618002 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

can do now

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

天野 みよ子

天野 みよ子

カテゴリ

バックナンバー

2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12
2023.11
2023.10
2023.09
2023.08
2023.07

カレンダー

ニューストピックス

2007.09.08
XML
テーマ:詩(874)
カテゴリ:散文詩





   
心はガラス

年を重ねるたび 少しずつくもっていくけど

丁寧に磨けば

透き通るようになり

奥底まで見えそうなのだが

本当に大事なものは 見えなかったりする



いつまでだろう

ガラスは薄いままで

何度も割れて

その破片を利き手で握り締める

そして くりかえしくりかえし

腕に突き刺した



言うんだ

“選んだのはお前だ”と



生きるということは そういうもの



それでも止めない

それは 薄いガラスがいくつもあるから

なぜだと思う?












お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2008.06.03 15:50:18
コメント(2) | コメントを書く
[散文詩] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.