1708695 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Nice One!!

PR

Calendar

Category

Archives

Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019

Comments

みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) お久しぶりです〜^o^ ブログにコメントを…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) kaoritalyさん コメントありがとうござい…
kaoritaly@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) ご無沙汰してます。 ベスト10の映画、…
rose_chocolat@ Re[1]:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) みえこ55さん こちらこそレス遅くなりす…
みえこ55@ Re:2015年my映画ランキング:元気にしています(01/02) 遅くなりましたが,明けましておめでとう…
Apr 14, 2010
XML
カテゴリ:洋画(ま行)

原題: UP IN THE AIR

監督・脚本 : ジェイソン・ライトマン

原作 : ウォルター・キム

出演 : ジョージ・クルーニー 、 ジェイソン・ベイトマン 、 ヴェラ・ファーミガ 、 アナ・ケンドリック 、 ダニー・マクブライド


公式サイトはこちら。


<Story>


年間322日も出張し、リストラ宣告を行っているライアン(ジョージ・クルーニー)。
「バックパックに入らない物は背負わない」がモットーだ。
面倒な人間関係を嫌い、出張先で出会った女性とその場限りの情事を楽しむ毎日だ。

貯まったマイレージは1000万目前。
しかし、その目標を阻む者が現れた。
新人ナタリー(アナ・ケンドリック)が、ネット上で解雇通告を行うという合理化案を提出したのだ!

マイレージ、マイライフ - goo 映画
マイレージ、マイライフ - goo 映画




<感想>

やっと観に行けた。 
これでも一応ジョジクルは、「ER」のダグ・ロス時代からのファンなんで。
割と上映回数が多くて、いつでも行けると思っていたんですけど、そろそろそうも言ってられなくなりそうなんで早めに行くことに。
予告では結構好みのジャンルかなと予想していました。




ライアンの仕事はリストラ宣告。 
その人の裏側に、どんな人生があるかは知る必要はない。 クビになったその人がどんなに困ろうとも。
そして自分もまた、余計なことはしたくない。 余分な人間関係は持ちたくない。
1つのところに拠点を作りたくない。 なぜならそこにしがらみができるから。
守ったり守られたり、そういう関係は自分には合わない。。。
たぶんライアンは今まで人と真剣に深く繋がりたいと思わなかったか、
あるいは思ったとしてもうまくいかなかった経験が多かったのか、
そのどちらかのような気もする。
自分は何も要らない、そう言っていても、
いざ心を動かす女性が現れると離れたくなくなってしまう。
それが人間の本能なんですよね。 
旅する人生を送ってきた終着点が見つかった時に、勝手に動き出しているけど、
果たしてその通りになるとは限らない。


ここに登場する2名の女性との、ライアンの距離の取り方が面白かった。
ヴェラ・ファーミガは、「ジョージ・クルーニーが一目で恋に落ちるような女性を演じて」というオファーだったそうで、それに対して「できるわ」と即答したとか。
出産して間もないのにさすがです。
この、アレックスとナタリーの描き方が対照的なのも本当に興味深いところ。
一言でいえば「歳の差」なんでしょうけど、
何事も「こうあるべし」と考えるナタリーは、自分も若いころはそんなこと
言ってたっけ・・・ と思わせることばかりだったし、
アレックスの男性観なんか聴いていると、「細かいとこなんかは別にどうでもいい、一緒にいて楽しい人」みたいなのはすごくうなずける訳(笑)
やっぱり心地よい人じゃないと一緒にいたいなんて思わない訳ですから。
女の歴史みたいなのが垣間見えて面白かった。


そして経費削減のためネットで済ませましょう、人件費節約、
っていうのが主流ですが、
それだけではどうにも収まらないものは必ず存在している。
ナタリーはたぶん今まで挫折らしい挫折は味わってこなかったのでしょう。 そして自分のコントロールだけではどうにもならないことを経験する。
マニュアルマニュアルの世の中だけじゃ寂しすぎますから。


このエンドロールの曲は、監督自身が、
「失業があなたの人生にどんな影響を与えましたか?」という意見を募った時に、
曲として贈られてきたものだそう。
まさにその状況を表しているというか・・・
自分も今の仕事が決まるまで、3ヶ月間何もなかったことがあり、
その時は自分が「根なし草」のように感じたものでした。
"Up In The Air" (宙に浮いている) 状態そのもの。
どこにも地に足が着いてない気分は、経験した人じゃないとわからない。
そして、それが仕事のみならず、生活の中でもそう感じる瞬間があるということの、2つの意味をかけている。
それはシングルであれ、既婚者であれ、同じこと。
自分のルーティーンが絶対に正しいものではなく、また希望してしていることばかりでもないと感じる時に、
そこから逃げ出したくなったり、全く違うシチュエーションを入れることによってテンションを保ったり、そんな行動に走るのかもしれない。
「そばにいる人の大事さ」的なことに収束していくよりも、その「地に足のつかない状態」を強調した方が、映画自体がより辛口になってよかったのになとも思う。




マイルで思いだしたんですが、去年の11月に1カ月パスポートもらったのに、
実はこの時点でもう4000マイル以上あったりして(苦笑)
映画祭も貯まりまくる感じだったしねえ。。
1年経たないで交換?
貯まったら貯まったで、使うともったいない! っていうのも、ライアン的考えかもしれないけど(笑)、
マイルは使うために貯めるんですw
ポイントも何だかんだで50ポイントくらいある・・・ ただ夏休みとかGWとかにこれは威力を発揮するんで(笑)、取っておきたいような気もするが。。。




*********************************



今日の評価 : ★★★★ 4/5点



   














Last updated  Apr 17, 2010 08:27:04 AM
コメント(12) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.