4293335 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

井原線ふるさとじゃ~ナル

全53件 (53件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

「畳屋にできるSDGs」

2022.04.21
XML
4月21日(木)曇りのち雨
 久しぶりの雨、作物の生育にやさしい降り方だ。叩きつける激しい雨ではなくしとしとと大地を潤す慈雨。穀雨の雨だ。
 晴耕雨読、晴れたら太陽の光を浴びて畑を耕し、雨の時には読書や内業をと思っていたが、今月からは本気で「古畳の解体」ビジネスモデルを模索する。今日はちょうど雨が降って工場の整理整頓をして仕事の環境づくりをした。
 古畳解体で古わら利用を仕事にする畳屋がいてもいいと思うのだ。
 まず目標は、1カ月50枚・・・1年で600枚・・・のわら畳を解体して15トンの古わらを焼却から救って二酸化炭素の発生を抑制して有効利用する。






最終更新日  2022.04.21 23:07:23
コメント(0) | コメントを書く


2021.06.30
6月30日(水)晴れ
 予定の時間より少し早く井原高校の精研農場に着いた。誰もいない。ツバメが出迎えてくれた。少し辺りを散歩していると道向かいのハウスから先生が帰って教室へ案内してくれた。
 2時20分ころ担当のO先生と6人の生徒が少し離れた学校から自転車でやって来た。

 先生に紹介されて授業を開始したが、生徒たちの興味のありようがつかみづらい。新しいクラスで園芸課と家政科を合わせて地域生活科という新しい科で1年生だ。さらにはテーマが「SDGs」となるとわからないのも仕方がないか。

 指向がわからなければ準備してきた”わら床古畳解体➡わらマルチde「SDGs」実践!”のパワーポイントでスライドショーでしゃべくるだけだ。

 予定の40分を超えて1時間しゃべった。理解してくれたのかどうかわからないが、授業は終わった。感想としては「大人しい子供たち」だ。
 あとで農場の先生と話してみると農業関連の高校の難しさ感じた。新たな研究、予算を要すること、生徒の実習時間がない等々、新たな取り組みは無理かな。
 あとは連絡待ちだ。






最終更新日  2021.06.30 18:29:36
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.29
6月29日(火)曇りのち夜雨
 午後は農園の草刈りを行った。ヤーコン・藍、山わさびのところには古畳解体のわらマルチをしているので雑草があまり生えていないが、無農薬栽培なので畝間の通路などはちょっとほっておくと雑草が元気に生えそろう。刈り取った草はそのまま草マルチにするのだが、刈り取った草だけでは雑草の繁茂は抑えきれない。古畳わらマルチを追加したいが面積が面積で大変だ。少しづつマルチングしていきたい。
 どの程度のわらマルチが有効か?明日の高校の農場での生徒さん達の研究テーマに耕作放棄地の再生を土壌研究として取り組んでもらえたら意義ある授業になると思うのだが、話してみなければどんな方向性になるのかわからない。
 まずは明日の午後40分の授業次第だ。






最終更新日  2021.06.29 22:13:46
コメント(0) | コメントを書く
6月29日(火)曇り
 昨日、講演のパワーポイントを作った後、井原高校の講演担当のO先生に電話したが、連絡がつかなかった。それが今朝、愛菜館へ商品補充した帰りの自転車の上で電話を受けた。明日の講演については地域生活科の1年生が対象で彼らの興味が古畳解体だけでなく地域のまちおこしを含めたSDGsということで私の引き出しを紹介してほしいということだった。
 午後急遽、昨日つくったパワーポイントにウォーキングの話も追加して生徒の興味を探ってテーマを拡げて講演しようと思う。
 でも40分だからねぇ~。






最終更新日  2021.06.29 13:04:25
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.28
6月28日(月)曇り時々晴れ
 明後日に予定している井原高校での「古畳わらマルチdeSDGs」の講演内容をパワーポイントにまとめながらおさらいしていく。
 大体書き終わったと思って保存しようと思ったらパソコンがトラブル。何が悪かったのかわからないが、考えようによっては良かったのかもしれない。
 今度はシンプルに写真中心にスライドショーを構成する。どっちみち映し出したスクリーンの文字は読まれない。だったらごちゃごちゃ書くより写真を大きく映し出して口頭で説明する方がいい。パワーポイントの画面をコピーしても講演中手元ばかり見られても大切なことは伝わらない。
 パワポの内容は、キーワードだけでいい。説明しながら生徒たちの興味を探り課題を見つけてもらうことだ。
 データ保存失敗は意味があることだったのだ。






最終更新日  2021.06.28 16:34:15
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.25
6月25日(金)晴れ
 「SDGs」、よう耳にするが、横文字でようわからん。「持続可能な開発目標」という言われても自分には関係ないと言われた。
 これは国連が決めて世界中で取り組んでいる。日本政府も各自治体でも力を入れているけど・・・だったら国や自治体に任せておけばいいんじゃない。
 2001年にミレニアム開発目標として始まったけど危機感がなく成果をあげえなかった。そこで15年後の2015年に国連で全会一致で採択されたのが「SDGs」=「17ゴール・169のターゲット」を2030年までに達成するという国際目標だ。
 だけどマスコミなどでキーワードはよく聞くようになったがその実効性は感じられない。国や県や自治体は音頭を取るだけ。それもごくごくわずかな予算を組んで消化するだけに見えてしまう。
 市民レベルで予算をもらって活動しても予算申請~報告書作成で何のために誰のためにしているのかわからなくなる。官製まちおこしの限界だ。
 短期予算の国や自治体では、SDGsの持続可能な開発目標達成はむずかしいと思う。
 ほんとうにSDGsを実践していくならその担い手は、民間であり市民だと思う。補助金ではなく利益を上げられる「生き甲斐ビジネス」「楽しむビジネス」「儲かるビジネス」がいい。国や自治体はサポートに徹してコミュニティビジネスを育てるのが一番税金を有効に使う方法だ。
 さてその担い手は、働き盛りの世代には難しい。一番は「若者」、未来の中心は若者だ。2番は「高齢者」、老後の楽しみに生き甲斐を見つける。3番は「ひきこもり」、できることからやればいい。4番は「生活保護者」、少しづつ意欲を持とう。5番は「主婦・夫」、新しいビジネスの主力になる。
 「SDGs」はブームではない。「まちを変える魔法の言葉だ」と思うと止まっていた動画が動き出すように他人事がわが事になる。






最終更新日  2021.06.25 20:58:01
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.24
テーマ:家庭菜園(51029)
6月24日(木)晴れ
 果樹園の気になっていた雑草を午後、刈り払った。今日、草刈りした畑には栗やマカダミアナッツ、ウメなどを植えている。苗の周囲2畳分の古畳敷き藁があるので非常に刈り払いやすかった。
 栗はすでに毬をつけている。刈った草と古畳の敷き藁だけで特に肥料は施していないが樹勢は旺盛だ。


 古畳敷き藁プラスで有機肥料の効果が出せれば耕作放棄地での果樹栽培の有用性が確認できる。






最終更新日  2021.06.25 20:57:35
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.23
6月23日(水)晴れのち曇り時々雨
 現代農業の「すごいぞ、有機物マルチ:古畳 上手にワラを取り出す方法」の波紋が徐々に顕在化してきている。
 午前中、シャクヤク栽培農家との実用化実験で古畳解体の動画撮影をしたら、午後になって
地元高校の井原高校のO先生から地域学の授業で古畳わらマルチの話を聴きたいというお話が舞い込んできた。
 地域の高校とのコラボ研究として耕作放棄地問題や環境問題を生徒たちと一緒に古畳解体で古わら利用を考えていけたら面白いと思う。
 地域と共に活動する畳屋というのも面白い。






最終更新日  2021.06.25 20:57:03
コメント(0) | コメントを書く
6月23日(水)晴れ
 今日は井原市のシャクヤク栽培グループのM氏と井原市農林課の職員T氏に古畳解体で稲わらを回収する方法を実演した。
 井原市野上町のシャクヤク栽培圃場脇で軽トラに載せた古畳をカッターナイフ1本で解体した。説明しながらの解体で約20分の解体ショーだった。最初から最後までT氏が動画撮影してくれていた。これを編集してシャクヤク栽培グループの会議で紹介されるとのこと。
 「シャクヤク栽培圃場、畝間の除草が大変ということでここに古畳わらマルチを検討中」 

 「古畳1枚の稲わらでやく15mの畝間の溝部分の敷きわらができた」
 ・・・問題は敷き藁をしたことでイノシシがやってこないか見極めたい。

 この動画がどのように活用されるか楽しみだ。
 誰でも畳の解体ができるように特別な道具を用いずカッターナイフ1本で解体する方法を工夫した今回の解体法は使い方によってはいろんな人が実践でき可燃ごみとして焼却されている古畳を利活用してSDGsの大きな取り組みになる。
 耕作放棄地問題、二酸化炭素排出削減のごみ処理問題、老後の楽しみとしての農業の推進など多くの課題の解決策の糸口になる「古畳わらマルチ利用推進」、小石を投げ込む提言はした。あとはどのように波紋が広がるか楽しみだ。






最終更新日  2021.06.25 20:56:09
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.21
テーマ:家庭菜園(51029)
6月21日(月)晴れ
 午後、予定通り果樹園「ミカン畑」の草刈りを行った。
 2月に実施していた「古畳敷き藁マルチ実証実験」の4カ月後の現状確認です。畑全体は草が繁茂している。

 刈りはらってみると果樹の周りの敷き藁部分は雑草が抑えられていてミカンやレモンの苗は放ったらかしていたにもかかわらず元気に圃場に根を張りつつある。

 耕作放棄地での古畳敷き藁マルチは有効と判断できる。耕作放棄地の状況によって敷き藁の厚みをどれくらいにしてその後の管理の仕方によっては確実に省力化が可能だと思われる。






最終更新日  2021.06.25 20:55:31
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全53件 (53件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.