180067 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

jasjeの絵日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


jasje

Calendar

Category

全83件 (83件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

こんなのみつけた

2015.08.16
XML
カテゴリ:こんなのみつけた
昨日(2015/08/15)のアド街ック天国で藤沢の辻堂を取り上げていました。鵠沼に住んでいたころの辻堂はとくに特徴もない場所で、なんとなく同じ市内なのに遠い場所という印象だったのですが、いまは湘南最大のショッピングモールだかもできてにぎやかになったらしい。

収穫だったのが「浜辺の歌」の浜辺が辻堂海岸だと分かったこと。これは読売新聞文化部著(1999)の


唱歌・童謡ものがたり」(岩波書店)にも書かれていない事実でびっくりです。この本は作曲作詞双方の事情をバランスよく書いてあるケースが多いのですが、読み返してみると作曲の成田為三にまつわる逸話ばかりで、作詞の林古渓については名前ぐらいしか出ていない。

ところが、地域新聞辻堂タイムズのサイト(http://tsujidotimes.com/2009-2/hamabenouta.html)には郷土史家大石静雄氏の「「浜辺の歌」の作詞者である林古渓の父、三郎は、羽鳥学校で教鞭をとっていた。幼少の古渓は父母に連れられて、辻堂海岸へ防風と松露を取りに来た際、辻堂東海岸の砂山の高台より相模湾を眺めた。…」という文章が掲載されていて、このときの体験が30数年後の作詞につながったという。これがWikipediaでも参照されています(異論も多い、とか)。羽鳥は湘南高校のずっと西の方で東海道線の北側だから、海岸まではちょっとありますが、週末にでもてくてく歩いて行ったのでしょう。「浜辺の歌」は中学あたりで必ず習ったはずだけど、授業中に地元の海岸を詠った歌詞だということは聴いていません。とするとここ15年くらいの間になにか新事実が明るみに出たのでしょうか?

わたしには浜辺の歌というといつか書いた「燃える太陽」(Cuando calienta el sol)のほうが思い出深いのですが、あした浜辺をのこの歌もなんだか距離がさらに縮まったような気がします。






Last updated  2015.08.17 00:34:29
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.29
カテゴリ:こんなのみつけた
マリー・ラフォレが「美女の産地」アルメニア系だと以前書きましたが、同じくアルメニア系らしいアメリカ人の姉妹(?)が歌うロシア語版「恋のバカンス」に出会いました。合衆国内のアルメニア系ソングフェスティバルやロシア系移民の催事での常連演奏者みたい。昔からこの歌を聴くとバカンス真っ最中より夏の終わりの今ごろを連想します。

二木紘三のうた物語に詳しく記されています
1963年にザ・ピーナッツが歌ってヒットした和製ポップ(いまならJ-Popか)「恋のバカンス」は1965年に当時のソ連にわたり、ニーナ・パンテレーエワの『カニークルィ・リュブヴィー』として大ヒットしたそうです。「海で、青い海で」という歌い出しが印象的。

このころのソ連で唱われていたのは例えば「帰らぬひとを…」というタイトルで日本でも知られている「兵士の未亡人」(1964)。「リュドミラ・ジキーナがこの歌を歌い始めると、会場は女性たちのすすり泣きで満たされた(二木紘三のうた物語)」とか。


日本でバカンスという言葉が使われるようになったのはこの頃からだったと思うけど、ソ連でも「恋のバカンス」みたいな明るい雰囲気を求める人たちがいたのでしょうね。半世紀を経ようといういまでも唱い継がれている様子があれこれロシア語のクリップを覗いていくとよくわかります。

そんななかで川野夏美(青いドレス)と前田有紀が2005年に共演したものが「日本語バージョン」としてロシア語で紹介されているのが面白い。日本ではこんなに速いテンポで唱うのか、といったコメントもついている。






Last updated  2012.08.29 13:31:13
コメント(3) | コメントを書く
2012.02.04
カテゴリ:こんなのみつけた
201112311353.jpg

使われていたこともあるのでしょうか.このドアの向こうには何があるのだろう?






Last updated  2012.02.04 19:03:35
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.01
カテゴリ:こんなのみつけた
franklinletters.jpg

講義の後,図書館で前から気になっていたフランクリンの手紙を探してみると,岩波文庫の版は貸し出し中だったものの,同じ蕗澤忠枝訳の1942年版(モダン日本社)が地下3階の書庫から出てきました.初版本です.もう前年の12月に真珠湾攻撃があってアメリカは敵国だったわけなのに,フランクリンの書簡集は42年2月に無事に刊行されていて,成城学園の図書館は4月に蔵書にしている.

意思決定の研究者なら誰でも知っている精神的代数をプリーストリに説明した手紙がこの中に入っているのじゃないかと思ってみて見たのですがそういうわけではないらしいので,1988年に出した
「決定を支援する」の中でデシジョンエイドのひとつとして精神的代数を紹介しておいたのは無駄ではなかったようです.

この書簡集に収められている手紙の中に姉にあてた「眼鏡の選択」というものがあり,自分の本の第1章を「評判のいい眼鏡店の店先で」という節からはじめた私としては少々びっくりでした.







Last updated  2011.12.04 22:57:39
コメント(2) | コメントを書く
2010.11.24
カテゴリ:こんなのみつけた
情報量の単位の説明に使おうと思って、昔あったラジオ番組の「二十の扉」について調べていたら、自分が心の中に思っているものを20の質問で当ててくれる(はずの)20Q.netというサイトを見つけました。いろいろな言語に対応しています:

http://www.20q.net/






Last updated  2010.11.25 23:30:51
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.11
カテゴリ:こんなのみつけた
1009111006.jpg

成田の国際空港まで迎えに出かけた途中の東関東自動車道湾岸幕張下りPAのトイレの床に.

混んでいるときはこう並んでほしいというサイン.並んで待ってくださいと文字にするよりは気が利いています.

ひとつ先の酒々井(しすい)のPAには成田の発着状況の情報ディスプレイがあってあって,迎えに行く便が17分早く到着することがわかった.






Last updated  2010.09.12 00:41:49
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.02
カテゴリ:こんなのみつけた
1008281642.jpg 1008281647.jpg

エドガー・アラン・ポーの作品にこんなのがなかったっけ.先週の土曜日,横須賀美術館で.






Last updated  2010.09.02 23:42:11
コメント(3) | コメントを書く
2010.07.05
カテゴリ:こんなのみつけた
昨晩7時半ごろ,6月30日にオープンしたばかりの関越道上り線「寄居 星の王子さまPA」に寄ってみました.以前は特に目立ったところのないPA(パーキングエリア)だったけど,今度はちょっとPAのイメージを覆すような佇まいになりました.箱根の星の王子さまミュージアムがPAに化けたというかPAがテーマパークに化けたというか.

1007042005.jpg 1007042004.jpg 1007041935.jpg

売ってる品物は高いし,大勢のお客をさばくのは大変そうだし,突っ込みどころは色々あるみたいで,したり顔で批判する人の顔が見えるようだけど,樹木が多くてテラスでのんびりするは気持ちがいいし,プロバンス風のハーブガーデンはラベンダーやタイムの香りが運転疲れに効きそうで,かなりいい.一見の価値あり.

寄居みたいに大きなSAにはさまれた利用客の少ないPAだからできた試みなんでしょうが,運営が大変でも昔のSA/PAに逆戻りするのでなく,またつまらない妥協をするのでもなく,こういうモノを永く維持するにはどうしたらいいかという方向で工夫を重ねて欲しい.







Last updated  2010.07.05 17:07:44
コメント(0) | コメントを書く
2010.06.14
カテゴリ:こんなのみつけた
イラスト版はやぶさの帰還
http://drawr.net/show.php?id=1478887

最後の仕事(毎日jp)
http://mainichi.jp/select/science/news/20100614k0000m040123000c.html


はやぶさカプセル、先住民の聖地で発見 了解得て回収へ(asahi.com)
http://www.asahi.com/science/update/0614/TKY201006140162.html
A perfect view of the asteroid capsule's Earth return (BBC)
http://www.bbc.co.uk/blogs/thereporters/jonathanamos/2010/06/a-perfect-view-of-the-asteroid.shtml
奇跡生んだ粘りと技術…「はやぶさ」帰還 (Yomiuri Online)
http://www.yomiuri.co.jp/space/news2/20100614-OYT1T00190.htm
忙しい人のための「はやぶさ」に関する私的まとめ(百式管理人のライフハックブログ)
http://www.ideaxidea.com/archives/2010/06/hayabusa_matome.html






Last updated  2010.06.14 22:56:34
コメント(2) | コメントを書く
2010.06.11
カテゴリ:こんなのみつけた
英語の鎌倉案内
Kamakura: History & Historic Sites
http://www.kcn-net.org/e_kama_history/index.html






Last updated  2010.06.11 21:01:42
コメント(1) | コメントを書く

全83件 (83件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

Comments

jasje@ Re[2]:夏の終わりの恋のバカンス(08/29) バケーションってなあに、という時代では…
胡麻胡麻胡麻@ Re:夏の終わりの恋のバカンス(08/29) この歌より少し前に、コニー・フランシス…
胡麻胡麻胡麻@ Re:夏の終わりの恋のバカンス(08/29) ピーナッツのCD持ってます.名曲中の名曲で…
胡麻探偵事務所@ ご依頼の件 調査いたしました.4年上の某女子画家によ…
jasje@ 肩を並べて浜辺を歩く人は意外に少ない? 驚いたことにこの広いWebの世界で『肩を並…

Headline News

Favorite Blog

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.