000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アジアにて - 輸入雑貨と旅のブログ

PR

X

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

台湾

2011.01.04
XML
カテゴリ:台湾

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

新年のスタートは1月6日からとしますが、
ブログ読者の方で台北に行く予定を聞いたので、
最新の台北情報がJALのメルマガにありましたので
参考までに記載しておきます:


大人の台湾紀行
 


円高のおかげで台湾ドルも安くなりましたね。
YAHOOの経済のページから為替レートがチェックできます。


http://quote.yahoo.co.jp/m5?a=1&s=TWD&t=JPY



台湾はコンビニが発達しているので、日本と同じ感覚で買い物ができます。
ただし、台湾ではコンビニでも買い物袋は有料で、袋がいるか、いらないかを
レジで聞かれましたので、中国語に自信がない場合は買い物袋を持参して
それを見せるといいかもしれません。

「新東陽」という名前の食料品店チェーンがたくさんあるので、
食品関係のお土産ならそこで買うのがいいでしょう。

台北の記憶をたどっていたら、なんだか自分も行きたくなってしまいました。

気をつけて、楽しんできて下さい。






Last updated  2011.01.04 16:22:43
コメント(0) | コメントを書く


2007.11.14
カテゴリ:台湾


最近に始まったことではないかもしれませんが、アジアではマッサージブームのように思います。特に足マッサージは、香港、台湾、中国、そしてタイでも多く見かけました。
自分は肩こりというものを経験したことがないので、肩をもまれると非常に心地悪いのでマッサージというものには無縁だったのですが、広州で足マッサージを体験して以来、足マッサージだけは好きになりました。 上海やバンコク、そして台湾でも足マッサージに行きましたが、いつもその比較ができないのが残念です。
何故かというと、必ず、食事のあとの夜遅い時間に行くので、酔いがまわっておなかも満腹で、マッサージが始まると5分もたたないうちに熟睡しているからです。
幸か不幸か、体に悪いところがないようで、どのツボを押されても痛みは感じないのも眠ってしまう要因かもしれません。 
台湾でも2つの店に行ってきました。 が、やはり熟睡してました。
ひとつは「レオフーホテル」から長春路を西へ100-200mくらい行った右手にあった地元密着型店、もうひとつは「6星集足體養身(八徳路2段298号)」です。
マッサージ後の体の感覚と薄い意識の中で比較するなら、地元密着店のほうが技術は上のようです。 後者の方は、ほとんどの施術師が若いアルバイトのようで、資本家がマッサージに投資して経営しているような雰囲気でした。 歴史がある店のほうが良いようです。
いつか、日の高いうち、眠らない状態で足マッサージに行きたいものです。







Last updated  2007.11.14 08:48:56
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.13
カテゴリ:台湾


台湾料理の「Aoba」で「台湾風ラーメン」をいただきました。
日本語で「台湾風」とメニューに書いてあったので、気になってオーダーしたのですが、
「台湾ラーメン」とは違うことを強調したかったのか、日本では有名になってしまった台湾ラーメンに遠慮したのか、意図はともかく、日本で食べる「台湾ラーメン」とは全くちがって、エビなどのダシで辛さは全くなく、自分にとってはこちらのほうが数倍おいしく感じます。
中国本土よりも、台湾は日本の麺文化に近いように思いました。
台湾風ラーメン、一度お試し下さい。


20071113noodle.jpg






Last updated  2007.11.13 17:57:35
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.10
カテゴリ:台湾


台湾は、他の国に比べて日本語を外来語としてとらえ、母国語以外の表現方法として使うことも多いように見受けられます。そのため、商品パッケージなどの日本語の使い方も上手だったりします。
ただ、桃園国際機場のイミグレーションを通る前のロビーで見かけたスパ(マッサージ)のメニュー看板に書かれたこの文字だけは、未だに意味不明です。
「ビタりテマッサージ」という日本語の「ビタりテ」とはどんな意味でどんなマッサージなのでしょうか???? 「左手で力を入れずに揉む」という意味なのか、「ビタリテ」というブランドなのか、よくわかりません。写真1枚目は全体を写し、2枚目はアップにしたものです。 どなたかご存知でしたら教えて下さい。


20071110menu.jpg

20071110menuup.jpg






Last updated  2007.11.10 09:30:07
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.09
カテゴリ:台湾


「Aoba」はお店がいくつかあるようで、今回行った店は、「台北市安和路1段116号」に
ある支店でした。 台北101ビルの西約600-700mといった位置で市内どこからでも行きやすい場所です。 2人で料理5品、デザート、台湾風ラーメン、ビール(3本くらいかな)で約2,700台湾元(約1万円)といったところです。
価格相応の味と雰囲気は楽しめました。


20071109kanban.jpg






Last updated  2007.11.09 09:07:16
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.08
カテゴリ:台湾

今回の訪台は3泊4日でしたが、最初の夜はホテルチェックインが21:00過ぎということもあり、落ち着いて夕食を楽しめるのは2回だけということで、一晩は屋台、もう一晩は台湾料理の予定を立て、レストラン「青葉 AOBA」を選択しました。
前日にホテルのフロントで予約を入れてもらい、台風が来ていたので、台北101ビルの展望台閉鎖のこともあり、当日臨時休業になっていないか確認の電話を入れました。
お店はシックな雰囲気で洋食も似合いそうなインテリアです。皿も変わった形のものを使っていました。 料理もインテリアに負けずしっかりした味でした。
お洒落においしい中華を楽しみたい時にオススメです。

20071108aoba1.jpg

20071108aoba2.jpg

20071108aoba3.jpg

20071108aoba4.jpg

20071108aoba5.jpg








Last updated  2007.11.08 11:47:35
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.07
カテゴリ:台湾


台北101ビルにはお洒落なお店がテナントで多く入っており、当然、レストランフロアーもありました。地下1階のフードコートとは別に4階に中華からイタリアン、タイ料理の高級店と並んで日本食のレストランもありました。 「代官山ダイニング」という名前のお店で、スタイリッシュな定食屋さんという雰囲気でした。 ランチメニューで日本円にして1300円から1500円くらいなので、日本の感覚だと2000円前後といったところでしょうか。 さすがに台北101のレストラン、セレブなランチ気分を楽しむためのスペースのようです。 ここでの日本食は日本人向けではなく、地元の人達に向けて発信された食文化のように思いました。

20071107daikanyama.jpg

20071107menu.jpg







Last updated  2007.11.07 10:24:14
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.06
カテゴリ:台湾

世界一の高さを誇る台北101ビル。
正確には2007年7月21日の時点でブルジュ・ドバイがトップになり、「誇った」という過去形になってしまいましたが、訪れたのが9月でしたので、すでに世界第2位のビルだったわけです。
過去数回の訪台時には、この台北101は計画中だったので、是非訪れてみたいと思い、台風の中、タクシーでたどり着きました。
展望台への入口に着いてみると人が少なく、貼り紙が1枚。なんと台風のため、展望台閉鎖のお知らせでした。 普段なら、ここに人がたくさん並ぶのだろうと思わせる行列整理用のロープを見ながら、入り口の写真の前で記念写真をとって納得した次第です。
台風で閉鎖という珍しい日に当たったことをラッキーと思いつつ、ビル内のお店でショッピングを楽しんできました。

20071106taipei101close.jpg

20071106taipei101entrance.jpg







Last updated  2007.11.06 09:25:28
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.02
カテゴリ:台湾



台北駅の北西にある迪化街は、古き良き商店街といった風情のある街です。
今回、初めて訪れました。 あいにく台風が接近していて、風雨が強く、あまり長時間散策することはできませんでしたが、カラスミはかなりお値打ちに買うことができました。
カラスミはランクがいろいろあるので、一概に比べるのはむずかしいかもしれませんが、
少なくとも、観光で立ち寄るお土産屋さんの価格に比べるとかなりお値打ちです。
台北駅からタクシーですぐなので、カラスミ目当ての方は行く価値があると思います。

20071103kanbutsu1.jpg

20071103kanbutsu2.jpg







Last updated  2007.11.03 00:42:20
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.01
カテゴリ:台湾

昨日から書いている夜市は、台北でも最大と言われる「士林」の夜市です。
少し前に食べ物の屋台はMRT剣潭駅の美食廣場に集まったようで、食べ物を探すならそこに行けばよいので便利です。 もちろん、そこ以外にも道路にいろんな店が並んでいますが、座って食べようと思ったら、美食廣場がいいのではないでしょうか。
シチューパンのほかに、以前から気になっていたのはカキオムレツなのですが、海外でカキはどうしても食べる勇気がなく、今回は、カキをエビに代えてもらってエビオムレツにトライしました。 ビールはコンビニで買ったキリンのBarです。デザインがお洒落で、日本でもあったら売れると思います。
そのほか、スペアリブやビーフン炒めなどを楽しみました。
同じものを売る店もたくさんあり、選ぶのに迷ってしまいますが、フットワーク軽く屋台で食べ歩くのも面白いです。


20071101beer.jpg

20071101sparerib.jpg

20071101beefun.jpg








Last updated  2007.11.01 10:22:44
コメント(0) | コメントを書く

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.