075500 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

わたしのブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

今月の買出し 2017… SS900IEさん

大河ドラマに名対局… nipparatさん

偽証は厳罰による抑… 風の精ルーラさん

秋桜日記 もんちゃん0709さん
碁盤を囲んで hexagobanさん

Comments

魔婆斗@ Re[3]:かつてのネット碁(YAHOO!)仲間(03/12) sn056jpさん ありがとうございます。 URL…
sn056jp@ Re[2]:かつてのネット碁(YAHOO!)仲間(03/12) 魔婆斗さん Yahoo関東勢はちょくちょく集…
魔婆斗@ Re[1]:かつてのネット碁(YAHOO!)仲間(03/12) sn056jpさん ご無沙汰しております。 こん…
魔婆斗@ Re[1]:かつてのネット碁(YAHOO!)仲間(03/12) sn056jpさん >お久しぶりです。 >なんと…
sn056jp@ Re:かつてのネット碁(YAHOO!)仲間(03/12) お久しぶりです。 なんとなくsn056jpでぐ…

Headline News

2017.04.13
XML
カテゴリ:

石の方向

上辺の厚みを背景に、心おきなく地を稼げる。黒47に白48とひねって受けたのは天頂の工夫。これに対しては、いったん黒49とふんわりけん制する。白50と受けてくれたので、そこで黒51とがっちり地を取る。
白52―。手堅い。まだこの一団が不安なようだ。そうそう急な攻めがあるとは思えないが…。いやいや、こういうところが魔婆斗の甘さか。黒53とひとつハッて、なおも白54とここを打ってきたのにはこれ以上つき合わず、黒55と右辺にまわった。ここもひとつの懸案の場である。16-五から出切られると、中央に切った白石にも活力がでてくる。
待望の守りにまわってほっとしたとたん、白56の出にドキッ―!まずかったかと思ったが、白58切りに59とツイで大丈夫。天頂はさらに60まで決めてきた。よほどここが不安だったのか。
白62と、右下に先着された。しかし、右辺を打つものだろうか。黒63と下辺にワリ打ててはほっとした意味もある。ここで天頂は64とカブせてきた。いかにも天頂らしい高圧だが、上方に黒の厚みがあるのでありがたいと思った。ただし65は疑問が残る。


        <参考図1>

<参考図1>の1と、こちらにヒラくべきではなかったか。白2と右下からツメるのは観音ビラキの悪形。さらに黒3ノゾキ以下でオサマってしまう。
続いて実戦白66に対し、


        <参考図2>

<参考図2>黒1とハネダして戦いたかった。白2切りには黒3以下気合いのフリカワリ。白6とカカエるぐらいだろうから、黒7のオサエまでキカして右下三々に入ってしまう。下辺の黒は、Aの味があるのでなんとかなりそうだ。
実戦黒67は、ひたすら忍の一字という感じだ。
続いて白は70にノビるぐらいだろうと予想していたが、ここで68と二段オサエ。これは…?スソアキをきらったのか。しかしチャンスだ。


        <参考図3>

<参考図3>黒1と反発してカミ取ってはどうだろう。白6とカカエたとき、やはり黒7のノゾキがきびしく、黒9と戻ったとき、白は手を抜けまい。それから黒11と三々に入れば地合いは決定的だ。下辺の黒はなかなか取れない。
どうもこの碁では、下辺ワリ打ちからの石の方向に問題があったようだ。実戦は黒69、71とアテツイで64の一子を腐らせて満足しているが、これは志が低かった。






Last updated  2017.05.12 01:32:00
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.