643677 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

へこきもと 気まぐれブログ

PR

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

石狩エリア道の駅 … New! machiraku_hokkaidoさん

防火も日頃のリスク… New! 今日から、個人事業主さん

母が綴る 息子(て… New! まめたん20さん

令和2年度社労士試験… New! 銀次郎エイトさん

書庫がいっぱいにな… New! SRきんさん

人生はよい習慣作り… New! 森田生涯さん

菅首相、デジタル庁… New! 業績向上ナビゲーターさん

まあさんの料理日記 New! まあさん1018さん

史実改鼠に加担する… New! 佐原さん

あまり意味のある引… New! inti-solさん

ようこそ ☆ へこきもと 気まぐれブログへ !(since 2004.6.4)

hekokimoto
2020.06.28
XML
カテゴリ:キュレーション
実態は会社に働く場所や時間を決められた「労働者」なのに、契約上は個人事業主と扱われる「名ばかり事業主」をめぐる矛盾が表面化している。会社側から労働法規上の労働者として扱われないため、社会保険加入や残業代支払いなどは対象外とされ、新型コロナウイルス禍では、会社指示で休んでも休業手当が支払われなかったり、国の事業主向け支援制度を迅速に受けられなかったりする弊害も。専門家は「実態に合った労働契約を結ぶべきだ」としている。

「企業にとって都合がいい制度かもしれないが、法のはざまで誰にも守られない存在ということです」6月上旬、大阪市内で記者会見した労働組合「ヤマハ英語講師ユニオン」の清水ひとみ執行委員長は、名ばかり事業主の置かれた環境をこう表現した。

清水さんらは楽器大手ヤマハの子会社「ヤマハミュージックジャパン」(東京)が全国展開する英語教室の講師。講師は約1200人いて、会社が指定した場所や時間、教材で教えるなど働き方は一般的な労働者と変わらないが、1年ごとの委任契約を結ぶ個人事業主だ。

講師らは、労働者であれば保障される残業代支給や最低賃金、有給休暇取得などの制度は適用外という。労働基準法では労働者について「事務所などに使用される者」としている。こうしたこともあり、契約上は個人事業主である講師らは、これらの保障が受けられない扱いをされていたようだ。-後略-(2020.6.28 産経新聞)

請負契約が必ずしも悪ではなし、自由な働き方があっても良いと思う。働く者=弱者という固定概念が根底にある。縛られたくない働き方も良し。実態はどうなのか、問題はそこ。

バナー 






最終更新日  2020.06.28 20:41:03


バックナンバー

・2020.09
・2020.08
・2020.07
2020.06

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.