5465874 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

機械式時計と煙草でブログ!

 電波時計がこれほど普及した今、一般的には正確さにおいて劣る機械式時計は、実用品としての存在意義をなくそうとしているのかもしれません。
 いや、でもね、何でもかんでも電子機器になってしまうのは、面白くないと思うんですよ。ここは一つ開き直って、趣味としての機械式時計っていうことで、遊んでみようかなっと。ふへへ。

追記:
 2011年から煙草関係の記事も書くようになりました。パイプや葉巻の世界は、紙巻煙草を吸っていただけでは窺い知ることのできない奥深さがあり、これこそが煙草の本当の姿なのだと感じさせるものがあります。
 煙草税の値上げで禁煙するのも悪くないですが、人類が何百年にも渡って愛してきた煙草の本当の姿を知ってからでも遅くはないのではないでしょうか。

 尚、煙草礼賛的な記事が多くなりますので、嫌煙者の方のご来訪はお奨めできません。
2021.12.01
XML

 もう既に冬になっちゃっていますが、サミュエル・ガーウィズ(SG)の秋向け銘柄「スコッティッシュオータムフレイク」を吸い始めました。これを最初にレポートしたのは、2016年8月でした。

 この煙草も含めてSGの各季節向けフレイク4銘柄は、既に全て廃盤になっており、後は流通在庫を残すのみになっています。ですから、先日いつもの煙草屋さんに行った時には、この秋向けの物と冬向けの物しか残っておらず、春用と夏用は入手出来ませんでした。

 廃盤となってしまったのは残念ではありますが、この季節のフレイクのシリーズは、元々限定銘柄っぽい位置付けになっていて、米国の情報サイトとかでも「limited Four Season series」というような表記がなされていたりします。ですから、作った分が順当に売れ切れたという感じでしょうか。SGとチェコの煙草ブランド・スタニスラウ、それとダン・タバコ社(DTM)まで絡んだコラボ銘柄ですから、まぁ、完全に企画物ですね。

 企画物として見れば、まぁまぁ良かった銘柄だったのではないでしょうか。4銘柄それぞれ美味しい煙草でしたし、何より企画物や限定物では珍しいフレイク物だったというのが大きいです。継続的には生産されない銘柄だと、目先を変えやすい着香物がどうしても多くなり、違いを出し難いフレイクやコインカットといった圧縮系や非着香銘柄は難しいと思われます。ですから、「一時のお楽しみを提供してくれて、ありがとう。」といった感じです。

 パイプ煙草市場が縮小して行く中で、今後このような企画物が出てくる可能性はどんどん低くなって行くと思われますから、もし煙草屋さんで見つけたら、ぜひ買って楽しんでおいて下さい。


[良かった煙草ブログは此方 Click!]
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ






最終更新日  2021.12.01 17:30:05
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


SS900IE

サイド自由欄

●ブログランキングに参加しています。Click していただくとランキングページに飛べます。
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

●アンケートにご協力お願いいたします。(各質問をクリックして下さい。)
*機械式時計は好きですか?
*貴方は喫煙者ですか?
*貴方はパイプ煙草の煙を嗅いだことがありますか?
*葉巻の煙を嗅いだことがありますか?

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

SS900IE@ Re[1]:再喫 ラールセン「スイートアロマティック」(11/14) パイプに魅せられてさんへ 色々と楽しんで…
パイプに魅せられて@ Re:再喫 ラールセン「スイートアロマティック」(11/14) 久しぶりにコメントさせて頂きます 。 ラ…
SS900IE@ Re[3]:再喫 ラールセン「ファイン&エレガント」(11/07) 六条 旭さんへ 今ではすべて着香物で、10…

© Rakuten Group, Inc.