737573 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ドクターイワタの認知症ブログ~認知症専門外来と認知症専門往診を融合~

PR

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

Comments

コメントに書き込みはありません。
Nov 4, 2018
XML

長久手南クリニック 11年目に
昨年は開院10周年でした。あっという間の1年でした。認知症専門外来は1500名程度/月、午前中だけで再診30-40名、新患2名を診察しています。外来パート看護師は3名/日、受付事務3名/日は当然午前中のみ。認知症専門往診は運転手・看護師同伴なしで一人で往診していますから、なんでも一人でこなします。往診は午後から10-15名、水曜日は朝からで30-40名/日、総数120名程度/月、各人月2回の定期往診ですので月に240回の定期往診をこなしています。月初めのレセプトも、日々受付事務にコメントおよび病名入力をして貰いながら、一人でこなしています。
こんな生活が出来ているのはすべて家族、特に妻のおかげです。午前中は仕事を支え、毎日の食事で体調管理をしてくれ、何より精神的にも支えになってくれています。最近では両親の食事も毎日1品作ってくれ、私が届けています。おかげで87歳の父、81歳の母も、週3回のテニスをこなすほど元気です。
最後に、私事ですが、昨年5月から始めた糖質制限で体重12キロの減量に成功、テニスも週1回ですが体力が戻って来ました。妻もテニスが上達して一緒に出来るようになり、楽しさが倍増しています。​


第36回緑の中の彫刻展@東山植物園
11月13日から11月25日まで開催されます。11月20日以降は紅葉も綺麗です。


クリスマスツリー@土岐プレミアムアウトレット
娘の冬服の買い物に行きました。私は娘の服の評価をする役割を果たしました。私は特に欲しいものなく何も購入しませんでした。

​症例報告​


知り合いからの紹介である。独居。物忘れ、使用行動、膝組み、生真面目を呈していた。頭部CT:①頭頂葉萎縮なし、②右>左前頭葉萎縮軽度、③右>左側頭葉萎縮軽度、④右>左海馬萎縮軽度、⑤脳梗塞なし。以上から、レビースコア:1.5、ピックスコア:5、前頭側頭葉変性症(FTLD)として治療を開始した。中核症状は時計描写テスト:8/9、改訂長谷川式:22/30、近時記憶1/6と軽度低下していた。認知機能低下にレミニール4mg/ナウゼリン10mgを開始、フェルガード100M粒2錠を勧めた。自宅にあるエンシュア250mL/dayを勧めた。ビタミンB1、B12、葉酸血中濃度を測定した。1か月後、中核症状は改訂長谷川式:26/30(+4)、近時記憶4/6(+2)と中等度改善した。甲状腺正常。一般採血:s-Cr0.86,Alb3.9以外異常なし。VitB1=33,VitB12=405,葉酸=5.0。ビタミンB12低下症(目標値500)、葉酸低下症(目標値10)を呈しており、毎日メコバラミン(ビタミンB12)0.5mg、毎週フォリアミン(葉酸)5mgを開始した。



親戚からの紹介である。既往歴: 4年前、物忘れ、国立長寿医療センター、投薬なし。物忘れ、妄想、昼間傾眠、生真面目。病識欠如、食事に時間がかかる、言語理解力低下を呈していた。頭部CT:①頭頂葉萎縮なし、②左>右前頭葉萎縮軽度、③左側頭葉萎縮軽度、④左>右海馬萎縮軽度、⑤両側基底核ラクナ梗塞数カ所、⑥その他  左>右脳室拡大、両側淡蒼球石灰化。以上から、レビースコア:2.5、ピックスコア:4、前頭側頭葉変性症(FTLD)を呈する石灰化を伴うびまん性神経原線維変化病(DNTC)類似疾患として治療を開始した。中核症状は時計描写テスト:7.5/9、改訂長谷川式:22/30、近時記憶2/6と軽度低下していた。認知機能低下にフェルガード100M粒2錠を勧めた。脳血管性認知症(VD)にプロルベインDR2Capを勧めた。両下肢浮腫のためプレタール回避した。ビタミンB1、B12、葉酸血中濃度を測定した。1か月後、中核症状は時計描写テスト:9/9(+1.5) 、改訂長谷川式:29/30(+7)、近時記憶5/6(+3)と著明改善、上記周辺症状はすべて消失した。甲状腺正常。 一般採血:Alb3.9,Ferritin44.5以外異常なし。VitB1=26,VitB12=358,葉酸=4.0。ビタミンB1欠乏症/低下症(目標値30)、ビタミンB12低下症(目標値500)、葉酸低下症(目標値10)を呈しており、毎日メコバラミン(ビタミンB12)1mg、毎週フォリアミン(葉酸)5mgを開始した。吐気や便秘などの副作用を考慮して鉄剤投与は回避した。


知り合いからの紹介である。既往歴:5年前 物忘れ、異常なし、八事日赤。3か月前アルツハイマー型認知症予備軍、MMSE:22/30、ドネペジル3-5mg、八事日赤①ドネペジル3-5mg②ネキシウム。物忘れ、甘い物好きを呈していた。頭部CT:①頭頂葉萎縮なし、②左前頭葉萎縮軽度、③左側頭葉萎縮軽度、④左海馬萎縮軽度、⑤両側基底核ラクナ梗塞数カ所、⑥その他   左脳室拡大。以上から、レビースコア:、ピックスコア:、として治療を開始した。中核症状は時計描写テスト:9/9、改訂長谷川式:20/30、近時記憶1/6と軽度低下していた。認知機能低下に前医からのドネペジル5mg中止、8日目からレミニール4mg/ナウゼリン10mgを開始、NewフェルガードLA粒2錠を勧めた。脳血管性認知症(VD)にプレタール100mgを開始した。前医データ(3か月前)から甲状腺正常、VitB1=30,VitB12=253,葉酸=8.8から毎日メコバラミン(ビタミンB12)1mgを開始した。ビタミンB1、B12、葉酸血中濃度を再測定した。1か月後、中核症状は改訂長谷川式:25/30(+5)、近時記憶4/6(+3)と中等度改善した。甲状腺正常。一般採血:異常なし。VitB1=29,VitB12=370,葉酸=4.1。ビタミンB1低下症(目標値30)、ビタミンB12低下症(目標値500)、葉酸低下症(目標値10)を呈しており、毎週フォリアミン(葉酸)5mgを開始した。



知り合いからの紹介である。既往歴:20日前 熱中症。14日前水腎症、膀胱バルン留置、東海病院入院中。物忘れ、昼間傾眠、易転倒、尿便失禁、嚥下困難、食欲低下、病識欠如、生真面目を呈していた。頭部CT:①頭頂葉萎縮なし、②前頭葉萎縮軽度、③側頭葉萎縮軽度、④海馬萎縮中等度、⑤両側基底核ラクナ梗塞多数、境界領域梗塞。以上から、レビースコア:5.5、ピックスコア:3、レビー小体型認知症(DLB)として治療を開始した。中核症状は時計描写テスト:2/9、改訂長谷川式:8/30、近時記憶3/6と高度低下していた。全身衰弱の状態であり、次のような復活セットを開始した。認知機能低下にNewフェルガードLA粒4錠を勧めた。食欲低下にプロマック150mg/エネーボ250mLを開始、脳活性化のためグルタチオン2000mg/シチコリン1000mg/ソルコセリル1Ap/ビタミンC2g/ビタミンB12=1Ap/生食100mL点滴/15minを施行した。ビタミンB1、B12、葉酸血中濃度を測定した。1か月後、中核症状は改訂長谷川式:15/30(+7)、近時記憶4/6(+1)と著明改善、上記周辺症状はすべて消失した。甲状腺正常。一般採血:s-Cr1.15,Fe33,Alb2.3,TCL64,TIBC137,Hb9.2以外異常なし。VitB1=15,VitB12=640,葉酸=1.5。ビタミンB1欠乏症(目標値30)、葉酸欠乏症(目標値10)を呈した。退院後、施設入所しており、嘱託医へ転医とした。


ケアマネからの紹介である。独居。既往歴:肺塞栓 ①ワーファリン。慢性関節リウマチ ①リウマトレックス②アルファロール。物忘れ、鬱状態、歯車様固縮、生真面目を呈していた。頭部CT:①頭頂葉萎縮なし、②前頭葉萎縮軽度、③側頭葉萎縮なし、④海馬萎縮なし、⑤境界領域梗塞。以上から、レビースコア:6、ピックスコア:2、レビー小体型認知症(DLB)として治療を開始した。中核症状は時計描写テスト:9/9、改訂長谷川式:22/30、近時記憶3/6と軽度低下していた。認知機能低下にフェルガード100M粒1錠を勧めた。脳血管性認知症(VD)にプレタール50mg/サアミオン5mgを開始、プロルベインDR1Capを勧めた。ビタミンB1、B12、葉酸血中濃度を測定した。1か月後、中核症状は改訂長谷川式:26/30(+4)、近時記憶5/6(+2)と軽度/中等度/著明改善、上記周辺症状はすべて消失した。甲状腺正常。一般採血:Hb11.7,Ferritin60.6以外異常なし。VitB1=17,VitB12=337,葉酸=2.4。ビタミンB1欠乏症(目標値30)、ビタミンB12低下症(目標値500)、葉酸欠乏症(目標値10)を呈しており、毎日メコバラミン(ビタミンB12)0.5mg、毎週フォリアミン(葉酸)5mgを開始した。



ホトトギス@長久手南クリニック


芙蓉@長久手南クリニック







Last updated  Nov 4, 2018 09:17:42 PM

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.