17042352 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

[HPS代表の阿武山ステージ]|アメリカン雑貨&レトロ雑貨と暮らしの筆録|大阪/北摂(高槻)|※当ブログはパソコン版表示での閲覧を推奨しております。

2019.03.31
XML
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​みなさんこんにちは!
北摂プラスセッションの代表です。



前回~東京編その6~からの続きになります。


専務くんの持ち込み企画も無事終了し
ようやく寝かせてもらえることになりましたが






代表「zzz・・・・・・・ん?(゚ρヾ)
   なんか妙に
   専務のいびきの音が近いような・・・」



そして
後ろを振り返った瞬間・・・










​​代表「うわぁああああーーーーーーー!(゜〇゜;)」​​













専務「ZZZzzz・・・( ̄◎ ̄ )」

代表「・・・(゜〇゜;)」





代表「おい!
   起きろ!」

専務「ZZZ・・・・・ん?( ̄ρヾ)

代表「おい
   おっさん!」





専務「ふぇ・・・?( ̄ρヾ)

代表「起きろコラ!」

専務「・・・・・朝ごはんですか?( ̄ρヾ)

代表「違うわボケ!」





代表「なんで俺のベッドで寝とんねん!
   おまえのあっちとちゃうんけ!(゜〇゜*)」





専務「あれー・・・・・・・( ̄△ ̄;)」





代表「帽子もかぶったまんまやし・・・
   とりあえず起きろ」

専務「あ、はい・・・」

代表「どないなっとんねん!」





代表「ほんでおまえさ」

専務「はい・・・」





代表「これも片付けたんちゃうんかいな!
   しかもなんで光ったままやねん!
   電池もったいない・・・」

専務「あー・・・( ̄▽ ̄;)」





専務「・・・・・・」

代表「その前におまえさ」

専務「はい・・・」





代表「なんでガウンをタイツに入れてんねん!(゜〇゜*)」

専務「いや、代表のお話を
   真面目に聞かなあかんと思いまして・・・」

代表「どこが真面目やねん!
   ふざけてるとしか思われへんわ!」

専務「(笑)」

代表「(笑)
   なにを笑っとんねん!」

専務「すんません・・・」

代表「ちゃんとしろ」





専務「はい・・・」

代表「なんでちょっとだけ
   そっち向く必要があるねん」

専務「(笑)
   いや、つい・・・」

代表「(笑)」





専務「すんません戻しました・・・(><)」

代表「おまえ
   さんざん窓際が嫌や言うて
   窓際アレルギーや言うて
   ぜったい嫌や言うて
   ほんで俺のベッドを窓際まで押し込んだんちゃうんかい!」

専務「はい・・・」

代表「なんでこんなことになるねん」

専務「・・・僕もよう覚えてないんですけど
   トイレから戻る時に
   寝ぼけて間違えたんかなぁ( ̄o ̄;)」

代表「間違えるかぁ!(゜〇゜*)」

専務「・・・それか
   夜に塩コーヒー飲んだからかな?( ̄o ̄;)」

代表「(笑)」

専務「(笑)」

代表「関係あるか!(゜〇゜*)」

専務「すんません( ̄△ ̄;)」

代表「なんでおまえ
   毎回俺のベッドに来るねん!」





専務「はい・・・
   ほんまにすんませんでした・・・」

代表「頼むわもう気色悪い・・・」

専務「はい・・・」

代表「俺がアレルギーになるわ!
   おまえの」

専務「(笑)」

代表「なに笑っとんねん」

専務「すんません( ̄▽ ̄;)」








代表「おーーー!
   いい天気でよかったな」

専務「そうですね!」





代表「でもまだ雪が残ってるわ・・・
   まあしっかり積もってなくてよかったけどな」

専務「寒いんですかね今日も・・・」

代表「さあ
   どうなんやろな・・・
   って」





代表「なんか専務
   吸い方がオネエみたいになってるで(☆∀☆;)」

専務「え?ほんまですか??( ̄▽ ̄;)」

代表「そのタイツ姿が
   より気色悪さを出してるんやけど(☆∀☆;)」

専務「(笑)」





専務「なんでも相談に乗るわよ目

代表「もうええねん!
   早よ着替えろ(☆∀☆;)」





専務「あ、はい・・・」





専務「あ、そうそうそう」

代表「ん?」





専務「今日はこれを持ってきてるんですよ!」

代表「なんやねん
   まだ何かあんの??」

専務「はい!」





専務「ジャジャジャーーーン!( ̄▽ ̄ )」

代表「なんやそれ!(゜〇゜;)」





専務「これはディズニーランドで」





専務「30周年で行った時に買った帽子ですよ!」

代表「そんなもんまで持ってきとったんかいな(☆∀☆;)」





専務「そりゃやっぱり
   ディズニー好きとしてはこれぐらい持ってこないとね!
   今日はこれをかぶって行きますんで!」

代表「え?
   どこに??」





専務「いやだから
   ディズニーランドに」

代表「はい?
   今日ディズニーランドなんか行かへんよ」




専務「え・・・?」





専務「いや、またまたぁ~( ̄▽ ̄;)
   前回の代表の東京散策では
   2日目にディズニーランド行ってたじゃないですか」


※ディズニーランド実況について詳しくはこちらをご覧くださいあっかんべー


代表「うん
   前回は行ったけど
   今回行くなんて僕からは一言も言うてないけど?」

専務「えーーー!
   マジすか・・・( ̄O ̄;)」 

代表「はい
   というかまず
   翌日ディズニーランド行くヤツが
   なかなか立川には泊まらんやろ・・・(☆∀☆;)」

専務「そうですよね・・・
   なんかおかしいと思ってたんですよ」

代表「あー
   だから専務はまた新橋に泊まると思ってたわけか」

専務「はい
   夜は麻布十番で食事やと思ってました・・・」


※麻布十番実況について詳しくはこちら​をご覧ください食事


代表「それは残念(☆∀☆;)」

専務「( ̄▽ ̄;)
   じゃあこの持ってきた帽子どうなるんですか・・・?」

代表「知らんがな!
   しまっとけやもう・・・」

専務「えー・・・( ̄▽ ̄;)」

代表「というか
   早よ着替えなさいよ」





専務「はい・・・」






代表「専務ー
   用意できた?」





専務「はい・・・」

代表「なにを落ち込んでるねんな・・・
   とりあえず食事行こうか」

専務「はい!( ̄▽ ̄ )」

代表「ごはんの話になると
   急に元気出過ぎ・・・(☆∀☆;)」


専務「( ̄▽ ̄ )」

代表「ほんで
   おまえまた帽子変わってるし・・・」





専務「あ、気付いてくれました?( ̄▽ ̄ )」

代表「ほんまにおまえ
   何個持ってきとんねん!」

専務「さあ早よ行きましょ!
   朝食バイキング食事

代表「あ、今回ホテルの朝食バイキングちゃうねん」

専務「え・・・
   違うんですか?」

代表「うん
   違うよー」

専務「えーーー
   すごい楽しみにしてたのに・・・( ̄o ̄;)」

代表「その代わりにさ」

専務「はい」

代表「今回は別でちゃんと考えてあるから」

専務「え?
   そうなんですか??」

代表「考えてるよもちろん」

専務「何ですか?」

代表「いや今回行く前から
   蕎麦食べたいとか言うてたからさ」

専務「え?もしかして蕎麦屋さんに
   連れてってくれるんですか?( ̄▽ ̄ )」





代表「そうそう
   ちゃんと考えてるから」

専務「おーーー!
   やっと蕎麦!
   めっちゃ嬉しいです( ̄▽ ̄ )
   でもこんな時間からやってるとこあるんですか?」

代表「うん、あるよー」

専務「そうなんですね!
   さすが東京( ̄▽ ̄ )」

代表「じゃあチェックアウトして行こか!」

専務「はい!」








ホテルをあとにし
朝食からお蕎麦屋さんに向かう我々・・・





専務「こっちですか?」

代表「そうそう」





代表「この交差点渡ってもうちょい行ったとこ」

専務「わかりました!」






代表「専務
   あそこやわ」

専務「あーはいはい」

代表「・・・」

専務「うんうん」

代表「・・・」

専務「ここね」

代表「そうそう」





代表「専務何にする?」

専務「うん
   代表ちょっと
   こっちに来てもらっていいですかね」

代表「うん・・・」

専務「これね」





専務「名代(なだい)富士そばやからね!」

代表「(笑)
   24時間やで」

専務「わかってまんがな!(笑)
   そら普通に朝からやっとるわ!」

代表「(笑)」

専務「これ立ち食い蕎麦じゃないですか!」





専務「僕が食べたいのは
   しっかりした老舗の蕎麦屋さんですよ!」

代表「なんやおまえ
   ダイタングループさんに喧嘩売ってるわけ?(゜〇゜)」

専務「いやいや
   喧嘩売ってないですけどぉ・・・( ̄▽ ̄;)」

代表「食べたことあんのかいな」

専務「ないですけど・・・」

代表「ないのに
   いちゃもんつけんのかおまえは!(゜〇゜*)」

専務「いやそこは・・・
   すんませんでした( ̄o ̄;)」

代表「そうやろ!
   まあ
   それなら1回食べてみろって」

専務「はい・・・
   ちなみにおすすめは?」

代表「そりゃ専ちゃん
   東京の立ちそばといえば
   コロッケそばでしょ!」

専務「コロッケそば!?」






代表「これがコロッケそばだよ専務くん」

専務「こ・・・これが( ̄O ̄;)」





専務「普通にうまそうですね!
   あ、やっぱりちょっとダシ黒いですね( ̄▽ ̄ )」

代表「そうやろ?
   食べてみ」

専務「はい」





専務「それではいただきます!」

代表「どうぞ」





専務「ズルズルズルズルラーメン

代表「どうよ?」





専務「うまいです!( ̄▽ ̄ )」

代表「そうやろ!」

専務「はい
   立ちそばやのに
   麺もしっかりうまいですね!」

代表「そやねん
   コロッケも食べてみ」

専務「はい」





代表「どお?」





専務「うまいですね!( ̄▽ ̄ )」

代表「うまいやろ!」

専務「はい( ̄▽ ̄ )
   ところで代表」

代表「はい」





専務「何を食べてるんですか?」

代表「何って
   カレーカツ丼じゃないですか」

専務「は?」





専務「そんなもんせっかく東京で蕎麦実況してるんやから
   代表も絵的に統一してもらわんと!」

代表「いやこれもうまいねんって!
   富士そばといえばカレーカツ丼ですよ専ちゃん
   一口でカレーとカツ丼が同時に別々で味わえる
   不思議な料理」

専務「そんなん関係ない!( ̄△ ̄*)」

代表「(゜〇゜;)」









最後の一口を食べる専務くん・・・

代表「どう?」





専務「うまいです!( ̄▽ ̄ )」

代表「ほら!(☆∀☆ )」

専務「はい
   言うてたみたいに
   カレーとカツ丼の味が
   なんとなく別々に来ますね!( ̄▽ ̄ )」

代表「そうやろ?」

専務「はい( ̄▽ ̄ )」








専務「あーーうまかった( ̄▽ ̄ )
   お腹いっぱいですわ」








代表「さあこれで
   立川ともお別れですよ専務くん」

専務「はい」





専務「なかなかいいところでしたね!
   また来たいです!」

代表「うん
   ちょっと遠いけどね(☆∀☆;)
   それと
   東京駅との往復はもうしたくないね・・・」

専務「(笑)」








代表「ということで
   立川駅からまたJRで移動しますけども」

専務「今日はこれからどこに向かうんですか??」

代表「ここからさらに西へ向かいます!」

専務「えーーー!( ̄O ̄;)」






専務「ということは
   ますます東京駅からは遠ざかるということですね?」

代表「仰る通り!」

専務「いったいどこへ・・・?」

代表「それは着いてのお楽しみ(☆∀☆ )」








代表「さあ着きましたよ専務くん
   なかなか寒いですけど・・・」

専務「はい・・・
   寒いですね(><)」





専務「ここはいったいどこなんですか?」

代表「ここは」





代表「JR東福生駅ですね」

専務「これで『ふっさ』って読むんですね」

代表「そうです
   東京都福生市になります」

専務「ここは何があるんですか?」

代表「何がって専ちゃん
   福生といえば横田基地でしょ!
   まあ基地は福生だけじゃないけど・・・」

専務「あーーーーーーーーーーーー!
   そういえば!
   だいぶ前に代表が来てたとこですか!?
   あのめちゃめちゃかっちょいい街!( ̄O ̄ )」

代表「そうそう
   米軍基地の周りにあるアメリカっぽい街
   の一つです(☆∀☆ )
   前に来たのはもう6年ぐらい前ですけど」

専務「前はブログやる前でしたもんねー
   写真見せてもらって
   1回行ってみたいかったんですけど
   今僕はそこにいるわけですね( ̄▽ ̄ )」

代表「そういうことです!
   今回は最初に我々HPSの活動の一環として
   勉強に行くのが目的と言いましたけど
   ディズニーランドもいいですが
   北摂欧米計画のモデルとして
   実際に出来上がっている日本の中にあるアメリカ的な街を
   リアルに肌で感じて勉強してもらおうというプランです!」

専務「おおーーー!
   さすが代表( ̄▽ ̄ )」

代表「ここでやっと
   ちゃんとしてるでしょ?(☆∀☆;)」

専務「はい( ̄▽ ̄;)」

代表「まあ日本の中のアメリカ的な街って
   沖縄や横須賀などのでかいところもありますが
   ここはまた独特のいい味があるんですよ」

専務「へー
   楽しみです( ̄▽ ̄ )」

代表「ではちょっと
   この地図を見てください」





専務「あ!この辺りですかね?」

代表「その青いラインが国道16号線で
   その下のグレーのエリアが横田基地になりますね」





専務「福生アメリカンハウスって書いてますね( ̄▽ ̄ )」

代表「ではその辺に向かいましょうか」

専務「はい!」





専務「あ!早速
   英語メインの看板が出てきましたね!( ̄▽ ̄ )」





代表「でもこっちは日本語だけやねんな・・・」

専務「( ̄▽ ̄;)」





代表「これ普通のコンビニですけど」





専務「あ!
   看板が英語になってますね!( ̄▽ ̄ )」

代表「そうそう」





専務「で
   こっちがその和訳と」

代表「いやまあ・・・
   メインがこっちやろうけどな(笑)」

専務「そっか(笑)」





専務「おーーー
   来ました!
   ここが16号線ですね!」

代表「はい」





専務「ついに到着ですね!」

代表「そこの」





代表「塀の向こう側が横田基地やで」

専務「おーー!
   すげー!
   というかこの通りってやっぱり」





専務「シャレオツで」





専務「かっちょいい店が」





専務「いっぱい並んでますね!( ̄▽ ̄ )」

代表「そうやねん」





専務「古い自販機とかあったり」





専務「ラジオフライヤーまで転がってるし( ̄▽ ̄ )」





専務「こういうベンチとか
   めっちゃええわ( ̄▽ ̄ )」

代表「だいぶハマってるね(☆∀☆;)」

専務「はい!
   というかそろそろ帽子変えてるの
   つっこんでくださいよ( ̄▽ ̄;)」

代表「いやなんかもう
   めんどくさくなって・・・」

専務「冷たいなぁ・・・( ̄▽ ̄;)」








専務「代表!
   そこの公園でなんかやってますよ」





代表「フリマやね」





専務「あ!なんかすごい車( ̄▽ ̄ )」





専務「中もかっちょいいですね( ̄▽ ̄ )」





専務「奥にはカレーの屋台がありますね!」

代表「あー
   そろそろお昼ごはんやな」

専務「そうですね
   何か食べます?
   というかちょっと寒いから
   どっか入って休憩したいですよね」

代表「そうやな
   この近くにいいお店あるから
   そこ行こか」

専務「ほんまですか!
   行きましょう( ̄▽ ̄ )」








代表「専務何にする?」

専務「うん
   代表ちょっと1回
   外出ましょか」

代表「・・・」

専務「代表ここ」





専務「ブルーシール!
   アイスクリーム屋さんね!」

代表「(笑)」

専務「こんなアホみたいに寒い日に
   アイスなんか食えまっかいな!
   2月でっせ!」

代表「なんやおまえ
   沖縄バカにしてんのか!」

専務「もう無茶苦茶ですやん(笑)
   いや、バカにしてないですけどぉ・・・」

代表「食べたことあんの?」

専務「ないですけど・・・」

代表「またないのに
   文句ばっかり言いやがって!(゜〇゜*)」

専務「いやいやそういう問題じゃ・・・( ̄▽ ̄;)」








専務「ほんまに食べるんですか・・・?(><)」

代表「当たり前やろ!」





専務「外の看板と同じ色ですやん( ̄▽ ̄;)」

代表「いいから黙って食べてみ」

専務「はい・・・」





代表「どうよ?」





専務「めっちゃうまいです!( ̄▽ ̄ )」

代表「な!」

専務「はい( ̄▽ ̄ )
   冬でもぜんぜんいけますわこれ!」








代表「専務食べるの早すぎ!」

専務「めっちゃうまいんですもん( ̄▽ ̄ )」





専務「チョコミントの部分最高やなこれ( ̄▽ ̄ )」

代表「こんなにハマるとは・・・(☆∀☆;)」








専務「かっちょいい車も止まってますねー」

代表「ルノーキャトルGTLやな」

専務「あーあの反町のドラマのね( ̄▽ ̄ )」

代表「そうそう」

専務「ポイズンね( ̄▽ ̄ )」

代表「それはGTOや」

専務「あ、そうか( ̄▽ ̄;)」

代表「ビーチボーイズね」

専務「そうそう( ̄▽ ̄;)」






代表「さあ
   大通りのお店などを
   いろいろ見て回りましたけども」

専務「はい」

代表「基地周辺のもう一つの魅力といえば
   やっぱり」





代表「平屋の米軍ハウスですよ専務くん!」

専務「おーー!
   これが見たかったんですよ!」





専務「いいですね
   普通の感じのから」





専務「シャレオツな佇まいまで
   いろいろあって( ̄▽ ̄ )」





専務「ここんなんか
   めちゃめちゃかっちょいいですよね!」





専務「店舗にも」





専務「平屋が使われてて
   いろんなパターンがあっていいですね!」

代表「いいよねー」

専務「なんかもう
   めっちゃ住みたいですわこの街( ̄▽ ̄ )」

代表「その気持ちで
   柳川ステージも励んでください(* ̄m ̄)」

専務「そうですね( ̄▽ ̄;)」






専務「おーーー!」





専務「さすが横田基地周辺なだけあって」





専務「飛行機がそのまま装飾されてますね(笑)」

代表「すごいなこれ(笑)」

専務「ね(笑)」

代表「さあそれでは専務くん」

専務「はい」





代表「最後に基地の前で撮影して帰ろうか(☆∀☆ )」

専務「いいですね( ̄▽ ̄ )」






代表「いくよーーー」


カメラパシャ



【横田基地でガッツポーズの専務くん】

代表「おーーー!
   いい感じ!」

専務「ありがとうございます!
   うわー
   めっちゃテンション上がるわぁー( ̄▽ ̄ )」





専務「あ!
   下に警告看板がありますね!
   こういうのもかっちょいいですよね( ̄▽ ̄ )」

代表「んーー・・・」

専務「どうしたんですか?」

代表「いやこの看板の日本語部分って
   なんかちょっと引っかからへん?」

専務「え?」





代表「『基地司令官の許可なく、此の区域に立ち入ることは、
   法律違反である。』
   ここまで断言しててちょっと怖い感じやんか」

専務「はい
   まあそうですね
   すごい緊張感ありますよね」

代表「次な
   『当該施設に居る間は、すべての人は
   身体および所持品の捜索を受けるかもしれない。』
   『かもしれない』って
   あんだけ断言しといて急に弱なってない?(☆∀☆ )」

専務「たしかに!
   ちょっとアホっぽいですよね(笑)」

代表「そうやろ?(笑)
   それやったらもう
   『かもしんない』って書いてんのと
   大してあんまり変わらへんやろ?(☆∀☆ )」

専務「ブッ(; ̄;ж; ̄; )」

代表「そんな世界観で
   『当該施設は軍用犬により巡回されている。』
   とか言われても
   チワワかなんかかと思ってしまうよね(笑)」

専務「(爆)
   『すべての人は』とか書き方も
   ちょっとかわいいところありますもんね( ̄▽ ̄ )」

代表「そうやな(笑)」

専務「うわー
   そうやって見るとアホやなぁー
   この看板(笑)」

代表「(笑)」

専務「なんか基地に対して冷めてきたわぁ・・・
   USエアフォースなんて大したことないですね
   街は大好きですけど(笑)」

代表「そうやな(笑)
   じゃあ
   そろそろ帰ろか!」

専務「帰りましょ!( ̄▽ ̄ )」








代表「さあ
   どうでしたか専務さん
   今回の東京編は」

専務「いやいや
   初日いろいろやらかしてしまいましたけど
   勉強になりましたねー」

代表「あんまりいろんなところには
   行けてないけどな(☆∀☆;)」

専務「まあね( ̄▽ ̄;)
   でも初日の皇居前も良かったですし
   やっぱり福生の街はかっちょいいですね!」

代表「米軍基地は?」

専務「基地は冷めましたね」

代表「(笑)」

専務「(笑)
   いや、まあまあ
   また機会があれば来たいですね!」

代表「それはよかったですね(☆∀☆ )」

専務「はい( ̄▽ ̄ )」

代表「まあ
   半分東京で何をやっとんねん!
   というよな流れでしたけども」

専務「(笑)」

代表「今回は成功ということで!(笑)」

専務「はい(笑)」

代表「お疲れ様でした!」





専務「お疲れ様でした!
   ありがとうございました!」

代表「え?そのポーズ
   米軍ディスってんの?(゜〇゜)」

専務「いや
   ディスってないディスってない・・・
   またそのノリ?( ̄▽ ̄;)」

代表「あ、それと」

専務「はい」

代表「なんで何回も帽子を変えてたん?」

専務「いや、これね
   読者の皆さんにクイズで
   今回僕がかぶってた帽子の数を
   ご意見・ご感想メールで送っていただいて
   正解した方の中から抽選で1名様に
   代表の部屋にある『阿武山ステージオリジナルネオン管』を
   プレゼントしようかと!」


代表「はあ?(゜〇゜;)」

専務「あきませんか?」

代表「あかんに決まってるやろ!(゜〇゜;)
   なにを勝手に決めとんねん!
   帰るぞ!大阪へ」

専務「はい・・・」



とうわけでございまして
第3回HPS的休日の過ごし方~東京編~
はこれにて終了となります!
また、さまざまな企画に発展した
『専務くん持ち込み企画シリーズ』
今回で最終回となります!
併せて長々とお付き合いいただきまして
ありがとうございましたm(_ _)m




そんなところで今回はここまで!
ごきげんよう/​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2019.09.11 12:08:06
[Season2_阿武山ステージR] カテゴリの最新記事


PR

X

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.