5966615 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

うたのおけいこ 短歌の領分

September 19, 2021
XML
カテゴリ:近代短歌の沃野
梨1.jpg



若山牧水(わかやま・ぼくすい)


児等こら病めば昼はえ喰はず
       小夜さよ更けてひそかには喰ふこの梨の実を

こほろぎのしとどに鳴ける真夜中に
            喰ふ梨の実のつゆは垂りつつ



歌集『くろ土』(大正10年・1921)

子供たちがやまいで臥せっている手前
昼は食べられず
清らかな夜が更けてからはひそかに食う。
この梨の実を。

秋の虫がはなはだしく鳴いている真夜中に
食う梨の実のつゆは垂れつつあって。


こほろぎ:今でいうコオロギ類だけではなく、広く鳴く虫全般を指した古来の意味で用いていると見て間違いないだろう。

しとどに:はなはだしく。したたかに。ひどく。やや被害的な感情を含意する。ここでは、秋の虫が「うるさいぐらいに」鳴いていて、その合唱と夜陰にまぎれて、といった意味合いか。

垂り(つつ):現代語の動詞「垂れる」ではもちろんなく、中近世以降の「垂る」(下二段活用)でもなく、鎌倉時代頃まで、とりわけ(おそらく作者の意識としては)万葉時代(奈良時代)の古語「垂る」(四段活用)の連用形なので、この形になる。
一種の古拙(アルカイック)な素朴さと格調を醸し出している。
私の印象では、牧水はこういった文法的な技巧に凝るのが好きで、かつ得意だったと思う。今でいうマニアックな気質があったのだろう。詩歌人としては、なかなか幸福な資質である。


梨.jpg






Last updated  September 20, 2021 07:58:14 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Recent Posts

Comments

くまんパパ@ ありがとうございます(07/05) 七詩さん、このコロナ禍パンデミックで真…
くまんパパ@ ありがとうございます 七詩さん、ありがとうございます。 おっし…
鬼と言う俳号@ 旅寝して我が句を知れや秋の風 我が句を知る――それは、いかに難しい事か…
田中信一 俳号は、俳句の鬼、鬼です。おこがましくも、そう付けています。@ 松尾芭蕉  秋深き隣は何をする人ぞ(11/17) 芭蕉はいい句を多く残していますね。 句会…
アイウエオ@ Re:藤原道長 この世をばわが世とぞ思ふ望月の(09/22) とてもいい記事だと思います。百人一首に…
アイウエオ@ Re:藤原道長 この世をばわが世とぞ思ふ望月の(09/22) とてもいい記事だと思います。百人一首に…
アイウエオ@ Re[1]:藤原道長 この世をばわが世とぞ思ふ望月の(09/22) 銀河 秋彩さんへ ありがとうございます。…
アイウエオ@ Re:藤原道長 この世をばわが世とぞ思ふ望月の(09/22) とてもいい記事だと思います。百人一首に…

Category

Archives

April , 2021
March , 2021
February , 2021
January , 2021
December , 2020

Profile


くまんパパ

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

懐かしいノリ? New! ナイト1960さん

友 仙台り来たり New! masatosdjさん

これはヨコヅナでは… New! けん家持さん

彼岸供養と桓武天皇♪ New! しぐれ茶屋おりくさん

イタドリ、ヤブミョ… 蘭ちゃん1026さん

(^^)/赤いリンゴ 月のひかり★さん

松屋が21日からタイ… JiM*NYさん

【新色】英国 Whiteh… こだわる男の「モノ&ファッション」さん

「デモクリトス的哲… モモン・PART2さん

システムエンジニア… モモンガ2006さん

Free Space


© Rakuten Group, Inc.