3010878 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あくびサンの、今日も本を読もう♪

全282件 (282件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

絵本・童話・児童書

2013/11/28
XML
百人一首の選者・藤原定家と同姓同名の
不思議な少年・定家クン。
小学校の百人一首クラブ所属のスズとナリの秘密は、
彼と共に平安時代にタイムスリップしたこと。
ところが、その秘密をナリのお父さんに知られてしまい、
紫式部ファンのお父さんが大暴走して・・・!!


病院での待ち時間に読む本を探していて、
娘の持ち物から引っ張り出しました(笑)
ってことで、これは決して私の趣味ではありませんよ?
娘が(たぶん小学生時代に)買った本です。

どうやらこの本はシリーズ2冊目のようで、
同じ主人公2人組が小野小町に出会う
「いとをかし!百人一首 平安時代へタイムスリップ」の
続編だそうです。

小学校の授業で百人一首にハマったウチの娘、
中学入学前にも「なんで百人一首部が無いの〜!」
と騒いでました。この本の主人公達が羨ましかったりして(^^;

百人一首の歌の作者に会いたい・・・と強く願うと、
『定家クン』の家から平安時代にタイムスリップして
実際に会うことができる、小4のスズとその先輩ナリ。
その話を聞きつけた、ナリのお父さん。
娘達を差し置いて定家クンの家にすっ飛んで行くと、
紫式部の元へお悩み相談に押し掛けちゃいました。

後を追って平安時代にやってきたスズ達。
そこで、紫式部やその娘で未来の大弐三位(だいにのさんみ)、
小式部内侍といった歌人達と出会います。
歌の背景やきっかけとなった事件に遭遇しながら、
紫式部達との交流を深める現代人のみんな。

うん、ちょっと羨ましいな。
(どこまで事件等が本当かは置いといてw)

その場でさささっと絵を描いて、昔の人達をビックリさせたり
絵合わせの貝を増やしたりできるスズちゃん。
歌に詳しいナリ先輩となかなか良いコンビです。

私は百人一首はそれほど興味ないので(コラコラ★)
物語の流れに関係無さそうなところはサラリと読みましたが、
テンポがいいので小学生くらいの子でも
苦手意識をあまり感じずに気軽に読めると思います。

絵も可愛いですしね。

ただ、ナルちゃん。
絵だととってもかっこいいのよ。カバーとか。
なのに、なのに、女の子だとは〜〜〜ッ!

って、変なところで残念がってる母なのでした(^^;


いとをかし!百人一首 紫式部がトツゲキ取材!?
著者:作/光丘真理 絵/甘塩コメコ
集英社 集英社みらい文庫 2012年5月発行


ブログランキングバナー
 blogram投票ボタン 少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi






Last updated  2013/11/28 12:49:34 PM
コメント(10) | コメントを書く
2013/05/17
“私”が遅い晩ごはんを作っていたある日、
午後十時きっかりに玄関のチャイムが鳴った。
ドアを開けてみるとそこには、
おしょうゆのビンをかかえた黒猫がいて・・・。


プレゼントに添えるカードを探しに行って、
偶然見つけました。本屋さんではなく、
文房具やグリーティングカードの売り場で
誕生日カードとして売っている、小さな絵本です。

元のタイトルは「午後十時の訪問販売」と言って、
何年か前のJOMO童話賞の佳作に入選した作品を
一部表現を変更して作られているんだとか。
なるほど、誕生日用としては「訪問販売」じゃ変だけど、
作品自体には元のタイトルの方がしっくり来ます。

“私”が買い忘れて必要としているものを持ち、
毎晩午後十時に現れる不思議な黒猫。
どうして必要なものがわかるのかも謎だけど、
何より謎なのは、そのしょうゆ、どこから持ってきた!?

・・・なんてツッコミは心の中だけにしておこうね(笑)

訪問販売だから、当然“代金”が必要ですよね。
そこで黒猫が要求するのがお金ではなくかつおぶしなのが
とても微笑ましいです。
ただ、かつおぶしより高い商品ばかりな気もするんだけど、
猫ちゃん、損してない?

・・・なんてツッコミはしちゃいけないってば(^^;
ついツッコミたがるのは私の悪いクセかも?!

半分も読めば大体オチがわかってくるのですが、
売り場でサンプルを読んでて、その瞬間、
ブワッと涙が込み上げてきました。
あとはもう「あぁ、やっぱり!」と思いつつ、ウルウル。
猫好きにはたまらないお話です。

カードとして誰かに贈ればもちろん喜ばれると思いますが、
これは是非一冊、自分用に欲しくなる可愛い絵本です^ ^

くろねこのおくりもの
著者:作/鎌形夏希 絵/杉田香利
グリーティングライフ 2005年8月発行


ブログランキングバナー
 blogram投票ボタン 少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi






Last updated  2013/05/17 02:46:57 PM
コメント(4) | コメントを書く
2013/05/06
だれもいない砂浜で、すなのおしろを作ったぼく。
大きな大きなおしろを作ったら、
すなの中からすなおとこが現れ、
ぼくはすなのおうさまに会いに行くことに。
すなのまちを進んでいくと、そこには・・・。


図書館で借りてきました。
砂でお城を作った少年が実際に砂の街を体験する、
という不思議で夢のある絵本です。

砂から現れた“すなおとこ”。
砂なので簡単に自分の姿を変えることができ、
ズザザ・・・と乗り物に変身。
“ぼく”と“ぼく”が連れていた犬を乗せると、
“すなのおうさま”のところへ向かいます。

途中で通る街も、もちろん全部“砂”。
行き交う人々もみんな、砂人間。
よく見ると色んな人が色んな作業をしていて面白いです。

“ぼく”を歓迎してくれた“すなのおうさま”は、
“ぼく”のためにサーカスを見せてくれます。
ここでも、会場中に色んな人達が!

かくれんぼ絵本ではないけれど、こういう風に
隅々までじっくり楽しめる絵本は大好きです。
「ズズ ズザザ」とか「ズザクニャン」、「ズザピポズン」
・・・と砂が形を変える時の擬音が独特なので
読み聞かせも楽しいとは思いますが、
私は“子供と一緒に絵を楽しむ本”かな?って感じました。

表紙にもちゃ〜んと“すなおとこ”が(笑)
たとえ“すなのおうさま”には会えなくても、
私も大きな大きな砂のお城を作りたくなってきました。

すなのおしろ 著者:作/たむらしげる
偕成社 2001年7月発行


ブログランキングバナー
 blogram投票ボタン 少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi






Last updated  2013/05/06 11:14:13 AM
コメント(12) | コメントを書く
2013/04/20
雪のうら山にさんぽにきた、
おにいちゃんと女の子。
どうぶつのあしあとをたどって森に入り
トガリネズミをみつけたふたりは、
逃げたトガリネズミを追いかけて・・・!


図書館で借りてきました。
我が家でも大人気、このブログでも何度もご紹介した
村上康成さんの絵本です。

森でトガリネズミを追いかけるうち、
湯気がもうもうとする温泉に辿り着いた兄妹。
入っていたのは動物達。
クマにウサギにキツネにトガリネズミ、
それからそれから・・・!

あぁ、もうッ、いつもながら可愛いなコイツら。
村上さんの描く動物達って
愛嬌たっぷりでほんと可愛いですよね♪

おふろの場面は見開きトビラになっていて、
開くとみんなの表情が変化しているんですよ。
それがまた可愛くて楽しい。
なんだ、オマエ達その顔は(笑)

寒いのも雪山も苦手だけど、
というか、スキーもやったことないんだけど
(やりたくもないし・苦笑)、
こんな出会いがあるならちょっとだけ・・・・・・
と思ってしまう、ワナのような素敵なお話でした(笑)

山のおふろ 著者:作/村上康成
徳間書店 2003年11月発行


ブログランキングバナー
 blogram投票ボタン 少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi






Last updated  2013/04/20 03:59:54 PM
コメント(7) | コメントを書く
2013/04/18
ガミガミうるさいおばあちゃんに飲ませるため、
両親の留守中に新しいくすりを作り始めたジョージ。
手当たり次第目につく物をぶちこんで、
ついにできたくすりは・・・!!


図書館で息子が借りてきました。
ジョニデ主演でご存知の「チャーリーとチョコレート工場」
の原作者・ロアルド・ダールさんの本です。
(原題:「チョコレート工場の秘密」と「ガラスの大エレベーター」)

文句ばかりうるさくて、
家族からも煙たがられているおばあちゃん。
8歳のジョージも彼女の口うるささにうんざりしていました。

そこで彼女にひと泡吹かせる方法を探していたジョージは、
おばあちゃんが毎日決まった時間に飲む薬を
自分で作ったくすりと入れ替えてしまうことを思いつきます。

そして、材料を探して家中を歩き回り・・・・・・!

・・・で、本当にソレ入れちゃうの!?
どう見ても
「口に入れてはいけません!」とか
「混ぜるな!キケン」とか
「お子様の手の届かない所に・・・」
って注意書きが書いてありそうな物ばかりなんだけど(@д@;)

良い子のみんなは決してマネしちゃいけませんよ〜!!

・・・なんてこと言ってちゃ、この本は読めません(笑)
良識ある大人の皆さんも、この際そこはちょいと目をつぶりましょ。
そんなお話です。

いよいよくすりが完成!
そこからがまた、この作者らしいハチャメチャな展開に。
普段、本読んで笑うことのない息子がウケてました。

孫お手製のアヤシイくすりを飲まされることになった
おばあちゃんの運命やいかに!?
結果はぜひ、ご自身で読んで確かめてくださいませw

ぼくのつくった魔法のくすり 著者:ロアルド・ダール
絵/クェンティン・ブレイク 訳/宮下嶺夫
評論社 2005年4月発行


ブログランキングバナー
 blogram投票ボタン 少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi






Last updated  2013/04/18 01:34:09 PM
コメント(7) | コメントを書く
2013/04/06
30階建てのビルの1階で、おばあさんと暮らす30匹の猫。
ある日、ドアが開いた隙に
一斉に飛び出してしまったから、さぁ大変!
各階に1匹ずつ隠れてる猫達を見つけなきゃ。


図書館で借りてきました。
猫がた〜くさん出てくる、可愛らしい絵本です。

各階の部屋=1ページに1匹ずつ潜り込んでしまった猫達。
「隠れてる」というほど隠れてはいないので
「ミッケ」や「ウォーリーをさがせ」ほど難しくはありませんが、
ダンス教室あり、水族館あり・・・と色々な部屋があるので
とても面白いです。

猫達も全部色や模様が違うので、見つけた後にもう一度、
全員集合ページのどの子がどこにいるのか
確認してみるという楽しみ方も。

それにしても住人の皆さん、どの部屋も個性あり過ぎ(笑)
おばあさんも30階まで階段で上っていくんだよね?
元気だなぁ〜。

30かいだての30ぴき
著者:作/やすいすえこ 絵/杉田比呂美
フレーベル館 2007年9月発行


ブログランキングバナー
 blogram投票ボタン 少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi






Last updated  2013/04/06 06:07:15 PM
コメント(4) | コメントを書く
2013/03/29
夏休みに旅行に行くことにした、つよしとけんた。
行き先は地球の裏側のアメリカ・ケンタッキー州。
通訳にけんたの姉を連れて、パスポートも持って、
さぁ、出発!
幅と角度を確認したら、庭の真ん中に穴を掘り始め・・・。


図書館で借りてきました。
地球をズンズン掘ってアメリカまで突き進むという、
壮大な旅行(というより冒険)を描いた絵本です。

リュックに装備を詰め、ヘルメットを被り、
庭を掘り始めた3人の子供達。
たぶん、つよしとけんたは小学生高学年くらい?
お姉さんは中学生かな?

掘るのはもちろん手作業です。
スコップでどんどん掘っていきます。
時折、ロープで食料などの差し入れが下りてきます。
(どんな長いロープ!?)

地面の中には、色々なものが埋まっています。
最初はビンや壷、ゴミのようなもの。
それが、掘り進むにつれ仏像や埋蔵金?
恐竜の骨に、謎の生物、宇宙船!!???
遊び心いっぱいで、絵を見ているだけでも楽しいです。

掘る作業に合わせて絵(本)も少しずつ斜めになり横になり、
地球の裏側に着く頃には、本もグルッと回って逆さまに。
掘って掘って、3人は一体どこに出るのでしょう?

絶対有り得ない!と思いつつ、3人の行動にワクワクして
ちょっとうらやましくなっちゃう面白いお話でした。

というか、結構近いな、地球の裏側(笑)

地球をほる 著者:川端誠
BL出版 2011年9月発行


ブログランキングバナー
 blogram投票ボタン 少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi






Last updated  2013/03/29 12:50:02 PM
コメント(6) | コメントを書く
2013/03/21
オレンジ色のしっぽの長いねこと、
花の大好きなおばあさん。
ふたりは、花の植木鉢がいっぱい並んだ家で
なかよく暮らしていました。
ところがある日、夜中に出かけたねこが帰らず、
心配していたおばあさんの元に・・・。


図書館で借りてきました。
ほんわかした雰囲気の絵がとても可愛い絵本です。

猫、ほんとにしっぽが長いです。
にっこり微笑む目が可愛いです。
おばあさんもとても優しそうな表情で描かれていて、
猫との良い関係が伝わってきます。

そんなある日、帰らない猫をおばあさんが待っていると、
小さな女の子がやってきます。
事故で死んだ猫を抱いて・・・。

猫の遺体を大事に埋めるおばあさん。
その姿がせつないです。
そして季節が流れ、春になると・・・!!

永遠の別れは悲しいけれど、
その先には希望や新たな出会いがあると教えてくれる。
最後はまたほっこりほのぼのと心が温かくなる、
そんなお話でした。

字が大きくて読みやすいので、読み聞かせはもちろん、
小学校に上がったら自分でも読んで欲しい絵本ですね。

ねこのき 著者:作/長田弘 絵/大橋歩
クレヨンハウス 1996年6月発行


ブログランキングバナー
 blogram投票ボタン 少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi






Last updated  2013/03/21 04:35:27 PM
コメント(14) | コメントを書く
2013/03/01
ひよこが産まれたばかりの鳥小屋で、
絵を描くことになった1年2組。
雨が降ってきたので教室で続きを描いていると、
にわとりのおなかを描いていたなぎさが隣のさきに質問。
「ねえ、にわとりにおっぱいってあったかな。」


図書館で借りてきました。
んんッ?にわとりにおっぱい???
タイトルのインパクトに魅かれて読みたくなりました。

子供の見方・考え方って面白いですよね。
小学生の目線に合わせた疑問が、正にこの絵本のタイトル。
大人なら「鳥はほ乳類じゃないから」とか
「卵を産む生物におっぱいは・・・」とか
知識や常識に基づいて簡単に答えを出しますが、
ここに出てくる子供達は違います。

図鑑で「おっぱいは無い」と見た子もいるけれど、
おかあさん鶏の周りに集まってたひよこを見て
もしかしたら・・・?と思ったり、
赤ちゃん=おっぱいと結びつけてみたり。

はたして、にわとりにおっぱいはあるのかな?

色々な意見が飛び出る中、唯一の大人である先生は
黙って見守るだけ。いい先生だなぁ〜。
答えを押し付けるのではなく、
子供達がどういう結論を出すのか静かに待つ。
大事なことですよね。

最後まで子供の立場に合わせたお話になっているので、
「◯◯ちゃんはどう思うかな〜?」なんて
お子さんに問いかけながら読み聞かせるのに
ちょうど良い絵本だと思いました(^_^)

にわとりのおっぱい 著者:山本省三
講談社 2005年6月発行


ブログランキングバナー
 blogram投票ボタン 少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi






Last updated  2013/03/01 01:14:57 PM
コメント(7) | コメントを書く
2013/02/26
キャラコは三毛猫の女の子。
でも、体は黒と白ばかりで、
胸元に小さく隠れた茶色のもようは目立ちません。
おかあさんやおねえさんみたいに
きれいな三毛猫になりたいキャラコは・・・。


三毛猫2匹の飼い主としてはスルーできない!
ってことで(笑)、図書館で借りてきました。
かわいい三毛猫ちゃんの絵本です。

おかあさんもおねえさんも綺麗な三毛猫。
だけど、キャラコの茶色は左手を上げないと見えず、
まるで白黒2色の猫みたいです。
なんとか茶色をアピールしたいキャラコ、
茶色の紙を貼ってみたり、絵の具で模様を描いてみたり。

表紙の絵でも、絵筆で色を塗ってるキャラコ。
読む前は私も白黒猫の話かと思いました(笑)
色々やってみるけれど、どれも上手くいきません。
すっかり凹んでしまいます。

そんなキャラコに、「大人になればもようなんて変わる」
と言葉をかけるお隣の黒猫ばあさんがス・テ・キ♪
昔は白黒だったと言うおばあさん・・・ほんと〜?!

お話は可愛いし、絵もとっても可愛いので、
猫好きさんは大満足!の一冊だと思います。
特に三毛猫大好きさんは必見ですよ〜(=^x^=)v

みけねこキャラコ 著者:どいかや
偕成社 2008年8月発行


ブログランキングバナー
 blogram投票ボタン 少年ジャンプ総合サーチエンジン 少年ジャンプnavi






Last updated  2013/02/26 01:33:19 PM
コメント(5) | コメントを書く

全282件 (282件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

PR

Profile


あくびネコ

Calendar

Category

Favorite Blog

愛の艶歌 No.6 「リ… New! 神風スズキさん

トルコブルー New! ∂ネコの手∂さん

今日の収穫 (8月… New! BROOKさん

つぐないの旅(15)… New! 悠々愛々さん

2019 とまこまい港ま… bo-sloveさん

週刊少年ジャンプ2… らいち♪♪さん

Comments

 Hiroki Nara@ Re:密かな攻防(08/21) New! おはようございます。 今日も曇りのち雨…
 ただのデブ0208@ Re:密かな攻防(08/21) New!  おはようございます。今日は地区のグラ…
 Grs MaMariKo@ Re:密かな攻防(08/21) New! 猫ちゃんたち、かわいい寝姿で向き合って…
 neko天使@ Re:密かな攻防(08/21) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
 ∂ネコの手∂@ Re:密かな攻防(08/21) New! わかるよ〜 ぐりたんの気持ちw どりちゃ…

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.