087661 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

テレビっ子ブログ

PR

X

全118件 (118件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

ビジネス

2018.12.31
XML
カテゴリ:ビジネス

久しぶりの更新です。

最近、自分の価値について考えさせらえることが多くなったので、
客観的に分析してみようと思いました。

同じ会社の中で働いていたら,「言われたことはちゃんとやっている」、
「あの人より頑張っている」、「役職についている」などで
自分の価値を計っている
と思います。

これは、あくまで主観的に見て良し悪しを判断している訳で、
自分の年齢に対して、ステークホルダー(顧客、会社、上司、
部下、後輩、取引先)が期待する価値を満たしていると
言えない
かもしれません。

ここからが本題です。

まず、私の年代(30代後半)の社会人の一般像として、

 ・社会人経験が、15年前後(中堅社員)
 ・係長相当(早い人だと課長)
 ・年収600万前後(システムエンジニア)

これらキーワードから私の会社と各サイトの内容を合わせながら

(1)30代後半が期待される立場は、
 □自分の判断で業務をこなせる。
  → 業務をこなす上での必要スキルを備えており、指示なく業務をこなせる。
 □チームを引っ張る。
  → 目標を定め、目標に向かってチームメンバに指示が出せる。
 □後輩に対して、業務を教える。
  → 仕事の意義、背景、プロセスを教える。
 □現場と管理職との架け橋
  → 現場の状況を報告・連絡・相談する。
    (ただ報告・連絡・相談するだけではなく、簡潔で自分の
    意見が入っていないとダメです。)

(2)先を見据えて課長を意識した上で、期待される立場は
 □他のチームの動向を意識する
  → 将来、自分以外のチームをマネージメントすることになります。
 □チーム・組織の強化方法を考える
  → 体制・コミュニケーション・スキル等何をすれば強化されるかを考える。
 □新しい仕事を考える。
  → 商品力の向上、今後の案件、有望顧客について考える。

(1)は、今までやってきた過去事例,(2)は、自分の考えや思いを説明できれば、
30代後半としての市場価値を満たしていると言えるのではないでしょうか?

40代になると(2)は、過去事例,そして新しい(3)を見据えるようになります。
それは、追々記事にしたいと思います。

まずは、(1)と(2)を紙に書き出してみてください。

ついでにこちらもどうぞ。
今の会社って大丈夫ですか?
常に考えよう!
勝手に今後のIT業界が進む道を考えてみた
自分のキャリアを考えよう!
どうすれば出世できるか?






Last updated  2018.12.31 19:08:58
コメント(0) | コメントを書く


2018.08.26
カテゴリ:ビジネス
久しぶりの更新です。

夏休みに色々と将来について、考えさせれることがあったので、
自分の考えをまとめてみました。

突然ですが、仮にあなたが、戦国時代の今川義元の大名だった場合、
どうしますか


未来を知っている人だったら、徳川家康に着きますよね?

では、未来を知らなかったら、徳川家康につけなかったかというとそうではないと思います。

たぶん、義元がいなくなって、意見が通らなくなったり、待遇が悪くなったり、
裏切る家臣が出てきたりと予兆があった
と思います。

そんな中でも他国の状勢を収集し、対策していた人は、
次に仕えるべきリーダはどこかを見定め、機会に乗じて行動に移すことが
出来た
と思います。

では、現代版で置き換えてみます。

仮にあなたが、シャープの社員だった場合、どうしていましたか?

屋台骨のテレビを中国勢に押されて売れなくなり、徐々に
ボーナスが減ったりやら、社内の雰囲気が悪くなっていったり、
リストラがあったりしたんだと思います。

それを早く察知した人は、辞めて将来性のある会社に移ったと思います。

では、将来性が分かるかって話ですが、過去と今を分析してみましょう。

東洋経済に以下の記事がありました。

過去10年で売上高が減った500社
過去10年で売上高が増えた500社

売上が落ちた業種は、家電,鉄道,百貨店,パチンコ機器,石油
売上が増えた企業は、自動車,小売,部品機器,化学
といった所でしょうか。

家電,パチンコ機器は、自動車,部品機器
百貨店は、小売
石油は、化学
に移っていれば、将来性を見通せたと言えますね。

将来性を見通せたかというと家電は、コモディティ化していたし、
若者のパチンコも離れという話も出ていました。

地球温暖化を考えると石油への依存度を減らしていこうという
流れも分かります。

逆にファストファッションや自動運転,IOTというキーワードから、
現在業績のいい企業と結びついています。

ニュースで流れている内容に沿っているみたいですね。


現在ニュースでは、AI, 仮想通貨, 5G, AR/VR, ロボット,
ドローン,インバウンドといった記事が取上げられていますね。

手堅いのは、AI,5G,インバウンドでしょう。
(インバウンドは、他よりも規模が小さいという欠点があります。)

逆に化けるのが、仮想通貨とロボットですかね。

危ない産業は、自動車だと思います。

EV化が進むとテスラや中国の自動車メーカへシフトしていく可能性は、
大いにあります。

昔は、中国で家電を作ることはできなかったと鼻で笑っていたのが、
今の自動車なのではないでしょうか?

正直、情報の流れが速くなってきたため、時代の流れは、
昔よりかなり早まってきたと思います。
(20年前は、TVCM,雑誌,仲間の口コミでしか商品をしれませんでしたが、
今は、スマホで調べればすぐに情報を手に入ります。)

おかげで、想像もしなかった会社が、大きくなったり、
逆に大企業が、力を失ったりということが起きつつあります。

入社してから、定年まで同じ会社に勤めながら、給料が上がっていく
という人は稀なのではないでしょうか?

常に市場と自分の価値を測りながら、臨機応変に生きていくことが、
求められていくと思います。

P.S.
最近脱プラスチックの動きがあるので、プラスチック製品の製造販売
している会社は、早急に代替素材を開発しないと厳しいと思います。

ついでにこちらもどうぞ。
需要があって、他の人がやらないことをやろう
常に考えよう!
勝手に今後のIT業界が進む道を考えてみた
自分のキャリアを考えよう!
働き甲斐のある会社とは?
日本の家電メーカが生き残る道は?
日本の電気メーカーがテレビで負けた理由とは?






Last updated  2018.10.21 15:59:33
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.10
カテゴリ:ビジネス

11月のツイートの中で、おもしろそうな物を
ピックアップしてみました。

■ビジネス(人間関係)
 ・自分で自分を説得しながら、進んでいかないとダメ。
 ・何もかもがうまくいかないとき、思い出したい10の考え方
 ・人間って、本音と建て前が、ある
 [コメント]
  「何事もはじめからうまくいく筈はない。だけど、うまくいかせる」という
 前提で取り組まないとダメだね。
  それと今のストレスは、一生続く物ではないし、長く続くのであれば、
 必ずリターンも大きいはず。逆にストレスが長く続く原因を分析して、
 解消するその方法を模索した方がいい。

■ビジネス
 ・MSの元CEO、iPhoneへの完敗認める「参入遅すぎた
 ・年収が高い人は歩くのも速いことが判明!
 [コメント]
  本当に世の中は、速い物勝ちって思う。
  しっかりと市場や周りの動向を確認しておいて、これは、勝機があるなっと思えるなら、
 さっと勝機がある方に乗り移るの正解だよ。


■自動車関連
 ・トヨタ、「つながる車」のプラットフォーム構築
 ・トヨタ「移動サービス提供」宣言
 ・今後2年間で:インテル、「完全自動運転技術」に2億5000万ドル以上を新規投資へ
 [コメント]
  日に日に自動運転の熱を帯びてきた気がする。
  もちろん、トヨタ自動車みたいな大企業ならいざ知らず、弱小企業が、
 自動運転を作る会社になれるわけもなくて、「じゃー、自動運転を開発
 している企業のニーズは何なんだろうとか、自動運転時代になったら
 どんな物が必要で、自分の会社がどうやって関わっていけるんだろう」
 って考えないといけないし、周りの情報も積極的に収集していかないと
 生き残っていけないね。

こちらもどうぞ。
9/10月のツイートまとめ
8月のツイートまとめ
5/6月のツイートまとめ
4月のツイートまとめ
3月のツイートまとめ
2月のツイートまとめ







Last updated  2016.12.10 20:18:36
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.13
カテゴリ:ビジネス
2016/11/13放送 がっちりマンデー

今回は、「そとアソビ」というテーマで、紹介されていました。

そとアソビとは、バンジージャンプとかラフティングとか
外で遊ぶ事をいいます。

今回は、創意工夫をしている会社さんが多かったので、
なかなか面白かったです。

その中で、特に目を引いたのは、アソビューという会社で、
日本全国の遊びをインターネット上で予約購入ができる
サービスを運営している会社
です。

ダイビングやシュノーケリングをサービスを運営している
会社は、地方の小さい会社が多く、電話しても出れない
ことがよくある
そうです。

そこに目を付け、全国津々浦々の事業者をまとめた
予約サイトを作り、手数料として利用料金の10~20%を
もらって運営している会社です。

意外とありそうでなかったサービスですね。

他の業界でも例えば、nutteという会社は、職人と
デザイナーをマッチングするサイト運営していたり、
akippaという会社は、駐車したい人と駐車場を
貸したい人のマッチングをしていたり、
バリューゴルフという会社は、ゴルフをしたい人
お一人のゴルファーをマッチングするサービスを
提供しています。

こういうのがあればいいなぁであったり、
もったいないなぁーというのは、意外とニッチな
内容であってもビジネスになる
可能性があります。
(ニッチでもシステムは、同じなので、一つが小さくても
 数が集まれば、十分やっていけるんだと思います。)

他にも同じような案件を探してみてはいかがでしょうか?

あわせてこちらの記事もどうぞ。

需要があって、他の人がやらないことをやろう
この会社のビジネスモデルがおもしろい!
規模を大きくすることはいいこと!?
自分の好きなものを作ろう!
まずは、テーマを持とう!
IT化のススメ









Last updated  2016.11.13 12:10:46
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.06
カテゴリ:ビジネス

9/10月のツイートの中で、おもしろそうな物を
ピックアップしてみました。

■ビジネス(人間関係)
 ・入社当初の情熱が数年で消えてしまうのはなぜか?
 ・嫌われる勇気を持て
 ・リーダーシップ は、難しい。
 [コメント]
  人間は、自分がやっていることが正しい、間違っていないと正当化しないと
  やっていけない一方で、周りの人間の意見や反応で"合ってる","間違って
  いる"を判断します。
  そうすると自分のやっていることへの対する反響が、周りから得られない
  (正当化できない)状態が続くと不安になるんだと思います。
  自分のやっていることの将来をイメージしながら、「将来こうなるから、
  今やっていることは、正しいんだ」と言い聞かせないと精神的につらいん
  だと思います。

■ビジネス
 ・スキマビジネス特集
 ・アサヒビールの居酒屋向け卓上サーバー
 ・アートじゃなくても短時間で、さっとしてくれるというニーズは多い
 ・面倒が、解決出来る環境が整って来た
 [コメント]
  人は、簡単で便利が好きです。別にニッチでも構わないので、
  そんなニーズがないか探せば、ビジネスになるかもしれません。

■自動車関連
 ・アウディがドライバーの状態監視技術の開発を強化
 ・NVIDIAとバイドゥ、AI活用の自動運転車プラットフォーム開発で提携
 ・スズキとソフトバンクが自動運転を共同開発
 ・ルノー・日産がソフトウェア開発会社を買収
 ・ルノー日産がコネクテッドサービス基盤を共通化
  [コメント]
  自動車のネットワーク化がどんどん進んできているのが、感じられますね。
  自動車のIT関連は、2020年位まで、色々と仕事がありそうです。

■ドローン関連
 ・ドローン墜落の1番の原因は、人為的ミスではない
 ・東京江東区にオープンしたドローン飛行場
  [コメント]
  ドローンに投資する所が増えてきました。
  ただ、車のように一家に一台って感じには、まだなりそうにないですね。
  ただ、車も昔は、危ない乗り物だったので、長い目で見ると化ける
  かもしれませんね。

こちらもどうぞ。
8月のツイートまとめ
5/6月のツイートまとめ
4月のツイートまとめ
3月のツイートまとめ
2月のツイートまとめ




ソーシャルメディアを仕事に活かす本 フェイスブック、ツイッターをもっと使いこなす85のノウハウ / 星野有香 【単行本】






Last updated  2016.11.06 12:43:32
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.19
カテゴリ:ビジネス


電通の新入社員の過労自殺のニュースでみて、
人ごとに思えなかったし、考えさせられたので、
記事にしてみました。

まず、元気な内に頭の片隅に置いておいて欲しいのは、
「やめるという選択肢もあり」ということ
です。

たぶん、思い詰めている人に対して、「しんどいなら
やめてももいいんだよ」といっても余計悩みます。

なので、悩む前に知っておいてもらいたいです。

確かに世間一般では「やめる = 途中で投げ出した」という
印象があり、イメージはよくないですが、「やめる = 不幸になる」
ではない
です。
(逆にそこから学んで成功している人もいるくらいです。)

例えば、数学者の秋山仁さんは、大学院に進学できなかったり、
留学しても論文を投稿できずに帰国したりと転々としたよう
ですが、テレビでも紹介される有名人になっています。

ニトリの似鳥社長も家具の事業で倒産寸前になった時、
なぜかアメリカに渡航し、その際アメリカの家具の安さから
ヒントを得て、今のニトリがあります。

他にもいろんな仕事をやってみたものの長続きせずに最後に
やった今の仕事が天職だったという話もよく聞きます。

なので、「やめる = 不幸になる」という訳ではありません。

また、個人的には、入社は、家の購入に例えて考えれば、
いいんじゃないかなと思っています。

家を買って、1,2年位で売却しても極端に値が下がりません。
逆に売却してもっと優良物件に巡りあう可能性もあり、
その後の50,60年の期間からすれば、人生の最初のでき事で
あり、その後を大きく左右する程のことでもないです。

それと同じで大手企業に入って、1,2年で会社を辞めて、
転職してもその後の50,60年の人生を大きく左右するほど
のことと思えません。

(逆にそれに私の知り合いは、超大手企業に入社6年目にして、
子会社に転籍なっています。まるで優良物件と思って
住み続けていたけど、実は雨漏りしていた感じですよね)

また、いい物件(大手企業)だと思って購入したが、
不良物件(ブラック企業)だった場合、そんな所に
一生住み続けるんですか?
って思うと考えが変わりますよね。

よって、もうこりゃダメだなと思った時にその会社をやめる
は選択肢としてありだと思います。

逆に有休を使って、転職活動する位の図太さを持った方が
いいかもしれません。


最後に余談ですが、部下を過労自殺にまで追い込む上司って
どうなんですかね?

私は、ビジネスって野球と一緒と考えています。

「上司は監督/コーチ」、「部下は選手」とした場合、
問題の上司は、投手の肩を壊す位まで連登板させる
監督と一緒
です。

たぶん、この上司の方は、監督なのに未だに選手みたく
トレーニングに励んでいて、周りの選手をみれておらず、
「俺なら、全試合出てヒット位打てるよ」って感じ
なんでしょう。
(皆が、現役の野村監督のようにはいきませんよ。)

後、会社側を擁護しておくと、私は社員に優しい会社は、
永続しない
と思います。
(優しいの考え方も色々あるとは思いますが。)

例えば、好き勝手に練習して、厳しいことを一切言わない
野球部が、試合に勝てますか?っていうのと一緒です。

時には、上司が部下に対して、厳しいことやシビアなことを
言ったり、ルールを守らない社員を叱るのも当然
だと思います。
(但し、怒ってはダメです。)

要するに仕事は、厳しい物です。ただ、その厳しさは、法律や
節度の範囲にしましょう
ってことです。

こちらもどうぞ。
日本の職場にも部下に「ありがとう」と伝える文化を!
ダメだったら、その時考えよう
どうすれば出世できるか?
自分のキャリアを考えよう!
働く理由は、給料だけじゃない?
「しない」も時には重要!?
オレ流部下の育成方法とは?
幸せになるにはどうすればいいか?
怒ると幸せが逃げる!?




ソーシャルメディアを仕事に活かす本 フェイスブック、ツイッターをもっと使いこなす85のノウハウ / 星野有香 【単行本】






Last updated  2016.10.20 02:30:15
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.04
カテゴリ:ビジネス


8月のツイートの中で、おもしろそうな物を
ピックアップしてみました。

[ビジネス]
 ■ついに自動運転タクシーが試験運用!

  やっぱり、アメリカは、スゴイ国だと思う。
  日本だったら、実証実験で、決められた場所を数台で試験を
  1年間やって、お役所に報告してって流れだけど、そんなこと
  やってたら、いつもで立っても実現できない。
  その点アメリカは、まずはやってみようって姿勢が、スゴイ。

 ■人を見る目は、重要
  人徳って大事
  
  大河ドラマを見ていると人を見る目は重要と感じる。
  織田信長が、秀吉を重用したことや黒田官兵衛が織田に着くことを
  決断したのを見て、自分の上司や部下を決める時は、見る目が
  求められるんだなと痛感する。
  また、石田三成に人が集まって来ないのを見て、周りの人は、
  自分を見ているんだなって思うね。

 ■優先順位をつけなければ「いくら働いても仕事は終わらない」

  これは、そうだと思う。割込みの内容が、入ってくる可能性が
  高いので、予定通りにいかないことは、しばしある。
  そうなってくると一日に働ける時間は、決まっているから、
  都度優先順位を決めてやらないととてもじゃなけど終わらないね。

 ■イタリアと日本の一人あたりのGDPがほぼ変わらない
  厚切りジェイソン、目的不明の資料づくりをさせられるサラリーマンにダメ出し

  やっぱり日本は、生産性が低いんだと思う。
  生産性が低い原因は、費用対効果の計算の弱さ。
  
  今やっている自分らのビジネスは、いくら
  投資をしていて、いくら儲かってるんですか?
  自分のやっている作業は、どれだけ時間を
  使って、どれほどの効果があるんですか?
  ってことを考えずに既存のビジネスだから
  とか、いつもやっていることだからって
  理由で続けちゃう所に問題があると思うん
  だよね。

こちらもどうぞ。
5/6月のツイートまとめ
4月のツイートまとめ
3月のツイートまとめ
2月のツイートまとめ




ソーシャルメディアを仕事に活かす本 フェイスブック、ツイッターをもっと使いこなす85のノウハウ / 星野有香 【単行本】






Last updated  2016.09.04 20:53:56
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.15
カテゴリ:ビジネス
2017/07/28放送 カンブリア宮殿

今回は、石坂産業の石坂典子社長が出演していました。
(女性の経営者ですね。)

石坂産業は、解体した家屋などの産業廃棄物をリサイクル
する業者です。

普通の業者は、焼却か破砕処理を行い、リサイクルと
最終処分場での埋め立てのどちらかですが、石坂産業は
独自の技術で、ゴミの95%をリサイクルするそうです。

一番効率がいいのは、"長く使うこと"。
次は、"形を変えて使うこと"
だと思います。

当然、効率がいい事には、需要があり、石坂産業は、
"形を変えて使う"という需要を掘り起こした会社
ですね。

他の会社は、なぜやらないかというと、面倒すなわち
コストがかかるからです。

そんな誰もやらない事を解決する技術を開発することで
石坂産業は、生き残ってこれたのだと思います。

ゴミ処分は、万国共通の課題であるため、培った技術は、
他でも流用が効くため、ぜひ頑張ってもらいたいですね。

会社や身の回りに「こんなのあったらいいのになぁ」と
思える事に挑戦すれば、意外な効果が得られるかもしれません。


あわせてこちらの記事もどうぞ。

自分の好きなものを作ろう!
いけるって思える所まで行動しよう!
やっぱり努力しよう!
企業は、使命感を持たないとダメ?
攻めは、最大の防御!?
リスクを取って企業は、チャレンジするべき?
イノベーションを起すにはどうしたらいいの!?
挑戦ことが、生き残りの秘訣!?









Last updated  2016.08.16 04:07:15
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.17
カテゴリ:ビジネス
2016/4/17放送 がっちりマンデー

今回は、「モノがよいのに売込むのがヘタな
人たちを指導する「地方コーチ」」という
テーマで、紹介されていました。

地方には、おいしい食べ物やすぐれた工芸品が
ありそうという一方で、元気がないイメージが
ありますよね?

それは、個人的には売れる物があるにも拘わらず、
顧客のニーズにあった物を適切な価格で売ることが
できていないからだと思っています。

過去のツイートを参照します。
https://twitter.com/8NOH/status/518623289254494210

そこで、物を売ることをざっくり2つに分けると

 1.顧客のニーズと適正価格を知っている。
 2.物を作る/捕る。


に分かれると思います。

魚の例を上げてみると海鮮居酒屋さんは、
1はよく知っているけど、2のことは知りません。

逆に漁師さんは、2の事はよく知っているけど
1の事は全く知りません。

それもそのはず、1を知るのは、東京を
始めとする大都市圏で、2は、地方なので、
それぞれをしていると知るはずがない
です。

こういう具合に消費者と生産者の距離が
あったり、複雑でなかなか手が出せない物を
仲介することに商機がある
と思います。

仲介者は、別に居酒屋の店舗運営を詳しく
知る必要はありませんし、逆に魚の漁場を
知っている必要もありません。

彼らが知る必要があるのは、お客さんの好みが
何で、それをどれくらいの価格なら買って
くれるか、そしてそれをどうすれば調達すること
ができるかです。

ここで卸しがいるでしょって意見もありますが、
彼らは、大衆向けを相手にしているので、
それなりの物をいかに安く売るかということで
方向性が異なります。
(うまい/まずいよりも例えば、秋になったら、
 安くさんまを多く仕入れることに注力している
 訳で高くてもうまい魚を食べたいお客さんの
 ニーズには答えていませんね。)

他には、技術的な話になると例えば、スマホが
出た時にスマホ開発者とそれを欲している企業
を仲介できていたら、そこそこ儲かったのでは
ないでしょうか?

(例えば、タクシーは、配車できるアプリが欲しい
 けど、アプリは作れないし、開発者は、アプリを
 作れるけど、どんなニーズがあるか知らない訳です。
 それをやってのけたUberですね。Uberの売先は、
 タクシー以外だった訳ですが。。。)

まとめるといい物は、いっぱいあり、それを
求めている人は、少なからずいます。

ただ、そこに壁があって、そのふたつを繋げる
ことは、困難です。

そのふたつを繋げるには、上流から下流までを
知る必要があり、困難ですが、必ずうま味が
ある
ということです。

あわせてこちらの記事もどうぞ。

この会社のビジネスモデルがおもしろい!
勝手に今後のIT業界が進む道を考えてみた
強みを最大限に生かそう!
デパ地下も商いのヒントがたくさんあった!
物って、売り方次第でも変わるんだね~
会社は、「ナンボ儲かるの?」が大事!?









Last updated  2016.04.17 19:17:41
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.31
カテゴリ:ビジネス
勝手ながら、私になりに今後のIT業界
が進む道を考えてみました。

まず、ターゲットは、海外だと思います。

よく言われていることですが、日本の人口は
減り、パイは減るだろうし、海外から日本に
サービスが持ち込まれて、パイの奪い合いに
なる
と考えられます。
(今ですら、Skype,Amazon,Facebook,Twitter,
 UBER等々、逆にLINEがうまくいってるかなぁ
 って感じですね。)

また、日本の場合、ベンチャーは、大手企業
から相手にされませんが、海外では、話を
聞いてもらえます。

(昔、ITをやっている所は少なく、選択肢が
 なかったから、採用してもらっていたと思う
 のですが、今となっては、企業も増えてきて
 技術力より、信用力の方が優先されるように
 なったんだと思います。)

海外の中でも人口が多くて、比較的お金を持っている
のが、アメリカと中国
ですので、彼らに売れる
物を作れれば最高ですね。
(距離や文化圏が近い方がいいなら、中国。
 自由にやりたいならアメリカといった感じ
 ですか。)

逆に作るのは、日本がいいと思います。

日本人の創意工夫、品質面の高さ、勤勉さは、
世界屈指です。


現地では社長が陣頭指揮を取り、日本で作る
のが理想かもしれません。
(当然、ソースコードは、共有されており、
 どこからでも閲覧できないとダメですね。)

次に取組むべきテーマは、「人工知能」だと
思います。
(特に目新しくもないですが。。。)

人間は、当然2つの意味で楽をしたい訳で、
そこにニーズがあります。


例えば、寝たり本を読んでいても目的地に
たどり着ける自動運転や待ち時間がなく
的確な答えてくれる電話応対や医療診断、
健康と好みから食事の献立を考えて、
発注して、自分が家に帰る時間までに
届いていると非常に楽ですよね。

また、テレビゲームをしていて友達と一緒に
プレイしているようなAI、スポーツの
コーチしてくれるAI、好みからその日近くで
行われているイベントをLINEで教えてくれ
るAI、今のファッションの流行と自分に
合う衣装をコーディネートしてくれるAI
があると楽しいですね。

そこで活躍するのが、人工知能です。

当然、オフラインのパソコンに人工知能の
プログラムだけ入っていても意味ないです
よねw

そこで、関連技術も需要があると思います。

順に関連技術も上げていくと

1.人工知能を作る。

 まずは、人工知能を作らないとダメです。

 ただ、人工知能と言っても万能ではないと
 思います。

 例えば、画像を見分けることができるとか
 会話を聞き分けることができるとか用途で
 求められる人工知能は変わってくると
 思います。

 そうなると画像に強い会社やら音声に強い会社
 とかに分かれると考えられます。

 ここで求められるのは、数学,物理,プログラ
 ミング等の基礎的な能力が求められます。
 (基礎的なことは、大学が強いので、産学で
  連携してもいいかもしれませんね。)

2.人工知能を使ってサービスを提供する。

 使う側は、作る側から提供されるAPIを使って、
 サービスを提供する人たちです。
 (例えば、新潟県の過去数か月分の衛星画像を
  取ってきて、人工知能にほりこめば、米が
  豊作か不作か分かるみたいな。
  今もGoogleやらtwitterやらのAPIを使っている
  人はいると思います。)

 たぶん黎明期は、1と2は同じ会社で、そこそこ
 成熟してくると1の会社が、他の人も使って
 いいよって、APIを公開するようになると思います。

 ここで求められるのは、より世間のニーズをとらえる
 必要があり、1より汎用的なプログラミングの知識や
 コミュニケーション能力が必要になると思います。

3.1,2を支える技術。

 人工知能を作ったり、それを活用するアイデアが
 浮かんでもデータを取ってくる人がいないと
 意味がないし、個人的なデータを扱うと
 セキュリティにも関わってきます。
 また、解析しても届けないと意味がないですね。

 ここでは、クラウド,ビッグデータ,セキュリティ,
 ネットワーク(特にワイヤレス),プログラミングの
 知識を持った人たちが必要になってくると思います。

ここまで見てきて分かってきたのは、どれも多かれ
少なかれプログラミングのスキルが必要ですねw

たぶん、1は、うまみは強いけど、リスクは大きい。
一方、3の方が、リスクは少ない分、競合が多いです。
2は、そこそこうまみがありますが、マネをされる
可能性が高くて、どんどん新しい物を提案していく
必要があります。ただ、1や3よりも顧客に近い分
稼げる可能性は高いと思います。

今の商習慣に合わせるとメーカ,卸販売,配送と
いった感じですね。

ってことで、あまり締りはないですが、
来年は、何に取組みますか?

個人だと、語学とプログラミングを勉強してれば
とりあえずOK
ですね。

ついでにこちらもどうぞ。

ロボットは普及するか!?
新しいアイデアを生むためには!?
IT化のススメ
イノベーションを起すにはどうしたらいいの!?
外国人社員の日本企業への不満って?
最近の画像認識はすごいわ!
グローバル人材とは?
ソフトウェアはアイデアしだいですね!
最近のサイバー攻撃とは?
次のネットサービスのトレンドは?
キネクトの意外な使い方とは?
曖昧さがセキュリティを守る?
東京証券取引所を支える技術!?
BRICsの次は??
ITが導く"みんなの医療"






Last updated  2015.12.31 21:48:49
コメント(0) | コメントを書く

全118件 (118件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


© Rakuten Group, Inc.