172512 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ばんブロ(ばんえいスタジオのブログ)

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

★ばんスタ YouTubeチャンネル★
毎週更新しています!
2018年09月25日
XML
カテゴリ:今週の注目&回顧
土曜は終日雨降りで
気温も最高気温で15度と非常に涼しい、
いや寒い1日に。

日曜は雨が上がり快晴で
気温も21度まで上がり土曜の寒さが
和らぎ過ごしやすい1日でした。

ただ朝夕の寒暖差は大きくなり
秋らしい日が多くなりました。

そんな中、日曜のメインには
4歳重賞2冠目の銀河賞が行われました。

重賞勝ち馬が7頭出走と
何とも混戦ムードの今年の4歳世代。

ダービー馬のメジロゴーリキ、
昨年はまなす賞を勝ったミノルシャープ、
一冠目柏林賞を獲ったジェイワン。
この辺りが上位人気をしていました。

レースは最初の障害を10頭が一団で下り、
そこから抜けたメジロゴーリキが先頭で2障害手前に。
その後メジロゴーリキが最初に仕掛け、
ウンカイタイショウ、ノエルブラン、
ミノルシャープが続きます。

メジロゴーリキが先頭で第2障害を下りますが、
差なくミノルシャープが続き降りて直ぐに先頭に立ちます。
後はノエルブラン、カネサスペシャルが続きます。

ゴール前で苦しくなり後続が差を詰めますが
ミノルシャープが粘り切っての勝利。









※上の2枚の写真は主催者から頂いた写真です。



阿部武臣(あべ・たけとみ)騎手、
大友栄人(おおとも・えいと)調教師の
プレイヤーインタビューはこちらから。

↓ ↓ ↓ ↓

第26回銀河賞ミノルシャープ



馬体も増やし粘りが出てきたと
大友調教師のコメントでもありましたが、
最終レース終了後、阿部武臣騎手からも
その話を詳しく聴いてみると…。

前は残り20Mぐらいで苦しくなっていたが、
今は残り10Mまで持つようになってきた。
粘りが出てきた。

真面目で行きっぷりが良いので、
ペースを落ち着けて刻んで息を入れられるかが
しばらくはポイントだと思う。

これはミノルシャープの話ですが、
まだまだ4歳馬達は成長途中。

重賞初挑戦のノエルブランが
差のない4着と善戦していますし
まだまだ新たな活躍馬が登場するような…
そんな予感もします。






最終更新日  2018年09月25日 09時12分13秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.