2350263 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

全120件 (120件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

事件

2021.11.26
XML
テーマ:いじめ(356)
カテゴリ:事件
11/24に愛知県の中学で同級生に刺されて死亡する事件があった。刺された生徒は近所でも校内でも評判のよい少年で面倒見のよい少年だったという。刺した少年の祖父は孫について口数は少ないが気立ての優しい子だったとのことである。刺した子は取り調べに対し、「いじめられた」とか「嫌な思いをさせられた」等と供述しているらしい。
本人にとっては「殺してやる」と思うほどの嫌がらせを受けたのだと思うが詳細はまだ分かっていない。学校現場ではいじめが問題になって各校や教育委員会などで対策を立てているがいじめの実態を把握するのは中々難しい現実があるようだ。
「高校3年生」という歌の歌詞に「泣いた日もある恨んだことも」というのがあるが、学校生活では様々なことがあると思う。それはよきにつけ悪しきにつけ思い出として人生の肥やしになるものだと思うが、恨みが高じて憎しみとなり殺してしまうとは大変なことだと思う。
現在は学校教育や家庭教育だけでなくSNSを通じて様々な情報が入ったり人間関係が構築される社会環境にある。以前ラインやメールでの悪口に腹を立てての殺人事件があったが面と向かって悪口を言われた場合よりも内向して殺意に繋がる可能性が高いように思われる。本件でも今後スマホの内容などが調べられると思われるがラインなどでは絶対悪口は書かないように厳に注意する必要があると思われる。






Last updated  2021.11.26 15:57:55
コメント(4) | コメントを書く


2021.08.31
カテゴリ:事件
行方不明の東京の女子高生鷲野花夏さん(18歳)が山梨県の過疎の町早川町の小屋の中で発見された。群馬県に住む小森章平(27)和美(28)夫婦に死体遺棄されたとのことだ。
憎しみからの犯行なのか、金銭関係なのか?親に対する恨みなのか?そのどちらでもなかった。女子高生は一人っ子で相手を思いやる大変優しい性格で憎しみを受けるような子ではなかった。
その子と小森夫婦との接点はSNSだった。2年位前に小森章平容疑者と女子高生がツイッターで知り合いその内容を和美容疑者が見てしまい嫉妬で夫を責め続けそれに耐えられず二人で犯行に及んだということらしい。二人は1年前に結婚したがそれ前には和美容疑者は別の男性と結婚していて2人子供がいるという。嫉妬深い妻とその夫によって滅多にいない気立てのよい少女が殺されてしまった。不条理に言葉も出ない。神も仏もないのかと思った。和美容疑者の育ってきた環境や今の生活の中から残忍性が生じてきたものと思われるが悲しい。ご両親やご祖父母のお気持ちを思ったら耐えられない。
大変な事件が起きてしまった。SNSでの交信は高校生らしいものだったと思う。しかしそれを受け取る側の人間性やその内容を盗みみられる場合もあるので十分注意しなければいけないと思った。






Last updated  2021.08.31 23:26:43
コメント(6) | コメントを書く
2021.08.11
テーマ:恨みつらみ(1)
カテゴリ:事件
千日紅

8/6に36歳の男性が小田急線内で10人の男女に切りつけ内20歳の女性は重症という。男性は中央大学理工学部というレベルの高い大学に入学したが留年したあとで退学している。
その後は様々なアルバイトをしながら生活していたが、最近では生活保護をもらって生活していた。学生時代やバイト時代を通じてもててちやほやされた時もあったが女性に馬鹿にされたり、裏切られたりしたことがあり、女性を恨んでいたとのことである。「勝ち組の女性を殺したかった」と供述しており、男性にもてそうな女性が特に憎かったのかもしれない。
いずれにしても憎しみから起こった事件である。アニメ会社放火事件の犯人も同じである。憎しみは個人や会社に対するものから国やコロナなど社会情勢に対するものなど多彩でその憎しみがいくつか重なった時に爆発して事件につながることが多い。
それなら事件を防ぐには憎しみを起こさせないようにすればよいと思うが、それを起こさせるようなことは世の中にはいっぱいあり、それをなくせということは無理である。
一般の人はそのような感情が起こってきても「それは人生にはつきもの」と考え冷静に判断しながら生きているがこの36歳の男性は憎しみや恨みの感情に負けてこのような大事件をおこしてしまったものと思われる。
恨みの人生に対して感謝の人生がある。人や会社、社会に対して常に感謝しながら生きている人がいる。しかし実社会では感謝するようなことや人物はめったにおらず憎しみを感じたり仕返ししてやりたいと思うことの方が多い。なのに感謝の人生を歩んでいる人達がいる。何故か?それはその方が幸せだと分かっているからである。
憎しみ人生を歩んでいた36歳の男性はまともな仕事に付けず最後はこのような事件を起こしてこの上なく不幸である。対する感謝人生の人は些細な事でも感謝するので相手も好感を持ってくれる。人と人のふれあいでこの世が楽しいのである。
恨み人生の人に感謝人生に切り替えなさいと言っても簡単には切り替われない。しかし感謝人生の方が恨み人生より何百倍も幸せなのは自明なので、少しずつそちらに切り替えていく努力を毎日行っていくべきではないかと思う。刑務所や監獄の中では感謝の気持ちは中々湧きづらいかも知れないが心の持ち方が大事なのでしっかり矯正してもらいたいと思う。






Last updated  2021.08.11 22:10:50
コメント(6) | コメントを書く
2021.08.01
カテゴリ:事件
大変痛ましい出来事があった。福岡県中間市の私立保育園の5歳の男児が通園用のバスに閉じ込められ、熱中症と思われる病状で死亡する事件があった。
朝迎えに行った40歳台の園長が保育園に到着し園児たちを降ろした時まだ一人車内にいることに気づかずに鍵をかけて放置してしまったことが原因と思われる。保育園とその車の駐車場までは30m位離れているとのことだった。不安に駆られて泣き叫びあちこち出口を探してみたであろうが鍵がかかっておりどうすることも出来ず恐怖に駆られていった男児のことを思うと苦しくなる。詳しい状況はまだ分かっていないが、園長の責任は重いと思う。完全な人間はおらず誰でも大なり小なり何らかの過ちを犯すもので、それに気づいて過ちを直し2度と起こさないように注意しながら生活しているが、命をあずかる仕事をしている人達は特に慎重でなければならない。
保育園や医療関係、人々の輸送関係等に携わる人達は特に肝に銘じなければならない事件で、取り返しができない事例だけに何とも悲しい。






Last updated  2021.08.04 09:17:43
コメント(6) | コメントを書く
2021.06.28
カテゴリ:事件
6月25日のブログに友人が消息不明になって3週間経つが未だにみつからないと書いたが、本日やっと見つかった。
自宅から20km位離れた山中とのことで今警察が死因を調べているとのことである。交通事故後そこまで運ばれて遺棄されたのか、自殺でそこまでいったのか詳細はまだ分からない。自転車散歩もしていたので自転車にからんだ事故を起したのかもしれない。明日の新聞に大きく出ると思うが死因の特定はまだ調査中と出るか、〇〇と推察されるとでるか、しばらく分からないかもしれない。いずれにしても見つかってほっとした。






Last updated  2021.06.28 15:41:15
コメント(6) | コメントを書く
2021.02.28
テーマ:自殺(48)
カテゴリ:事件
神戸市中央区のJR東海道線元町駅で26日朝、通勤通学ラッシュを直撃した新快速電車の人身事故は42歳男性会社員が先頭電車の窓ガラスを破って車内に飛び込んできた事故である。自殺と思われる。
原因は分からない。病気を苦にしたのかもしれないし仕事とか自分のやりたいことが思うようにいかないで見境がなくなって走ってくる列車の前に立ったのだと思う。
この事故で大勢の人が負傷し、通勤の妨げになった。その後のかたずけも大変である。
電車事故では自分が死ぬだけでなく大勢の人に迷惑をかける。どうにも追い詰められて死ぬしかないと思ったのだと思うがせめて他人に迷惑かけないでその目的を果たしてもらいたい。自殺する前に誰かにその悩みを話すことによって救われる命は多い。一人で悩まないで誰かに相談することが列車に飛び込むより先である。今はこんなに苦しいが一晩寝ると気分が変わっていることがある。美味しいものを食べて寝ることをお勧めしたい。それでもどうしてもということになっても列車飛び込みだけは止めてもらいたい。どれだけ人に迷惑かけるか分からないし自分の体も見られないように壊されてしまうからだ。






Last updated  2021.02.28 21:53:11
コメント(8) | コメントを書く
2021.02.10
テーマ:薬の情報(369)
カテゴリ:事件
福井県の製薬会社小林化工で製造した水虫の内服薬「イトラコナゾール」に睡眠薬が混入していた問題で福井県は同社に116日間(約3.8か月)の業務停止を命じた。承認外の製造など様々な違法があったが、中でも品質試験で異常が見つかったのに検証せず出荷してしまったとは言語道断である。それを経営陣は黙認してきた。
会見で小林広幸社長は「現場は法令、ルールより効率を優先した。出荷に間に合わせるため場当たり的な対応が常態化していた」と述べたがそれが分かっていながら改められなったのは今回のような大事故が40年間問題化されなかったからだと思われるが社長や経営陣の基本的心構えが出来ていなかったのだと思う。
国の政策で病院等に特許期間が過ぎた薬はジェネリック(後発医薬品)に切り替えるように指導し、切り替えた場合特典を与えてきた。「先発医薬品と同一成分、同一効果でしかも安い」をキャッチフレーズに先発から後発に切り替えるように促し、後発薬が全体に占める割合は激増し2020年9月の調査では78.9%と急増していた。小林化工も後発品製造に舵をきり、2002年には30億円だった売り上げが2019年度には370億円に急成長した。後発医薬品の需要が一気に高まり、作るそばからどんどん売れて製造が間に合わなかった時もあったかも知れない。しかし忙しいから製造工程で手抜きしていいということはない。末端で働いている人達は製造工程や精度管理などについては知らずに黙々と働くだけである。中心にいる人達がそれをしっかり認識し、徹底していく役割がある。経営陣としては収益も考えなければいけないだろうが、その前に製品の品質である。そこを第一に考えないならその企業の存在価値はないと思う。社長は辞意を表明しているようだが、次期社長は今回の結果を深く受け止めて、社内改革に固い信念をもって取り組んでもらいたいと思う。






Last updated  2021.02.10 11:04:23
コメント(6) | コメントを書く
2021.01.09
カテゴリ:事件
庭でつぼみを膨らませていたがまだ咲かなかったので切り取って室内の花瓶に挿したら翌日開花した水仙

米国時間1月6日午後暴徒がアメリカ連邦議会議事堂に乱入して警官1人、乱入者4人の犠牲者が出た。乱入者のうち一人は女性で警官に撃たれて死亡した。議事堂は米国の権威の中枢でそこが侵入されたのは米英戦争中の1814年以来で207年ぶりの事である。
暴徒の大半はトランプ大統領支持派で任期終了間際のトランプ氏に扇動された人たちである。トランプ氏は扇動しておきながら7日のツイッターでは乱入者を「暴力、無法、大混乱」と非難し法律を犯した者は責任を負うべきだと支持者を裏切る発言をしながら自らの責任には言及しなかった。しかも「歴代大統領の中で最も偉大な大統領の一期目が終わるが、米国を再び偉大に向けた我々の戦いの始まりだ」と宣言して4年後再挑戦する意欲を示した。
「米国を偉大に」の言葉に多くの米国人が共鳴しトランプ時代を築いたが、自国を偉大にという考えはかなり時代遅れで、それに共鳴する米国の社会風土と民度の遅れを世界に示した結果になった。
トランプ氏の偉大と言うのは世界一の金持ちで軍備力が最強で、あらゆる国を従わせる権威を持つという子供の考えるようなことで子供心の人は「支持する」と思うかもしれないが常識のある人は「自分の国だけ利益があるようにする政策は恥ずかしい」と思うはずだ。他の国との共存が第一でもし自国に余裕があったなら貧国に援助する姿勢、他国に物心両面で援助していく方がはるかに大事だと思うはずだ。国内には自国第一の支持派や他国第一の支持派その他の考え方の人がいるが、トランプさんのような自国第一を力強く宣言してリーダーシップをとっていく人が現れるとその周りに大きな塊が出来てきしまったというのがこの数年のアメリカだと思う。今度はバイデン大統領に変わっていく。他国第一が理想だが、そこまで行くには何年もかかると思う。しかし少なくとも「自国第一」という恥ずかしい看板だけは外してもらいたい。友好国としてだけでなく一地球人としてアメリカの発展と成長を心より期待している。






Last updated  2021.01.09 10:15:08
コメント(4) | コメントを書く
2020.05.26
カテゴリ:事件
今朝から庭に咲きはじめた松葉牡丹
女子プロのスター木村花さん(22歳)がSNSの誹謗中傷を苦にして自殺したとみられている。きっかけはフジテレビの「テラスハウス」と言う番組で共演者の男性が木村さん愛用のコスチュームを誤って破損したことに対しての木村さんの怒りの行動が尋常でなく批判が殺到したのだと思われる。私は昨年だったか女子プロ界の大スター アジャコングさんとブル中野さんが出演した番組を観た。二人ともリングでは悪役になったりして大暴れして大活躍しているが実際はすごくナイーブで純情なのに心を打たれた。そして子供時代には二人とも凄く虐められたとのことである。強くなって見返してやるという気持ちがプロレスの厳しい練習を支えたのかもしれない。プロボクシングの内藤大助さんも子供時代は凄く虐められていたが練習によって世界一強くなり、いじめっ子達は足元にも及ばない強い選手になった。木村花さんは子供時代虐められたかどうかは知らないが、今度のケースではSNSの不特定多数の人達に虐められてそれに耐え切れなくて自殺した可能性がある。コロナで練習できない鬱屈がそれを加勢したかもしれない。人生の様々なことを経験してきたアジャコングさんやブル中野さんに相談して欲しかった。建設的な意見なら兎も角中傷は若い心を傷つけるので止めてもらいたいが、虐められたり中傷されたりした時の心の持ち方も学んでもらいたいと思った。虐められたり中傷されている時の苦痛は外からの想像を絶するもので生易しいものではないと思うが、同じような虐めや中傷に会っている少年、少女は沢山いる。内藤大助さんやアジャコング、ブル中野さん達を始め虐めをバネにして大成した人達は大勢いる。彼らを見習って歯を食いしばって耐えて大きな花を咲かせてもらいたいと思う。
若くて美しい前途ある女性が命を絶ったことは悲しい。心からご冥福をお祈りするが、同じような境遇にある人達には耐えて耐えて夢中で練習に励んで苦境を切り抜けてもらいたいと願う。






Last updated  2020.05.26 21:55:56
コメント(2) | コメントを書く
2020.04.27
カテゴリ:事件
非常事態宣言が出され、あらゆる産業がマヒ状態である。家内の弟が漬物などを売る観光産業に勤めていたが1週間くらい前に解雇されたとのことで毎日片付けしたり洗濯をしたりしているとのことだった。観光バスがこなくなり、売上が殆どなくなってしまったので止む負えないことと諦めているが、義弟だけでなく世の中には同じような人が一杯いると思う。再雇用の約束はないがコロナが収まったら再度声をかけてもらえると思うと言っていたがそれがいつになるか分からない。新型コロナが最初に発生した中国での感染が終息に向かいつつあるとのニュースは明るい兆しだがヨーロッパやアメリカはまだ収まる気配はない。東京も昨日は初めて感染者数100人を切ったがまだ油断はできない。義弟のように職がなくなってしまった人はどうしたらいいのであろうか?片づけや洗濯もよいがルームランナーなどで室内での運動や読書などで心身に栄養を与えることを考えたらいいかなと思う。再雇用の可能性を信じてその日のために体力、気力を充実させておくことが大切と思われる。






Last updated  2020.04.27 19:07:55
コメント(5) | コメントを書く

全120件 (120件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


© Rakuten Group, Inc.