3957050 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JE2LUZ・熊野

全3283件 (3283件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

混在

2020/11/25
XML
カテゴリ:混在
どこかの国では権力の座から下りると旧悪を掘り返されて訴追され、「晩節」なんて無くなっちゃうようです。
 近代国家らしくない流れですね。
 日本も昔から疑惑に包まれた権力者は沢山居ました。
 逮捕された政治家も一杯です。
 総理大臣だって逮捕されていますからね。
 戦後になっても「疑獄」なんて言葉が新聞に踊ったし・・・
 今回のはなんだか「細かい悪事」みたいですね。
 まあ、悪いことしたなんて思っていないでしょうけどね。
 お気に入りの女性候補には大金を渡して選挙させるくらいですから、御苑でのパーティやニューオータニのパーティなんて当たり前の話なんでしょう。
 そして、「私は大物だから5000円でパーティが出来るんです。」というような国会答弁も出るのでしょう。
 「嫁さんの友達が弁当納めるのが悪いこと?」
 「小学校の名誉総裁悪いこと?」
 「役人の一人くらい死んだって・・・」
 「国会答弁でかばった悪徳役人を出世させるのは当たり前田クラッカー!」
 「四国に獣医学校作って何が悪い?」
 他にも一杯あるのでしょうね。
 こう言うのって「体質」ですからね。



 「公職選挙法違反」「政治資金法違反」???
 政策第一秘書が絡んでいても「罰金刑」が精一杯で、本人は与り知らなかったことになるようですね。
 「処罰を免れるように」という風に書いてあるのがその手の法律みたいです。
 これでも。合衆国の選挙法よりはましかも知れませんね。
 金は使い放題、言いたい放題言っても構わない???
 日本の政治家でも「何処で稼いでくるの?」という金持ちも居ますね。
 「政治の世界」って中々良くはならないでしょう。
 むかし、この辺からは「尾崎咢堂」と言う政治家が居ましたが、選挙は弱かったみたいですね。 
 木本に来ると我が家とか支持者の家に泊まって、書を書いて・・・
 でも、政治姿勢は「清く正しく」だったようです。


人気ブログランキング






最終更新日  2020/11/25 11:41:45 AM
コメント(0) | コメントを書く


2020/11/24
カテゴリ:混在
気象庁が引っ越したそうです。
 少し南の方に引っ越しましたが、今のようにデータを収集して業務を行う時代では少しくらいの引っ越しは関係ないでしょう、
 でも・・・
 先日書いた動植物の季節予報は困るでしょう。
 一番普通に報道される、「東京の桜開花宣言」は「靖国神社境内の標本ブクに5輪の開花が認められること」なんですよね、
 少し離れるけど一日2回とか消波にユクのd?
 まあ、優雅な風習ですから添えもありでしょうね。



 桜も同じソメイヨシノと言っても開花時期が随分違います。
 単純に日当たりだけではないようです、
 熊野市では「くまのざくら」が市の花になったよようです。
 山の中身いっぱいある「山桜」より開花も早いようですが。よくわからない部分があります。
 「枝変わり」で出来た品種でしょうからね、



人気ブログランキング






最終更新日  2020/11/24 06:12:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:混在
本格的な年末が来たのかな?
 今日から「年末ジャンボ宝くじ10億円」が発売だそうです。
 確率からすれば何処で買っても同じはずなのですが、昔から、「縁起担ぎ」する人が多いですね。
 昔々は「神田駅前」そして「池袋東口」なんて人気がありましたね。
 岐阜の「たばこ屋」なんてのが噂になったこともあります。
 私もたまに「ジャンボ」の時に買いますが、300円しか当たりません。
 「宝くじなんて当たるものじゃ無い!」という人も居ますが、「買わなきゃ当たらんけど。買えば当たる可能性はある!」ですよね。
 まあ、「夢を買う」と言うことでしょう。
 サマージャンボは伊勢市内で派手に幟と張り紙をしているたばこ屋があったので、車を停めて買いました。
 10枚しか買いませんから300円でしたし引き替えていません。
 年末ジャンボも来月24日まで売っているようですし。機会があれば買ってみます。
 この歳になってから「10億円」も当たると一寸多いですね。
 「富くじ」の時代から夢を売って来たようです。
 子供の頃は「100万円宝くじ」でした。
 「買わなきゃ当たらん!」を信じましょう(笑)



 年末と言えば「年末助け合い」なんてのもありますね。
 東京時代には「救世軍」だったかの「慈善鍋」というのが池袋の駅前かどこかで見ました。
 今年は「赤い羽根」「みどりの羽根」なんてのもまともに募金活動出来なかったのでしょうね。
 あの、街角募金や町内会などの募金活動も迷惑な所もあります。
 「済んでます」を言う印を何時も付けていられませんしね。
 判例では「町内会費からの募金は違法」となっている例があります。
 寄付したくない人の意思が無視されて町内会費から支出してはやっぱり問題はありますね。
 町内会の定款などに記載すれば大丈夫でしょうけどね。
 今の時代はややこしいですから・・・

 近年あまり見かけないのが「年末の大掃除」ですね。
 竹笹で軒先などの蜘蛛の巣などを払い、畳も干して叩き、窓から玄関まで水拭きし・・・
 そもそも、門松は無くなったし、注連縄も少なくなっています。
 でも、スーパーでは11月中頃から、注連縄や化鏡餅を売り出します。
 いくら何でも「季節感」がなさ過ぎです。
 8月お盆なのに7月お盆のと聞き「盆菓子」を売り出したり・・・


人気ブログランキング






最終更新日  2020/11/24 11:33:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/23
カテゴリ:混在
今日は「勤労感謝の日」ですね。
 今では「新嘗祭」を言う人も居なくなりました。
 元々は収穫に感謝する皇室の行事だったようですね。
 稲の取り入れが早くなっているのでこの時期だとピント来ませんね。
 育生町大森神社「どぶろく祭り」と井戸町「大馬神社」のお祭りの日です。
 両方共に結構賑わう祭りですが。今年はコロナで自粛気味でしょう。
 神事はやっても、どぶろく祭りの「どぶろく振る舞い」「餅ほり」は無いようです。
 井戸も御輿の集合は無いのでしょうね。
 そんな中で磯崎町の「黒潮海童」のイベントが先頃行われたようです。
 他所から人が来なければこの辺はまだコロナに汚染されては居ないようです。
 でも、この時節に「やろらい!」と声を上げるのは大変だったでしょうね。
 規制する法律がある訳では無いのですが、世の風潮が・・・
 政府は「イベントやれ!補助金やるぞ!」まで言っているのですけどね。



 これが今の太平洋の雲の状謡です。
 フィリピンの横には低気圧の雲はありますが、日本にとっては今年の台風シーズンは終わったようです。
 今年は台風のコースがフィリピン・ヴェトナム方向と朝鮮半島方向だったので、日本は被害が少なかったです。
 こんな年は少ないですし、海水温は上がっているし・・・台風は大きくなってきますからこの先心配ですね。
 「CO2排出ゼロ」を実現しても気温の上昇と海水温の上昇を少し緩めるだけで、下げるわけでは無いですからね。
 おまけに、少々植林しても山火事が巨大化して、「地球の肺」を壊していますしね。
 東紀州のゴミ焼きも熱量があるなら「発電炉」にするべきなんですが。
 建築廃材も燃やせば燃料なんですけど、コストが高いし、産業廃棄物という縛りもありますしね。
 以前には「廃材炭化」なんて事業も動いたのですけどね。
 もうそんなプラントは動いて居ないでしょうね。
 それに、政府の言う「排出ゼロ」には少しからくりがあり、出来ない分は「排出権を買い取って実現する」らしいです。
 低開発国の権利を買い取って減らしたことにするらしいです。
 地球全体で実現日がづけないといけないことです。
 一握りの先進国が壊しているのですけどね。


人気ブログランキング






最終更新日  2020/11/23 10:37:24 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/22
カテゴリ:混在
しびれを切らした専門家・医師会が本気でクレーム付けたので、政府も慌てて「Go To」の見直し?手直し?を発表しましたね。
 随分遅れているし、慌てているからか、中味無しです。
 東京都知事に至っては「東京が除外・参加決定などを国が決めたのだから国の責任でやってください」とそっぽ向いてますね。
 まあ、東京除外を東京都知事からは言い出せないのでしょうね。
 都民、国民より選挙は頭に浮かぶでしょうからね。
 どの知事も同じなんでしょうね。
 でも、しのがなくてはならない時は自治体トップが火の粉を浴びなくては駄目ですよね。
 「非常事態」の時に急遽国が割って入って国の権限を振り回したのが物事のスタートにありますけどね。
 
 記者会見はするけど「対策」なんて出ないし・・・
 口を開けば「経済の維持」ですしね。
 国民には、「出歩け!」「遊んで回れ!」「気をつければコロナは移らない!」と、おかしなことを言うし・・・
 国民の一部は、「安くなった!」と旅行には行くし宴会までする始末です。
 確かに死者は少なめの疫病ですけど、何時。変異するか分かりません。
 あまり報じませんが、発症者の多くに後遺症が残るようです。
 決して舐められる病気では無いのに、そっちは報じませんね。
 政府が「遊べ!」「騒げ!」とうちわを振っているのでマスコミは国人に不安を与えることは伏せがちなのでしょうか?

 何も手を打たないままで連休の終わります。
 連休明け、来週から再来週に欠けての数字が怖いですね。

 こんな状態でも内閣支持率って高いのでしょうか?
 「代わる内閣が無い」では国としては淋しいです。
 与党内での競り合いも無いようですしね。
 秘書課長が社長になって無事に進む時では無いと思いますが・・・





人気ブログランキング






最終更新日  2020/11/22 11:02:57 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/21
カテゴリ:混在
久しぶりに尾鷲に行ってきました。
 雨で視界は悪かったのですが、国道から右手を見ても「煙突」がありません。
 そして左手を見ると「K’s電子」の建物が取り壊し中でした。
 そもそも、熊野尾鷲道路の「尾鷲南IC]の降り口が変更なっていて、尾鷲に下りるのが新しい高架橋の下をくぐって矢ノ川から来る国道42号との合流交差点に接続なって居ます。
 正規の取り付け道路なのでスムーズに繋がっています。
 尾鷲から熊野向けは今までの道路のままですが、本線との説読破完成時にスコイズ感じが代わると思います。
 木本方面からの乗り降りは来年の本線完成時も変更無しに尾鷲市には入れます。
 矢ノ川越え42号線からは尾鷲南ICは使えないみたいですね。
 北向きには載りたいでしょうけど、尾鷲北ICまで走っても3Km程ですけどね。

 「K's電子」は出来た時から、「なんで今頃?」と思ったのですが「電気屋過剰」ですぐに閉店、そして建物を残せば税金もかかるし取り壊しになったのでしょうね。
 南インターと北インターが繋がると車の流れも変わりますし、国道沿いの店なども結構影響受けるでしょうね。
 中部電力の三田火力発電所の後片付けなどの工事が終われば人口がまた減るでしょうしね。
 火力に付随していた石油タンクも片付けられるでしょう。
 タンカー用のシーバースも必要なくなったし・・・
 「釣り桟橋に・・・」なんて話も消えたようですし・・・



 これが11月20日の中部電力三田火力発電所の煙突です。
 最後の一段が残って居ますが、来週には無くなるでしょう。
 テレビ局なども天気予報とかの背景に尾鷲を使ってきましたが、「煙突」が消えると、何処の町だか分からなくなるので使わなくなるのでは無いでしょうか?
 まさに、「ランドマーク」が消えたのですからね。
 尾鷲市の将来像の描き方はウンと難しくなりましたね。
 広大な敷地が空いてきても・・・


人気ブログランキング






最終更新日  2020/11/21 06:00:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/20
カテゴリ:混在
今日は連休と言うことで息子が出かけちゃったようです。
 自分一人だし、残り物を片付けるメニューを考えます。
 息子が好き嫌いが多いのでこんな時に好きなものを食べれば良いのですが、残り物の処分も考えなくてはなりませんからね。
 「茄子」を食べなくては・・・
 ベーコンと茄子をオリーブ油で炒める???
 豚肉の残りを食べなくっては・・・
 庭にはシシトウがあるし・・・
 などと言っても面倒なことはしたくないですね。

 にしても、コロナの広がりは大きくなってきましたね。
 三重県は北半分に患者が集中しますが、松阪より南には人が居ませんからね。
 人が少なければ患者も出にくいでしょう。
 観光客は結構来ていますが、人混みになるようなイベントや観光地も無いですからね。
 ワクチンが出回るまでこのままで推移すれば良いのですが、そうも行かないのでしょうね。
 低温輸送しなくてはならないワクチンをこんな遠隔地で人口密度亥の低い場所に持ってきて全員に摂取するって・・・
 年寄りを摂取場所に集めるのも大変ですね。

 ワクチンを接種したくない人も結構居るようです。
 この辺にも居ますからね。
 人口の8割にも免疫が出来ればそう言う人が居ても構わないそうですけどね。
 それよし、ワクチンに効き目が短そうだという話ですが、世界中の人間に無料で接種続けるって可能なんでしょうか?
 困った物ですね。





人気ブログランキング






最終更新日  2020/11/20 06:41:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:混在
前首相の安部さんはコロナが広がりだした時、「この騒ぎが収まったら法改正を考えます」なんて、とんちんかんなこと言っていましたが、政権が変わってもそのままですね。
 トップが変わっただけで政権は変わって居ないのですが、事態は随分変わっていますし、このままでは緊急事態には法的に耐えられないでしょう。
 まあ、このままの方が「政府」としては楽なのかも知れませんけどね。
 緊急事態宣言の時には知事の権限に介入出来るように直前に割って入ったのに、その後は逃げの一手です。
 安部さんはトランプさんと仲が良かったですが、コロナに関しても良く似たものでしたね。
 国民性が違うので拡大が抑えられてきましたが、「Go To」なんてので広げる方に力を貸し出したので止まらなくなりそうです。
 止まらなくなった時の損失は「Go To」なんかで埋められないほど大きいと思いますが・・・
 「国民の判断で・・・」と、下駄を預けたのだから責任は無い???

 海外での拡散から一年です。
 国内への侵入から9ヶ月ですか?
 従前の法律では対処出来ないことがはっきりしているのに、なぜ、法改正とか臨時立法に動かないのでしょう?
 動けば責任が発生するから???
 まさか、立法能力が無いわけでは無いですよね???
 総理も各大臣も野党もかなり能力低下しているのは分かりますが淋しい国ですね。
 国会も開いているのに大した議論も無しですね。
 法務大臣があんなことする国ですから、大きな緊急立法なんてむりでしょうね。
 下手にやらせると、強大な権力が握れるようなのを作るかも知れませんね。
 そんな恐れのある大臣も居ますからね。

 「強力な対策を講じる」なんておっしゃる割に何も出てきません。
 政府の諮問機関の学者は言いたいことの半分も言えていないようです。
 各県知事も政府の顔色を見る草が抜けませんね。
 外部に居る医師会などが「危ない」と言っても知らん顔・・・
 「学術会議」を骨抜きにしたいのも分かります。
 それでも支持率が下がらないのは、「代わるものが無い」からなのでしょうね。
 本当に淋しい国です。





人気ブログランキング






最終更新日  2020/11/20 06:00:07 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/11/19
カテゴリ:混在
地球温暖化が深刻になっているので、化石燃料を使う発電や自動車をどうするかが騒がれ始めました。
 赤道近くでは海水面が上昇して島や国が消えると言われています。
 中緯度では台風やハリケーンが巨大化して清潔を脅かしています。
 高緯度では氷が溶け永久凍土もとけて町が破壊され生活維持が難しくなっているようです。
 大陸内部では砂漠化が進むし・・・
 日本は災害が大きくなったと行っても今のところは生き延びています。

 日本の主力産業は今は「自動車」でしょう。
 マスコミでは「ハイブリッド」「自動操縦自動車」などで、日本の自動車は進んでいるように言いますが、現状はそうでも無いようですね。
 随分前に「ハイブリッド車は低公害車に分類しない」と言われたことがあります。
 確かに低燃費にはなりますが、製造工程や維持費を入れると見かけほど良くないんだとか・・・
 世界ではハイブリッドを採用しないで「電気自動車」「水素発電自動車」に進もうとしていますね。
 日本でもそちらの遅れを取り戻そうと「テスラ社」と提携したメーカーもありましたね。
 モーターでもICでも世界のトップレベルのはずなのに、頭の切り替えが遅いので後れを取るのでしょうか?

 英国では「2025年からガソリン車もジーゼル車も新車販売を禁止する」と言う方針を打ち出したそうです。
 英国にだって自動車メーカはあるし、イメージ的には進んでいるように思えませんが一気に進めるつもりのようです。
 中国でもものすごい排気ガス公害対策もありバスやタクシーが電気化されてきていますね。
 社会構造もあり方向転換をする気になれば一気に進むでしょう。
 アメリカ合衆国も新政権になればかなりの方向転換が起きるでしょう。
 ブラジルは随分前から「アルコール自動車」をやっていましたね。
 ドイツもジーゼルを放棄するのも遠く無さそうです。

 電気自動車は実用化しちゃえば構造が簡単で部品数も減るはずです。
 日本の自動車産業の須曽の部分がばっさり切り落とされる可能性があります。
 コントローラー部門は全く違う産業ですしね。
 水素初電車も共通部分が減りますね。
 バッテリーの再生問題もありますしね。

 この構造変換は日本にとってたやすいものではないかも知れません。
 内燃機関からミッションー動力シャフト」ーデフなんて構造が消えちゃいますからね。
 アクセルコントローラーから車軸モーターなんて・・・
 遅れていたはずの中国自動車メーカーが表に出てくる可能性もあります。
 自動運転車とは違う問題ですからね。
 一般公道での自動運転は夢の話でしょう。
 一寸、心配な話です。

 私はこの車の時、ハイブリッドを選択しませんでした。
 と言うことで、最初から最後まで「内燃機関自動車」です。





人気ブログランキング






最終更新日  2020/11/19 10:31:40 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/11/18
カテゴリ:混在
たまにt利上げている、幕下力士、大鵬関のお孫さん、「納谷幸之介」くんが、今日の十両格上げの取り組みで「貴源治」関に勝って、5升敗になりました。
 残り一番ですが、幕下西筆頭ですから、次の令和3年初場所には「十両昇進」間違いないですね。
 十両で引退力士も居るし、再開の力士が負け越していますから空きがあるので間違いないでしょう。
 入門からまる二年かな?
 ようやくここまで来ました。
 まだ20歳ですからこれからですね。
 
 祖父が大横綱「大砲」、父親が関脇「貴闘力」と言う血筋ですから、才能は在るでしょうけど、期待もでかいので大変でしょうね。
 大津網の世界って裾野が広く、「力士」「関取」と言われる十両以上の数がすごく少ないのです。
 「一年を十日で過ごすいい男」なんて言われたらしいですが、今のスポーツ界では決して恵まれた社会ではないでしょう。
 現役の寿命は短いし、太り過ぎもあって人間としての寿命も短いようです。
 日本人の入門者も減ってきているのだとか・・・
 増えすぎた外国籍のお相撲さんを少しきせいはしていrようですが、「国際化」も良いのやら悪いのやら・・・

 納屋くんはこのままの四股名で取り続けるのかどうかは分かりませんが、おじいさんの四股名はでか過ぎて継ぎにくいでしょうね。
 横綱の引退も目の前かと思いますし、大きく動く時代のようです。
 床屋さんの縁で気になる力士です。
 幕内に登ってくるのがいつでしょうね?


人気ブログランキング






最終更新日  2020/11/18 05:16:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3283件 (3283件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.