はアホンダラやくそったれなんかいな、と思っちゃいました。)に

惹かれて買って読んでしまいました。

 内容は、節さんの子育て体験論、教育体験論なのですが、本気で子供や環境に

体当たりしていったことが書かれています。その姿は凄い、あっぱれとしか言い表しようが

ありません。大阪出身の節さんに「浪花のかあちゃん」という称号を差し上げたい。

 目新しい方法は特にないのだけれど、同感したり、そうなんだよな、と忘れかけていた事

を思い出させてくれたりしました。

   「子供と親は共に成長する(互いに成長させる)」んですね。

 ほうとう







Last updated  2007.09.10 23:17:10
コメント(2) | コメントを書く
2007.06.02
カテゴリ:五嶋みどり

 だいぶ前に書きましたが、五嶋みどりさんのリサイタルに行ってきました。

プログラムは、前半がベートーヴェンのソナタ第3番とバッハのパルティータ

第2番とドイツ物、休憩を挟んで後半がドビュッシーのソナタとメシアンの主題と

変奏、最後がラヴェルのツィガーヌというフランス物でした。それからアンコール

はグラズノフの瞑想曲とクライスラーのシンコペーション。

 時代的にもバッハ(1685年生)からメシアン(1908年生)までと、いやいや本当に

レパートリーが広いですね。そして彼女は非常に真面目なんだなぁ。曲目解説も全部

自分で書いているんです。こんな人いません。普通は誰かに書いてもらうものなんです。

おそらく、一生懸命勉強し、練習して感じたことを直に伝えたいのでしょう。彼女の公式

ホームページにもレパートリーの解説が掲載されています。そしてアンコールのときも

「・・・を演奏いたします。」ときっちりと紹介してくれました。(ご苦労様です。とか、有り難う

御座います。とか答えてしまいそうです。)

 さて、演奏ですが、かつて彼女の弾くバッハのシャコンヌで完全にシビレテしまった

ので、今回も痺れさせてもらおうと意気込んでいた訳ですが、さにあらず、癒されて

しまいました。ちょっと意外で不思議。前夜完徹の仕事で疲れきっていたのが、何か

元気を取り戻し、気力が戻ってきた感じがしました。でも、ジプシー音楽がベースにある

ツィガーヌは情熱に溢れていました。

 彼女が円熟度を一層増していることをひしひしと感じたわけですが、彼女のことを全く

知らない人のために、「大阪が生んだヴァイオリン界のタイガー・ウッズ」と例えておきま

しょう。(性別が違うし、タイガーの方がちょっと年下ですけどね。)

  ほうとう

 

 







Last updated  2007.06.02 16:14:34
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.21
カテゴリ:五嶋みどり

 ほうとうじゃ。(いつもと違う始め方をしてみました。)

 この間、五嶋みどりさんのことを書いたのですが、彼女のリサイタルのチケットを入手

しました。やったー。

 6月1日(金)、於:ザ・シンフォニーホール(大阪の福島)午後7時開演

 R.マクドナルド(p)(※ハンバーガーを売っているのではありません。)との共演で(彼女

は大体彼とコンビを組んでいます。)、曲目は、

 ベートーヴェンのソナタ、J.S.バッハの無伴奏バイオリンのためのパルティータ

第2番ニ短調(また彼女の弾くシャコンヌが聴けます。ううぅ。)、ドビュッシーのソナタ、

ラヴェルのツィガーヌ等です。

 前からリサイタルがあることは知っていたのですが、シンフォニーホールのHPには

「売切」の表示がありました。ところが、一昨日の夜再度確認したところ、C・D券に残席の

表示が!(キャンセルが出たか、他のPG等から返ってきたかのどちらかでしょう。)

そこで早速、昨日電話予約したのでした。C券ですから端の方ですが、買えただけでも

ラッキー。また痺れて、感涙に浸ってきたいと思います。悪魔のような仕事が邪魔を

しませんように。

 (今日は大阪フィル第407回定期演奏会に行ってきます。ニ短調の2曲が演奏され

ます。)

 







Last updated  2007.04.21 10:49:48
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.07
カテゴリ:五嶋みどり

 僕のCDラック(約700枚収納可)も一杯に近づいてきました。今後買うCDは厳選

しなければなりません。ここ2~3週間,有名CDショップのホームページを見てても,

これは買い!と飛びつきたくなるのが見当たりません。

 でも,発売となったら,いや,予約受付が始まったらすぐに注文するぞ!と

決めているものがあります。

 それは,五嶋みどりさんの演奏するJ.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンのための

ソナタとパルティータ」(全曲)。

 実は,彼女のメンデルスゾーンのコンチェルトのCDが発売になった2003年(のはず)

の初秋に彼女をソリストに迎えてR.アバド(有名なC.アバドの甥)指揮の読売日本交響

楽団の演奏会が神戸国際会館であったのですが,アンコールで演奏されたのが,バッハ

のシャコンヌでした。この曲はパルティータ第2番の最後の曲で,これだけで14~15分

要します。僕は彼女の演奏に胸を鷲づかみにされ,魂を揺さぶられて涙がとめどもなく

流れていました。(もちろん回りの客には気付かれないようにしていましたけどね。)こんな

体験は初めてでした。

 それ以来,いつこのCDが出るのだろうと思っていたところ,2005年11月,京都

コンサートホールでバイエルン放送響と共演した後,彼女がロビーで握手会をしてくれた

ので,思い切って尋ねてみました。すると「少しずつレコーディングはしていて,完成は

2年後くらいになるかなあ。」とのことでした。で,それからというもの,まだかまだかと首を

長くして発売を待ちわびているのです。もし順調に進んでいるならば,今年後半か来年

くらいには,と思っています。

 10代のころの彼女の演奏は,あまりに凄いテクニックに度肝を抜かれましたが,30代

になってきて,人の心を揺り動かすものが加わっています。神戸より前,彼女が大阪の

フェスティバルホールでピッツバーグ響とショスタコービッチの1番コンチェルトを演奏した

ときも,涙がにじんできて「ショスタコービッチでなぜ泣けるんだろう?」と思ったことが

あります。彼女の演奏は一生ずっと聴き続けていくことと思います。

 ほうとう

 







Last updated  2007.04.08 02:01:18
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.