1758333 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

2019.11
2019.10

Comments

びー。@ Re:久しぶりぃ〜(09/01) おかえりなさいませ? なんか違うな。別荘…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
2009.12.05
XML
カテゴリ:洋画(な行)

原題: 2012

監督 : ローランド・エメリッヒ

脚本 : ローランド・エメリッヒ 、 ハラルド・クローサー

出演 : ジョン・キューザック 、 アマンダ・ピート 、 タンディ・ニュートン 、 ダニー・グローヴァー 、 ウディ・ハレルソン

公式サイトはこちら。

(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 18本目)


<Story>


2009年。
太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。

この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアン(キウェテル・イジョフォー)は、すぐに米大統領 主席補佐官(オリヴァー・プラット)に報告。
やがて世界各国の首脳と一握りの富裕層にのみ事実が知らされ、人類を存続させる一大プロジェクトが極秘に開始される。

そして2012年。
売れない作家のジャクソン(ジョン・キューザック)は、子供たちとキャンプにやってきたイエローストーン国立公園で、政府の奇妙な動きを目撃。
世界に滅亡が迫っていることを、偶然知ってしまう…。

2012 - goo 映画
2012 - goo 映画




<感想>

とにかく予告だけで5割以上観賞してしまったような気になっていましたが(笑)、とりあえず観てきました。


自分的にディザスターものとか、終末系とかってかなり点数辛くなるので(!)、とことんハードルを下げて観賞したのがよかったのかもしれませんが(笑)、思ったよりもずっと楽しめました。
確かにみーんなひっくり返って消滅して、もう満腹! なんですが、地球規模の危機が訪れたときに、それを知った地球の指導者層がやりそうなことを描いていました。 自分たちだけが助かればそれでよし、という発想は『キャピタリズム ~マネーは踊る~』と全く一緒だし。 
ですが方舟を作らなければ、人類が消滅していたかもしれない? とも思えるので、それも苦肉の策だったりもするし。 ここのあたりは観終わってから考えてしまいます。


「助け合う」という発想が全くないのか? と思いきや、ストーリー進行とともにそれを目覚めさせていく。 当たり前と言えば当たり前のことですが、これがあるので救われる部分はある。 もっとも、自分たちがよければという考えを前面に出していたキャラクターはそれなりになってしまうのも、くっきりと色分けしているようなのですが(苦笑)
「とにかく感動しました」とか、そういう深みはあまり期待しないで、あっさりと観賞するにはいい作品かもしれません。 個人的にはロシア系の人々が、コメディっぽくて笑えました。
ジャンル的に微妙に科学系、それと破壊系なので、これ冬休みに子どもたちに観せたら面白そうかも。


ジョン・キューザックは、『さよなら。いつかわかること』からだいぶ減量して、とてもスッキリとした顔立ちになってました。 そして、地質学者エイドリアン役のキウェテル・イジョフォーは『インサイド・マン』『アメリカン・ギャングスター』とはまた違って何気にいい奴? 彼もなかなかよかった。
そしてタンディ・ニュートンも、『クラッシュ』よりもずっと知的で落ち着いてて、いい女優さんだなと改めて思いました。 





*********************************




今日の評価 : ★★★

















Last updated  2009.12.08 05:40:01
コメント(14) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.