263106 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みんなが幸せになるために・・・・

2006.09.03
XML

ベビーシッターさんや家事支援のおかげで、家事・育児の負担が少し軽減し、だんだん体調もよくなってきた。

それと同時に、子供たちのこともまた、心からかわいいと思えるようになった。

育児ノイローゼからの脱却期がやってきたのだ

しかし、夫との仲は、その時の季節と同じ、相変わらず北風ぴゅ-ぴゅ-どくろ状態であった。

そんな折、インフルエンザが流行した。

王子、姫の順に感染し、(予防接種は受けてたのになぁ・・・)

またまた看病、通院など忙しい日々がやってきた。

しかし、この頃、少しだけ夫が変わった。

あんなに家に他人を入れるのを反対していたのに、ベビーシッターさんや家事支援のことを良く言うようになった。(頼んでてよかったね、みたいな感じ)

看病で疲れた私が子供と一緒に寝てしまっても、文句を言わなくなった。

姫が熱性痙攣で市立病院に救急搬送されたとき、電話をかけるとすぐかけつけてきた。(急に休めるか!とどなった人とは別人みたいだった)

姫のことを心配してくれていたのが、とてもうれしかった。

相変わらず、家事は全然してくれないけど、わからん

ときどきおみやげに私の好きな大福を買ってきたり(どういう風の吹き回し?

二人きりで外出して喫茶店でケーキを食べながらゆっくり話しをしたり、(夫とデート!?)

家族でいろいろでかけるようになったりして、(そうめん流し  , 宮崎旅行

少しずつ、北風秋風くらいに なってきたような気がする。

まだまだ夫への不満は多いけど・・・

子供のことはかわいがってくれるし、仕事もちゃんとして家計を支えてくれているし、何より子供たちが夫のことを大好きなのだ。

だから、子供たちのために、自分のためにも、これからは何でも話し合って、自分で全部溜め込まないように前向きに生きていこうと思った。

きついときには、また人を頼ればいいのだ。

義実家との関係もぎくしゃくしていたが、私の誕生日に義母からFAXが届いたり(誕生日 )、義実家に久しぶりに帰省したり(ほたる )、運動会、父の日 宮崎旅行などのイベントを経て、少しずつ元に戻りつつある。

心の中では、まだ夫や義実家に対するもやもや感はあるが、これはきっと一生消えないであろう。でも、この気持ちを乗り越えて、生きていこう。それが子供たちのためでもあるから・・・。

・・・こうして、現在どん底からなんとか這い上がり卒業式、楽しいこと、オモロイことを探し、前向きに生きる母と化したのであった・・・・。

結論

育児ノイローゼは、母親が全部一人で抱え込むことで発症する。

特に、夫婦関係の良し悪しは重要な要素である。

このとき母親に適切な手が差し伸べられれば、きっと育児ノイローゼは解消するはずなのだ。

 

・・・終わり。

 

オモロいな~、同感やわ~と思ったら、ポチっグッドと押してねウィンク

blogランキング人気blogランキングへ

 







最終更新日  2006.09.03 14:49:40
コメント(26) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.