1805915 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今が生死

全228件 (228件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

スポーツ

2019.11.26
XML
カテゴリ:スポーツ
今年最後の大相撲九州場所は白鵬の前人未到の43回目の優勝で幕を閉じた。素晴らしい記録には違いないが、張り手やかちあげ等に対する批判は多い。これに対して日本相撲協会の芝田山広報部長は「張り手やかちあげの隙をついて勝機を見出す気迫ある相撲を期待する」旨の談話を発表した。
張り手やかちあげは野蛮で危険な技で禁じ手にすべきだと私は何度も新聞に投書などして訴えてきたが協会としては未だにそれを禁じ手にするつもりはないようだ。今や相撲は国際的になりモンゴルはじめ多くの国から選手が参加しており国際的なルール確立が緊急の課題だと思う。相撲は格闘技だから顔をはたこうが肘で首を押そうが何をしてもいいのだ。その戦いの中で勝ち抜いた力士に最高の栄誉を与えるのだとの考えだと思われるが、スポーツなのだから礼儀も必要だし、怪我もしないようにルールを改正すべきだと強く思う。芝田山さんの発言は目には目を手には手をで隙を見つけてやり返せとの意味だと思うが、国際化して近代スポーツに生まれ変わっていかなければならないスポーツが顔を殴りあうのは良くないと思う。張り手やかちあげだけでなく他の技も見直して近代スポーツとしてさらに発展させていくために早急にルール改正に取り組んでもらいたいと思う。






Last updated  2019.11.26 22:52:33
コメント(6) | コメントを書く
2019.11.12
カテゴリ:スポーツ
世界野球プレミアム12の日米戦を観ていた。日本が惜しくも3対4で敗れたが善戦した。アメリカは昨日韓国に5対1で敗れ、メキシコにも敗れており、日本に勝ってやっと1勝を挙げたが、調子の波に乗れておらず優勝はメキシコ、日本、韓国の争いになると予想する。
今日の試合を見る限りアメリカはそれほど駄目なチームでなく負けているのは采配や調子の波や運によるものと思われ、優勝できなくても今後かなりよく戦うのではないかと思う。
この舞台で戦っているのは世界のトップクラスの選手達である。もともとの才能と練習、努力でこの地位に到達したものと思われるが、恐らく彼らも何度となく挫折を繰り返してきたと思う。挫折を経験しない人はいない。世界のトップになれたのはまず①どんなに打ちのめされても立ち上がってきたこと、②野球を続けて来たこと、③そして工夫しながら日々磨きをかけてきたからだと思う。どんなに才能があっても挫折に打ち負かされて立ち上がらなったなら今この舞台にはいない。彼らは挫折を乗り越えてきた選手達である。勝っても負けてもエールを送りたい。






Last updated  2019.11.12 23:36:41
コメント(4) | コメントを書く
2019.11.07
テーマ:ゴルフ(4072)
カテゴリ:スポーツ
今日家に帰ったら小包が届いていて開けてみたらゴディバのクッキーチョコレートマソートメントだった。先日の第一内科のゴルフ大会でホールインワンを達成した先生が送ってくれのだった。プロでもめったにあることではなくアマチアならなおさらで、その先生はかなり上手な先生でキャリアも長いが初めての体験とのことでとても喜んでいた。私などはゴルフではとても及ばないことだがそれにあやかってなにか別の事でもいいのでホールインワンを達成したいものだと思った。






Last updated  2019.11.07 23:23:52
コメント(4) | コメントを書く
2019.10.26
カテゴリ:スポーツ
ラグビーが終わり、日本シリーズも全く盛り上がりがないうちに終わってしまって楽しみがなくなてしまったが、フィギアスケートのグランプリファイナルで男女とも素晴らしいスタートで明日のフリーが楽しみになった。金メダルを取ってくれることを祈っている。
友人が送ってくれたレポートに因果応報、因果俱時のことも書いてあった。全ては一瞬のうちにあり、その中に原因と結果が含まれているとのことだ。あるところに県内に並ぶものもないような素晴らしい奥さんだと評判の女性がいた。その旦那はたいしたことがなく、どうしてその女性と結婚できたのか不思議がられていた。ある時その男性が姪から「叔父さんは前世できっといいことをしてきたのだね。だからあんないい奥さんと結婚できたのだね」と言っているのを聞いた。旦那はその奥さんの価値も分からず、むしろ不満に思っていることの方が多かったが、前世云々と言われると奥さんを見直してみた。他の奥さんよりいいかなと思えてきた。しかし自分の過去世のことは分からない。過去世があるのかないのかということすら考えたことのない人間だった。しかし友人のレポートによると物事には必ず原因があるとのことだった。その旦那がなんの原因もなく今を生きていることはあり得ない。それを形作る過去世があった筈だと思えてきた。その女性が県内随一の奥さんかどうか知らないが他から見て不釣り合いの女性と結婚できたとするとその男性も善根を積んできたのかもしれないと思われた。
ショート1位の羽生、紀平選手は努力に努力を重ねてきたが努力を重ねてきた選手は他にも山ほどいる。才能やコーチや運などに恵まれて世界中から注目される地位に立っているのだと思う。ここでまた友人のレポートを思いだし、彼らは前世でよいことをしてきたのかなと思った。しかし今は順調でショート1位に立っているがフリーで失敗してメダルも獲れなかったら惨めである。国民からバッシングもあるかもしれない。不幸のどん底に落ちるかもしれない。その時は前世で悪いことをしてきたに違いないと思われるかもしれない。前述の良い奥さんをもらったとうらやましがられている駄目旦那も、奥さんや旦那が病気になったり会社が倒産したりするときっと前世は悪いことをしてきたのだろうと思われるだろう。なにか幸運があると前世がよかったからだと言われがちだが、現世は良くなったり悪くなったりで変動している。それに対応するように過去世も変動する。旦那が前世でよいことをしてきた証拠は何もない。現世と前世と来世は一体であり前世でよいことをすれば来世でよいことがあるなどということはあり得ないと思えて来た。結果を左右するのは前世でも現世でも来世でも無いのだ。その3者が混然一体となっている(因果俱時)一瞬一瞬で全てが決まるのだと思えた。友人のレポートは色々考えさせられる。






Last updated  2019.10.26 22:29:06
コメント(6) | コメントを書く
2019.10.19
テーマ:ラグビー(59)
カテゴリ:スポーツ
決勝リーグの初戦、明日いよいよ南アフリカ戦である。今日ニュージランドとアイルランド戦を観た。Aグループでは日本に惜敗こそすれ他チームには圧勝して強さを見せつけていたアイルランドがニュージランドには大差で負けていた。上には上があるもので世界のレベルの高さを見せつけられた。前回のワールドカップで超格上の南アを奇跡的に破ったが奇跡は二度と起こらない。ニュージランドの試合を観たら世界のトップレベルと日本の力の差は歴然で、とても勝てそうも無いと思えた。勝つと思わず無心に力の限り戦ってもらいたいと思う。日本シリーズの巨人も明日の第2戦を迎えるに当たり、虚心坦懐、無心で強力なソフトバンクに立ち向かってもらいたいと思う。






Last updated  2019.10.19 22:44:02
コメント(5) | コメントを書く
2019.10.17
カテゴリ:スポーツ
野球少年たちのあこがれであり夢であるプロ野球選手への登竜門のドラフト会議で支配下選手と育成選手合わせて107選手が指名された。グローブもユニホームも買ってもらえないような極貧育ちの選手や幼少期に父親を亡くし母子でプロ野球を目指してきた選手などが念願かなって指名された時は喜びを分かち合ったが、一方で指名確実と目され多くの報道陣に囲まれていた選手がどの球団にも指名されなかった時は胸が張り裂けそうだった。努力に努力を重ねて華々しい成果を上げていても基礎体力とか運動神経、将来性などの観点から指名されなかった選手が何名もいたがその心中を思うと心苦しくなった。選ばれた107人の中でも将来一軍選手になれる人はほんの人握りしかいないが、すくなくとも競争するスタートラインには並ばせてもらいたいと思ったがそれさえかなわないないのだから悔しくて悲しくてどうすることも出来ない心情だと思う。高校生の場合は大学や実業団に入って次のドラフトを狙う道もある。大学生でも実業団がある。実業団からプロに入って活躍している選手もいる。野球が諦めきれない選手はその道を選ぶのが良いと思うが実業団にも入れない人もいる。夢に向かって青春をかけてきたがきっぱり諦めなければならない人もいるだろう。野球ばかりが人生ではない。心を切り替えて新たな人生を切り開いてもらいたいと思う。






Last updated  2019.10.17 23:09:13
コメント(6) | コメントを書く
2019.10.16
テーマ:ラグビー(59)
カテゴリ:スポーツ
今ラグビーワールドカップで大活躍しているすばしっこさ世界一とも言われる福岡堅樹(けんき)選手(27歳)には大きな夢が二つある。一つは世界選手権とオリンピックで優勝することでありもう一つは来年の東京オリンピックが終わったら引退して医学部受験して医師になることである。どちらも大変な難関である。しかしワールドカップでの快進撃の現状をみると最初の夢は実現するかもしれない。二つ目の夢も現在激しい練習の合間に受験勉強しているとのことでその夢も実現できるかもしれない。二つの夢が実現することを願っている。

「僕は、筑波大学の情報学群に入学し、ラグビー部で活躍する道を選びました。しかし、『医師になる夢』をあきらめたわけではありません。まだ先のことになりますが、ラグビーの選手として世界の舞台で活躍した後、もう一度医学部へ入学し直して医学の道を目指したいと考えています」

出典:事業構想ONLINE







Last updated  2019.10.16 22:40:28
コメント(2) | コメントを書く
2019.10.13
カテゴリ:スポーツ
台風19号で大きな被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。今回は風よりも雨による被害の方が大きく河川の氾濫などで日本中で大災害が起こってしまい痛ましい限りです。自分の住んでいる地域では殆ど被害がなく災害地の方々には申し訳ない気持ちです。
中央線は不通ですが日常業務は平常通りで自治会の公民館建設の地鎮祭の日取りの打ち合わせがあり、10/20に決まりました。2年半準備してきて色々なことがありましたがやっとここまで来れて感無量です。
浪人時代は受験勉強に明け暮れ医者になってからも日々の業務に追われて地域の人達との触れ合いは殆どありませんでした。しかし4年半前に自治会役員になり、2年半前に会館建設委員長にになり、地域の仕事をさせていただき病院業務と重なったりして大変でしたが今までしたことがない勉強をさせて頂きすごくよかったと思っています。
今ラグビーで日本がスコットランドと闘っており、前半終了時点で勝っていました。1勝10敗の相手に選手一丸になって勇猛果敢の戦いを挑み痛快です。よくここまで力をつけてきたものだと感心しています。勝って決勝ラウンドに進んでもらいたいと願っています。






Last updated  2019.10.13 21:48:21
コメント(4) | コメントを書く
2019.10.07
カテゴリ:スポーツ
400勝投手金田正一さん(86才)が胆管炎から敗血症を起して亡くなった。
金田は17歳で国鉄スワローズにはいり、弱小球団の国鉄なのに何年間も連続して20勝以上挙げた大投手である。その頃私は農業高校で学んでいたがふとしたきっかけで東大受験することになり受験勉強していた。ある雑誌で金田のことを読み感銘をうけた。20勝以上挙げるげるのは並大抵のことではなく、打撃などのバックの援助も必要だが、貧乏球団の国鉄には優秀な打者も優秀なリリーフ投手もいなかった。その中で20勝上げるのだから本当にすごいと思った。恵まれない環境の中でトップを目指す金田、受験科目が授業になかったりして大学受験には適さない農業高校から東大を目指す自分、境遇が似ていると思われ、以来金田および国鉄のフアンになった。国鉄はその後産経アトムズになり、ヤクルトスワローズと変わってきたが、63年間変わらず熱烈なフアンは続いている。その間私が研修医時代に新宿にある中央鉄道病院(現在のJR東京総合病院)に勤めていた頃直接会ったことはなかったが、金田が時々病院に来ていたとのことだった。その後私が国立甲府病院に移って金田の前妻 榎本美佐江さんを受け持っていた時金田が見舞いにきて私が国鉄フアンなのを知ってか知らずかサインボールを残していって下さった。金田が国鉄から巨人に移った頃には金田個人へのフアン度はそれほどではなくなっていたがスワローズへのフアン度は相変わらず熱烈でスワローズが負けた時には気分が落ち込んでしまう。
スワローズフアンにしたのは金田の活躍があったからで、恵まれない環境で頑張っている多くの人達の光明になってきたと思う。その偉大な大投手が亡くなった。心よりご冥福をお祈り申し上げる。






Last updated  2019.10.07 14:05:00
コメント(5) | コメントを書く
2019.09.22
カテゴリ:スポーツ
読売ジャイアンツが昨夜5年ぶりのセリーグ優勝を決めた。今朝の新聞では原監督の手腕を称えていたが、監督の手腕もさることながら選手全員の頑張りがこの栄冠を勝ち得たのだと思う。心から坂本以下の選手全員におめでとうを言いたい。無念の涙を飲んだ横浜DeNA以下の5チームは来シーズンは一層奮励努力して優勝を目指して頑張ってもらいたい。
原監督は4年前優勝を逃した時に若き期待のエース高橋監督にジャイアンツを託した。復帰するなどとは夢にも思っていなかったとのことだが高橋監督の3年間、優勝どころか優勝争いにも加われないこともありジャイアンツを強くしたいの一念で引き受けたとのことだった。高橋前監督は今野球解説者になり歯切れのよい解説で人気が高い。人にはそれぞれ向き不向きがあり、監督時代の高橋氏をみると苦虫をかみつぶした表情が多く、この人が原監督はじめ読売全体から推挙された人なのかと思える時があったが解説を聞いていると水を得た魚のように爽やかで人柄の良さがにじみ出ている。人柄だけでは野球はできない。原監督は今阿部選手を後継者として育てているが、なってみないと分からない面がある。各球団とも監督に相応しい優秀な人を監督に選び、毎日白熱の熱戦を繰り広げてもらいたいと切に願っている。






Last updated  2019.09.22 09:11:04
コメント(6) | コメントを書く

全228件 (228件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.