1755033 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

全174件 (174件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 18 >

読書

2019.05.06
XML
カテゴリ:読書
庭のシャクナゲ

先日友人が「経験と言葉」(大明堂出版)という著書(共同執筆)を送ってくれた。難しそうで中々読めずにいたが連休になったので興味があった「宗教の起源」の項を読んでみた。宗教がどうして生まれたかはいろいろな説があると思うが本書では、ウルス・アップ氏がフランツ・カフカの考え方をもとに宗教の起源について述べていた。カフカは人間の存在そのものが悪でそこから抜け出すよりどころが宗教だと述べていた。今日本では子供が少なくて困っているが、カフカによれば元々人間は罪深い(原罪)ので生まれてこない方がよいと考えており、もし生まれてきたら死が救いだと述べている。真の死を迎えるためにもがき苦しみながら生を費やしていくとのことである。人間が悪だという具体的な理由は本稿では触れられていなかったが、愚考するに人間が生きるためには他の生物を殺して食べなくてはならない。自己の欲望のために悪いことを考えたり争ったり殺したりすることもあり、人間は本然的に悪であるとみなしていたのだと思う。でも殺して食べることについてはそれをしないベジタリアンもいるし、肉や魚を食べるとき謝罪と感謝を念じている人もいて人間存在そのものが悪とは言えないと私は思う。争ったり殺したりすることも人間の本質的なものではなく、時代や環境の影響もありそれをもって人間は悪と決めつけられないと思うがキリスト教の起源は原罪にあったのだろうなと思った。
今世界にはさまざまな宗教がある。いずれの宗教も人々の幸せを公言しているが、いずれも超越者への絶対的信頼や普遍的真理への絶対的確信を信仰の基礎にしている。個人の心の中に信仰として留まっている限り、人助け等の行為により、社会的徳として称賛されるが、他の宗教や他の思想活動と対抗する局面に遭遇すると宗教は自派の絶対性を信じるゆえに自己の優越性を主張し排他的となり、闘争的となり、殺人まで犯すこともあり、宗教は恐ろしい、宗教は悪魔だ、宗教が世を滅ぼすと思う人も出てくる。
カフカの原罪論に全面的に賛同するわけではないが、人間は罪深い存在だとして謙虚に自己の研鑽に努めながら世界の平安を祈り平和実現のために献身するのが真の宗教で、自派の正当性のみ主張して自己を顧みることなく他を攻撃することのみに奔走している宗教は真の宗教ではないと考える。






Last updated  2019.05.08 08:29:37
コメント(2) | コメントを書く
2019.03.20
カテゴリ:読書
「ニムロッド」と同時に芥川賞を受賞した「1R1分34秒」(1ラウド1分34秒)を読んだ。才能のない負けてばかりいる21歳のプロボクサーの物語である。対戦相手のこと、アルバイトのこと、ガールフレンドのこと、トレーニングや練習の厳しさが書かれており、途中からトレーナーがウメキチに代わり、二人で次の対戦に向けて準備していくが7kg位減量しなければならず大変な難行をして試合に臨む様子がよく分かった。絶食中で飢餓感の中で試合をあと3日後に控えた夜「今度こそ1ラウンド1分34秒でTKOで勝つ」ことを夢みて終わっている。
ニムロッドもそうだったがぐいぐいひきつけられて読み終わって感銘を受けるような作品ではなかった。芥川賞といえば小説家の登竜門で優れた作品に与えられる賞である。作者は血のにじむような気持で必死に書いたものだと思うが読者には伝わってこない。小説家を目指す方々は選考委員の宮本輝さんが言っているように、もっと人間とか人生というものに目を向けて自分はどう生きたいのか他者に対して何ができるのかを追及してもらいたいと思う。「ニムロッド」も「1R1分34秒」も人生の深みが感じられなかった。次作ではもっと人生の深みを見つめた作品を書いて下さることを期待する。






Last updated  2019.03.20 22:15:19
コメント(2) | コメントを書く
2019.03.02
カテゴリ:読書
サーバー会社に勤める僕と名古屋支所に転勤になったかっての同僚荷室さん(ニムロッド)そして僕のガールフレンド田久保紀子の3人が登場人物である。僕は社長命令で使ってないパソコンを使って仮想通貨のビットコインから利益を掘り出す仕事をしており、荷室は小説家志望で、僕のところに「駄目な飛行機」例をメールで送ってくる。田久保紀子とは東京のホテルでの肉体関係の後で田久保が前に結婚していて子供を授かったとき遺伝子検査で異常があると言われて堕胎したことに関連した話とか、僕の友人荷室(ニムロッド)についてのことを話し合う関係だった。作家志望の荷室の書いた小説は旧約聖書の中のバベルの塔を作りその塔をどんどん高くして最上階に駄目な飛行機を陳列させるというものでそれ程たいした話ではないと思った。最後には人生に疲れた田久保紀子からも友人荷室からもメールが来なくなったことで人生の無常を訴えたかったのだと思う。感銘を受けたところはなく、どうして本作が芥川賞なのかと思って9人の選考委員の選評を読んでみた。選者の吉田修一さんは「仮想通貨課の課長さんの日常から始まった物語が気が付けばバベルの塔の頂上まで持ち上げられシェイクスピア劇の一幕でも見せられているようなカタルシスを味わう」とほめていた。(カタルシスとは悲劇を見て涙を流し心の中のしこりを浄化すること)他の選者も概ね高評価で本作が「1R1分34秒」と共に第160回芥川賞に選ばれた。かなり難解で読みずらかったが文学作品としては優れた作品だったようだ。小説に対する評価も時代によって変わっていくものなのだなと思った。






Last updated  2019.03.02 23:53:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.23
テーマ:太平洋戦争(5)
カテゴリ:読書
藤井厳喜さんの「太平洋戦争の大嘘」を読み終えたら感想を書くと何日も前のブログに書き、その後数日で読み終えたがパソコンが壊れていて書けなかった。今やっとパソコンが書ける状態になったが読み終わった直後なら感動もあり、さらさらと書けたが、しばらく日が経ってしまったのでまた少し拾い読みしながら感想を書くことになった。
日本が真珠湾を奇襲して太平洋戦争を始め、ポツダム宣言を受諾して無条件降伏し、東条英機以下何人もが戦争犯罪人として処刑された。本書では日本も悪いが、時のアメリカ大統領で戦争を狂人のように欲していたルーズベルトの方が悪いと述べている。彼は経済制裁で日本をこれでもかこれでもかと締め付け、ぎりぎりまで追いつめて日本が戦争をせざるをえないように仕向けた。
アメリカは戦争終結のために原爆を投下したと言っているがその前にすでに勝敗は決まっており、研究開発した原爆の威力を試すための残酷な実験だったと指摘している。そのとおりだと思う。
戦後進駐軍の命令で日本人はいかに悪いことをしてきたかと教え込まれてきたが実際はアメリカ人の方が何倍も悪いことをしてきたのだと述べている。
我々は進駐軍の命令でこの戦争の歴史を一方的に日本が悪いと教え込まれてきたが、この本では当時の世界情勢をこまかく分析しながらなぜあのような戦争が起こってしまったのかを述べており、一つの史実は内側からだけでなく外からもよく眺めるべきだと思った。ソ連が戦争は既に終わっていたのに日ソ不可侵条約を破って日本に進攻して北方4島を奪ったことにも触れており、日本が4島返還を求めている理由がよく分かった。
太平洋戦争の真実を知ることは大切であり、それを知る上で参考になる一書だと思う。力関係で一方的に押し付けられた歴史認識は公平な眼で再度きちんと見直していく必要がある。今、日韓関係はこじれているが日韓併合時代について韓国では一方的な教育がなされているがその当時の世界情勢や当時の韓国人の生活状況などについて冷静に学んでもらいたいと思う。
忙しくて中々本が読めないが、本を読めばすこしは利口になるのでこれからも時間を見つけていろいろな本を読んでいこうと思う。






Last updated  2019.01.25 14:09:24
コメント(2) | コメントを書く
2019.01.11
テーマ:便秘の悩み(340)
カテゴリ:読書
昨日は山梨消化管研究会の特別講演会を聞いてきた。横浜市立大学教授の中島淳先生の便秘に関する講演だった。
先生のご著書「寿命の9割は便で決まる」という御本を参加者全員に下さった。トイレで強く力み心臓発作やクモ幕下出血で命を落とすこともあり、便秘の解消が命を長らえる重要なポイントだと述べていた。
人は朝起きて、よく眠れた(快眠) 食事が美味しい(快食)、便がすっきり出た(快便)時に無意識のうちに幸福感と喜びに満たされるがこのうち一つでも欠けると心は暗くなる。快眠、快食については今までもよく言われてきたが快便はないがしろにされてきた傾向がある。しかしこれも極めて重要で寿命の9割を決めているとのことである。
便秘の改善法について様々に書いているがここでは全てを書くことは出来ないので本書をご購入してお読みいただければ幸甚である。SBクリエイティブ株式会社発行で820円である。
新薬や漢方薬などを紹介し、バイオフィードバック法など筋肉を緩めるリハビリ法なども紹介している。便秘は生活習慣病なので、優れた新薬や最先端の治療法などの助けを借りながら食生活や運動、睡眠などの生活面での取り組みを続けることが大切であると結んでいる。一読をお勧めする好著である。






Last updated  2019.01.11 23:33:34
コメント(6) | コメントを書く
2018.09.03
カテゴリ:読書
7つの習慣は世界中で3000万人以上、日本でも200万人以上に読まれている超ベストセラー本である。その本の真意を理解させるセミナーも世界中にあり我が国にもある。経営者や経営者を目指す人は必読だが、その他の人にも必読書だと考える。私もかなり前に読んだが人が社会の中で生きるためのエッセンスが詰まっていると思った。政治家も是非読んでもらいたいと思う。
人生は習慣で決まりいい習慣で生活すれば会社や社会も潤い自分自身も幸福になるという内容だ。興味のある方はセミナーに参加するなり本を読んで学習して頂きたいと思う。以下に7つの習慣を列挙して簡単な説明を加える。
第一の習慣 常に主体的であれ。依存的でなく自分の考えをしっかり確立していく習慣を持ちなさい。
第2の習慣 終わり(自分が死んだ時)の時を思い描きながら生きなさい。惨めな死に方をしたくなかったら人格を磨き、合理的訓練や真心の仕事によって成果を上げなくてはと思う。
第3の習慣 優先事項を見極めよ。やらなければならないことはいっぱいあるがあれもこれもでは成果は上がらない。最優先事項にまず専念すべきだ。
第4の習慣 Win Winを考える。自分だけ儲かろうとしてはダメだ。相手も儲かるか常に考えよ。
第5の習慣 まず相手の話を聞いて相手を理解してから自分も理解してもらうようにしなさい
第6の習慣 シナジー効果(相乗効果)を作りだせ。2人以上と話をしていると話が合うところと意見が違うところがある。意見が違うところをきちんと見つめ合って相乗効果を上げなさい。
第7の習慣 常に刃を研ぎなさい。人間性も仕事上の技術も常に磨いていくことが大切。特に人格の陶冶は絶対必要でいくら経営戦略をねり、資本をつぎ込んでも人間性の低い人には従業員も社会も付いてきてくれない。
厚い本なので要点をまとめるのが難しい面もあるが参考にしていただければ幸甚である。






Last updated  2018.09.03 23:11:56
コメント(4) | コメントを書く
2018.08.05
テーマ:潜在意識(18)
カテゴリ:読書
今ステファン丹沢氏が書かれた「最新科学で読み解いた南無妙法蓮華経」を読み終えた。内容は最先端の物理学である量子力学によると物質の最小単位である素粒子は波であり位置も分からなければ姿も見えない。しかし人間が観察すると現れるので人間の意識があって初めてこの世には物質も現象も現れるのでこの世の起源は人間の意識であり、人間の意識が全ての始まりと述べている。潜在意識の最奥にある阿頼耶識、それは個人の前世の記憶を宿す蔵識とも呼ばれ、近代心理学ではユングの唱える集合的無意識に当たり、南妙法蓮華経を唱えるとそれが阿頼耶識に響いて、前世の宿命を断ち切って宿命転換して幸せになれるというのが主要な論旨だが、潜在意識についてかなりのページを割いていたのでそのことについて書かせて頂く。
人間の意識には顕在意識と潜在意識(無意識)があることをフロイトが最初に唱えたがそれは今では心理学の常識になっている。フロイトの弟子のユングは意識を氷山に例えるならば海の上に顔を出しているほんの一部分が顕在意識で海中に沈んでいる大きな塊が潜在意識で意識の大部分は潜在意識だが、顕在意識が活発な時には潜在意識は抑圧されており、ふとした瞬間に忘れていた記憶がよみがえると説明した。潜在意識には人類始まって以来の古代からの記憶や前世の記憶などが詰まっていると言われている。
私は今テレビでアフリカの黒人たちの争いや飢餓などを見ても顕在意識では冷静に判断しているが、感受性の強い青年時代にアフリカの医者になるのだと決めて猛烈に勉強して医学部に入り医師になった。しかし医師になっても日本で医局に所属して研修医をしなければならず、直ぐにアフリカに行けるものではなく、家族からも猛反対を受けて未だその夢は実現されていない。しかしそのことは常に心にあり、今この年齢にして病院の常勤医で夜間当直もしている。それはアフリカに行ったらこんなものではないという意識が働いており、それを思えばどんなことでもできるのだ。それが潜在意識でそれは前世から受け継がれたものか青年時代に後天的に刷り込まれたものなのか知らない。いずれにしても人間は表面に出ている顕在意識ではなく、心の奥にある潜在意識によって動かされているものだと思う。今夜「西郷どん」を観たが彼をして幕府に対抗して薩長連合を作ろうとしているのは民のためであり、それは前世からか島流しにあってからか分からないが彼の脳の深いところの潜在意識による行動と思えた。西郷のように立派な行動をした場合の潜在意識は凄いが悪事を働いたり、不幸になる潜在意識もある。その場合は南無妙法蓮華経を無心に唱えることによってその潜在意識を変えることが出来るというのが結論だった。






Last updated  2018.08.05 23:12:31
コメント(2) | コメントを書く
2018.02.07
カテゴリ:読書
恩田陸さんが書かれた「蜜蜂と遠雷」をやっと読み終えた。国際ピアノコンクールでしのぎを削る天才ピアニスト達を描いたものだが、音感ゼロの凡人以下の私のような人間にとっては雲の上のような話だった。
最終的に3位になった風間塵は養蜂家の息子で父親と一緒に蜂を飼いながら旅を続けている16歳の少年である。自宅にはピアノもない。どのように練習したのか知らないがコンテストでは観衆が総立ちになるような感動的な演奏をした。本番ではバルトークの3番という超難しい曲をいとも簡単に弾くくだけでなく素晴らしい音感で観客を驚喜させた。小鳥のさえずりや蜜蜂の羽音も本物の音のように演奏できるのだ。
この世には音楽だけでなく絵画やスポーツ、自然科学部門などでも凡人を超えて驚異的な能力を有する天才がいるのだと思う。凡人が普通の努力をしたくらいでは追いつくことはできない。ましてや凡人以下の人ではなおさらである。これらの天才に交じって凡人以下の人が一生懸命頑張っているのを見ると滑稽に思える。
しかしコンクールで優勝しようとすると滑稽だが、音楽を楽しむ気持ちでピアノを弾くならそれはそれで意義あることだと思う。努力は天才に追いつくためのものではなく、人生を楽しむためのものである。






Last updated  2018.02.07 22:54:09
コメント(6) | コメントを書く
2018.02.02
カテゴリ:読書
今,[南洲翁(西郷隆盛)遺訓]を読んでいる。その29条に「道を踏むには上手下手もなく、できざる人もなし」がある。
「道を行うもの(正しいことを行う人)は上手、下手に関係ない。物事ができない人もいないのである。もし困難に遭ってそれを凌ごうとするならば、いよいよ道を行い道を楽しむべし。自分はあらゆる困難に遭ってきたので、どんなことに出くわしても動揺はしない。それだけは幸せである」と述べている。
 西郷隆盛は何度も死のうと思ったり、死の淵に立たされてきたが最後に西南戦争で命を落とした。西南戦争は西郷にとっては死を決意しての戦争で、成功するかしないかでなく、それを実践することが大切だったと思われる。
 西郷ほどの人物が明治政府に反旗を翻して西南戦争を起こして死んでしまって残念でならないが西郷にとっては自分の道の実践であり楽しみだったと思われる。
 西郷の時代と今の時代ではかなり違い、今なら比べ物にならないくらいの情報があり、もっと多角的に考えてもっと違った対応をしていたと思われるが、自分らが作った明治政府がけしからんことをしていると思うと自分の命も顧みず突進してしまうのが西郷であった。政府に逆らった逆賊ではあるが学ぶところ大の偉大な人物だと思った。






Last updated  2018.02.02 23:39:12
コメント(2) | コメントを書く
2017.12.20
カテゴリ:読書

オバマ少年の父親は少年が2歳の時少年とその母親をハワイに残して家出して、ケニアに戻って再婚して、5人の男の子と一人の女の子の父親になっていた。ケニアで交通事故に遭いリハビリのためにハワイの少年の祖父母の家に1か月お世話になることになった。

実の父親が来たとの連絡があり学校の先生が早引きさせてくれたが会いたくなくて足取りは囚人が引かれていくように重く、アパートのエレベーターに乗っても行き先を中々押せなかった。会っても殆ど話をしなかった。頭の中に自分達を捨てた人間というイメージがあったからかもしれないが、いくら血がつながっていても急に親しみはわかないものだろうと思った。

わが国でも最近子供が生まれてすぐ離婚して子供が母親だけに育てられている家庭がふえている。後に子供の前にその父親が現れて「君の実の父親だよ」と言ってもオバマ少年と同じような反応をすると思う。「それがなんですか?!」いくら血がつながっていても自分を育て遊んでくれなかった人は他人と同じである。離婚のいきさつによっては単なる他人以上に嫌で憎たらしい存在だと思う。

父親と思うのは遺伝子によってではなく、自分をかわいがってくれたか否かで決まる。血のつながりはなくてもよく面倒見てくれればそれがその人の父親だと思う。







Last updated  2017.12.21 22:49:28
コメント(4) | コメントを書く

全174件 (174件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 18 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.