516617 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ドクターイワタの認知症ブログ~認知症専門外来と認知症専門往診を融合~

PR

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

ウィスラースキー旅… New! 道草.さん

Comments

コメントに書き込みはありません。
Mar 19, 2017
XML
香流川沿い散歩
春一番の強風の中、春の息吹を感じながら香流川沿いを散歩した。
20170319@八重桜
八重桜@香流川
20170319@梅
梅@香流川
20170319@ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ@香流川
20170319@カルガモ2
カルガモ@香流川
20170319@ムクドリ
ムクドリ@香流川散歩道

症例報告

20170319@5144@911
ケアマネからの紹介である。物忘れ、歯をカチカチする→昼間傾眠、夜間不眠、尿便失禁、鬱状態、場違いな発言、髪の毛ぼさぼさを呈していた。頭部CT:1.頭頂葉萎縮なし、2.前頭葉萎縮なし、3.側頭葉萎縮なし、4.海馬萎縮なし、5.脳梗塞なし、6.その他 ピック切痕。以上から、レビースコア:3.5 ピックコア:4 、レビー・ピック複合(LPC)として治療を開始した。中核症状は時計描写テスト:8.5/9、改訂長谷川式:21/30、近時記憶6/6と軽度低下していた。認知機能低下にリバスタッチパッチ4.5mgを開始、フェルガード100M2包を勧めた。夜間不眠にロゼレム8mg/リスミー2mg、不安にデパス0.5mgを開始した。1か月後、中核症状は改訂長谷川式:23/30(+2)、近時記憶6/6(+-) と軽度改善、上記周辺症状はすべて消失した。2年後、中核症状は改訂長谷川式:27/30(+4)、近時記憶6/6(+-) と更に軽度改善した。3年後、中核症状は改訂長谷川式:29.5/30(+2.5)、近時記憶6/6(+-)と更に軽度改善して治癒状態となった。

20170319@5939@912
親戚からの紹介である。物忘れ、アパシー、体重減少、語義失語を呈していた。頭部CT:1.頭頂葉萎縮なし、2.前頭葉萎縮軽度、3.右側頭葉萎縮軽度、4.右海馬萎縮軽度、5.両側基底核ラクナ梗塞多数、6.その他 左淡蒼球石灰化、ピック切痕。以上から、レビースコア:0.5、ピックスコア:4、前頭側頭葉変性症(FTLD)を呈する石灰化を伴うびまん性神経原線維変化病(DNTC)類似疾患として治療を開始した。中核症状は時計描写テスト:8.5/9、改訂長谷川式:18/30、近時記憶2/6と軽度低下していた。認知機能低下にレミニール4mg/ナウゼリン10mgを開始した。脳血管性認知症(VD)にプレタール50mgとサアミオン5mgを開始した。初診以後、1年間来院しなかった。1年後、中核症状は改訂長谷川式:14/30(-4)、近時記憶2/6(+-)と中等度低下していた。再度、同じ内容の処方を行った。1年1か月後、中核症状は改訂長谷川式:14/30(+-)、近時記憶3/6(+1)と軽度改善した。1年7か月後、改訂長谷川式:15.5/30(+1.5)、近時記憶2/6(-1)と不変だった。認知機能低下にメマリー5mgを開始した。1年8か月後、中核症状は改訂長谷川式:23/30(+7.5)、近時記憶3/6(+1)と著明改善した。

20170319@6095@913
ケアマネからの紹介である。物忘れ、夜間不眠、まじめな性格、甘い物好きを呈していた。頭部CT:1.頭頂葉萎縮なし、2.前頭葉萎軽度、3.左側頭葉萎縮先端部軽度、4.海馬萎縮軽度、5.両側基底核ラクナ脳梗塞数カ所、境界領域梗塞、6.その他 右>左淡蒼球石灰化、左>右脳室拡大。以上から、レビースコア:1、ピックスコア:2、混合型認知症(MIX)を呈する石灰化を伴うびまん性神経原線維変化病(DTNC)類似疾患として治療を開始した。中核症状は時計描写テスト:8/9、改訂長谷川式:21/30、近時記憶3/6 と軽度低下していた。認知機能低下にレミニール4mg/ナウゼリン10mgを開始、NewフェルガードLA粒4錠を勧めた。脳血管性認知症(VD)にプレタール100mgとサアミオン10mgを開始、プロルベインDR4Capを勧めた。1か月後、中核症状は改訂長谷川式:22/30(+1)、近時記憶5/6(+2) と軽度改善、上記周辺症状はすべて消失した。4か月後、中核症状は改訂長谷川式:改訂長谷川式:17/30(-5)、近時記憶0/6(-5)と中等度悪化した。認知機能低下にレミニール4mgから8mgへ増量した。7か月後、中核症状は改訂長谷川式:22/30(+5)、近時記憶5/6(+5)と中等度改善した。10か月後、改訂長谷川式:19.5/30(-2.5)、近時記憶2/6(-3)と軽度低下した。認知機能低下にメマリー5mgを開始した。1年5か月後、中核症状は改訂長谷川式:23/30(+6)、近時記憶5/6(+-)と中等度改善した。

20170319@6332@914
施設からの紹介である。物忘れ、暴言、被害妄想、鬱状態、薬物過敏、介護拒否、食事拒否、常同行動、後追い、振戦、小刻み歩行、歯車様固縮を呈していた。頭部CT:不能(車から降りない)。以上から、レビースコア:4.5、ピックスコア:4+α、レビー・ピック複合(LPC)/脳血管性認知症(VD)として治療を開始した。前頭葉症状にウインタミン朝4mg夕6mgを開始、フェルガード100M粒4錠を勧めた。脳血管性認知症(VD)にプレタール100mgを開始した。1か月後、車から降りて、頭部CTおよび簡易知能検査を施行することが出来た。頭部CT:1.頭頂葉萎縮なし、2.左>右前頭葉萎縮軽度、3.側頭葉萎縮なし、4.海馬萎縮なし、5.脳梗塞なし、6.その他 左淡蒼球石灰化。中核症状は時計描写テスト:8.5/9、改訂長谷川式:23/30、近時記憶5/6、上記周辺症状はやや改善した。以上から、レビースコア:4.5、ピックスコア:6、レビー・ピック複合(LPC)を呈する石灰化を伴うびまん性神経原線維変化病(DTNC)類似疾患として治療を継続した。前頭葉症状にウインタミン朝4mg夕6mgから朝6mg夕9mgへ増量、セルシン朝0.8mg夕1.2mgを開始した。被害妄想にセレネース0.2mg開始した。1年後、中核症状は時計描写テスト:8.5/9(+-)、改訂長谷川式:26/30(+5)、近時記憶5/6(+-)と中等度改善、上記周辺症状はすべて改善した。

20170319@6532@915
インターネット検索で来院された。既往歴:名古屋フォレストクリニック 1.グラマリール25mg 2.五苓散3g 3.カルナクリン100mg 4.ドネペジル8mg 5.リーゼ5mg 6.NewフェルガードLA粒2錠。内科 1.ラシックス20mg 2.セララ50mg 3.アムロジピン5mg 4.リピトール10mg。物忘れ、いらいら偶に、立ちくらみ、甘い物好き、生真面目を呈していた。頭部CT: 1.頭頂葉萎縮なし、2.左前頭葉萎縮軽度、3.左側頭葉萎縮軽度、4.海馬萎縮軽度、5.両側基底核ラクナ脳梗塞数カ所。以上から、レビースコア:2、ピックスコア:4、前頭側頭葉変性症(FTLD)/多発性脳梗塞として治療を開始した。中核症状は時計描写テスト:8/9、改訂長谷川式:23/30、近時記憶6/6と軽度低下していた。前頭葉症状にグラマリール25mg継承、認知機能低下にドネペジル8mgmgを継承、NewフェルガードLA粒2錠から4錠へ増量を勧めた。多発性脳梗塞にプレタール100mgを開始、たちくらみにプロルベインDR4Capおよび降圧剤減量を勧めた。1か月後、中核症状は改訂長谷川式:26/30(+3)、近時記憶6/6(+-)と軽度改善した。頭痛のためプレタール100mgから50mgへ減量した。プロルベインDRは希望されなかった。5か月後、いらいらが酷くなり、ドネペジル8mgから5mgへ減量、NewフェルガードLA4粒錠から2錠へ減量した。8か月後、中核症状は改訂長谷川式:28.5/30(+2.5)、近時記憶6/6(+-)と更に軽度改善、上記周辺症状はすべて消失した。。


研究留学時代の話2~University of Pennsylavania~

筆者は1999年3月~2005年9月まで6年半、アメリカ合衆国ペンシルベニア州にあるUniversity of Pennsylvania(以下UPENNと省略)に研究留学した経験があります。脳神経外科の頭部外傷センターのDr. Douglas H.Smith M.D.が私のBossでした(以下Dougと省略)。先週に引き続き、留学時代の話をします。

研究室対抗でソフトボールチームを作り、総当たり戦でリーグ戦を行っていました。午後5時に研究室の仕事を終え、広大なグラウンドに向かいました。そのグラウンドの4角にバックネットがあり、ソフトボールなら一度に4試合出来ました。筆者は愛知教育大学附属名古屋小学校時代に、野球をやっていました。一塁手の補欠でしたからバッティングはまずまずでしたが、足は遅く、肩が弱く、守備は下手でした。

筆者は外野手レフトまたはライトを主に、時には内野手ファーストまたはサードをやっていました。先週お話しした研究室のテクニシャンのKevin D. Browneはピッチャーか、内野手ショートまたはセカンドをやっていました。時間はあっても金がないという生活でしたからユニホームなどあるはずもなく、みんな勝手な格好で試合をやっていました。大事な試合なのに、ぼろぼろのTシャツを着ているUndergrad studentが居たので「どうしてそんなボロボロのTシャツを着ているの?」と尋ねると、「これは大学を受かるときに着ていたLucky Tシャツなんだ」というのです。アジア人の筆者が着ていたらさぞかしみすぼらしかったことでしょうが、Coolな白人の男子学生が着ているとボロボロのTシャツでも格好良く見えるもんだなと感心しました。

余り話したことがないチームメイトも居ましたが、同じチームで戦っている間になんとなく親近感が出てきて仲良くなりました。30チームあった中でベスト4-8までは勝ち進んでいた記憶があります。研究者と臨床医との違いはありますが、アメリカの大学では、スポーツジム、プール、スケートリンクなどを自由に使うことが出来、自宅の近くには無料で自由に利用できるテニスコート、バスケットコート、バレーコート、フィールドアスレチックのある公園があり、運動する機会には事欠きませんでした。

日本では、週末に公共施設でスポーツをするにもコートの予約が大変、会員制スポーツジムなども高額な割には狭くて混雑しているため利用する気になりません。そんなことを言っているとどんどん足腰が弱ってしまうのではないかというジレンマに苛まれながら日々の診療に没頭しています。筆者は毎日往診をしていますから、外来診療だけの医師よりは多少運動はしているかも知れません。

野球などチームスポーツはどのようにして参加するれば良いのか、どのぐらい真剣にやっているのかなど参加するにはハードルが高い気がします。テニススクールの個人レッスンもやってみたい気がしますが、決まった時間にこなすことが出来るか自身がありません。少なくとも生涯現役で診療が出来るような体力を身につけなければなりません。最近では頭部CTの位置設定~撮影時間の間は、つま先立ちをしながらスクワット、寝る前30分間は筋肉トレーニングをしています。これだけでも少しフットワークが良くなった気がします。

長久手南クリニック認知症カンファレンス

日時:3月22日(水)18:30-19:30
場所:長久手南クリニック
講師:名古屋フォレストクリニック 河野和彦先生
題名:認知症患者の前頭葉機能を考える

「認知症を絶対治したい人が読む本」岩田 明(著)
「認知症を絶対治したい人が読む本」岩田 明(著)
全国書店、アマゾンなどから購入可能です。また、アマゾンから購入された方は、是非、カスタマーレビューの記載をお願いします。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Mar 20, 2017 01:19:24 AM
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.