3956997 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JE2LUZ・熊野

全127件 (127件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

ニュース

2019/04/18
XML
カテゴリ:ニュース
一時期、「原発ジプシー」という言葉が世の中にありました。
 原発が稼働して、夢のエネルギーなどともてはやされた時代です。
 原子炉の保守点検や定期検査の作業員の被爆問題などを隠すため?か、短期間で職場を転々としている実態が表に出かけた時に作られた言葉です。
 今だとこの言葉は日本国内では無く差別用語として国際問題化する可能性があり使えないのかも知れません。

 この人達は所定の被曝線量を越えると事実上解雇され次の原発の現場へ・・・
 朝日新聞などが随分昔に追跡した時にも、最終的に流れて行く所が無くなった人達のほとんどが行方不明だったようです。
 そして、因果関係が立証されないにしても、がんになった人もかなり居たようです。
 何しろ、そうした人が働いた記録がまともに残されていないし、被爆線量計の記録など無かったようです。
 残したら具合も悪いでしょうしね。
 福島の事故でも小児がんの発症が少し多いというレポートもあるようですが、公式には「関係ない」とされているようです。



 今度の外国人技能者受け入れで「原発廃炉作業員」として東電は受け入れる方針だそうです。
 原子炉関連の職場は、通常の建設作業現場よりは給料は良いらしいですが、長い期間健康状態などをフォローしないといけないはずの職場です。
 それに、被爆の状況によっては現場を離れなくてはならなくなるはずです。
 日本人でもそれで困っているわけですが、外国人の場合、もっと困るでしょう。
 現場を外して何処へ持って行く?
 それも違法性があるかも知れません。
 事故や後遺症も今の労災とかではカバーできない話だと思われます。
 東電などはかつての「原発ジプシー」のように使い捨てできる人材として安易に考えている節もあります。
 なにしろ、「事故を起こしたことが悪いことだ」と言う風にあまり思わない会社・団体ですからね。

 今では無く、十年先二十年先で問題が起きるかも知れません。
 国内ですら「因果関係が立証されていない」と切り捨てるのですから・・・


人気ブログランキング






最終更新日  2019/04/18 03:50:06 PM
コメント(4) | コメントを書く


2019/04/17
カテゴリ:ニュース
続けて毎日新聞記事を載せましたが、この三日後に世界の歴史を変える大事件?が起きたのです。
 1949年10月1日、北京天安門で「中華人民共和国建国宣言」がありました。
 三日前の毎日では「中共 翁源に広東臨時政権 広東市接収準備」と小さく出ていますが、実際は世界をひっくり返す事態の準備が整っていたのでしょう。
 すでに国府軍、蒋介石の敗北と台湾への脱出が始まっていたわけです。



 国府軍の負けがはっきりしたのでしょう、英国の大使に引き上げ命令が出たのも並んでいますね。
 大変な時代だったのです。
 本格的な南北冷戦のスタートですね。



 こののち、朝鮮戦争、ベトナム戦争・・・こうした代理戦争が日本の復興を支えたのですから怖い話です。
 日本は敗戦処理がうまくいって国土を南北に切り裂かれなかったことは幸いですね。
 下手すると国の境が歯舞色丹の所では無く「津軽海峡」になって居たかも知れないという話がありますからね。
 樺太や千島での終戦宣言後の守備隊による抵抗が国を救ったとも言えるのですが、あまり、表に出ませんね。
 終戦後だし日本は敗戦国だし表には出せないのかも知れません。
 国際問題って厄介なものです。

人気ブログランキング






最終更新日  2019/04/17 06:00:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/04/09
カテゴリ:ニュース
最近話題になっているのが「中高年引きこもり」ですね。
 以前からの「引きこもり調査」の年齢を引き上げたら想像以上に多かった、と言うことらしいですが、長期の引きこもりって中々治らないのですから、月日が経てば高齢化するでしょう。
 40から64歳で61万人だとか言いますね。
 可労働年齢の人が働いていないと言うことですね。
 原因はいろいろだけど、「契約」「派遣」なんて働き方が増えてからの年代が多いみたいですね。
 最初は特殊な業務だけに許可されていた雇用形態だったのに、雇用者側に都合が良いからと言ってどんどん間口を広げて、今では当たり前みたいですからね。
 それでも安い人材が足りないからと言って外国人もそうした使い方しようとしているようです。
 「たこ部屋」「女工哀史」「口減らし」なんて時代を何とか切り抜けて来たはずなのに、逆戻りですか?
 雇用側が儲かって豊かになったように見えて、実態は国力が落ちてゆく危険もありますね。
 このままだと、「からゆきさん」が復活するところまで日本が落ちるのではないかと心配します。

 「5080問題」って言いますが、以前からそれに起因する事件が起きていますね。
 「パラサイト家族」「パラサイトシングル」なんて表現で済まされる現象ではないでしょう。
 一人でも食いかねる年金に子供まですがって…
 親が死んでも届けない…届けられない…
 今は親にすがっているけど、この先、生きるには生活保護???
 日本社会に余力のあった時代は何とかなっても、余力がなくなると支えきれませんね。
 そして、80の方の親は50が心配で「死んでも死にきれない」でしょう。
 雇用形態から抜本的に見直して、就職落ちこぼれを減らさないと。今の61万人にどんどん上積みされてゆくでしょう。

 世の中にはゴーンさんみたいな稼ぎ方しているのが一杯いるようですしね。
 「富の再配分」なんてカビが生えちゃったようですけど…
 累進課税なんて施政者からは悪者扱いされるし、逆累進の消費税などはどんどん上がるし、その時の飴玉で庶民はごまかされるし…
 国民のことを忖度してくれる人は居ないんでしょうか?
 「聞け万国の労働者!」の時代ではないでしょうけどね。
 こんな歌も忘れられ、5月1日が何の日かも忘れられたようです。
 私の高校時代はこれの替え歌が体育祭の応援歌に使われた時代でした。
 今の時代はその二日後の5月3日も何の日か忘れかけられていますね。

 基本的人権の尊重も憲法に書かれていますが。勤労の義務なども書かれています。
 個人の義務でもあるけど、国家、法人には機会を与える義務もあるでしょう。
 永遠の課題なんでしょうけど、「富の再配分」が平等までは行かなくてももう少し傾斜がなだらかにならないと色んな歪みや問題が起きてくるでしょうね。
 ???
 かなり左かな???
 





人気ブログランキング






最終更新日  2019/04/09 03:31:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/12/27
カテゴリ:ニュース
とうとう・・・ という感じで「International Whaling Commission・国際捕鯨取締条約」から脱退すると政府が決めたようです。
 確かに、長年日本がいじめられているような状態が続いては居ましたが・・・
 これを脱退するって事の影響はかなりのものだと思います。
 鯨の他にマグロ・ウナギなどでも日本は世界から睨まれています。
 海に関することでも国際世論、風向きが悪くなる可能性はありますね。

 1933年に思うに任せなしからと言って「国際連盟」を脱退しましたね。
 威勢良く席を蹴って・・・
 その流れでますます孤立してあの大戦に・・・
 時々書きますが、今の政権からは「軍靴の音」が漏れ聞こえるように思います。
 そして、国会も形が違っても「大政翼賛」のにおいがします。
 大丈夫なのでしょうか?

 韓国駆逐艦の「火器管制レーダー」の照射事件も下手すると・・・
 同じようなのが中国軍の艦船から自衛艦向けに照射されて事件もありましたね。
 軍隊・自衛隊って、丸腰では無いです。
 一応いつでも反撃できる体制で「専守防衛」をやっています。
 歴史上でも現場兵士の跳ねっ返りが大きな紛争になることもあります。
 文民統制ってかなり難しいみたいですからね。

 戦後しばらくは対馬海峡で韓国に拿捕され、知床やオホーツクでソ連に拿捕され文句も言えなかった時代が続きましたが、紛争にはなり得なかったと言うことです。
 今は「武力では無い武器」を持って行動しているだけに、国際関係を大事にしないといけません。
 憲法に自衛隊を明記すれば事態が変わるというものでもないでしょう。
 戦死者は出ないけど自殺者が出ている現状は決して健全な部隊では無いと思われます。
 「主権在民」を守るのは普段から意思を強く持たないと出来ないのでしょう。





人気ブログランキング






最終更新日  2018/12/27 06:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/01/23
テーマ:地球の異変(206)
カテゴリ:ニュース
草津白根山が噴火したそうですね。
 死者まで出たのだとか…
 このスキー場は行ったことないですが、普通に滑るスキーjぷで噴石が降るなんて!
 紀州で暮らす人間には火山は縁がないです。
 でも、古生代とかだとこの件も可s山だったのだとか…

 西洋の昔話だと…
 『地球がまだ暖かだったころ…」で始まるのがあるそうです。
 出来たころは逐うも火の玉だったそうですね。
 そして、日本列島などはすぐ下にマントルがあるんですよね。
 紀伊半島だってあてにはならんのでしょう。
 でも、人間の寿命から言えば問題ないかな?

 雲仙普賢岳・阿蘇山・新燃岳。御嶽山・三宅島・昭和新山・有珠山…
 たった75年しか経っていない私の人生でも一杯噴火していますね。
 東京なんかは富士山が噴火したら火山灰どころか噴石だって降るかもしれませんよね。
 この辺でも阿蘇の大噴火の火山灰があるとかなんとか…
 火山って嫌ですね。
 でも…
 そんなのがあるから「温泉」が一杯あるんですよね。







下のランキング、ポッチよろしく・・・






最終更新日  2018/01/23 06:59:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/06/06
カテゴリ:ニュース
 サミットが志摩市に決まったそうですね。
 何だかんだ言っても国が動くので大きな金が動くので、懸案だった土木などもどさくさで出来ちゃうでしょう。
 ホテルの改修もどんな項目で予算を付けるのかはわかりませんが、国の威信に懸けて整備してくれるでしょう。
 三重県警も各種装備が更新されるでしょう。
 関連企業、業界は一時的に潤うと思います。

 志摩は伊勢と一体になって元々知名度のある観光地でそこそこの動員力のある所です。
 大阪からも名古屋からもそこそこの距離で旅行気分も味わえるし・・・
 だから、サミットという一大イベントをやった後で、がくんとくる事も少ないでしょう。
 洞爺湖サミット、沖縄サミットでは何も無いところであんなのをやったので、その夢の後が決してよくなかったのです。
 テレビ見ていると素晴らしいホテルと舞台装置でしたけどね。
 洞爺湖のホテルは結局身売りしたと思います。
 沖縄も・・・
 それに、サミットともなると、周辺が警備のためにまともな営業が出来なくなります。
 短期間はマスコミも大勢押しかけて満室、商売繁盛でしょう。
 でも期間が短いです。
 万博のように半年あっても設備投資すると回収出来ないんです。

 ニュースなどでは「おめでとうございます」ばかりですが・・・
 周辺の中小企業の方々のことが心配になります。
 「要るものだけを作らせる」に徹してお金を使い、作り物ではない「伊勢志摩」「日本」を見せてやって欲しいものです。

 「祭り博」ほど県下各市町には迷惑掛けないでしょうけどね。

 伊勢神宮も舞台装置に使うようですが、安倍ちゃん流の「神国日本」を押し立てると、境からの信頼を失いますよ。
umi


    下のランキング・・・又転落しました。 ポッチよろしく!!!
    
      
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑

     
熊野市周辺地図です
     






最終更新日  2015/06/06 06:21:14 AM
コメント(2) | コメントを書く
2014/06/08
カテゴリ:ニュース
 今日、町中で「国民平和大行進」と書いた車と歩いている人を見掛けました。
 日本共産党系の一団です。
 人数も少ないし、若い人が居ない・・・
 これが今の日本を表しているのでしょうね。



 かつては、日本共産党系・社会党系・民社党系などに別れて、同じ趣旨なのにいがみ合いながらも大勢の人を動員して居ました。
 まあ、当事者とすれば、それぞれの主張が違うので、同じように「原水爆禁止」「世界平和」でも大違いなんだと言うでしょうけどね。
 だから、私は、「政党」なんてのが嫌いです。
 凝り固まっちゃいますからね。
 それぞれが発足した時は、若者も参加していましたが、新しい血が入らないまま推移して若者が老人に・・・
 そして、社会党も民社党も無くなっちゃうし・・・
 「原水禁」「世界平和」よりは派閥争い・・・

 どう言う訳か、こうした活動も一般人まで、「あれは共産党だから・・・」とか「組合だから・・・」なんて言って、趣旨は見ないんですよね。
 こんな事言うから、「お前は赤い」と言われるのでしょうけどね。
 でも、ほとんどの人は「原爆」も「原発」も「戦争」も要らないでしょう?

 もっとも、こうして活動している人たちも、他の団体とは混じり合いたがらないんですね。
 昔も、独走政党を阻止するための選挙協力もしなかったし・・・
 団体・政党を作るとそうなるんですね。
 内部で発言すると、外部での発言以上に反発される・・・
 その最たる物が、「粛正」「内ゲバ」なのでしょうね。
 私は政党系の団体内部で、随分言いたいことを言わせて貰いましたが、無事で済んできました。



 それにしても、こうした活動する人の高齢化は困ったことですね。
 この流れでは、日本の右傾化は中々引き戻せないでしょう。

 かく言いながら、私は、若い時と同じように「ノンポリ」なんです。
 一番駄目なタイプなんでしょう。
 同年代や先輩の活動家について行けません。

 下のランキング・・・半年ぶりで首位陥落しましたが、お陰様で奪還できました。
 まだまだ油断できません。
ポッチよろしく!!!

    
        
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑
    






最終更新日  2014/06/08 05:57:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/09/13
カテゴリ:ニュース
 昔、本人も役員をしていた会社が「水道メーター談合疑惑」で手入れを受けたお方…
 私が何回か「談合」や「汚職」のニュースの時に、「お前には言われたくない!」と言った御仁…
 今度は息子さんですか…
 まあ、お気の毒ですけどね。
 前三重県知事も息子さんの事件で知事を辞められました。
 マスコミ人?タレント?
 でも、影響力は三重県知事以上でしょう。
 前回の方が疑惑の渦中だったのですが逃げ切りました。
 でも…
 「もう良いでしょう!」
 そんなに懲らしめなくても良いですが、交代時期でしょう。

 と言いつつ…
 最近のテレビ界はスポーツのみならずまともなニュースもお笑い芸人とかアイドルがやってますからねえ…
 どうせやらせのニュースと大本営発表なら誰でも良いのでしょうね。
 いやはや…
 ここでも国の行く末が案じられます。

 チッキンリッキンのように何でも心配になってきます。

   
        
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑
    






最終更新日  2013/09/13 07:23:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/05/29
カテゴリ:ニュース
 昔…
 戦争が終わる前には…
 「またも負けたか第8連隊」という言葉があったそうです。
 全部書くと…
 「またも負けたか八連隊、それでは勲章九連隊」だそうです。
 第八連隊は大阪?
 第九連隊は京都?

 まあ、それは良いのですが…
 原発行政への「民間人の要望書」
 それも、元東大早朝とやらまでかんだ、総理直に手渡されてやつが、通産官僚の手によるものだったとか…
 いつものように、私はびっくりもしません。

 ニュース番組でも言っていました…
 「こうしたことに驚かなくなったことが怖い…」
 そうなんですよね。
 これが普通になっちゃってる日本の原子力業界や財界が怖いです。
 おまけに、普通の国民のほとんどが関心も示さないのです。
 だから、何回やっても処罰もされないし、追放もされない。
 褒められることはあっても叱られることは無い…

 あれって、もっと上からの声に出さない要求があったのでしょうね。

 何しろ、省庁の出先から、地方議会にまでお手盛り用の「要望書」の議決が求められることがあるくらいですからね。
 世論を作るなんて簡単だと思っているのでしょう。
 そんな動きが外に漏れることも無いしねえ…

   
        
人気ブログランキングへ
  ↑↑↑ 一日一回ポチッと押してください↑↑↑






最終更新日  2013/05/29 05:58:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/11/24
カテゴリ:ニュース
 売り家と 唐様で書く 三代目
 なんてのがあるようですが、お隣の三代目はそんな悠長な人ではないのかもしれませんね。
 20世紀でも珍しいような専制君主なのでしょうか?
 それとも、代々、狂気が増大しているのでしょうか?
 今の「敬愛なる将軍様」もかなりのものですが、今回のが三代目が関与していたら末恐ろしい人ですね。
 「若くて分別がつかない」では済まないでしょう。

 「角さんすけさん、懲らしめてやりなさい!」位では懲りないでしょうね。
 「桃太郎侍」とか「隠密同心」のように叩ききって葬るのが一番なのかもしれませんね。
 瞬間芸でやら無いと、それこそ核で自爆しかねませんね。
 自爆は構いませんが、核でやられると朝鮮人民が巻き添えになり、日本にも死の灰が降りますね。
 イギリスに頼めば、「007」を貸してくれるでしょう。
 映画のように美人も「喜び組」なんてので揃っているし…
 テロ行為はいけないことですが、「やっちゃいなよ!」と言いたくなる人も多いと思います。

 この日記は自動的に消去される!
 なんて装置にはなっていませんから、PCから煙が出る心配はありません。

 こんなブログもはじめました。
 ★★
   


   ↑↑よろしければ一日一回ポチッと押してください


熊野市周辺地図です
 






最終更新日  2010/11/24 05:34:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全127件 (127件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.