1866234 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 MoonDreamWorks

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

映画タイトル【な~の】

November 4, 2008
XML

【252 生存者あり(2008)】2008年12月6日(土)公開

監督・脚本 : 水田伸生

出演 : 伊藤英明/内野聖陽/山田孝之 他
期待度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★☆

原作 : 

 

「 252 生存者あり (2008) 」 ジャパンプレミア

252=生存者あり、というレスキュー信号

 

■監督は、「舞妓 Haaaan!!! (2007)」の水田伸生。

■弟・祐司役は、「海猿 ウミザル (2004~)」シリーズ、「この胸いっぱいの愛を (2005)」の伊藤英明。

■ハイパーレスキュー隊長である兄・静馬役は、「あかね空 (2006)」、「メタルマクベス (2007)」の内野聖陽。

■研修医の重村役は、「電車男 (2005)」、「手紙 (2006)」、「イキガミ (2008)」の山田孝之。

■気象庁の予報部員は、「ローレライ (2005)」の香椎由宇。

■耳の不自由な 祐司の娘しおり役は、大森絢音。

 


Story : 関東に直下型地震が発生して数週間後、都心の機能は回復しつつあった。しかし、この地震の影響で海水温度が急上昇、それは巨大台風を発生させ、その脅威が臨海副都心に迫っていた。東京消防庁のハイパーレスキュー隊が必死の救助にあたるなか、音波探索機が高潮による水没で壊滅した新橋の地下から「2、5、2(生存者ありの暗号)」の音をキャッチ。ハイパーレスキューの暗号を知っている人間が地下に閉じ込められているのだ…。




「2008年12月6日公開」

ー  作品情報より ー

 

用事があってチケット交換の時間が遅くなってしまったのでレッドカーペト観覧整理券がもらえなかったのでおとなしく席について待っていたのですが、なかなか始まらなくて退屈でした。せめてカーペットの様子でもビジョンで流してくれれば良いのにね~。

予定が押していたのか、19:00の予定が大幅に遅れて19:30頃から映画パーソナリティーの伊藤さとりさんの紹介で、杉本哲太、松田悟史、桜井幸子、内野聖陽、伊藤英明、山田孝之、MINJI、木村祐一、大森絢音、水田伸生の順で紹介されながらキャストの登壇となりました。

主なキャストのほとんどが舞台挨拶に来てくれてとっても嬉しいのですが、挨拶もばたばたと全員がしてなんだかあっさりという感じでした。

山田孝之の誕生日プレゼントに伊藤英明がミニバイクをプレゼントしたエピソードなどを話していたのですが、そのバイクは山田君の玄関にいつでも使えるようにスタンバイしている?そうです。結局のところまだ使ってなくて飾ってある?ってことなのかしらね(笑)

一番目についたのは、伊藤英明演じる祐司の娘しおりを演じた大森絢音ちゃんが真っ白なふりふりドレスを着ていてとってもキュートだったことですね♪

映画は2時間13分と長かったので、エンドロールの後にMINJIの歌が予定されていたにもかかわらず、東京近郊からいらっしゃっている方たちは電車やバスなどの時間が気になるのでしょうね、エンドロールが始まるや否やというかんじでばらばらと帰途に就く人が目立ちました。私は最後まで歌を聴いていたので、席を立った時にはもう10時になっていました~

せっかくのプレミアなのに最後までいられないのは残念なことですよね、カーペットの時間をもっと早めるなどしてせめて19:00には開映してほしいものです。

 

この作品は、前半の気象異常による雹や津波で壊滅状態になる新橋、汐留の映像は、物凄くリアリティがあって、圧倒されました。特に地下鉄になだれ込んでくる人々でのパニックシーンや、水没していくシーンなどは実際に人が水に押し流されていく様子など、これはCGでは無理だよねっといえる実写の映像に息が止まる思いがするほどリアリティがあって恐怖そのものでした。

ハイパーレスキュー隊長である兄・静馬役の内野聖陽の演技も、兄と同じ元ハイパーレスキュー隊の祐司役の伊藤英明の演技も素晴らしかったです。そして、娘のしおり役の大森絢音ちゃんのラストの演技には涙腺決壊というかんじでした・・・

続きは、言いたい事がいっぱいあるので明日またゆっくり書こうと思います(笑)

いつも、あとで・・と言いつつ忙しさにかまけて放置ぎみになっていますが(笑)、本作では賛否両論もろもろの要素含まれているので、明日忘れない内に(笑)きっと・・・・

 

 






《送料無料》岩代太郎(音楽)/252 生存者あり オリジナル・サウンドトラック(CD)






~おしまい~

 

 


 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 







Last updated  November 5, 2008 12:13:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 29, 2008

【庭から昇ったロケット雲】2008年7月5日(土)公開

監督 ・製作 ・ 脚本 : マイケル・ポーリッシュ
出演 : ビリー・ボブ・ソーントン  /ヴァージニア・マドセン /ブルース・ダーン 他
観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★★

原作 : 

 

「 庭から昇ったロケット雲 /  ASTRONAUT FARMER(2008) 」

 

監督は、 マイケル・ポーリッシュ。私は未見なのですが 双子の兄弟マーク・ポーリッシュとともに監督、脚本、出演で制作した「ツイン・フォールズ・アイダホ(1999)」では、シャム双生児と若き娼婦の物語で映画通の間でなかなか好評のようでした。

まったく余談ですけど(笑)、シャム双生児の映画と言えば、私的には、「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド (2006)」を観たときの衝撃がいまだに大きいです。

 

主役は、「バッドサンタ (2003)」でとんでもない酒臭~い偽サンタを好演し、「ラブ・アクチュアリー (2003)」では、ヒュー・グラント演じる英国首相デヴィッドにいじめっこな友達はいらない(笑)っとスケベなアメリカ大統領を好演した、癖のある役を味わい深く演じることで人気のビリー・ボブ・ソーントン。

1996年・第69回アカデミー賞では、「スリング・ブレイド (1996)」で主演男優賞にノミネートされ脚色賞を受賞、1998年・第71回アカデミー賞では「シンプル・プラン (1998)」で助演男優賞にノミネートされています。

 

 


Story : かつて宇宙飛行士だったチャーリー・ファーマーは実家の農場を継ぐことになり、彼の宇宙へ行く夢は挫折したかに見えた。しかし彼はずっと諦めていなかった。自分が作ったロケットで、自分の農場から宇宙へ行くことを誓った。彼を支えるのは、妻のオーディと3人の子供たち。家族と共に全てを投げ打って着々と宇宙飛行の準備をしていたが、FBIやCIAに危険人物として目を付けられてマスコミが殺到し、<スペース・カウボーイ>は世間の注目を集めることとなってしまう。


「2008年7月5日公開」

ー  作品情報より ー

 

宇宙への個人飛行と言えば、膨大な資金をつぎ込めば可能となってきた昨今とはいえ、夢をあきらめないと言う意味では究極的な夢・・・・

しかも自作のロケットで自宅の庭で!っとくれば、壮大中の壮大の夢ですね。日本ではきっと島とかに行かないとね~

「インディ・ジョーンズ /クリスタル・スカルの王国(2008)」で主演のハリソン・フォードは、ジェット機5~6機を集めている事でクイズ番組などで話題になっていますよね~

そんな話だけでも驚愕な印象をうけますので、一介の農場夫が自分で組み立てちゃうということ自体荒唐無稽な印象を受けます。

日本だって何百憶の資金を投じて種子島から打ち上げたロケットが、あえなく悲しい弧を描いて地面に落ちるニュースのシーンが目に焼き付いているので、有人ロケットで地球何十周~~なんってねぇぇ~~(笑)


とはいえ、昨年8月16日にJAXA(宇宙航空研究開発機構)によって打ち上げが成功した月探査機の月周回衛星「かぐや」 ニュースには心躍るものがありましたけどね☆

「かぐや」の打ち上げのちょっと前に開かれた、「MOONLIGHT MILE ムーンライトマイル」の原作者の太田垣康男さんとジャーナリストの鳥越俊太郎さんのトークショー付きの試写会で聞いたわくわくするお話が今でも耳に残っています。

今年「かぐや」が配信して来た、まるで宇宙船にでも乗って窓から眺めているかのような地球の映像は夢のようですよぉ☆

ご興味がある方は一見の価値があります~~感動的ですよ! ↓↓

 

かぐやによる「満地球の出」ハイビジョンカメラ映像

今年のお正月は月から「日の出」ならぬ「地球の出」をみようね*:.。☆..。.(´∀`人)なぁ~~んてな時代が来ることでしょう☆

 

2025年には月面基地建設への20年計画も発表されているとのことですから、その頃には、きっと本作に描かれているストーリーも現実的な夢として受け入れられることもあるとは思いますが・・・・

 

っと、横道にどんどん思考が飛んで行ってしまった私のレビューもやっと軌道修正して本作のお話に戻ってくることができましたが、とにかく、ちょっと入り込めなかった感がありました・・・・

 

 





【送料無料】【ポイント3倍 6/30 am9:59迄】オリジナル・サウンドトラック「庭から昇ったロケット雲」 / サントラ
 





 

~ おしまい ~

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 







Last updated  June 29, 2008 04:29:55 PM
コメント(2) | コメントを書く
June 28, 2008

【ネコナデ】2008年6月28日(土)公開

監督 : 大森美香
出演 : 大杉漣  /青山倫子 /黒川芽以 他
観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★★

原作 : 

 

「 ネコナデ(2008) 」 プレミア試写会

ネコ鍋の次はネコナデ?猫好き必見の癒し系映画

監督は、 人気TVドラマ「カバチタレ! (2001)」、「ランチの女王 (2002)」、「きみはペット (2003)」、「不機嫌なジーン (2005)」など私も大好きで欠かさず見ていた作品の脚本を手がけていた、大森美香。これまで脚本家の傍ら監督として2~3作の映画を撮ってはいるものの、いまいちな感がありましたね・・

でも、彼女が脚本を書いた「きみはペット (2003)」では、花男で今人気絶頂の嵐の松本潤がペット役で出ていて、すごく面白かったので大好きでした。

 

主演は、今年2008年だけでもTV、映画を含めて14本もの作品に出演する超売れっ子の大杉漣。去年にいたっては20本も出演していました・・・・

1998年・第41回ブルーリボン賞では、まだビートたけしだった北野監督の監督賞、作品賞、主演男優賞など主要4部門を独占した「HANA-BI(1997)」で助演男優賞を受賞しています。

ちなみに「HANA-BI(1997) 」は1997年・第54回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したことで大いに盛りあがりましたよね~

 

そして、もう一人(一匹?)の主役生後2ヶ月、鬼塚トラを演じるのは、なんと大杉トラ(笑)・・・・

nekonade3.jpg 

ドラマ撮影中にトラのかわいさの虜になった大杉さんが、なんと大杉家の養女にしてしまったというエピソードもあります。

tora.jpg

 


Story : 一流企業の人事部長・鬼塚太郎。職場にあっても家庭にあっても自分自身を厳しく律し、社員はおろか家族にさえ甘えを許さない。人生に安らぎなどないと考えていた。ある晩、鬼塚は、立ち寄った公園で、捨てられた子ねこをみつける。ウルウルとしたその瞳。見つめ合う2人。クラっとくる鬼塚。気がつくと、鬼塚は子ねこを抱いて、自宅前に立ちつくしていた…。


「2008年6月28日公開 」

ー  作品情報より ー

しばらくしつこい風邪に悩まされていて、今だに咳が止まらない管理人のため、鑑賞後まだまだ書いていない作品が山ほどあるのですが、まずはこの作品から書き始めたいと思います(笑)

 

汐留ホールでしたから、入場できる人数も限られている上に、マスコミが撮影のために最前列を陣取っていたので、遅く来た人たちは招待状を持っていても入場制限の「ため入れないで並んだまま舞台あいさつが終わるまで待機させられていました。ものすごい人気でした~☆

大森美香監督、主役の大杉漣、主題歌”頼りない天使”を担当したつじあやのが登壇し舞台あいさつをしてくれました。

大杉さんは、撮影後養女?にした大杉トラをだっこしたまま、会場中を回って真近でトラちゃんを披露してくれました。まさに可愛くて可愛くて目に入れても痛くないかんじでメロメロでした~☆

IT企業・デジタルドラゴンの人事部長・鬼塚太郎(大杉漣)は、冷淡な社長・辰美孝四郎(鶴見辰吾)の元、会社に必要のない社員を容赦なく切りつづけ、全社員から恐れられている。職場にあっても家庭にあっても自分自身を厳しく律し、笑うことも冗談をかわすこともなく、社員はおろか家族にさえ甘えを許さない。

そんな鬼塚が出会ってしまった捨て猫によって、人生の価値観も変わり、毎日悩まされていた胃痛からも解放されてしまうという、演じている大杉さんも大のネコ好きにも見て癒される映画という感じです。

ただ、猫好きでない方には、可もなく不可もなくといった感じの映画ではありますね(笑)

 

 

 

サントラを手掛けたのは癒し系のつじあやの
【頼りない天使】




 

ネコナデ


癒やし占い「ネコナデ」フォトブック


~ おしまい ~

 




|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 







Last updated  June 28, 2008 06:33:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
June 5, 2008

【 西の魔女が死んだ】2008年6月21日(土)公開

監督 : 長崎俊一
出演 : サチ・パーカー /高橋真悠/りょう 他
観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★★☆

原作 : 梨木香歩『西の魔女が死んだ』(新潮文庫刊)


 

「 西の魔女が死んだ(2008) 」




監督は、長崎俊一。

主演は、シャーリー・マクレーンの実の娘で、大学卒業後はフライト・アテンダントをしていたが母の影響で女優の道を歩み始めたサチ・パーカー。 親日家で知られる両親がつけた本名は(幸子)Sachiko Parker。 日本に11年間の在住経験を持ち、 日本語が堪能です。

そしてサチ・パーカー演じるおばあちゃんの孫マイを演じるたのは、オーディションで見いだされた高橋真悠。仙台のエージェントに所属し子役としての映画出演は本作が初めてです。

マイの母親役で数々のTVトレンディドラマでは常連的でよくお見かけする独特の個性を持つ、りょう。「クワイエットルームにようこそ (2007)」では、ロシア映画を思わせるような注射を片手に暴れる患者を冷静に処理する看護婦役で良い味出していましたよね~コメディもできるんだ~っと思っちゃいました(笑)意外にはまってました。

Story : 中学生になったばかりのまいは学校へ行くのが嫌になり、ママの提案でおばあちゃんのもとでひと夏を過ごすことになる。魔女の血筋を引くというおばあちゃんの暮らしは自給自足。野菜やハーブを育て、昔ながらの知恵を活かしながらの生活は、まいにとって新鮮に感じられた。課された“魔女修行”は、早寝早起き、食事をしっかり摂り規則正しい生活をするというもの。そんな暮らしは、やがてまいの心にも変化を起こさせるのだった…。

「2008年6月21日公開」

ー  作品情報より ー






映画終了後に長崎俊一監督のティーチ・インがあり、監督の人柄に触れさせていただき、映画の裏側のエピソードを聞くことが出来てたいへん楽しい試写会でした。

学校になじめずに悩む中学生マイが学校を1か月お休みすることにして、白樺の木の生い茂る森の中に住む祖母のもとにやってくるところから始まります。

前半は、白樺の木が見えたので、軽井沢かその周辺かな~っ?と想像しながら見ていましたが、撮影場所は清里だそうで、全体的雰囲気としてはものすごく癒され、思わず深呼吸しながらゆったりと流れる映像からうかがえる長閑さを味わいながら観ていました。

マイは感受性の強い子なので、納得のいかない同級生との付き合い方に悩んでいて、中学に入ってすぐになじめないと感じ、学?????????校に行かないと言い出したのです。

このストーリーは自分自身の心の解放と、自ら、ぶち当たった壁にたいして向き合い答えを模索していくマイの心の成長のストーリーなのです。

おばあちゃんは、マイにとってすべてを受け入れてくれ、惜しみない愛を注いでくれる一番の理解者でした。

常にマイの気持ちを尊重し、悩みについて答えをすぐに出してあげるのではなく、自分でみつけられるように様々な解決へのヒントを与えてくれ、のどかなスローライフでの生活の知恵を教えてくれたり・・・・

nishino1.jpg

だから、いつもマイが 「おばあちゃん大好き!」と叫ぶと、おばあちゃんからはいつも 「I know 」と言う答えが返ってくる。

ワイルド・ベリーの畑で摘み取って作った木イチゴジャムや洗ったばかりのシーツをラベンダー畑の上に広げて干したり、とにかく緑の美しいさわやかな風を感じる映像に思わず深呼吸をしながら癒される映画でした。

この映画を見て感じたことは、マイは感受性が強いだけではなく自分の意志が強く、自分自身のみならず周囲のことも冷静に分析できる子だなと・・・

なぜ学校になじめない・・とか、学校に行くのが嫌になったことへの自分自身の心理を冷静に分析していて口に出して説明できるからです。

マイは自分自身で自分が病気だからと・・・口にするシーンがありました。

普通なら自分自身の気持にも、自分の周りの環境にも「なぜ?、どうして?」と、その答えがわからなくてその混沌とした思いに苦しむものだからです・・・

ある意味完成された答えがそこにあってストーリーが進んでいく気がしました。

それは、どちらかと言えば大人目線なのですよね。

そして、どんな時にもマイに対してその大自然の森のような優しい包容力で的確なアドバイスができるおばあちゃんは、たった一人でイギリスからやってきた元英語の教師という設定からも納得できるところでした。

そして、唯一マイが子供らしさを感じさせた、近所のゲンジへの嫌悪感。

私も自分のテリトリー意識が強いタイプなので、マイが感じた、自分の心地よい環境に入り込んでくる感じの悪いゲンジの存在や言動に嫌悪感を抱く気持に、ものすごく共感を持ちました。

そして、その嫌悪感が頂点に達しておばあちゃんに訴えたとき、それまでどんなことでも受け入れてくれていたおばあちゃんに頬を殴られてしまいます。

殴ったおばあちゃんの心はマイ以上に痛かったのでしょう、その眼は悲しい涙であふれていました・・・・

 

また、この映画の中でマイがトラウマになっていた疑問。

「死んだらどうなるのか」という死後の世界の疑問って、誰もが一度は悩んだ事があるのではないかと思いますが、死んだ人からは聞かせてもらうことが出来ないので、実際の話誰も知らないけれど、生きている限り誰にでもいつか必ず訪れる死。その後どうなっちゃうの?という疑問に対してもおばあちゃんは、ひとつの答えをマイに示してくれます。

そして、自分が死んだらマイに知らせるね・・・とも。

 

 

深呼吸したくなるような癒される映像やサチ・パーカー演じるおばあちゃんとか、とっても好きな作品でした。

 

原作に忠実にこの映画を撮ったと監督さんはおっしゃっていましたので、ある意味原作も読んでみたくなる作品でもありました。

 

 


手嶌葵/映画 西の魔女が死んだ 主題歌 虹(CD) 『虹』手嶌葵

 

 


西の魔女が死んだ

山梨県清里の「西の魔女」の家が一般公開されます。

夏休みなど清里方面へお出かけの予定の方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか

「西の魔女の家」開催概要期間:2008年5月17日(土)~2009年1月4日(日)開館時間:10:00~16:00(夏休みなどは延長あり)場所:財団法人キープ協会内 山梨県北杜市高根町清里3545入館料:大人(中学生以上)300円・小学生200円問い合わせ:0551-48-2071(TEL・FAX共通)「財団法人キープ協会」公式サイトhttp://www.keep.or.jp/







~ おしまい ~










|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || 







Last updated  June 5, 2008 10:05:18 PM
コメント(4) | コメントを書く
April 14, 2008

【NEXT -ネクスト-】2008年4月26日(土)公開

監督 : リー・タマホリ
出演 : ニコラス・ケイジ /ジュリアン・ムーア/ジェシカ・ビール 他
期待度 : ★★ → 鑑賞後の評価 ★★★
原作 :  フィリップ・K・ディック『ゴールデン・マン』

「 NEXT -ネクスト-(2007) /  NEXT (2008) 」

 

「ブレードランナー (1982)」、「トータル・リコール (1990)」、「マイノリティ・リポート (2002)」、「ペイチェック 消された記憶 (2003)」、「スキャナー・ダークリー (2006)」など数多くの原作が映画化されているSF作家フィリップ・K・ディック(Philip K. Dick)の原作「ゴールデン・マン」の映画化です。

 

監督は、「007/ダイ・アナザー・デイ (2002)」のリー・タマホリ。 日本ではビートたけし時代の北野武監督が出演して話題になった「戦場のメリークリスマス (1983)」で助監督を務めていました。

 

主役は、1995年・第53回ゴールデン・グローブ賞及び第68回アカデミー賞において「リービング・ラスベガス (1995)」で主演男優賞をダブル受賞し、 「アダプテーション (2002)」でもアカデミー賞主演男優賞にノミネートれていたニコラス・ケイジ。

近年は、2006年・第27回ゴールデン・ラズベリー賞「ウィッカーマン (2006)」、第28回「ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 (2007)」そして本作の「NEXT -ネクスト- (2007)」でもノミネートされるなどラジー賞の常連となりつつあるなど見事にファンの期待を裏切り続けて来てくれています。

また、「スパイダーマン・シリーズ」でハリー役でおなじみのジェームズ・フランコを主役にした青春映画「SONNY ソニー (2002)」では監督・製作・出演もしています。

 

共演は、「エデンより彼方に (2002)」や「めぐりあう時間たち (2002)」でゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞などのノミネートなどにも顔を出していますが、いまだ無冠なジュリアン・ムーア。

ニコラス・ケイジ同様、近年の彼女の出演作品は、ちょっとやばめですね。B級SF映画の女王になりつつある感も否めません。

SF映画ではありませんが(笑)、今年夏ごろ「美しすぎる母(2008)」が渋谷文化村で公開される予定です。

 

そして、ニコラス・ケイジ演じるクリス・ジョンソンの相手役にリズ・クーパー役でジェシカ・ビール。本作に出演したばかりに?(笑)、彼女のお得意なアクションが見せられないばかりか、ニコラス・ケイジと同様にラジー賞の助演女優賞にノミネートされてしまいました(笑)

彼女の当たり役はなんといっても「ブレイド3 (2004)」ですよね~。マーシャル・アーツ的なアクションがかっこよかったのに~

彼女は、今年5月に日本で公開される「幻影師 アイゼンハイム(2006)」にも出演していますね。

 

また、友情出演のようなちょこっとだけ出演した「コロンボ警部」でおなじみのピーター・フォーク 。ずいぶんとおじいちゃんになっちゃいましたね~

 


Story : 2分先の未来」が見える予知能力を持っている男クリスだが、その能力を隠し、ラスベガスで二流のマジシャンとして目立たないように暮らしていた。そんな彼の能力に気づいたFBI捜査官カリーは、テロリストによるロサンゼルス核攻撃を阻止するため、クリスの協力を得ようと考える。一方、クリスはいつもダイナーで見かける女性リズに密かに恋心を抱き、声をかける機会を狙っていた。自分の「能力」を使い、リズと知り合ったクリスだが、そのことが彼女を事件に巻き込むことになる。



「2008年4月26日公開 」

ー  より ー

 

 

 

それにしても、ニコラス・ケイジ、髪のせい?か御歳46歳というのに、なんだかくたびれて見えます。3度の結婚が彼を疲れさせてしまったのかしら?体もしまっていなくてぶよんぶよんしてますし・・・

シルヴェスター・スタローンばりに今後ともめげずに愛すべきラジー賞の常連で居続けそうな勢いですね~

まだ50前なのに「ファイヤーウォール (2006)」の時のハリソン君なみの愛すべきへろへろアクションもご愛敬でしょうか・・・

とかなんとか言いつつ相変わらず観てしまうニコラス映画(笑)なぜか、彼の映画は見たくなるのですよね・・・。そろそろ懲りてしまいそうな予感もありますが・・・

髪型も試行錯誤なのか、生えたり後退したり、長かったり短かったり(笑)

とはいえ、相変わらず彼のファンは彼のことを好きでいてくれることでしょうね。今回は名づけて「ライオンハート」的な髪をなびかせてがんばっていました。

また、彼に負けず劣らずB級イメージが定着してきたジュリアン・ムーア。今回は敏腕FBIのフェリス役で頑張ってはいましたが、銃を構えるスタイルもきまってなくてかっこよくないし、アクションに切れがなさすぎです。

そういう意味では、ジェシカ・ビールがフェリス役のほうがよかったかも?・・・まぁ、でもちょっと若いか・・・・(それはちょっと無理があるわな)

さて、肝心な映画のお話ですが、フラグスタッフに向かってグランドキャニオンを車で突っ走るシーンは雄大な世界遺産を背景にとっても気持ち良さそうでした・・・思わず目を奪われる雄大さです☆

そして、グランドキャニオンにある先住民居留地区の滝の公園の美しさ~☆

 

・・っと映画の見どころを語ろうと思った瞬間、語るべきところがそこしかないんかい・・・・的なちょっと練りが足りない内容にがっくり映画だったかなと。

結構テンポも良く飽きさせない展開は評価に値するにしても、アイデアがご都合主義すぎ、まるでミュージカルばりの軽やかさのカジノからの逃走シーンとか、ジェシカ・ビール演じるリズの心をつかむまで何度となく繰り返され試されるナンパシーン(笑)。

やはり女心をつかむには強引さよりも弱い男を演じて母性に訴えるに限る・・・・とか(笑)

リズを落とす究極の手がほめほめ攻撃&紙をくるくる丸めてぼぉ~っと燃やす薔薇の花攻撃とか(笑)

゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。わははは、結構笑いながら楽しんじゃってはいますがね~

小ネタはわざとらしくてどこそこがカユカユになりそうですが、意外と好きですよね女性って、こんなの~(笑)

 

と、またまた肝心なお話から限りなくそれだすので、軌道修正しなくては・・・・

自分に関わりのあることだけに限って2分後の起こることが見えてしまう、見えるだけならその時点で違う行動に出るという理屈は理解できるのですが、どうも映像を見る限りでは完全に時を経験してからやり直しているように思えるのだけれど、どうやって元の時限に戻れるのか、そんな肝心な矛盾とか説明とかは一切無視的な、後半からはまるでチビどら状態(笑)

現場百回というけれど・・(意味違いますr(^^;) (笑)・・・)いったい何回やり直しているのか(笑)

でも、ラストはちょっとびっくりさせられましたけどね・・・・・

そして、終わらないラストの結末・・・うまくいけば続編作っちゃいそうな雰囲気を醸し出していた、ニコラス君でした~

 

ニコラス君と言えば、余談ですが、先ほども話題にしたハリソン君の新作「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (2008)」ってめちゃくちゃ面白そうじゃないですか~?

トレジャー・ハンティングものは好きじゃないのだけれど、今回ばかりは期待大な私です♪

 

~ おしまい ~

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 







Last updated  April 16, 2008 03:29:28 PM
コメント(4) | コメントを書く
March 9, 2008

【ノーカントリー(2008) 】2008年3月15日(土)公開

監督 : イーサン&ジョエルコーエン兄弟
出演 : トミー・リー・ジョーンズ /ハビエル・バルデム/ 他
期待度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★☆
原作 : コーマック・マッカーシー「血と暴力の国」 (扶桑社ミステリー)

「ノーカントリー  / No Country for Old Men (2008) 」

 

第65回ゴールデン・グローブ賞、第80回アカデミー賞ともに最多ノミネートを果たしました。

■2007年第65回ゴールデン・グローブ賞受賞は最多2部門

*助演男優賞 ハビエル・バルデム
*脚本賞 イーサン・コーエン &ジョエル・コーエン

■2007年・第80回アカデミー賞受賞は最多4部門

*作品賞
*監督賞 イーサン・コーエン &ジョエル・コーエン
*助演男優賞 ハビエル・バルデム
*脚色賞 イーサン・コーエン &ジョエル・コーエン


原作は、

 
■コーマック・マッカーシー「血と暴力の国」 (扶桑社ミステリー)

 


監督は、第80回アカデミー賞において監督賞、脚色賞を受賞したコーエン兄弟。 完全オリジナル脚本で映画を作ってきた兄弟の、原作本を元に作るはじめての作品になります。

兄ジョエルは、ニューヨーク大学映画学科の出身で、「ブラッド・シンプル (1984)」で監督・脚本デビューし、「バートン・フィンク (1991)」、「ファーゴ (1996)」、「バーバー (2001)」の3作品でカンヌ国際映画祭の監督を受賞し、「ファーゴ (1996)」では1996年・第69回アカデミー賞脚本賞を受賞しています。

弟、イーサンは、プリンストン大学で哲学を学び教会関係の仕事をする傍ら戯曲「富と鉄拳」の執筆するようになり、後に兄ジョエルとともに脚本を手掛けるようになり、「ファーゴ (1996)」で1996年・第69回アカデミー賞脚本賞を受賞しています。

主役は、 ハーバード大学で英語の学位を持つ俊才で、大学のルーム・メイトは「不都合な真実(2007)」のゴア元副大統領だった(笑)トミー・リー・ジョーンズ。デビュー作は「ある愛の詩 (1970)」で、「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 (2005)」では朴訥なピート・パーキンズ役で自らも出演し監督・製作・出演の3役をこなしています。

主にバイプレーヤーとして存在感を発揮し、「ハリソン・フォード 逃亡者 (1993)」ではサミュエル・ジェラード捜査官役で1993年・第51回ゴールデン・グローブ及び第66回アカデミー賞において助演男優賞を受賞しました。

日本ではアキバのメイドカフェで萌~な宇宙人を演じていたりとなかなかシリーズで笑わせてくれる缶コーヒーのCMでおなじみですね。

そして、2004年・第62回ゴールデン・グローブ賞及び2004年・第77回アカデミー賞において外国語映画賞に輝いた「海を飛ぶ夢 (2004)」で日本でも知名度がアップしたハビエル・バルデム。本作で奇妙な髪型で冷酷にしてまじめ、不気味な殺し屋を怪奇的に演じてみごとに助演男優賞を受賞しました。

 


Story : メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情の殺し屋アントン・シガー。そしてもう一人、厄介な事件に巻き込まれたモスを救うべく老保安官エド・トム・ベルが追跡を始めるのだった。


「2008年3月15日公開 」

ー  より ー

 

とにかく丁寧な作りで感心するクライム・サスペンスです。

序盤からすでに追われる恐怖を描き続け、余分な表現は無駄なく最小限にまとめられているところが、さすがコーエン兄弟の脚本ですね。

あまり好きなジャンルではないのですが、いつの間にか引き込まれ、あっという間にラストまで連れて行かれる感じでした。

 

助演男優賞を受賞したハビエル・バルデム演じるアントン・シガーは、パーツがすべて大作りな顔に日本でいえばアキバ系的な髪型に無表情で一種の異様な風貌。受賞した時に監督コーエン兄弟に「あんな素敵な髪型にしてくれてありがとう・・」みたいな思いっきり皮肉を言って笑っているほど本人もかなり違和感を持ったまま演じていたようですね(笑)

2004年のG・G賞とアカデミー賞で外国語映画賞を取った「海を飛ぶ夢 (2004)」でもぱっとしないかんじのおじさまでしたが、ご本人はスペインではかなり人気なおしゃれな俳優さんらしいです。

彼の名前がG・G賞でノミネートに上がってきたとき、写真がシガーだったので(笑)、いったいだれ?みたいな感じでしたが、よ~っく見ると、あぁ~「海を飛ぶ夢 (2004)」の主役の人か~~っと思い出すのが遅れるほど、いかにも変人の風貌でした。

あれだけわかりやすい手口で派手に殺人を繰り返しているのに、捕まえられないのは、そういう無法地帯な時代だったのですかね。

 

~ おしまい ~

 






 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

||  ||  || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 







Last updated  March 18, 2008 02:39:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 12, 2007

【 ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 】2007年12月21日(土)公開

監督 :  ジョン・タートルトーブ
出演 : ニコラス・ケイジ /ジョン・ヴォイト/ ハーヴェイ・カイテル 他
期待度 : ☆☆ → 観賞後の評価 ★★★☆
原作 : 

「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 / NATIONAL TREASURE: BOOK OF SECRETS(2007)」

 

 

 


監督は、ジョン・タートルトーブ。

今回の製作には、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェリー・ブラッカイマーが担当しています。


主役は、ニコラス・ケイジ。

ダイアン・クルーガー、ジャスティン・バーサのおなじみのトリオに加えて、父パトリック・ヘンリー・ゲイツのジョン・ヴォイトも前作同様続投でした。

そして、今回、父と離婚した母エミリー・アップルトン博士役に、あの「クィーン」でエリザベス女王そっくりで好演し2006年・第79回アカデミー賞主演女優賞に輝いたヘレン・ミレン。

 



 


Story : 歴史上最も謎に満ちたリンカーン暗殺事件。その暗殺者ジョン・ウィルクス・ブースの日記から失われた18ページ…恐るべき陰謀が秘められたその一部が発見された。だが、そこには天才的歴史学者にして冒険家のベン・ゲイツの祖先が、暗殺者の属する秘密結社ゴールデン・サークル騎士団の一員として名を連ねていた。何者かによって故意に汚されたゲイツ家の名誉を守るために、リンカーン暗殺者の日記をめぐり、ビルとその仲間たちが再び動き出す。

 


「2007年12月21日公開 」

ー  より ー

 

 

面白かったかと聞かれると、あまり期待はあまりしていなかっただけにそのせいか、それなりに面白かったのですが、どこか綺麗に無難にまとまっていて、もの凄い感動がないというか、ジェリー・ブラッカイマー他が製作しているだけに、優等生が出来て当たり前みたないな、面白い映画の面白い部分だけをつまんで並べちゃった・・・・だけ、そんな印象がしました。

もう少し、観客を謎解きに参加させてドキドキ、ハラハラ、お~そうか~感動~、みたいな深さがなかったのですよね~

詳しくはまた書きたいと思いますが(笑)

ヘレン・ミレンは「クィーン」以来、どこからどう見てもエリザベス女王にしか見えなくて(笑)・・・等々



 



[DVDソフト] ナショナル・トレジャー 特別版【1225thanks2】




 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

||  ||  || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 







Last updated  March 17, 2008 10:58:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 28, 2007
テーマ:大泉洋(435)

【 茄子 スーツケースの渡り鳥 】2007年10月24日(水)発売DVD

監督・脚本  : 高坂希太郎
原作は : 黒田硫黄「茄子」(講談社、アフタヌーンKC)
期待度 : ☆☆☆ → 観賞後の評価 ★★★
 

「 茄子 スーツケースの渡り鳥 (2007) DVD」


俺たちは勝つために生きている!

 

ロードレースファンのためのアニメ 。

 

 

監督は、「セクシーボイスアンドロボ 」の高坂希太郎。 ジブリ作品の「千と千尋の神隠し」、「ハウルの動く城」で作画監督を担当しています。

アニメーション制作担当は、「ピアノの森」、「時をかける少女」、「DEATH NOTE」などを手がけているマッドハウス。


主要登場人物、ぺぺ・ベネンヘリを大泉洋、ジャン・ルイージ・チョッチを山寺宏一が担当しています。



 


Story : 「ヴェルタ・ア・エスパーニャ」最終日前日に国民的英雄のレーサー、マルコ・ロンダニーニが突如の自殺。ぺぺのチームメイト、チョッチは同郷の先輩だったマルコの自殺により、レーサーとしての生活に疑問を感じはじめる。そんな中、マルコの死の悲しみを胸に秘め、ぺぺ、チョッチほかチーム・パオパオビールはジャパンカップが開催される宇都宮に向かう。来年でチームが無くなるパオパオビールだが、初来日で地元の応援もあり、チームはレースを前に意気が上がる。しかし、レース前日、チョッチはポイントのために強いられる苦しいレース生活から来年で引退することをぺぺに告白する。しかし、ぺぺは自分は「ポイントじゃなく、勝つために生きている」とチョッチの言葉に耳を貸さない。果たして、チーム・パオパオのレースの行方は? 勝者は誰なのか? 熱戦の火蓋が切って落とされる!



■茄子 スーツケースの渡り鳥(DVD) ◆20%OFF! 


「2007年10月 24日DVDリリース」

ー  公式HPより ー

 

 

 

前作スペインの「ヴェルタ・ア・エスパーニャ」を舞台にした「茄子 アンダルシアの夏(2003)」から日本で開催される「ジャパンカップサイクリングロードレース」へ舞台を移しての続編となっています。

三大自転車レースと言えば、ロードレース自体を知らなくても誰もが一度は耳にした事があるのではないかと思われる、フランスの「ツール・ド・フランス」が有名ですね。

そして、イタリアの「ジロ・デ・イタリア」と前作の舞台になったスペインの「ヴェルタ・ア・エスパーニャ」なのです。

ジブリの「千と千尋の神隠し」や「ハウルの動く城」の作画監督を務めた高坂希太郎がキャラクターデザインを手がけているので、キャラクターがどことなくジブリ作品の登場人物に似ていますので、私はてっきりジブリ作品だと思いこんでいましたが、マッドハウスが制作しているのですね~

高坂希太郎監督自身も本格的な自転車ライダーと言うことで、リアルで臨場感溢れるレースシーンが特徴な本作。

ロードレースのルールはもちろんの事、日本で「ジャパンカップサイクリングロードレース」が開かれていると言うことすら知らなかった私でも、チームでのレースの駆け引きとかアップダウンの激しいコースを何周もする過酷なレースでの臨場感が伝わって来ます。

 

  

 

 


■《送料無料》(サントラ) 茄子 アンダルシアの夏 オリジナル・サウンドトラック(CD)
エンディングテーマ:「自転車ショー歌」
(歌:忌野清志郎 by the courtesy of universal music jp)

~おしまい~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

||  ||   || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 







Last updated  October 8, 2007 02:21:02 PM
コメント(2) | コメントを書く
July 10, 2007
【ピアノの森】 7月21日(土)公開
監督 : 小島正幸
出演 : 上戸彩/神木隆之介/宮迫博之 他
原作 : 一色まこと 「ピアノの森 The perfect world of KAI」(講談社刊)
 (〃∇〃)

「 ピアノの森 /The Perfect World of Kai (2007) 」完成披露試写

原作は、現在「モーニング」にて連載中。

 

ピアノ演奏には、2004年からNHK交響楽団の音楽監督を務める世界的ピアニストであるウラディーミル・アシュケナージが参加(主に海の演奏を担当)し、本当の音楽、真実の音楽を表現することに力を注がれた作品です。

アシュケナー氏が弾くピアノテーマ曲は、「 Forest of the Piano 」

オーケストラは、ジブリ作品でも映画音楽の実績のあるチェコフィルハーモニー管弦楽団。

この作品は、こういったフル・オーケストラのシンフォニックサウンドを堪能する上質な音楽映画でもあります。(詳しくは公式HPを参照してください)

 

 

声優人には、子役から女優として確実に成長を遂げてきた超人気アイドル上戸彩、天才子役神木隆之介に脇を固める声優人には、宮迫博之、天野ひろゆき (キャイ~ン) ウド鈴木 (キャイ~ン) 黒沢かずこ (森三中) 高田純次 などおなじみの人気お笑い芸人なども多数参加しています。

そしてなによりも、「One Piece」のルフィー役、「天空の城ラピュタ」のパズー役の白石真弓や、「ポケットンスター」のタケシ役の松本梨香など本職の声優人の参加も脇として安定感を与えていますね。

 

 


 

Story : 田舎町へ転校してきた雨宮修平は、ピアニストを夢見る小学5年生。早速ガキ大将に目をつけられたところを、同級生の一ノ瀬海に救われる。放課後、修平を学校近くの“ピアノの森”へ誘う海。森にはグランドピアノがあったが、修平が弾こうとしても音が出ず、何故か海にだけ弾く事ができる。海の奏でる音色に激しく心を揺り動かされる修平。修平から海の事を聞いた音楽教師・阿字野は森に入り、海のピアノに心動かされる。翌日、阿字野から様々な曲を聴かされた海は、その曲を森のピアノで弾くが、ショパンだけが弾けない。阿字野に教えを乞い、それと引き換えに、修平も参加するピアノコンクールへ出場することになる海。練習に励む二人だったが、海は聞かされた“阿字野の音”に心を乱され、自分のピアノを弾くことができないままコンクールの日を迎える…。


[ 2007年7月21日公開 ]


ー 作品情報より ー

 

今日は、監督を始め、キャストの舞台挨拶付きプレミア試写会に行ってきました。

舞台挨拶は、池脇千鶴、神木隆之介、上戸彩、福田麻由子、小島正幸監督の順番で登壇しました。そして、子供達の花束贈呈にまじって「ピアノの森」親善大使のニコライ・トカレフも挨拶しました。


■送料無料■通常盤■ニコライ・トカレフ CD
【トカレフ デビュー!】07/6/27発売

彩ちゃんは真っ赤なドレスを着て真ん中に立っていたのですが、座ったのが真ん中よりも後ろのほうの席だったので、目が悪い私は最初彩ちゃんだと気がつきませんでした。あれ?彩ちゃんはどこ?o(・_・= ・_・)o キョロキョロっと思ってぼ~っとしていたら、背の高い(両脇の二人が小さいだけなんだけど・・)真ん中の女性が彩ちゃん?っと気がつきました(笑) 前のほうに座っていたら顔が見えてすぐわかることなんだけど(笑)

いやぁ~、なんだか大人っぽい雰囲気で別人かと思いました。(・・・多分そんな事で感動しているのは私だけよね・・)(笑)

池脇さんは、「ジョゼと虎と魚たち」でもお母さん?(笑)だったけど、今回も海の母親役。挨拶もとっても落ち着いていて説得力がありどことなく大人っぽかったです。(他の3人が若過ぎるだけか・・)

 

映画は、田舎町に転校してきていじめられるところを助けられて仲良くなるありがちな出会いとか、お互いをリスペクトしていながらもふと沸いてくる嫉妬心との葛藤とか、型にはまらない主人公と正統派な相手役、そこに絡んでくる最初は印象が悪いがいつの間にか心が通じ合い固い絆を結び始める(ハリポタのハーマイオニーチック)女の子誉子との出会いとか、ストーリー自体はどこにでもあるようなシンプルなものなのだけれど、森の不思議な力と言うか、ピアノやオーケストラのメロディの魅力と言うか、とにかく清涼感溢れる素敵な映画に仕上がっていました。

 

主人公の一ノ瀬海の奔放ながら正義感溢れる素直で優しい男の子役に、上戸彩の声とイメージがぴったりマッチしてとっても良かったなぁ~♪

とにかく、コンテスト直前の海と誉子とウェンディのトイレの前でのエピソードがクスッと笑えて温かい気持ちになれ、映画全体の流れにさらに心地よい癒しの空間を広げてくれました。

森のピアノで奏でる海のピアノを弾く映像と音に貴方もきっと癒される事間違いないと思いますよ~♪

ピアノを弾くシーンでは、思わず目を閉じて音楽に浸ってしまいました。

是非音の良い劇場を選んで鑑賞されることを強くおすすめします☆

 

映画はコミックの序盤の、海と修平の出会いと別れを描いたところで終わってしまっていますので、これから大人になって世界に羽ばたくであろうと想像される海と、有名ピアニストの家系で育ち着実に正統派のピアノを磨き上げて行く修平との良きライバルの再会後のストーリーが観たいですね~。(あ、私は原作を読んでいませんのでそうなるのじゃないかなっと言う想像の域での話です・・・)

 

そして、これは是非原作のコミックを読まなくてはね~~~


■アニメ映画化!!『ピアノの森(1)~(14)巻セット』
送料無料キャンペーン中

 


■送料無料■ ピアノの森 オリジナル・サウンドトラック(CD)


■送料無料■ エンディングテーマを歌う、松下奈緒 『Moonshine~月あかり~』

 

~おしまい~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

∥  ||   | pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 







Last updated  July 10, 2007 04:21:59 PM
コメント(1) | コメントを書く
June 27, 2007
監督 : ジェームズ・マンゴールド
出演 : メグ・ライアン / ヒュー・ジャックマン /
原作 : 
公式HP  || 

「 ニューヨークの恋人 / KATE & LEOPOLD (2001) 」

 


 

監督は、「17歳のカルテ (1999)」ジェームズ・マンゴールド 。

主演は、主演はラブ・コメの女王メグ・ライアン。ラヴコメの女王としてファン層も広く愛すべき女優さんですが、オスカーにはまったく縁がなく、「めぐり逢えたら (1993) 」や「ユー・ガット・メール (1998) 」でゴールデン・グローブ賞他の映画賞でノミネートされるにのみ終わっています。「フレンチ・キス (1995) 」、「戦火の勇気 (1996) 」、「シティ・オブ・エンジェル (1998) 」など中ヒットでも印象に残る映画が多いですね。

共演は、1876年から125年の時を超えて現われた英国貴族レオポルド役に、「X-メン (2000~2006) シリーズ」、「ソードフィッシュ (2001) 」のヒュー・ジャックマン。本作では、ゴールデン・グローブ賞男優賞(コメディ/ミュージカル部門)にノミネートされいます。

   

弟役には「ガーフィールド」のブレッキン・メイヤー。

 

本作では、2001年・第59回ゴールデン・グローブ賞で、「ロード・オブ・ザ・リング」のエンヤを抑えて、スティングが「 Until 」で歌曲賞を受賞しています。

 

 


Story : 1876年、ニューヨーク。そこは盛大な舞踏会の会場。レオポルドは本日の主役にも拘わらず浮かぬ表情。というのも、彼は今日花嫁を決めなければならないのだが、本当に愛する女性にめぐり逢っていないのだ。そんな彼は会場で怪しげな男を目にし、逃げ出したその男を追ってやって来たブルックリン・ブリッジから男とともに奈落の底へ……。そして現代のニューヨーク。広告会社で働くケイトはバリバリのキャリアウーマン。過去の苦い経験からいまや男を諦め仕事一筋。そんなケイトの前に突然、クラシックな服を着て完壁な王立英語を話す不思議な男が現われた……。


■ ニューヨークの恋人 / メグ・ライアン/ヒュー・ジャックマン


[  公開 ]

ー作品情報より ー

 

 

 

非常にわかりやすく軽快でコミカルなロマコメです。

アイデアとしてはとっても面白いですし、流れもよく考えてある脚本ですね。

メグ・ライアンはこの時期、ラヴコメの女王として最も輝いていたといえる時期の作品ですので、出演しているだけで男性ファンのハートを射抜いていた事でしょうね。

ヒュー・ジャックマンは、わたしの中では、今、劇場で公開されている「プレステージ(2007)」で思い出したぐらい、「XーMEN」の ひげもじゃのウルヴァリン 的イメージが大きいですが、おひげがないと非常にノーブルでハンサムなお顔立ちをしていますので、英国貴族の役柄にはぴったりすぎるぐらいぴったりです。

メグ・ライアン演じるケイトがスリにあってバッグを取られて追いかけるシーンなどは、絵に描いたようなロマンティックさがコメディタッチで描かれていて、あまりのおかしさに転げ回って笑ってしまいました。人目を気にせず笑えるので家で観るのも結構いいものですね(笑)

ただ、ケイトの未来が、元恋人のスチュアートの撮った写真に写っていると言う設定は、時間軸のずれに矛盾が生じたりと、まじめに考えちゃうとおかしい話ですが、予定調和的ハッピーエンドなので、あまり深く考えないで観ることをおすすめします(笑)

 

~おしまい~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

||  ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 







Last updated  September 26, 2007 12:46:11 AM
コメント(0) | コメントを書く

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

Profile


rikocchin

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Recent Posts

Comments

Rakuten Ranking

Favorite Blog

一部Android端末でア… 楽天ブログスタッフさん

薬に想いを馳せ 悠水(ゆうすい)さん
お茶漬けさらさら*晩… お茶丸.さん
健康促進ステーション great55さん
Bali Bali Villas ! banjarさん

Headline News

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.