ブログ「鉄道幻灯館」

全1234件 (1234件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

電車(JRの特急)

2022/05/21
XML
テーマ:鉄道(17863)
カテゴリ:電車(JRの特急)



夕方の「リバイバルやくも」がやってくる時刻になりました。ちょうど列車の足元付近にアヤメ? の花が咲いていましたので、それを配したアングルで待機することにしました。

 

少し赤みがかった西日に照らされてやってきた「リバイバルやくも」。水鏡カットで始まったこの日の伯備線は最後、季節の花がらみで終えることができました。そして、再訪はこれからも続くと確信しながら帰路についたのでありますよ。

 

今日521日は、京都に日本初の小学校が開校した日(1869)、リンドバーグがパリに到着し、大西洋無着陸横断飛行に成功した日(1927)、探偵の日だそうです。

 







Last updated  2022/05/21 10:02:24 AM
コメント(0) | コメントを書く


2022/05/20
テーマ:鉄道(17863)
カテゴリ:電車(JRの特急)



一旦米子駅に寄ってお楽しみのグッズを購入したあと、夕方の「リバイバルやくも」を撮影するポイントをめざしました。ところが、そこへ着く前に、6体の石仏と由緒の書いた石碑が並んでいて、その後ろに線路が走っている場所を見つけてしまいした。時刻表を確認すると、程なく「ノーマルやくも」がやってきます。これを見逃す手はありません。後ろの畑で作業をしている方に断って撮影することにしました。

 

由緒書からは、文化2年から7年まで「天下泰平、日月清明」のために6年をかけて日本を回国し、赤松屋喜兵衛という人が施主となって供難塔を建立したということが何となく読み取れます。判読しにくい文字があるため、正確かどうかは知らんけど(笑)。

 

六体石仏と「ノーマルやくも」の組み合わせ。日本情緒が感じられるワンカットになりました。

 

今日520日は、世界計量記念日、東京港開港記念日、新東京国際空港(成田空港)開港記念日、ローマ字の日(財団法人日本のローマ字社、1955年)だそうです。

 


[鉄道模型]トミックス (Nゲージ) 8608 北条鉄道 キハ40-535形






Last updated  2022/05/20 08:06:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/19
テーマ:鉄道(17863)
カテゴリ:電車(JRの特急)



「リバイバルやくも」通過後、午前中に下見をして「パノラマグリーンやくも」の水鏡を撮ったポイントへもう一度やってきました。午前中は逆光気味でしたが、午後は良い感じで光が回っています。ただ、時間の経過とともに風が吹きはじめ、折角の水面がザワザワしています。

 

スタンバイ中にやってきた下りの「やくも」は水鏡にならず、撃沈。そして、程なく上りの「やくも」がやってくる時刻になり、遠くの踏切が鳴り始めました。風は少し弱まりましたが、依然として水面はザワついています。やっぱりダメか。そう思って諦めかけた瞬間に風が止み、さざ波が立っていた水面はサァーッと静かになりました。

 

非貫通タイプが先頭になった「やくも」が高速で近づいてきます。一番手前の水田に車体のリフレクションが写り始めました。いいぞ、いいぞ。

 

列車通過後、モニターには綺麗な水鏡カットが現れました。今春の伯備線での水鏡はこれが最後となりました。長い編成で、ヘッドマークのリフレクションも写し止めることができ、水鏡カットの撮影に主眼を置いたこの日の目的はひとまず達成できました。このあとはもう少し北上して、別のアングルを探すことにしました。

 

今日519日は、横浜駅(現在の桜木町駅)が開業した日(1872)、ボクシングの日、織田信長軍が桶狭間の戦で今川義元軍を破った日(1560年)だそうです。

 







Last updated  2022/05/19 07:25:33 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/17
テーマ:鉄道(17863)
カテゴリ:電車(JRの特急)



岡山から「リバイバルやくも」が折り返してくる時刻になりました。この日は水鏡が最大の課題ですが、順調にカットを増やせたため、いつかは押さえておきたいと思っていたアングルの単位修得をめざすことにしました。

 

人気のポイントであるのに加え、立ち位置のスィートスポットが狭いため、先客がどれくらい待機しているかで撮影の可否を考えなければなりません。幸い、何とか立ち位置が確保できました。

 

このポイントに関しては、完全に晴れるより、薄曇りの方がきつい影が出ないため、少し曇ってくれた方がよいかも、と同席した人たちと話しながらスタンバイしたのですが、その願いは天に通じ、無事単位修得済みアングルとなりました。

 

今日517日は、世界電気通信記念日(国際電気通信連合、1968年)、生命・きずなの日、パック旅行の日だそうです。

 







Last updated  2022/05/17 08:30:57 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/16
テーマ:鉄道(17863)
カテゴリ:電車(JRの特急)



予定していた水鏡をいずれも満足できる状態で撮影できたため、場所を変えることにしました。結果的にウヤになりましたが、その時点では走っていると思っていた午後のロクヨン貨物を撮影するポイントの下見を兼ねたのです。

 

現地に着いてみると、そこでもきれいな水鏡の水田が広がっていました。午後から順光になるのと、南の方を向くため、光線的には厳しいのですが、水鏡で「パノラマやくも」を捉えることができたのは幸いでした。バックの山が、まるでフタコブラクダのよう。

 

今日516日は、旅の日(日本旅のペンクラブ、1988年)、東京・京都・奈良に帝国博物館が設置された日(1889年)だそうです。

 







Last updated  2022/05/16 09:29:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/14
テーマ:鉄道(17863)
カテゴリ:電車(JRの特急)



ノーマル「やくも」や黄色の115系、さらに「サンライズ出雲」などを撮影したあとは、いよいよ本番である「リバイバルやくも」の登場です。「サンライズ出雲」などを撮影したのとは逆方向から来ますので、あらかじめ立ち位置を調べておきました。

 

サイドや後追い狙い(こちらが順光)のため移動せずにスタンバイしている人もいましたが、後追いで撮影したくないというのがわたくしの基本的な考えなので、前面が少しかげるものの、ヘッドライトが輝いていることを優先しました。

 

本番。近くにある踏切が鳴り始め、しばらくしてカーブの向こうから国鉄色の「やくも」が姿を現しました。先ほどとは異なり、広い水田が1枚というわけではなく、何枚もの田に区切られているため、水鏡になっている場所へ列車の前面がきちんと入ることを心がけました。

 

今日514日は、種痘記念日、温度計の日だそうです。


[鉄道模型]カトー (Nゲージ) 10-1693 智頭急行HOT7000系 「スーパーはくと」 6両セット

 







Last updated  2022/05/15 06:59:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/13
テーマ:鉄道(17863)
カテゴリ:電車(JRの特急)



この日(5/7)、自宅を夜明け前に走り出したのは、早めに現地に着いて立ち位置を確保するのが一番の目的でしたが、2番目の目的は、本番の「リバイバルやくも」がやってくる前に「サンライズ出雲」を撮影したい、と思ったからです。

 

米子自動車道を走っているときには雨が降ってきたため、気分はかなり沈んだのですが、現地に着いた頃から天候は急速に好転し、青空が広がり始めました。目の前の水田にはバックの山もきれいにリフレクションし、このままの状態が続けば期待どおりの水鏡作品が撮影できそうです。

 

祈りは天に通じました。濃淡の異なる緑に覆われた山の前を、国鉄色に通じるツートンカラーの「サンライズ出雲」が駆け抜けていきます。列車の動きとシンクロして水面に浮かび上がるリフレクションのなんと美しいこと。

 

今日513日は、大阪・千日前デパート火災が発生し、死者118人が出た日(1972年)、メイストームデー(5月の嵐の日)、カクテルの日、愛犬の日だそうです。

 







Last updated  2022/05/13 07:26:00 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/10
テーマ:鉄道(17863)
カテゴリ:電車(JRの特急)



国鉄色の381系が走るようになり、すでに何度か通っている伯備線。前回は桜テツがテーマでしたが(​こちら​)、今回は水鏡狙いで再訪しました。

 

SNSですばらしい水鏡ショットをたくさん見ていたので、田植えが始まる前にぜひとも訪れたいと思っていたのですが、GWは高知に住んでいる義母のご機嫌伺いに行っていたため、大阪へ帰ってきた翌日、鉄友さんと勇躍、伯備線へ向かいました。

 

早朝、想定した場所には、同じ思いを抱いたおテツがすでにかなりの数、集まっていましたが、何とかお気に入りのポジションも確保できてスタンバイモードに入りました。

 

バックの山の濃淡の異なる木々が、まさしく鏡のような水面に映り、本当にきれい。やってきた381系「やくも」をシンメトリーの構図で撮影しましたが、想像していた数倍も美しい水鏡カットを1日の始まりに撮ることができ、幸先の良いスタートに、思わず小さくガッツポーズ。

 

今日510日は、東海道線にトイレ付き列車が登場した日(1889)、鉄道唱歌第一集が出た日(1900)、日本気象協会創立記念日、コットンの日、地質の日、街区表示板の日だそうです。

 







Last updated  2022/05/10 07:24:42 AM
コメント(1) | コメントを書く
2022/04/30
テーマ:鉄道(17863)
カテゴリ:電車(JRの特急)



場所を変えながら桜の様子を見ていきました。当然、どこでも染井吉野は終わっていたのですが、逆に八重桜とオオシマザクラが良い状態でピークを迎えていました。ただ、その数は少なく、それを上手に画面に取り入れる必要がありました。

 

福知山線と並行して染井吉野が並木になっている場所の端に、川をはさんで八重桜とオオシマザクラが咲いているのを見つけました。

 

ピンクと白い花に、白い289系「こうのとり」の組み合わせ。2022年の桜鉄の最後を飾るのにふさわしいカットになりました。天候に恵まれ、思う存分に桜鉄を楽しむことができた2022年の4月。しかし、来年はどこへ行こうか、と心はすでに1年後に飛んでいるのでありますよ。

 

今日430日は、図書館記念日(日本図書館協会、1971)、みその日、そばの日(毎月末日)だそうです。

 







Last updated  2022/04/30 07:30:04 AM
コメント(1) | コメントを書く
2022/04/29
テーマ:鉄道(17863)
カテゴリ:電車(JRの特急)



大阪周辺で染井吉野が散ったあと、それでも近畿の北の方へ行けば少しは残っているかも、と思って福知山線を訪ねてみました。しかし、残念ながら染井吉野はほとんど散っており、代わりに八重桜とオオシマザクラが見頃を迎えていました。

 

かつて国鉄色の183系や381系が「奇跡の日常」であった少し前の福知山線や山陰本線。よく通いましたね。しかし、それらの列車が過去帳入りすると、いつしか足が遠のいていました。現金なものです。

 

この前に福知山線を訪ねたのは、確か光秀ラッピング車が走り出した202088日でしたので(​こちら​)、すでに2年近くが経とうとしています(光秀ラッピングは今も走っているという噂を聞いたことがあるのですが、真偽のほどは分かりません。個人的にはもう一度会ってみたいと思っています)。

 

過去の経験から、もしかすると咲いているかも、と思った場所の桜は散っており、逆に、思いもかけない所で八重桜が咲いているのを見つけ、そこで撮影することにしました。短い編成の「こうのとり」がやってきましたが、撮影できるだけで十分と思ってカメラを構えました。

 

今日429日は、昭和の日、ワシントンとメリーランド州ボルチモア間で世界最初の電車がアメリカで開通した日(1851)、畳の日、羊肉の日、肉の日(毎月)だそうです。

 


KATO Nゲージ 117系 福知山線色 6両セット 10-479 鉄道模型 電車






Last updated  2022/04/29 07:27:20 AM
コメント(1) | コメントを書く

全1234件 (1234件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


© Rakuten Group, Inc.