177395 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Aloha&SadoLife

PR

プロフィール


a-gongon

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020.07

コメント新着

ゆみ。@ Re:気づけば春…ロミロミのことなどもすこし。(04/21) 育児お疲れ様です。 育児って育自、でもあ…

お気に入りブログ

のみ友通信86号「オ… New! 野見山 文宏さん

2011.06.03
XML
5/29に新潟で開催された フェルデンクライス1day WSに参加してきました。

お誘いをいただいたのは
新潟でフェルデンクライスのレッスンをされているやぎさん

なんとか日程調整をして朝イチJフォイルで新潟へ~
今回は佐渡から私の知人も一緒に参加です♪
会場に着くまで 普段ゆっくりできなかったおしゃべりで盛り上がる!

さて、私にとってこのフェルデンクライスメソッドは初めての体験で
いただいたフライヤーからのほんの少しの知識と
一体どんなものなのかの興味でWSがスタート。

今回の講師の大宮先生が
落ち着いた声で淡々と私たちに話を始めます。
とにかくやってみましょう…ということで

参加者に向けて どんどん指示を出して そしてどんどん問いかけます。

「あなたの○○の骨はどんなですか?」

「あなたの○○の部分はどうなっていますか?」

そしてまた指示→問いかけ…の繰り返し。

最初、
“なんじゃーこりゃぁ???”
と困惑していた私も次第に この進め方に慣れてきて新鮮に感じてきます。

私が受けてきた&指導している各種ほとんどのレッスンには

「こんな風にしてみましょう」とか
「正しい(理想的な)のはこうです」とか
「もっとこうしてみましょう」あるいは
「こうしないようにしましょう」という言葉、
つまり
アドバイスやジャッジメントが不可欠だったのに
それらがほとんど無い世界なのです。。。

 発表することもシェアすることもなく
 ただ自分の中で確認したり味わったりしている。

 身体的な運動量はなく大きな動きもしない分
 私の脳の中では新しい神経回路を作ろうかとしているくらい
 見えないものに対して脳がフル稼働している!


午前に2レッスン、午後にも2レッスン
それぞれのレッスンの最後には必ず立って自由に歩く時間が与えられました。

レッスンごとに明らかに 立っている自分の感覚、
たとえば2本の足への体重の乗り方だとか
骨盤の安定感だとかが変わっていったのがわかりました。

最後のレッスンが終わったころには
今までぼんやり何かしら感じていた
体の中の不安定感や違和感がなくなり
身長が5cm高くなったような
雲の上をしっかりと歩いているような気分になりました。

不思議な体験と新たな世界を味わった一日。


私的に…
以前、受けたアレクサンダーテクニークが思考の修正であるとしたら
フェルデンクライスは本能の回復といった感じを受けました。

そして
“正しい”とすることを限定しないで
やわらかく自由な中に身を置く心地よさを感じました。


セラピストとして、インストラクターとして…
今現在の私に出会うべきして出会ったWSだったなぁ
としみじみしながら
日本海を渡って佐渡に戻ってきました。


やぎさん、すてきなお誘いをありがとうございました。











最終更新日  2011.06.03 16:26:27
コメント(0) | コメントを書く
[お仕事☆Body care&work] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.