173782 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

FROST*

PR

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

フランス旅行 2013

2013.08.01
XML
カテゴリ:フランス旅行 2013
アルバムペーパー.jpgスクラップブッキング用のペーパーブロック。

フランスで買ったもの1でご紹介した鍵型キーチャームやキーホルダーキットなどを販売している、TOGAと言うメーカーのもの。

TOGAと言う会社はスクラップブッキングメーカーとして、とても有名なんですね。

道理で痒いところに手が届くって言うか、この可愛さ何?って感じのものばかりでした。

表紙にあるように、14種類の絵柄が2枚ずつ冊子になっています。

このサイズは15cm×20cm

他にもA4サイズやもっと小さいサイズもありました。
エッフェルちゃん.jpg中の絵柄も少しご紹介。

こちらはエッフェル塔。

カラフルな絵柄で、素敵でしょ?写真で隠されちゃうのが惜しいくらい(笑)。

かなりしっかりした紙で、ケント紙を想像していただけると良いかと。

BHVにて購入したのですが、このペーパーを使った見本も置かれていました。

グレー台紙にこの紙を両面貼って、パンチで穴を開け、リングを嵌めてアルバム状にしてありました。

母の初めてのパリ旅行を、スクラップブッキングしてあげようと思って購入したのですが、自分用にもう一冊買いました。
シャンゼリゼショッピング.jpgこちらの絵柄はシャンゼリゼ通りでショッピングって所でしょうか。

こういったPOPな絵柄ばかりでなく、文字だけが単純に描かれているものもありますし、リンク貼っておきましたので、興味のある方は是非!

パリ柄だけでなく、ロンドン柄とかクリスマス柄とかびっくりするぐらい豊富な柄があります。

日本にも輸入されないかなぁ・・・
メトロマップ.jpgこれは、メトロのマップ柄。

そうそう、こんなの欲しかったの!って感じの柄ばかり。



以前、甥っ子達にスクラップブッキングを送ってあげたことがあるのだけれど、その時もこんなの使って作ってあげたかったなぁと。
ノートルダム.jpg全部をお見せすることは出来ないので、これでラスト。

『我らが貴婦人』のお姿もきちんとありますよ。

グレー台紙に貼らずとも、この紙2枚を両面貼り合わせるだけでも立派なスクラップブックになりそうな気がします。

いつか(まだまだまだまだ先の話ですが)これでスクラップブッキングしたら、ブログに掲載する?かも?しれません。

予定は未定です。アシカラズ。
(^_^;)
ラベンダーのキーホルダー.jpgそして最後になりました。
ラベンダーのキーホルダー。

この小さな丸い形は、ラベンダーバンドルズを小さく丸く編んだもの。
良い香りがするのです。
南仏に行ったらこれを売っているお店に、是非是非行きたいと思っていました。
残念ながらそのお店、現在は小売していないとのこと。
しかし、思いもかけぬ形で私の元へと巡ってきました。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
本当にありがとう。あなた達の優しさに感謝しています。
南仏を想う時、必ず思い浮かべるのはラベンダーでありハーブであり、そしてあなた方の笑顔でもあるのです。
ラベンダーの香りが薫るとき、いつも思い浮かぶのは幸せな風景。
素敵な時間をありがとうございました。


以上で、フランスで買ったものは一応終わりです。

本当はまだまだ沢山あるのですが、
写真を撮る前にお土産(南仏のナヴェットとか)として渡してしまったり、

いちばんご紹介したいものは、意匠権(もしくは著作権かな)
に配慮してブログに載せることは諦めました。

大好きなお店と大好きな作品ですので、作家さんへ最大の敬意を表して。

拙いブログをご覧いただきありがとうございました。

次回は旅行記などでお会いしましょう



追伸:群馬のMちゃん遊びにおいでよ!

例のアレ、見たいでしょ?(笑)

イギリス行く前にね!






最終更新日  2013.08.01 00:08:58
コメント(0) | コメントを書く


2013.07.31
カテゴリ:フランス旅行 2013
フランスボタン色々.jpgボタン色々。
フランスで買ったもの1でご紹介していましたが、あまりにひどい画像だったので撮り直しました。

ウルトラモッドにて購入したもの。

あの店内の雰囲気はとっても素敵ですねぇ。

魅力的なものが沢山ありました。

一つのボタンの大きさは直径4センチくらい。

アシンメトリーな手前のボタンは色合いが絶妙なんです。

奥のボタンは一見、革のようにもみえるのですが、ココナッツボタンです。
エッフェル布地.jpgエッフェルが描かれた生地。

モンマルトルのREINEにて購入。

心から欲しいと思うような生地はやっぱり高くて、何にするかも決めないうちから買うことは出来ませんでした。

どうせならエッフェルがプリントされた物を!ってことで母と一緒にド派手な柄をチョイス。

でもこれって、Michael MillerのUSAプリントなのよね(笑)。

有名な生地なので知ってはいたのですが、記念買いです。

バッグの内布にでもしよっかな。
リコラ.jpgリコラキャンディ

パリに着いて3日目に風邪をひいてしまいました。

一端は良くなったものの、ヴェルサイユへ行った日の寒さで、も一度ぶり返し。

熱はありませんでしたが、喉の痛みと咳に苦しみ、リコラに救われた日々。

母と私で滞在中4箱買いました。

スイス生まれのおいしいハーブキャンディです。
風邪薬.jpgでも、ハーブキャンディでも夜の咳には効かないので、風邪薬も買いました。

日本から持って行ったのも母と二人で全て飲み尽くし、結局買うことにしたのです。

フランスには総合感冒薬がありませんので、カウンターに咳用・喉用・痰用と並べられた時は慄きました(笑)

結局そのうちの一種類だけ購入。それが一体何に効く薬だったのか未だ分からず(笑)

でもまぁ症状は楽になりました。

強すぎると怖いので、持参した薬カッターで割って飲みました。

←朝昼晩晩、飲む薬が分かれてるの!
かっわいい!!
カフェオレボウル2.jpgヴァンヴの蚤の市で買った、Sarregueminesのカフェオレボウル。

2011年のフランス旅行の際、アンティークのカフェオレボウルがあったら買おうと思っていました。

結局、コレ!と思うものには出会えず、欲しかったメーカーのものは柄が好みじゃなかったので購入するには至りませんでした。

でも、今回は出会っちゃいましたよ。

一目で恋に落ちました。

バックスタンプにはGAVOTTEと書かれています。

そのままじゃん!(笑)

かわいすぎて、涙でそう。
カフェオレボウル1.jpgそしてもう一つカフェオレボウル。
こちらはクリニャンクールの蚤の市にて購入。

地べたに置かれたワゴンの中から発掘。
ビリジアングリーンのガーランド柄に惹かれました。

バックスタンプはないけれど、MOULIN des LOUPSもしくはSt Amand Hamageの物ではないかなぁ・・・と思っています。

バックスタンプがないのは残念だけれど、だからこそ売れ残っていたのかも?とも思えるのです。

どちらのカフェオレボウルも超激安価格でした。

ガーランド模様の方なんて、フランスで買ったもの4でご紹介している水色の薬瓶と一緒に購入して値切っちゃったもんね(笑)

どちらも小さなお茶碗位の大きさ。
クッションカバー1.jpg大好きMADURAのクッションカバー。

MADURAはインテリアファブリック専門店。

2011年もクッションカバーを3つ買って帰りました。

今回も3つ。フランスに行くたびにコレクションが増えて行くのは嬉しいものです。

こちらはPARADISEと言う名が付けられています。

大好き鳥モチーフ。
クッションカバー2.jpgこちらは葉っぱが別布で縫いつけられていていたり、刺繍が施されています。

写真じゃちょっと伝わらないのが残念です。

腕前悪くてすみません(^_^;)
クッションカバー3.jpgこちらのクッションカバーの名前はAMELIA

これら3つのクッションカバーはすべて刺繍加工されています。

もちろんミシン刺繍なんですけど、本当に綺麗。

MADURAショップも含め、ヨーロッパのインテリアファブリックは息を吞むほど素敵!

毎回インテリアショップを覗くのは、目の保養と言う意味も含め、楽しみの一つです。
3つ並べて.jpg3つ並べて。

普段はこんな風に、3つ並べて飾っています。

私はクッションは普段から使うことはせず、もっぱら飾るのみ。

眺めているだけで幸せ~なのです。






最終更新日  2013.07.31 00:17:11
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.30
カテゴリ:フランス旅行 2013
レクリトワール1.jpgレクリトワールのとっても素敵なレターセット。

2011年に大量に買い込み、ストック抱えてますんで(笑)今回はたったのこれだけ。
(って言ってもセット販売の物を購入してます。写真では一枚のみですが)

後は、昨日ご紹介した母へのグリーティングカードを数枚と、母がエアメイルを送る用のカードを2枚買っただけ。

私にしたらセーブした方です(^_^;)

三角形と六角形。いつ見ても見惚れてしまう。

自分で便箋と封筒の配色を替えられるのも魅力的。

これはお友達へエアメイルを送る用に買いました。

勿論切手は記念切手。そして封緘は・・・
エクス・リブリス.jpgやっぱりエクス・リブリス!

こちらもレクリトワールにて購入。

これもすっごく素敵なので、毎回買い足してしまいます。

図柄は2011年に買った時と同じでした。

表紙の色が変わっただけ。

切手状になっていて、使いやすいのもまた嬉しい。

レターセットにエクス・リブリスで封緘して、記念切手を貼ってレンヌの街で投函したのは、もう3週間も前なのね!


そして貼って送った記念切手もお見せしましょうか?
エアメイル.jpgレンヌの郵便局で購入し、その場で貼ったもの。
印象派達の絵画。シスレー・モネ・ゴーギャン等々。
全種類貼った所をお見せしたかったのですが、すっかり忘れて全て投函しちゃった!これは、母が自分自身と父へ送った物。

記念切手をでエアメイルを送る場合、大抵は2枚貼ることになると思います。
何故なら、フランス国内発送向けのお値段設定になっているから。
日本でも国内は80円って決まってるでしょ?フランスも同じです。
時々、超有名な観光地(モンサンミシェル等)で海外エアメイル向けの記念切手(それだと一枚貼れば無事着きます)もあるのですが、大抵は違うのです。
記念切手を貼って投函したいって思うなら、切手を貼るスペースを十分取っておくことを忘れないでね!
フランスの切手.jpg更にコレクション用としても記念切手を買いました。

ちょっとシュールな絵柄が、なんとも魅力的なスタンプ。

郵便局で「記念切手を見せて」ってお願いすれば、たいていはアルバム状の冊子を見せてくれます。

この切手と同じスタイルの物は2011年にも購入しています。

実は、先ほどの印象派の絵画のスタンプも同じスタイル。

三つに折り畳めるようになっているんですよ。

そしてシール状になっているので、お手紙に貼るのも楽チン!
フランスの切手コレクション.jpg2011年の時に購入したものもお見せしましょう。

手前に置かれているものがそれです。

こちらは、表紙にmeilleurs voeuxと書かれていますね。

直訳すれば、最高の祝意。

「願いがかないますように」とか「幸あれ!」或いは「成功を祈る!」って事みたいです。

英語で言うグッドラック的な感じなのかな。

キラキラしたような可愛らしい図柄が多く、お気に入りのフランス切手です。
ドライラベンダー.jpgそうそう、南仏で参加したラベンダーツアーでは、勿論ドライ・ラベンダーを購入しています。

ゴルドの朝市で売られていました。

2011年の時にも買って帰ったのですが、随分長いこと香りを楽しめました。

また、お客様がお見えになると必ず「ラベンダー素敵ですね!」って褒めて下さるのも嬉しかったものです。

ラフィアにクルリと束ねられただけの無造作な状態が、ラベンダーには一番似合うと思う。

※ちゃんと検疫済ませてます。
新しく額装.jpgさて、2011年に買って帰ったラベンダーは花束状にして、額装していました(何かの本で見て、真似したもの)。

2年近くも楽しませてくれて、本当にありがとうね。

でも色も香りも褪せてきたので、2013年のラベンダーを使って新しくしてみました。

濃いヴァイオレットカラーが素敵なのです。
絵画風ポストカード.jpgモンマルトル・テルトル広場付近で買った絵画風ポストカード。

テルトル広場では、いい絵画があったら買おうかな?って毎回思うのですが毎回コレ!と思うような物には出会えません。

何周か見て回った挙句、1枚1ユーロって言うポストカードにしてしまいました(笑)。

でも私にはこれで十分!

だって、素敵なもの沢山買ったものね(^_-)-☆
塩キャラメル.jpgモン・サン・ミシェルのお土産『塩キャラメル』
なんか、パッケージが新しくなってますね。
2011年バージョンはこんな感じでした。
お味は同じですが、とっても溶けやすいんですよね。

夏場は持ち歩きにご注意です。



さて、今年のモン・サン・ミシェルはツール・ド・フランスのコースに組み込まれていました。
私は一年も前からホテルの予約をしていたのですが、そんな事とは露知らず。

宿泊した翌日が、ツール・ド・フランスだったのです。

前日に観光を済ませていたから良かったものの、翌日は終日お祭り騒ぎでした。
ツール・ド・フランス.jpg修道院のストとも重なって、母には悪かったなぁ。
本人は何とも思ってないのが不幸中の幸い。
修道院でストなんかするなって思います(^_^;)

そんなこんななMSM観光でしたが、ツール・ド・フランスの様子を間近で見られたのは面白かったです。

スポンサーの宣伝カーからはバラバラと色んな物が配られます。
私ももらってきましたよ(笑)。黄色いキャップは、ツール・ド・フランス2013の写真をネットで検索すれば、皆被っているキャップです(笑)。

青いものはレインハット(雨天時を考慮してかな?)

それと、Vittelの500mlのツール・ド・フランスボトルももらいました。

ある意味、本当に良い記念。
でもその後しばらくの間、自転車に恨みを抱いていたのは紛れもない事実。
だってナヴェットバスも止まっちゃって大変だったんだもん!(笑)(笑)(笑)






最終更新日  2013.07.30 00:24:12
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.29
カテゴリ:フランス旅行 2013
ラベンダー石鹸.jpg南仏で参加したラベンダーツアーではラベンダー農家を訪れ、アロマオイルを抽出する方法を見学しました。

ラベンダーは種類がとても豊富ですが、高い効能が認められ、香りも素晴らしいのは真正ラベンダーです。

確かに香りが違うのです。

そんな農家で販売されていたラベンダー石けん。

こちらは、ラベンダーを練り込んだもの。

農家で自家制作されたもので、朝市で売られている物よりも香りの広がりが素晴らしい。

セロファンで反射しています。

見づらくてゴメンナサイ。

2ユーロ
フロラム.jpgこちらは南仏の小さな町、サンレミにあるFlorame(フロラム)にて購入。

南仏でアロマのお店に行くなんて贅沢でしょ?

お昼休憩をしっかり取るお店なので、午後の開店前には数人が待ちあぐねていました。
私も母もそのうちの一人です(笑)。

えっと、ローズとオレンジフラワーを購入。

個包装されているものよりも、こうしてシンプルに石けんのみだとお安かったです。
2.8ユーロだったかな?

お店もゆったりとした広さで素敵なんですよ!
チロリアンテープ.jpg幅広のチロリアンテープ。

アヴィニヨンの、とあるお店にて購入。

チロルは気に入った柄があれば購入します。

こんなに綺麗なのは久々に見ました。

しかもかなり安かった。一メートル買ってくればよかったなぁ。

こういった柄だと、柄の配置によっては端をカットしなければならないことがあるでしょう?
うーん、残念。

何に使うか迷うのもまた楽し♪
大判タイル.jpgアンティークの大判タイル。

ヴァンヴの蚤の市にて購入。

2枚並べて売られていました。

えっ?と思われる方も多いでしょうが、茶色の方にはモルタルが付着しています。

これ落ちるんですよ。
大丈夫(・´з`・)

私、レンガをモルタルで積んだりもしちゃうのです。

で、モルタルは硬化してても平らな面なら比較的容易に落とせます!←女の語ることかしら?(笑)

どちらも素敵なモチーフで、アンティークの雰囲気ビシバシ。

素敵でしょう?
綺麗になりました.jpgほらね!

綺麗になりました。
綺麗なタイル.jpgアラベスク模様って言うのかな?

とても綺麗に描かれています。

ブラウンなので派手になり過ぎず、インテリアに溶け込みます。
ヨーロッパならでは.jpgこちらのタイルは植物模様。

茉莉花(ジャスミン)かしらね。

いかにもヨーロッパらしいと感じさせてくれる図柄。

経年変化でエクリュカラーとなったタイル地が、優しくそして暖みを与えています。

実際はこの画像よりももう少し黄色みがかっています。

15cm×15cm

いやぁ、良い買い物できたなぁ♪
エッフェルいっぱい.jpgこちらは、母が気に入って買った封筒(本当に封筒のみです)。

エッフェルがいっぱい描かれています。

一匹だけ紛れ込んだ子ブタちゃんが何やら良からぬ笑顔を浮かべて・・・(笑)

母がお友達にエアメイルを送るように5枚ほど購入。

もちろん、こちらの封筒にもフランスの記念切手を貼って投函しましたよ!
エッフェルカード.jpgレクリトワールで購入した、切り抜きが美しいグリーティングカード。

これは私から母への贈りもの。

繊細な切り抜きがうっとりするほど美しい。

PARISと書かれていても、いかにもじゃないところがエレガント。

母はレクリトワールへは行けなかったので、私が勝手にセレクト。

とても喜んでくれました。
私から母へ.jpgコチラのポップアップカードも私から母へのプレゼント。

レクリトワールで購入。

フランスって感じのものが盛りだくさん。

可愛くてオシャレで見ているだけで楽しくなってしまうカードです。

これはいつか、玄関に飾ろうか!って二人で画策しているところです(笑)ヒソヒソ

( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )






最終更新日  2013.07.29 16:49:40
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.28
カテゴリ:フランス旅行 2013
アンティークカード.jpgアンティークカード色々




クリニャンクールのMarche Dauphineにあるお店で買いました。

アルバムをパラパラめくって、

       コレ!

と閃く一枚を探しだすのも、醍醐味の一つ。



出発前には、ブログにて

「自分のお部屋に飾ってあるフォトフレームに入れる、素敵なカードを探してきます

と言って旅立ちました。
額縁に.jpgはい、ちゃんと額縁に収められていますよ。

エンボス加工されたビオラ(パンジーかも)がゴールド単色使いでシックに描かれています。

お気に入りの一枚。
シックなタッセル.jpgタッセルはフランスで買ったもの3でもご紹介していますが、更にUP。

まずは、色使いがステキングなタッセル。

こちらはサラリとしたリリアン糸で作られているタッセル。

ブラウン、クリームイエロー、ネイビーのパリシックな色使い。

ビーズ留めされているので、さりげなくキラリが可愛いでしょ?

こうしてお財布やポーチの引き手に使うのがいいみたい。
色違いタッセル.jpgさらにタッセル

こちらは2011年のフランス旅行でも購入しました。

その時は渋めのオレンジとグリーンを購入していますが、今回は落ち着いたモーヴカラーを選んでいます。

ブラウンとパープル


今回2013年の色の選択はすべて渋めよりになっています。

ファッション界がそうさせるのか、自分の好みなのか、どうなのかなー?

ファッション界では今年の『色』って言うのは数年前から決められているんですよね?
もしかして世間に踊らされてるだけかしらん?(笑)
ミニミニタッセル.jpgもひとつタッセル。

こちらはカルトナージュ用に購入したプチサイズです。

4センチ位の長さ。

ビーズ飾り付きで、淡目の色合いがどんな生地にも合いそうです。
KOOKAI1.jpgKOOKAIのニットソー。

KOOKAIって2011年にも買っているのですが、今回も購入。

デザインに好きな物が多く、大好きなブランドです。


レース模様に切り抜きカットされた、しなやかな合成皮革が、中央部(白い部分)に使われています。


65ユーロが40%オフ!
KOOKAI2.jpgこちらもKOOKAI

肩口がレース編みされていて、涼やかです。



65ユーロが30%オフ!
KOOKAI3.jpg更にKOOKAI

紺のカットソー。

同色で刺繍が施されていて、女性らしく可愛いです。


59ユーロでしたが、ごめんなさいこの子だけ割引率が分かりません。

恐らく50%オフじゃないかしら?と思います(^_^;)
ガーデンフック.jpgガーデンフック

お庭に付けようよ!

と母と一緒に買ってはみたものの、こういうのって意外と付ける場所に難儀するのよね・・・

ま、いずれ屋外のどこかに取り付けます。

10センチ四方のブリキにラベンダーやガーデン用具の素敵なイラスト。

アヴィニヨンの雑貨屋さんにて。

ラベンダーのイラストがひたすら南仏を想起させます。
アイアンバード.jpg私と母はガーデニングに嵌っているので、アイアングッズはついついお財布のひもが緩みます。


こちらはアイアンの小鳥ちゃん。


小柄ながらもしっかりとした重み。

体調4センチ。
かなりしっかりしたクリップなので、重みで外れる事はありません。

可愛いので2匹連れ帰りました。

サンレミの町にて。



まだまだ続きます。

っていったいどんだけ買ったんだって話ですよ。
(^_^;)






最終更新日  2013.07.29 16:53:46
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.27
カテゴリ:フランス旅行 2013
MERCI.jpg2011年のフランス旅行では行けなかったmerciにも、今回は行ってきました。

パリでも屈指のオシャレスポットですね。

パリ在住と思しきマダム達が買い物かごにポンポン放り込んでいたのは印象的。

残念ながら、私にはあまり食指の動くものがなかったかな。


でも、やっぱりこれだけは買っちゃいました。
MERCI2013.jpgMERCIオリジナルチャーム付きブレスレット。

見ているとお値段の違うものが数種。

尋ねると、お値段の少し高い物は2013のチャーム付きだそう。

これはもう買うしかないでしょ。

母の分と二つ。

2013年のフランス旅行記念に。
素敵な包装.jpgこの素敵すぎるラッピング。

南仏はサンレミにある

ラ・プティ・デュックのもの。
美しい.jpg中身はこのように。

美しすぎでしょう。
デュックの真髄.jpgハート型のボックスは蓋を開けるとこのように。

デュックの真髄とも言える、カリソンとクッキー、砂糖漬けなどの詰め合わせ。


フレンチシックなメタル容器。


日本でも買うことができますが、サンレミで買うってことが贅沢だと思いませんか?
媚薬のような.jpgこちらは、試験管をイメージした容器に入ったパート・ド・フリュイ。

一粒ずつ小さな形。

何やら媚薬が調合されているかのような雰囲気。

素敵すぎます。

ガラス容器なので持ち帰るのにちょっと気を使いますが・・・2本も買ってしまいました。

食べ終わったらフラワーベースとしても使えますね。
エマイユ.jpg前回も購入しましたが、今回も追加で購入。

エマイユのブローチ

木靴にお花のロマンチックモチーフですが、エマイユが甘さを引き締めています。


今回はシックな色をチョイス。

微妙な色合いを楽しんでいます。
PATAUGAS.jpgPATAUGASのフラットシューズ。

BHVの中のショップにて購入。

フィッティングした時、足に纏わりつくようなフィット感にビックリしました。

デザインも超好み。

7月のSOLD期間だったため、129ユーロが50%オフの65ユーロ。

このブランドの事は何も知らずに購入したのですが、PATAUGASの使用するタンニンなめしの皮は、エルメスなど限られたブランドだけが使用する事を許された革を使っているんだそうな。

道理で!

フィット感が違うわけだ。

でも、これ履いて日曜大工センター行っちゃってるけどね(笑)。
メモパッド.jpgえっと、確かこれもBHVで購入しました。

エッフェルが小さく書かれたブロックメモ。

紙の縁の色が鮮やか。

グレーやイエローがありましたがピンクをお持ち帰り。

ただ単にエッフェルが書いてあるだけじゃん!

とお思いでしょうが(まぁ、そうなんですが)
開くとエッフェル.jpg表の紙をクルリとひっくり返して畳むと、エッフェルがピョコンと立つようになってるんですねぇ♪

これが、机の横に置いてあったら可愛いなって想像してしまったら、買ってしまいました。



えっと、まだまだ続きます。
ちょっと疲弊気味(^_^;)






最終更新日  2013.07.27 00:06:42
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.26
カテゴリ:フランス旅行 2013
モロッコタイル.jpgパリ・セーヌ川沿いの小さなお店にて二枚購入。

その後、南仏の雑貨屋さんでも見つけて、3枚追加購入。

合計5枚買いました。
(スミマセン、写真掲載は4枚のみ)
(^_^;)


モロッコのタイルとおっしゃられていました。

モロッコのタイルをパリで買って日本へ持ち帰る。

複雑な経路を経てようこそ我が家へ~。
薬瓶.jpg古い薬瓶

左側はヴァンブの蚤の市にて入手。

ハートの持ち手が素敵過ぎ

水色の小瓶はクリニャンクールで入手しました。

ビタミンDと書かれています。

店主さんが、元気モリモリ!ってポーズ付きで説明してくれました(笑)。

お茶目で素敵な店主さんでした。
壺.jpgレンヌの街を歩いている最中、ふと見つけた雑貨屋さんにて購入。

壺・・・みたいな形の(笑)小物入れ。



作家さんが作るところを見せてくれました。

良く見ると、コンセント模様が書かれていますよ!
りんごクッキー.jpgモン・サン・ミシェルのお土産。

林檎クッキー。

大人気の品ですね。

売り場でも残り少なかったです。

林檎の香りが芳醇。
プーラールクッキー.jpgこちらは、日本でも入手しやすいプーラールおばさんのクッキー、キャラメル味。

モン・サン・ミシェルのホテルで食べようと思って買ったのに、母に食べちゃダメ!と叱られて、日本まで持って帰りました。

いや、普通にスーパーで売ってるじゃんって言っても聞く耳持たず。

フランスで買って、日本に持ち帰る事に意義を見出している母なのでした。
マフィンとマドレーヌ.jpgフランスで買ったもの1でも紹介していますが、あれはアパルトマンで食べた物でした。

こちらは、日本へ持ち帰ったもの。

マドレーヌは個包装になっていますが、チョコレートマフィンは個包装ではありません。
ご注意あれ。

濃厚なチョコレートの味ですが、甘みは強くなく、本当においしいです。

一口サイズなので、ポイポイッと。

ついつい食べ過ぎちゃうのよね~。
フェルベールのジャム.jpgお馴染、フェルベールのコンフィチュール。

前回も購入しましたが、今回も!

カシスを購入してみました。

お味は今後のお楽しみ。
フラゴナール.jpgルーブルの地下、フラゴナールにて、フラワーベースを購入。

エッフェルや凱旋門・サクレクールのイラストが切手風に描かれています。

ステンレス素材に鮮やかなペイントです。

高さ15センチ
バンドルズ.jpgラベンダーバンドルズ

南仏はゴルドの朝市でお姉さんが作りながら売っていました。

翌日、サンレミの朝市でも同じお姉さんに遭遇してもう一本追加購入。


2011年の南仏では出会えなかった(探していたのに)ので、今回購入することができてすっごくすっごく嬉しかったものの一つです。


最高に華やかな良い香りがします。
ブリキのトリ.jpgブリキの鳥ちゃん。

鳥モチーフの雑貨好きとしては買わずにいられません。

こちらもブログで見て、購入しようと思っていた物の一つ。

サン·マルタン運河沿い、アントワーヌ・エ・リリ・デコにて。

連ねて使っても可愛いよー。






最終更新日  2013.07.26 00:20:05
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.25
カテゴリ:フランス旅行 2013
タッセル1.jpg大好きなモンマルトルのタッセル屋さんにて購入。

微妙なカラーの違いに迷うこと数十分。

私と母の2個分を残して全てお土産として旅立っています。

タッセルは他にも沢山買いました。

また後日!
バター各種.jpg前回2011年にもしっかり買って帰りましたが、

今回もバターを。

マリーアンヌ・カンタンと
ボルディエそして
パスカル・ベイユヴェール

今回は前回よりも持ち帰り方法をグレードアップさせました。

ですので、真夏の南仏からでも安心して持ち帰る事ができました。

いつかブログに記載する予定です。
ブイヨン.jpgBIOのブイヨン。

前回買って帰ってとても美味しかったので、今回は多めに購入。

お料理好きの方にも一つ差し上げました。


ポトフやシチューに欠かせません。
クッキー.jpg南仏はサンレミにある、ル・プティ・デュックにて食べ歩き用に購入。

あ、勿論お土産も購入しました←後日掲載


これを食べてお水を飲んで、サンレミの朝市を眺めたものです。

サブレとジャムを挟んだチョコレートクッキー。

母と二人で一枚ずつ!
ジャム.jpg宿泊したシャンブルドットにて。

ご主人が、お庭で採れたイチジクをジャムにしてくれました。

日本へのお土産用にと戴いたもの。


採れたてのそのままでもとてもおいしかったイチジクは、更に濃厚な味になって。

思い出と記憶に残るジャムです。
プロヴァンスそのもの.jpgシャンブルドットの朝食では、トマトの上にハーブ・ド・プロヴァンスとオリーブオイルそして、カマルグのお塩をかけたものが出されていました。
これが、絶品!なのです。

ハーブ・ド・プロヴァンス(読み方としてはエルブ・ド・プロヴァンス)とは、南仏で採れるハーブをミックスしたもの。

お店やお家によって配合が変わりますが、「何と言っても大切なのはタイムです」

そう言ってシャンブルドットのご主人はお庭でハーブを摘んで、差しだしてくれました。

左がタイム、右がローズマリー。

日本に帰国して同じようにトマトのサラダを作ったら、一気に南仏の香りが溢れだしました。
ラベンダーの香り.jpgこちらも記憶に残る
      ラベンダー畑




ラベンダーの香り

PRICELESS!!!


南仏 ソー村にて
ラベンダー.jpg南仏ではラベンダーツアーに参加しました。

火曜日だったので、ゴルドの朝市へ。


ゴルドの朝市にて売られていた、ラベンダーと麦をブーケ上にしたもの。

美しく、香り高い。
ジャムいっぱい.jpgホテルの朝食に出ていたジャム。

お土産用にも。
空きビン.jpgこちらはボンヌママンのプチサイズジャム。

カフェに入ってタルティーヌを注文したら、付いてきました。

カフェの方に許可を得て、瓶をお持ち帰り。

クリップ入れたりするのに活躍します。

右は、ボンヌママンのクレームブリュレの空き瓶。

可愛かったのでスーツケースが重くなることを覚悟で持って帰ってきました。



続く。






最終更新日  2013.07.25 00:10:09
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.24
カテゴリ:フランス旅行 2013
アニスキャンディ.jpg昨日に引き続き第二弾

今日も買ったものは続きます。




アニス入りキャンディ

キャンディの芯にアニスが入っています。

味は・・・うーん(^_^;)



普通のミント味を買う方が良かった気もします。

こちらはカシス味。

ま、パケ買い・・・です。

主に鑑賞用(笑)。
タイル.jpgモン・サン・ミシェルのタイル。

思いっきり観光客用のお土産ど真ん中の商品です。

私オンリーだったら買いませんが、母が欲しい!と言い張ったので買いました
(;´∀`)

タイルは後日、他の品も載せますんで今日は許して。
化粧水.jpg普段使っている化粧水。

日本で買うと3000円以上しますが、夏のセール中。

10ユーロで買いました。

余りの安さに店員のお姉さんを抱きしめそうに!(笑)

←旅先で既に使い始めてます。
マカロン.jpg王道、ラデュレのマカロン。

これはシャンゼリゼ店にて購入し、食べ歩き用です。

しかし、母も私もマカロンはエルメ派です(苦笑)


上から

シトロン

キャラメル

ピスタチオ×2
マカロン2.jpgシャンゼリゼ通り、ラデュレからもすぐ。

次のお店はラ・メゾン・デュ・ショコラのマカロン

ラデュレのを2個食べた後だったのでアパルトマンへお持ち帰り。

味の記憶もすっかり食べ干してしまったようです。

た、多分、おいしかったと思います。

(;´∀`)
ポワラーヌ.jpgポワラーヌのサブレ

コチラはお土産用に7箱購入。

自宅用は前回の旅行で沢山買って帰ったので、今回はパス。

なもので、開封している写真はありません。

現在全て御嫁に行ってしまいました。

(´Д`)ノ~~
フルーツ.jpgペシェ・ブランシュ

     と

  ネクタリン



とてもおいしいので、母が桃を何度も食べたがって、滞在中5回位食べた気がします。

日本の白桃と同じようにおいしい。

そして数倍食べやすいのです。

また食べたいなぁ。

踏みつぶしたような形がとても愛らしい平桃です。
チョコレイト.jpgモンマルトルのレトワールドールにて購入。

アンリルルーのチョコレイト柚子抹茶

ベルナシオンのホワイトチョコレイト

どちらもタブレットで。

どちらのタブレットもラス1の物でした。

間もなくお店が夏休みに入るとの事で、仕入れをSTOPさせている為のようです。

観光客の方、要注意ですぞ。


そしてアパルトマンで食べる用にボンボンショコラも買いました
チョコレイト2.jpgボンボンショコラもショーケースの中が品薄。

前回の旅行の時に買って帰った記憶を蘇らせて、美味しかったものをセレクト。

ま、どれもおいしいんですけどねー。

お酒が苦手なことはしっかり伝えて店員さんとも相談です。

一番手前の珈琲味のものがおいしかったなぁ。

ベルナシオンのノワゼットも!

ドゥニーズおばさんと母が、意気投合してたのが面白くて、すっごく楽しい時間をお店で過ごしました。

最後は3人でスリーショットの写真を収めて帰ってきました(笑)

おばさん、ありがとー!
チャームとボタン.jpgモンマルトルのボタン屋『Dam boutons』にて購入。

手書き風、ゴールドのラインが入ったボタン

アイロン型したチャーム(母が購入)

そしてエッフェルのチャーム。





まだまだ続きます。






最終更新日  2013.07.24 00:24:29
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.23
カテゴリ:フランス旅行 2013
勿論エッフェル.jpg
ただいま!

19日に無事帰国致しました。

今回は母とのフランス旅行です。

7月2日に日本を出発。

パリではアパルトマンに滞在し、後半4日間は南仏へ回りました。

とても楽しい思い出深い旅となりました。

母はお友達に会うたびに羨ましがられ、

次回は一緒に連れてって!とまで言われているようです(笑)

南仏はなかなか行けないですからね。(・v・)フフフ…


帰国した翌日は12時間ぶっ通しで寝続け、漸く昨日位から始動した気分。

それにしても、買ったものが多すぎて撮っても撮っても終わらない。

旅行記なんて書くのは、その先の先のそのまた先位になっちゃうので、

とりあえず買ったものとかアップしよっかな。

説明等は、いつか書く予定の旅行記の中でフォローしていきます。


フランス土産1.jpg到着したその日に買った物たち。

アパルトマンなので、その日食べられる物と翌朝の朝食とか。

お気に入りmamie novaシリーズのヨーグルトは母も大好きになってしまって、毎日のように食べてました。

やっぱり乳製品旨し!
フランス土産3.jpgマリー・アンヌ・カンタンのフロマージュブラン。

前回2011年の時はバターだけの購入だったので、今度こそ。

ジャムをかけて食べると美味しかったです。


脂肪分は少し高めをチョイス。
フランス土産2.jpgウルトラモッドでボタンをいくつか。

店内で撮ったんだけど、フラッシュ焚いちゃったよ
(´Д⊂グスン


大きなサイズの素敵ボタンは日本にはないので♪

小さく見えますが、直径4センチくらいありますよ。
フランス土産4.jpgお馴染アラン・ミリア。

こちらは、ボン・マルシェにて購入。
2ボンヌママン.jpgこちらもお馴染ボンヌママン。

マドレーヌは個包装になっているので、配り土産にグッジョブですね。


そこらのケーキ屋さんの物より数段おいしいです。
ボンヌママン.jpgそしてこれはボンヌ・ママンのクレームブリュレ。

蓋の上に乗っているのは、キャラメリゼされたお砂糖です。

それを振りかけて戴きます。

もう言うこと御座いません。

ガラスの容器に入って、見た目もキュートです。
キーチャーム.jpgバッグに付けるキーチャームを探していました。

大好きBHVにて購入。

母の分と二つ。

こんなに可愛いキーが3つも入って5ユーロ位だったかな。

バッグに付けて楽しんでます。
キーチャーム手作りキット.jpgこちらもBHVにて購入。

先ほどのキーチャームと言い、このシリーズはすっごく可愛くて、全部買い占めたくなっちゃった!

こちらは、キーホルダー(もしくはバッグチャーム)を作るキット。

15分で作れる!なんて書いてあります。

母と一緒にアパルトマンで作ったら楽しいかなぁって思って買いました。
完成図.jpgはい、こちらが完成品!

かっわいい!

サテンリボンが4本、それを黒いコットンリボンできゅっと縛ります。

その後、ハートのフェルトとエッフェルのチャームを両端に。

割りピンをお好きな位置に付けたら、リボンの端をカットして終わりです。

とても簡単!

母と二人でかばんに付けて後半の旅行に臨みました。

詳細はいつかブログで!
奇跡のメダイユ.jpg有名な奇跡のメダル教会のメダイユ。

プレゼントするように多めに購入しております。

綺麗なブルーがいい!って言って母が買いました。

私は前回のフランス旅行で購入済みですので、今回は母だけ。

お友達もとても喜んでくれたみたいで、良かった良かった。
手紙.jpgレクリトワールにて購入のカードと封筒のセット。

とっても可愛いイラストにカラフルな封筒。

母は、このカードと封筒でお友達へエアメールを送りました。

余りに素敵だったので、切手は記念切手を買って貼ってあげましたよ。

母は自分へもエアメールを一通。

一生の記念でしょう。





買ったものはまだまだ続きます。






最終更新日  2013.07.23 00:06:36
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.